2013年1月 2日 (水)

J3(仮)は安全弁ではないかという妄想

もうお腹いっぱい(寝言)!
ど~も、年に1回正月にしかホンモノのビールを飲めないParkerです。

さてさて、昨年末にJ3(仮)構想がメディアに流れてきました。その後現J1によるプレミア構想、更には秋冬春制が亡霊のように復活しました。
で、12月31日に次のような記事が出てきました。

YOMIURI ONLINE
サッカー新リーグは「J3」、14年にも発足

Sponichi Annex
Jリーグ秋春制案 16年実施を検討 5月に新案提出へ 

これらはすべてリンクしているような気がするんですね。
J1プレミア化、価値を上げるために、秋冬春制移行は
こちらにも書いて繋がっていることはご承知のことだと思いますが、J3(仮)構想、現JFLからの分離?がなぜ必要か、ピーンときたのです。もっとも根拠はナッシングですので、以下すべては妄想です。

J1プレミアリーグが秋冬春制に移行に伴い、現J2も当然のことながら秋冬春制になります。それでは、昇格・降格に関わることになるJFLも秋冬春制にできるかというと、アマチュアクラブ、企業クラブがいること、更にはその下の地域リーグなどの社会人リーグ・学生ののことを考えるとおいそれとできません。ならば、アマチュアクラブを除き、Jを志向するクラブだけのリーグを創設すればJFL以下のリーグへの影響は最小に収められるのでは、とJリーグ・協会が考えてもおかしくはありません。

J3(仮)の名称は個人的には「Jチャレンジ」でふさわしいと思っていましたが、YOMIURI ONLINEでは『名称は「J3」とする方向』となっています。ツエーゲンのように下から上がってくるクラブにとっては「Jチャレンジ」がふさわしいと思いますが、降格クラブの営業上のイメージを考慮すると「J3」がよりふさわしいのでしょう。

さらにクラブライセンスでJから弾かれた場合、JFLに降格させると心太式で降格させられるクラブが生ずるかもしれませんが、アマチュアチームが除いたJ3(仮)に降格させるのならしばらくはアマチュアクラブの降格問題に悩むこともなさそうです。

Jリーグが秋春制を2016シーズン導入を検討しているのなら降格昇格に関わるJ3(仮)はその1年前に移行していなければならないでしょう。秋春制制と同時変更となると事務が大変なので新リーグ以降は更に前倒しで2014年からでは?

つまりJ3(仮)はJ志向クラブとアマチュアクラブが混在している現JFLからアマチュアクラブを除くことによって、アマチュアへの秋冬春制移行と心太式降格問題から切り離すためではないかという妄想です。
まぁJが秋冬春制に移行し、J3(仮)も秋冬春制を採用し、JFL以下のアマチュアは現行通りの春秋制ならば、ですが・・・

| | コメント (0)

2011年1月 6日 (木)

いよいよ明日か

金沢の夜明けは近いんよ

と龍馬風に言ってみましたが、「龍馬伝」をトータル1分も見ていないので違っているかも・・・。

え、なにが明日かって。もちろん準加盟申請書類提出の発表に決まっているじゃないですか。

提出締切は1月10日とのこと。1月5日現在では提出していないようで、おひさるでも今の今まで提出の告知がされていません(1月6日21:40現在)。クラブにもいろいろ事情があるのでしょう。夏休みの宿題じゃあるまいし、昨年からわかっていたことをいまさら何をあわてているのかという言葉をグッと飲みこみ(Parkerさんは今も受験する際は一夜漬けなので言えないのです)、明日のニュースを待ちましょう。

もしかすると1月11日までに提出してもよいのかもしれません。それでも書類は完成していてあとは発送するだけ、発送して告知となるでしょう。もしかすると11日にJリーグに直接書類を持参するのでしょうか?そうなると発表は11日?

