2018年1月13日 (土)

新体制発表会潜入記②

新加入選手との触れあいターイムにサインをもらえない、おっさんなので2ショットを撮る気もないので、これはお話させてもらうしかないっしょ!ということで選手にいろいろ質問しちゃいました(はぁと

アラン選手
一番よくお話できました。ブラジル人ですけど。輪島市の航空石川出身です。
輪島にいたけれど、金沢は初めてですか?と訊くと、金沢は初めてということで、金沢でこんなに雪が降るな
んてと言っていました。刺身も好きだとことです。
DF登録ですが元々FWなので、FWもやりたいんじゃない?と訊くと、柳下監督はツエーゲンホームでの自分のプレーを見て評価されたと思うのでDFで、とのことでした。ショージくんが代表で不在になるかもしれないことも知っていました。

マラニョン選手
棈松通訳を通じてお話しさせてもらいました。
目標とする得点は?と訊くと15から20得点とのことで有言実行お願いします!
つべでは右サイドのプレーが目立っていましたが、左の方が得意とのことです。

梅鉢選手
ボランチということなので、攻撃と守備のどちらのタイプですか、と尋ねると守備ですとのことでした。
話しぶりは中美選手を思い浮かべてください。

藤村選手
梅鉢選手と同じくボランチの選手ということで、やはり攻撃と守備のどちらのタイプですかと訊きました。ボランチですから守備とのことでしたが、パスにも自信がありそうでした。

谷口選手
練習試合で得点を重ねていて、得意なプレーを訊くと、細かいところを抜けるプレーとのことでした。好きな選手はドルトムントの香川選手ということで、よく見ているとのことです。

島津選手
同じく得意なプレーを訊くとヘディングのことで、背は小さいですけどとつけ加えていました。
ツエーゲンの練習には1か月参加していたそうです

毛利選手
DF登録で両サイドバックですとのこと。サイドハーフもできるそうです。

山本選手
背は高い(186センチ)し、身体も厚くて、いかにもCBらしい身体つきだと思いました。
セットプレーでの得点に期待しますが、残念ながらありませんとのこと・・・

加藤選手
「持ち味はドリブルと前への推進力」と自己紹介して、速い選手との評判もあるようなので、50㍍のタイムを訊いたら測ったことはないとのこと。加藤選手が一番速いんじゃないですかと尋ねると、もっと速い選手は何人もいます、(前田)大然選手やキヨくんも速いですよーとのでした。

ハラショーさん
訊きたかったガチ質問したら答えてもらえませんでしたw(お金のことじゃないですよ
まぁメディアがする内容ですしね。だからKさんに・・・

和田強化アカデミー本部長
ドリブラータイプの選手が多いですねと訊くとそうですねーと答えていただきました。柳下監督の求めるタイプなんでしょうね。
パスを出せるタイプは藤村選手とマラニョン選手とのことです。マラニョン選手は意外ですが、和田さんは実際にプレーを見ているので期待です。

とメディアの質問がなかったのでいろいろ訊いてみました。
キックオフパーティなどでもうゆっくりお話しさせてもらうこともないでしょうからね。
それにしてもサイン・・・

| | コメント (1)

新体制発表会潜入記①

みなさんヒマですね!
かくいうPさんは午前仕事しての早退でしたからヒマじゃなかったですよ!
ということで1月12日金曜日14時から行われた新体制発表兼ユニフォーム記者会見のレポートです。

当初会場まで車で行く予定でしたが、大雪のためバスで行くはめになりました。この大雪話は別の機会に。

これまではメディアだけにされていた新体制発表兼ユニフォーム記者会見が、初めてサポーターも見学できることになりました。
募集人数は100人で参加費は1000円。金額はともかく平日の昼間ですからどれぐらい集まるか、さらに当日の大雪でガララーガになるのではという危惧もありましたが、日中は雪も一段落して用意されていた椅子もほぼ埋まっていました。100人の申込みがあったかはスタッフに訊くのを忘れていましたが、それぐらいの人数が来場していました。
JFL時代に土曜日快晴の必勝祈願にサポーター10人前後しか集まらなかったことに比べるとそれだけで泣けてきますね(泣きませんけど