とにかくね、提出したら必ず発表してください!と。

昨年はとうとうおひさるで準加盟のことには触れずに終わりました。
同じことを何度も書くのも嫌ですし、読まされる皆さんも嫌でしょうが、準加盟申請が遅れたこと、その後提出して申請が却下されたこと自体を責めるつもりはありません。
しかし、そのことについて発表がなかったことには今も憤りを感じています。

いろいろ基準があってそれに達していないことはまぁ仕方ありません。
しかし、それを公にすることでそのことがクラブ・チーム・サポーター・地域の共通課題になりそれを解決しようとする行動が生まれると思うのです。
しかも、昨年末当選した新金沢市長はツエーゲンのJ加盟をバックアップするとのことですから、なおさら準加盟申請をうやむやにするわけにはいきません。

おひさるのチーム略歴にはこう書かれています
「地域に支えられ、地域に貢献し、地域に愛されて発展できるよう、一丸となって進んでいく。」

そしてチーム名の由来にはこう書かれています
「チームとサポーターが共に進んでいく」

クラブ首脳はこれらの
    
言葉をどう考えているのか

準加盟申請書類提出のおひさるでの発表を待っています。

| | コメント (0)

2010年4月23日 (金)

ツエーゲンのタイアップ宣伝を考えた

昨日の久保インタビューネタのエントリー、過去ツエーゲンの記事など掲載された雑誌がなかなか見つけられなかった経験、そして明後日のホームゲームでの飲食ブース充実から思いついたネタです。

ツエーゲンの記事が掲載された「J'サッカー」誌や「サッカーダイジェスト」誌が市内でなかなか見つけられなかったり、「股旅フットボール」が市内の大きな書店で店内売上上位に入るなど、ツエーゲン情報の潜在的需要はあると思うのです。もっとも当時は地域でしたから専門誌や単行本で取り上げられることがほとんどなかったのでなおさらだったのですが。久保のインタビューが掲載された「ダイジェスト」誌は発売当日に見たのですが、まだ売っているのかな。良いインタビューなので多くの方に読んでもらいたいと思います。

一方で明後日のホームゲームで複数の飲食ブースが出店されるだけで、サポーターブログ、twitter、掲示板とネットで話題になっています。そのなかで「かがやきそば」も話題になっています。「かがやきそば」にとっては話題になったことでもプラスになってのではないでしょうか?これで売上が上がり、お客さんも喜んでもらえ、お客さんも増えれば、業者・観客・クラブ、皆が喜べます。

こんな関係を他に利用できないと思いついたのが、

書店とのタイアップ宣伝。

クラブはツエーゲンの記事が掲載される雑誌・単行本を当然把握しているはず。ということでクラブ自らがそれらの雑誌等の広告チラシを作成する。当然ツエーゲンの名前なりエンブレムを目立つようにします。あらかじめ書店に営業に行き、こうした雑誌等が発売された時にはメールでチラシを送信するのでそのときは書店で掲示してもらうように依頼しておきます。雑誌等が発売されれば書店はチラシを掲示してくれるでしょう。

書店とすれば雑誌の宣伝をクラブ自らしてくれるからありがたいと思いますし、クラブはクラブの名前を人が集まるところに掲示されるから広告効果があり、ファンからすればツエーゲンの記事を読み逃すことがなくなると、皆が喜ぶことができます。三方一両得。さらにツエーゲンの記事が売れるとなれば地元メディアにもっと取り上げられるかもしれません。
損をするのはその手の雑誌を欠かさず買う
コアサポぐらいかw

| | コメント (0)

2010年3月12日 (金)

署名活動にご協力ください

現在、ツエーゲン金沢のJリーグ準加盟申請に向け、『石川県にJリーグクラブを創る会』を設立し、サポーターが主体となり署名活動を行っております。

署名活動の動機と提出先は『石川県にJリーグクラブを創る会』に詳しく説明してあります。

署名活動活動にご賛同いただける方、興味をもたれた方は『石川県にJリーグクラブを創る会』へのクリックとご協力をお願いいたします

| | コメント (0)

2010年3月 2日 (火)

石川テレビを見よう

ど~も、昨日・一昨日とカターレとの練習試合をネタにしましたが、検索ワード「カターレ」で拙ブログを訪れた方は7人、「松本育夫」で訪れた方と同じ人数(過去7日)だった、地域密着を掲げるブログです。

さてさて、金沢系ブログによると石川テレビの夕方ニュース番組で毎週月曜日ツエーゲンコーナーができたとか。Parkerはその時間は仕事でテレビを見ることができないのですが、素晴らしいことだと思います。
そこでサポができることは普段夕方見るテレビを石川テレビにすることではないでしょうか(他局がツエーゲン関連のニュースをやっている時を除く)。
それが石川テレビさんに対するお礼の気持ちになりますし、ツエーゲンで数字が良くなれば他局もツエーゲンをもっと放送してくれるかもしれません。
少なくとも月曜日夕方は石川テレビ中心で行きたいですね。

後は雑談などを

イラン代表にカリミが復帰したとのことです。以前拙ブログではカリミの追放のことについて書いていました。イラン政府が余裕を持ったのか(もしかすると核処理施設問題が影響しているかもしれません)、サッカー協会が政府から影響を受けなくなったのかはわかりませんが、政治問題でプレーができなくなるのは悲しいことですからまずは喜びましょう。

毎日読んでいる新聞は讀賣と日経。オリンピック報道では断然日経が良かった。浅田選手が銀メダルを取った後の報道は銀メダルのスピードスケート女子パシュートぐらいでした。一方日経はクロスカントリー、バイアスロン、アルペン、アイスホッケーにも紙面を割き、詳しい情報を読ませてもらいました。南アフリカワールドカップ期間中は日経の購読をお勧めします。
スピードスケートのパシュートは自転車の追い抜きからきているのでしょうか。自転車の場合追い抜いた時点で勝利は決まりますが、スピードスケートはどうか気になってググッたら追い抜くと失格になるそうです。

カーリングがよく放送されて、これまでこんなにカーリングがテレビで流れたことはない、選手の掛け声の意味は?などとテレビで言っていましたが、(時差の関係でライヴ中継されたのも大きいにしても)4年前も同じことが言われていましたよね。結局マイナースポーツにとってはオリンピック競技でなければ(しかもメダルをとるか、長時間テレビに映らなければ)、世間一般ではなかったも同然です。

他の金沢系ブログでも書かれていましたが、日本は国がスポーツにお金をかけません。たまにオリンピック選手に税金でオリンピックに行っているくせになどと責める人がいるようですが、オリンピックはともかくとして他の大会への遠征は自費で行くケースもよくあり、金銭上の理由から競技生活から引退せざるを得ない選手もいます。オリンピックの時だけたまたま見てそんなことは言わないように心がけいます(サッカー男子除く)。スケルトンの越選手は自分でスポンサー探しをしたことで有名です。その越選手、スケルトンがオリンピックに復活したソルトレイク以降トリノ、バンクーバーと成績が落ちています。原因の一部にオリンピック競技になったため他国もスケルトンに力を入れるようになったとのことです。
女子パシュートに関しては日本チームはトリノの反省を元に所属チームの枠を超えて一緒にトレーニングした結果との記事を読みました。もしかするとソチ以降、他国もパシュートに力を入れてきてこれまでのように上位に進出できなくなるかもしれません。

すいません最後はgdgdになりました。

明日発売のサッカーマガジンにJFL名鑑が掲載されます。リニューアルなった松本山雅のサイトで知りました!

| | コメント (0)

2010年2月24日 (水)

カーリング人気を考えた 

     
ど~も、ペットでない方
(*)のPちゃんです。

さてさて、オリンピック中継に見ようと適当にチャンネルを回したら、お目当ての競技の結果が映されていてテンションがただ下がりorzその見たい競技の放送予定はずっと後だったのに見る気なくなるよorz
そんなタイミングが悪いペットでないのPちゃんがお送りするタイミングの悪い本日のエントリー。
お題は予選敗退が決まったカーリング。

他に関心のある競技(つまりメダル獲得できた競技のこと)がないため、カーリングが注目され中継の主役となる日もあります。実際にお茶の間の人気があるようです。
その人気の原因を考えていて思いついたのが、
「相撲=野球=カーリング」論
この三つの競技の共通点は、はい、もうわかりましたね。「間」です。
「間」があり「緊張」と「弛緩」が繰り返す点では、カーリングは日本人の観戦スタイルに合っているかもしれません。

トリノの時に比べてミスショット多かったようですが、気のせい?