まずは壇上に西川GM、和田強化アカデミー本部長に新加入選手(棈松通訳含む)・スタッフ登場して、西川GM挨拶、和田強化アカデミー本部長の強化方針説明に続いて新加入選手・スタッフの自己紹介がありました。ポイントをレポートしようと思いましたが、おひさるに載っているので書くことがありませんw
スタッフgj!です

西川GMは今季について次のように語っていました

今年はインタビュー等で監督も答えていますが、勝ち点10上乗せできるようにチーム作りをやって行きたいと思います。昨シーズンより勝ち点を10積み重ねることができれば、勝ち点は59、60近くというところで中位、あわよくば1桁を目指せるのではないかと考えています。

柳下監督はもう少し上を狙っているようですが(インタビューが掲載されていた報知新聞を買い逃しました)、GMの目標は現実的だなぁと思います。プレーオフを狙うという他所のクラブに比べてこれで良いと思います。なお、プレーオフについては翌年「視野に入ってきます」ということです。

選手自己紹介で一番印象に残っているのがアランの日本語ペラペラぶりでしたw
あとハラショーさん、こんなに声が小さかったです?
山口から移籍してきた加藤選手の「昨年はやられましたが」(正確でないかもしれません)には笑いが起きましたw

その後記者の質問。
情熱サッカーさんが各選手にアピールポイントとツエーゲンにどんな印象を持っているかを質問していました。ツエーゲンの印象をまとめると「攻守の切替が速い」「守備から入る」「ハードワークを求められる」といった内容だったでしょうか。
記者からの質問がその1件だけなのにはガッカリでした。ツエーゲン番の野中さんは来場されていなかったようですが、それでも他に質問がなかったのは・・・
さらにガッカリだったのは角野さんがその後の個別インタビューでハラショーさんに質問していたことです。なんで会見の時に質問してくれなかったんですかね。以前もラジオで柳下監督が恐くて質問できなかったと言っていた記憶があります。記者でないからということかもしれませんけど・・・角野さんに限らず日本のメディアは共同会見で質問せず囲みで記事にすることが多いような気がします。メディアとしての責任というか覚悟を見せてもらいたいと強く思いました。それより胸スポンサーの記者は?とかクラブは仕込んでおけというツッコミもありますがw

その後はユニフォームの発表会です。こちらも写真がおひさるに掲載されています。
申し訳ないですがユニを購入する気はなくて(オシャレなど着るものには全く興味ありません)、アディダスさんのコンセプトは横文字が多すぎてさっぱり理解できなかった(オシャレに全く興味ありませんし)ので、キワラの10番しか目が行きませんでしたw
その後のメディアからの質問はまたも情熱サッカーさんのみで(以下略

その後は新加入選手との触れあいターイム!
え、そんなのあったんですか?つーかおひさるを読んでいないPさんが悪いっすねorz
サインのサービスもありましたが、色紙を用意してなかったし、仕事終わり(強制しての)でスーツだったので・・・(泣。スタッフになんで色紙を用意しなかったんですかと苦情を入れて鬱憤を晴らしましたw

一旦切ります

| | コメント (0)

2017年12月10日 (日)

「クリスマスパーティ」が楽しかった件

新キャラクター裏話メイン←で行った「クリスマスパーティ」ですが、もちろん内容はそれだけでなく楽しかったイベントでした。

残念ながら参加者は100名には足りませんでした。初めてのイベントですし、参加費が15Kだったので予想どおりでした。内訳は女性が7割ぐらいだったでしょうか。そりゃそうですよね、選手の勝負服やゲームを見たいのはおっさんより女性ですよねー。ちなみにPさんの顔見知りは女性3名で男性はいませんでした。

報告会とちがって名前の書かれた席に着席しての食事です。おひさるではバイキングを書かれていましたが、各テーブルに大皿の料理が運ばれそれぞれ分けて食べる形式です。報告会と違ってゆっくり食べられますし、お酒を含めたドリンクも飲み放題です。
と、なると皆さんPさんがやらかしたと思うでしょうけど、いろいろと反省して(3回前のエントリーのコメント参照)そうでもなかったです。近くで全ゴールの動画が、という声が聞こえた時、酔っぱらっていたら、俺が俺が、と言っていたところですが黙っていましたw滑ってこともありましたけどorz