* 臥薪嘗胆2月21日参照

| | コメント (2)

2010年2月 8日 (月)

ドラゴンフライ

ど~も、本日出社に及ばず、ということで練習を見に行きました。明日はちゃんと会社に逝きますYO!

Parkerの住んでいるところは金沢市内でも雪の少ないところで、地面にはほとんど雪は残っていません。本日の練習予定場所は海に近いので雪はないだろうと思っていたら、真っ白でとてもじゃないですができる状態でありませんでした。近くの別の室内で練習できる場所に行ってみたところ、予想どおりそこで練習をしていたので見学することはできました。

室内での練習を見て思ったのが、選手たちに芝の上で練習をさせたいということ。そして、サポが週末に練習場所の除雪をしていれば、今日の練習は芝でできたんじゃないかということ。

スコッパ等で除雪をすると芝を痛めるかもしれませんが、トンボ(クラブが野球場から借りてきてもらいましょう)やスノーダンプを使えばその心配もないでしょう(いや、それでも芝は傷むのかな?)。
その練習場所は県の施設ですから、除雪にしてもクラブから管理施設に申し出るのに面倒な手続きがあるかもしれません。

今年はサポが練習場所を除雪する機会はもうないと思いますが、来年以降もそんなことがあれば、クラブからサポに除雪の協力を求めてもいいんじゃないかと。その後すぐに練習できるまではいかないでしょうけど、ある程度しておけば融けるのが早くなりますしね。

これぐらいの雪なら20人もいればなんとかなるでしょう。週末ならそれぐらいヒマ熱心なサポが集まるでしょう。

ドラゴンフライとはトンボ(昆虫の)のことです

| | コメント (4)

2010年2月 3日 (水)

対照的なチーム作り?

ど~も、忙しくて(←仕事で!本当よ)2日も更新をさぼってしまいますた。
さてさて2日ぶりの記事はうちと今期からJFLに昇格した某チームとの比較です。
あと2日ぶりのこともあり毒入。

ツエーゲンの昨年からの残留選手は9名。
ツエーゲンは一昨年に続く大量退団と一部で言われているようですが、個人的には一昨年の大量退団とはまったく性質が違うと思います。残留選手はほぼ予想通りでした。
JFLで戦うだけなら残留選手はもっと多くなっていたと思います。本気で4位以内を狙い、J2昇格後のチーム作りを見据えたからこその大量退団だったのだと思います。

一方、某チームの残留選手は15名だとか。
予想以上の数の選手と契約更新したと思います。一昨年はチームの精神的中心選手と契約解除していただけになおさらその思いが強いです。

某チームの残留選手はレギュラー選手以外も多いようです(すんません、よく知らないくせに書いています)。昨年ツエーゲンと某チームは5回対戦し、2勝2敗1分でした。うち2試合は地域リーグでの対戦、1試合は地域決勝大会決勝リーグとお互い負けられない試合でしたが、残りの2試合は勝っても負けても大勢に影響しない、お互い3連戦目、5連戦目で試合でした。その試合においてツエーゲンは一部選手を除きフルメンバー、某チームはレギュラークラスを外して戦い1勝1敗でした。それだけ某チームのレギュラーから外れた選手のレベルが高いと言えたかもしれません。

ところがそんな単純な話ではないかも。ツエーゲンは一昨年の大量退団故にチームが熟成せず、リーグ戦の優勝が早々に消えました。その結果、いちはやく全社に切り替えし、その後負けられない試合が続き、全ての試合をレギュラークラスの選手で戦わせざるを得なかったもしれないのです。そう考えると、一昨年の大量退団が、昨年の多くの選手の契約解除に至ったかもしれません。
ちなみに市原での決勝前、某チームのサポ数名とお互いの先発メンバーを予想しあっていましたが、お互い当たっていましたw。

残留選手を見ると対照的なチーム作りとなりました。
JFLでどちらが順位が上になるか?
             ↑予想するまでもなく当然うちですね!

でも一番意外だったのは、某チーム監督の契約更新でした。

| | コメント (0)

2009年9月15日 (火)

地域密着について

昨日の記事では雨で途中中止になった鹿島-川崎戦のことを書きました。その試合の決着をどうつけるかが今日のJリーグ理事会で決めるとのことらしいのでネットで調べてみるともう一つ大きな議題があるそうです。

http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2009/09/14/15.html?feature=related
そういえば以前このことを見た記憶があります。

ネット掲示板を見てみると、こういう状態に追い込まれたのは地元軽視を続けていたのが原因の一つとの意見が多かったです。
人口の多い地域にあるクラブとはいえ、地元軽視の結果が(もちろん全てではないですが)こうなることを他山の石としなければなりませんね。

地域密着に関してここ一週間で気になる文章があったので紹介します。

ひとつ目は先週水曜日の日経運動面「フットボールの熱源」。手元にないのでうろ覚えですがご容赦を。内容はJのチームは地域密着を唱えているのは結構だが、強化をおろそかにしてはいけない。いくら地域志向を強めてサッカー教室を開いても、強くなければ子どもたちの憧れの対象にはならない。プロであるからまずは強くなければならない、といった内容だったと思います。記憶曖昧でサーセン。

もうひとつは先日紹介した、サッカー批評 44の柱谷幸一氏のインタビュー。J2昇格を果たすと、フロントから栃木出身選手を獲るよう言われたとのこと。以下引用
「フロントの言う意味は分かる。地元出身の選手を入れたチームを編成するというのは地域密着という意味において正論だし理想だろう。しかし、勝利というのはプロサッカークラブにおいて最大の売り物である。クラブの商品は試合なのだ。」(ミカミカンタ氏)
「10年後、20年後になってそこで(P注・地域の少年団やジュニアユ-スや高校)育った選手が出てきた時に、初めて栃木県出身の選手で強いチームが作れるんであって、今すぐというのは無理ですよ」(柱谷氏)

ツエーゲンも地域密着と強化を同時に進めていかなければなりませんね。
地元選手の受皿なる、というのがクラブ創設の目的だったと記憶していますが、それだけの選手を育てられるように石川県全体で強化を進めていかなければならないと、柄にもないことを思ってしまいました。

鹿島-川崎の扱いの結果が出ました
10月7日(開始時間は未定)にカシマスタジアムで中断した後半29分、川崎が3―1でリードの状況から再開。出場選手などは中止時点と原則同等にする、とのことです。



| | コメント (0)

2009年6月25日 (木)

イラン代表選手追放

サッカー系サイトを回っていたらこんなニュースを発見

CNN発
http://www.cnn.co.jp/sports/CNN200906240034.html
東京新聞(情報元イランメディア)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/sports/news/CK2009062502000218.html

今回は真面目な話だから「緑」と北信越は絡めませんw

連日新聞でイラン情勢の報道がされていますが、こんなところまでといった感じです。
サッカーの代表チームにまで政府が介入するということは、今回の改革派による抗議行動がイラン政府にどれだけ深刻な問題になっているか伺えます。

もう少し詳しくこの問題を調べてみると、追放されたのは下記の選手
アリ・モハメド・カリミ・パシャキ(ピルズィ・テヘラン<イラン>、30歳)→永久追放
メフディ・マハダビキア(アイントラハト・フランクフルト<ドイツ>、31歳))→永久追放
ホセイン・カエビ(サイパFC<イラン>、23歳))→永久追放
ヴァヒド・ハシェミアン(VfLボーフム<ドイツ>、32歳))→永久追放

処分未定は下記の選手
マスード・ショジャエイ(CAオサスナ<スペイン>、25歳)
ジャバド・ネクナム(CAオサスナ<スペイン>、28歳))

さらに2ちゃんねるを見てみると、永久追放の4人のうちは3人は年齢的にワールドカップ挑戦に最後の機会であり、カエビ以外はそれほど打撃はないのではという書込みがありふーんと思いました。

まだ報道が少ないので、調べれば今回の事件が明らかになるでしょう。
やっぱりこの人に取材してもらいたいですね。

http://www.amazon.co.jp/%E8%B9%B4%E3%82%8B%E7%BE%A4%E3%82%8C-%E6%9C%A8%E6%9D%91-%E5%85%83%E5%BD%A6/dp/4062137674/ref=cm_cr_pr_product_top
http://zweigen-kanazawa.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_55ca.html

| | コメント (0)

より以前の記事一覧