軽妙な大平さんのMCで進行されます。
最初のコーナーはタッシー選出のホームゲームベスト3のダイジェスト映像が流された後のタッシーの解説です。選出されたゲームは横浜FC戦、名古屋戦、最終戦水戸戦。横浜FC戦が選出された理由は大雨で肉フェス(でしたっけ?)が中止になって大変だったからそうですw
そして前回のエントリーでも書いた最終戦のヤサガラス劇場とフロント氏のトークでした。

ここまでが第1部で、第2部はいよいよ選手の登場です。
まぁここからはおひさる、おひさるツイッターでレポートがあります。そこに書かれていなかったことをいくつか。
大平さんが2チームにそれぞれ名前をつけて、チーム廣井は「クールチーム」、チーム白井は「ガヤチーム」(メンバーから一斉にお約束の「オイオイ」w)。
目隠しゲームでアイマスクを着けた白井選手に参加者から一斉に「変わってない」「そのまま」という声多数w

まぁこんなブログよりおひさるのレポートこちらのブログを読んだ方がイイですよ!

なお、Pさんのテーブルも選手のサイン色紙をもらえず、個人的にも抽選にも、伝言イラストゲームで使われたイラストも外れましたorz

初回&高額参加費で申込みしなかった、できなかった方が多かったと思いますが、美味しいもの食べながら、飲みながら、普段見られない選手の一面が見られたりと笑えてメチャクチャ楽しかったですよ。
来年も開催されるのなら早めに申込します。
残念なのは同席のテーブルの方たちとお話をできず一人でビールとワインをグビグビ飲んでいたことです(でも、記憶はなくしませんでした!)

| | コメント (0)

2017年12月 9日 (土)

新キャラクター登場の裏話につられて「クリスマスパーティ」に行った件

どーも、OTONOKOで踊りまくったPさんです(実話

さてさて、12月4日に開催された「クリスマスパーティ」に行ってきました。
参加費なんと15000円!
参加するかもちろん悩みました。15000円は大金ですからね。
でもツイッターやら、リアルでの意見では参加者が少なそうでしたし、実際おひさるの募集ツイートを見るとそんな感じで、クラブ初めての試みなら一肌脱がなきゃと思ったこと。
前日に開催されたBABYMETAL広島ライブ(チケット2万円に交通費等含めると6万円以上の出費)にめでたく落選していたこと。
そして最後に背中を押したのはこちらのツイート

まんまとクラブの罠にはまってしまいましたw

ということで「パーティ」のレポートは次の機会にして、今回は新キャラクター登場の裏話を中心に書いていきます。

担当フロント氏の話の前に翌日youtubeに後悔されたホーム最終戦の公式映像を見せていただきました。

笑えて泣けます。
前々から思っていましたが、ヤサガラスの演技というか動きが素晴らしい。脚本も素晴らしいですが、ヤサガラスの演技というか動きが良くなければここまで盛り上がらなかったと思います。クラブ公式映像はスタジアム内の劇場だけですが、スタジアム外・噴水広場でのイベントステージなどの動き、バランス対決で敗れて泣きの一回を懇願するシーン、のど自慢で踊りまくって歌おうとしたら鐘を鳴らされたり、ナンシーへの恋文を読まれた時の小芝居も面白いのですよ。
ルックス、キャラクターコンセプト、ツイッター漫才、脚本、演技(コミカルなムーブ)が揃ってこそのヤサガラス人気だと思います。

で、裏話ですが、チームが勝てない時にヤサガラスを出して刺されるかと思っていたそうです。Pさんは逆にチームが勝てないからヤサガラスを楽しみに通っていたんですがw

そもそもゲンゾーリニューアルの時に仮面ライダーのようなキャラクターを作りたいということで小松の業者さんに発注したとのこと。
その小松の業者さんはスギヨ仮面(スギヨさんはツエーゲンのスポンサーです)も制作していたそうでやっぱりなぁと思いました。

Photo

で、仮面ライダーなら悪役も必要でしょうと、依頼もしていないのに制作されていたとのお話でした。
しかし、ここまではあくまでルックスだけが完成しただけで、他のキャラクターコンセプトなどをどうやって作ってきたか聞けなくて残念でした。

気になるヤサガラスの今後というか来季ですが「楽しみにしてください」とのことです。
最終戦水戸サポさんからもコールが起きるなど、ツエーゲンサポだけでなくようやくアウェイサポーターにも知られるようになってきましたからやめるのは勿体ないですよ。来季もwktkしたいです!

「あのヤサガラスが最後の一匹だとは思えない」
昭和29年「ゴジラ」から

| | コメント (0)

2017年11月23日 (木)

シーズン報告会でまたまたやらかしてしまいますた

引退選手プレー集、ゴール集、教授引退ビデオの編集アップに、ヤサガラス劇場アップとなかなかブログを書く時間をとることができませんでしたが、それも一段落してボチボチと復帰します、いやするんじゃないかな?

今年の報告会会場はANAクラウンホテルさん。今年は参加費を払うと缶バッチを渡され、これが入場チケット代わりになりました。
Pさんが最初にいた場所はスポンサーさまがたくさんいらっしゃる場所で、乾杯後も話す相手がいなくて辛かったのですぐに移動しました。しかし、逆に言うとサポーターが少なかったので選手とあまり待たずに選手と話すことができました。教授に一番最初に声をかけたはずです。各テーブルにサイン用の台紙(といっても紙ではないですが)がありましたが、どうせ酔っ払って忘れるだろうから誰からもサインをもらうことはしませんでした。

選手にお声をかけたのは、教授、星野王子様、石田選手、ワイルド杉ちゃん、大原田、小原田、トミー、だったかな。トミーにこのビデオを見せたところ、すでに見ていたということで作って良かったなーと思いました。調子に乗って関コーチにゴール集を見せたところ帰ったら見ます!とおっしゃっていただき、作って良かったなーと思いましたが、酔っ払いの相手をするのが面倒だったかもしれませんけどw選手にアシストの数を訊くとすぐに答えてもらえ、きっちり数を覚えているんだなぁと思いました。

お話したのは選手だけでなく、もろけんさん、大平さん、西川GMと某フロント氏ともお話させていただきました。何を話したかというとヤサガラス面白い!来年も劇場続けてくださいとのアピールでした。もろけんさんとは噴水前広場の人が多くなってきたよねーという話しましたが、、酔っ払いの相手をするのが面倒だったかもしれません。大平さんにあの小芝居はいつから打合せしているか訊いてきました。フロントの人に来年のことを訊ねるといろいろ考えているとのことでしたので楽しみです。

会場から出る時に監督とやっとお話しすることができ、ずーと思っていた「名古屋戦からやり方を変えていませんか?」と尋ねるとビンゴでした。酔っ払いの相手をするのが面倒だったかもしれませんけど(大事なことなので)。

正直飲みすぎてアレなんですが、日ごろ疑問に思っていることなどを直接選手・スタッフにぶつけられるので楽しかったです。

しまった!恒例の米沢社長とのツーショット忘れてたーorz

| | コメント (1)

2017年11月 6日 (月)

ヤサガールの正体は〇〇〇〇〇〇〇〇〇だった!

ど~も、岐阜戦もベロンベロンに酔っ払ってヤサガラス劇場第1部を見逃したPさんですorz
でも第2部はしっかり撮りましたYO

Pさん、ドラマだけでなくアニメも見ないので元ネタが全くわかりませんでしたorz
でもヤサガラスの変心とゴール裏に走る2人を見るだけでも面白かったのですが、元ネタ知っているほうがもっとおもしろかったですよね・・・
映像に映っているお客さんが見入っていて認知度がかなり上がっているようです。ヤサガラス劇場でS席の当日券売り上げが伸びたか知りたいところです。
劇場に関するまとめはコチラですでにまとまっているのでこれ以上書かなくてもいいかなと。

というわけで今回は噴水広場でのヤサガラスについて書きます。
まずはヤサガラスの登場から岐阜のマスコット・ギッフィーとの対面です。

ヤサガールキター!
エッチやなー(ストレート

01

そして再びナンシーとツエーゲンガールズ(ほくりくアイドル部)による「夏色のナンシー」にヤサガラス、ヤサガールが乱入します。

こちらは前回

こちらは今回


問題はその後です。ぬぁわんとヤサガールがヤサメットを脱いだじゃありませんかーーー!
カワエーーー!

02

ということでPさん再びヤサメット被って4ショット撮ってもらいましたよ。ヤサガラス邪魔でしたけどw
どーもヤサガールの一人が見た記憶があります。ほくりくアイドル部の三井梨花ちゃんっぽいなぁと思っていたら本人でした。どうりで夏色のナンシーの振りができていたわけです。

私の記憶が確かならまだ中3だったような(高1かも)・・・エッチと書いてごめんなさい!三井梨花ちゃんのツイッタープロフィールにヤサガールの人と書いていてツエーゲンサポのフォローも増えているようです

04


03

ほくりくアイドル部のプロデュサーは「ツエーゲンのテーマ」のシアスタ中新さんですから、この縁でのツエーゲンガール就任だったのでしょうか。
ほくりくアイドル部は毎月第4日曜日に香林坊ダブルで定期公演しています。京都戦は定期公演当日だったのでツエーゲンガールとして登場できなかったんですね。その時のゲストは富山のビエノロッシでした。前売り1000円、高校生以下無料なので関心を持たれた方はどうぞ。

と、ググらなくても書けたんですけど・・・


| | コメント (0)

2017年10月29日 (日)

アウェイ山口戦勝利でJ2残留を決める

自宅でDZAN観戦でした。もちろん飲みながらです!

この試合にツエーゲンが勝利すれば、ツエーゲンは残留(最終順位20位以上)が決定しますが、山口は逆に21位以下の可能性(21位以下でもJ3の成績いかんで残留の可能性があります)が大きくなる試合でした。

前半は山口ペースで言って良かったと思いますが、これまでの対山口戦3勝も攻められて攻めれらてなんとか凌ぐというかシュートミスに助けられていたことを思うと、ある意味「ツエーゲンペース」とも言えたと思います。まぁ失点したらそんなこと言っていられないんですけどw
後半は一進一退だったと思いますが、「どうしても勝たなければならない」山口は前半はオーバーペースだったのでしょうか、徐々に疲れが目立ってきたように見えました。
ツエーゲンは、キワラ、ザキさん、カッキーを次々と投入し、3分あったアドなんとかタイムの2分にイッシーのクロスをカッキーが頭で合わせてゴール!
そのまま逃げ切ってツエーゲンが勝利するとともに残留を決めました!
これで来季もJ2で戦えます!

今季の最低限にして最大のミッション「残留」を39節のアウェイで決めました。昨年は記憶も新しいホーム「富山」での入れ替え戦で、J2初年度の一昨年も39節アウェイ大分戦で決めています。
一昨年の大分戦も勝利で決めていますが、その勝利まで19試合勝利なしという苦しい状況に比べると、今年は1勝3分・・・あんまり楽じゃないですねw

大分戦の決勝点がコーナーからの市長のゴール(アシストは多分藤さん)で、今日の勝利がイッシーのクロスからカッキーの頭と若いレンタル組の連携、しかも前半はなかなか結果が出すことができず後半になって活躍が目立った2人によるものというのは、ともにそのシーズンを象徴した得点だと思います。

一昨年は残留を決めた次のホーム戦はプレッシャーから解放されたかのようにセレッソに3-0と快勝しています。11月5日のホーム岐阜戦も勝ちましょう。

Pさんの今季の予想順位は17位なのでお願いしますw

| | コメント (1)

2017年10月27日 (金)

台風で混むコース

京都戦レポート最終回です。

台風が近づいているけど10000万人チャレンジデー、もとい1万人チャレンジデーでそこそこのお客さんは入るだろうからといつもと違う駐車エリアに入ると、あ・・・察し・・・

おひさるでステージイベントが中止になったこと、ツイッターで茶屋街のいくつかのお店がコンコースで営業することを知っていましたが、販売移動車が数台止まっているだけの噴水広場はやはりさびしかったですね。

その分コンコースは混んでいました。
メインとゴール裏の広いスペースを茶屋街と選手プロデュース弁当が営業していました。同じ品物を売っているお店もあれば、出ていないお店もあります。スペースだけでなく、スタジアム内は火が使えないのです。ですから電気で温めたり、出来上がった商品を保温したり、スタジアム外で作ったものを搬入したりと様々な対応をしていました。噴水広場で出店していれば、食べる方も産業展示館1号館の屋根の下や、スタジアム入口近くの雨の当らないところで座って食べることもできなくはないですが、コンコースだと座って食べることが難しいですね。噴水広場の茶屋街がいいなぁとあらためて思いました。このゾーンはメイン、A席(バック、ホームゴール裏)のお客さんがどちらも利用できましたが、当然のことながらメインコンコースはS・SA席のチケット又はシーズンパスがないと入ることができません。と、いうことで前回レポートしたヤサガラスとナンシーのやりとり、グッズ販売、WAONカードはS・SA席限定だったのでしょうか?選手プロデュース弁当が売り切れた後、WAONカードはそのスペースで販売していましたが、メインコンコースでやっていた、さいころ抽選には参加できたのでしょうか?
WAONカード購入者は大きなさいころを2回転がして、その目の合計で賞品をもらうことができました。メインの賞品は3回連続6の目を出すともらえる選手サイン入りスパイクで、見事女性がゲットしていました。

試合が終わると茶屋街のお店が割引価格で商品を売っていたので、家族へのお土産に多めに購入させてもらいました。売上は芳しくなかったそうで、Pさんも車できていたため貢献できなくて申し訳ないかぎりです。
ということで、5日の岐阜戦は今のところ別の予定(アイドルのライブ)が入っていないので、バスで行って売上げに貢献しますよー。飲むぞー!(いつもですやん

| | コメント (0)

2017年10月24日 (火)

ヤサガラスがスタジアムの中心で愛を叫ぶ

ヤサガラス愛の劇場が笑えて泣けてサイコー!

昨日の全然見られていない←エントリーでも書きましたが、今のPさんは酒よりもヤサガラス劇場DEATH。というか試合よりも(以下自粛ということで京都戦のヤサガラス劇場(ピッチだけでなくこの日はコンコースを含めての)レポートです。観戦記より力が入っていますYO!

どうしても外せない所用があって、やっと11:50過ぎに家を出て車で西部で向かう車の中で信号待ちの時にスマホを見るとヤサガラスマスクを被った美女(顔は見えない)のオモシロ画像が!荒天でハロウィンパレードが中止になりそうでヤサガールの出番がないからかもしれませんがそれはそれで面白いですよね。というかPさん(おっさんだけど)も被りてー!

台風の影響のためステージイベントが中止になっていたことは知っていてorzでしたが、入場してコンコースにはいるとこんなテーブルがw
20171024_22_08_55

募集チューならぬ募収チューwww
なお、Pさんは誤字に気づいてなかった模様。

グッズ売り場のボランティアの女の子(カワイイ)にヤサガラスメットを被らせた絶好のシャッターチャンスを逃してorzでしたが、そこにナンシーがやってきます。
ウォォォォォ、ナンシーがヤサガールに?

20171024_22_08_43

この時点で腹八分目になりましたがで、ヤサガラスがナンシーにお菓子をもらってデレデレしているのを見てお腹一杯になりましたw

でももの足りない・・・ヤサット(ヤサガラスメット)と被りたい、被りたい・・・
ということで、ヤサット被ったPさんの写真がコチラ。
ネット番長なので、実際はこんな面白くないポーズで正直スマンカッタ(*)。

03

ヤサット希望者がいなくてヒマな時のヤサガラスは自ら、近くにきょうだい(小学生低学年か未就学児のおねえちゃんとおとうとくん)にお菓子をあげていました。恐いのか恥ずかしいためか、近づきたくても行けなかったと思えるきょうだいにかがんで目の高さでお菓子をあげると「ありがとう」と言っていたので、こちらのきょうだいも悪のヤサガラス派になると思います。

ハロウィンパレードやステージイベントが中止になったのは残念ですが、コンコースという狭い場所での密集した中(当社比)での触れ合いはこれはこれで良かったと思いたいですね。もっとも仕方ないとはいえメインコンコースだけだったので、A席のお客さんが楽しめなかったのは勿体なかったと思います。

そしてメインイベントのヤサガラス劇場。
第1部はキックオフ前。
第2部はハーフタイムです。

ゲンゾイヤー登場以降のうちのハーフタイム面白すぎ!
特にここ3試合の「ヤサガラス愛の劇場」は笑えるけれど普通にドラマとして見入っていて悔しいですw
もっと悔しいのが、恋愛ドラマ・映画には全く興味がないので元ネタをほとんど知らなくて、知っていたらもっと笑えるのにと思うことです。
特に今回は元ネタが全くわかりませんでしたが、元ネタを教えてもらうとあらためて笑えました。
拍手も起きていて、もう完全に認められていますよね。

ということで、元ネタはこちら

愛の劇場第3章 第1部

愛の劇場第3章 第2部

愛の劇場 第1章「ヤサガラスの恋の行方…」

愛の劇場 第2章「101回目のヤサガラス」


* アイドルさんと撮ってもらったチェキは数倍面白いですが諸般の事情でアップできません

| | コメント (0)

2017年10月23日 (月)

台風影響下の試合だった ホーム京都戦観戦記

えーこの日は所用があり、家を出たのが11時50分ごろでした。
2時キックオフまでに間に合えば金沢駅経由でシャトルバスで行くことも可能でしたが、最近は試合前も面白いので一刻も早く西部に着きたかっったので車で行くことにしました。ということで珍しく素面での観戦となりました。
ヤサガラスレポートは後日にしてまずは試合の感想を書きたいと思います。雨のため試合中スマホを使えなかったの記憶だけで書いていきます。

試合結果は0-0のスコアレスドローでした。シュートはツエーゲンが5、京都が7とこんなものかなぁという数ですが、コーナーがツエーゲン9に対し京都は11と両チーム合わせて20と非常に多かったと思います。
コーナーが20もありながらスコアレスということでまず最初に思うのは田中マルクス闘莉王さんがベンチ外で良かったなぁとw次に思ったのはこのコーナーの多さ、多いだけでなく連続していたケースがあって、クリアしきれなかったところがこの日のコンディション、普段ならクリアできるところがしきれないぐらいの雨と強風だったのなぁと思いました。ただあの雨でもピッチは水たまりができることなく影響は最小限だったと思います。昨年入れ替え戦を富山で開催してまでピッチ改修していただいた甲斐がありました。

試合前から雨が降っていましたが、キックオフと同時に雨脚が一層強くなり、風も吹き始ました。前半はバックからメインに向かった、後半はホーム側からアウェイ側に変わってツエーゲンが風下になっていませんでしたっけ?これだけ辛い観戦はJ3・J2になって初めてだったと思います。なお、最も過酷だったのはJFL昇格初のホームゲーム(気温7.5度・雨・強風)でした。

試合序盤はツエーゲンペースでした。得点も時間の問題と思っていましたが、たった一つのクリアミスで試合が動きました。自陣ゴールライン間際でスローインに逃げるつもりがコーナーにしてしまい、そこから連続コーナーで京都が盛り返してきました。ツエーゲンペースから五分五分から京都ペースといった感じだったと思います。
ただ決定機の数はツエーゲンが上回っていたともいますし、攻撃も組織的だったと思いますが・・・過酷な環境で「遊び・余裕」を出せなかったのが無得点に終わった原因だったかもしれません。
守備においては愛媛戦に続いて安定してきました。FWはサイトウさんとザキさんの組合せがベストだと思いますが、コンディションの問題もあるんでしょうね。

雨と風で見る方も過酷な環境でしたが、それに輪をかけたのがプレー時間が短かったことです。コーナーを指示されてからキッカーが蹴るまでやたらと時間がかかっていましたし、(おそらく強風のため)ボールボーイの足元にボールが用意されていなくてピッチからボールが出てもスローインまで時間がかかっていました。早よしろ、早よ、と思いながら見ていましたw

| | コメント (0)

より以前の記事一覧