2019年2月17日 (日)

ツエーゲンなう感想

えー収録現場にも行っていました。
でもご安心ください、放送禁止Pさんは安心席にいたので映っていません!
バモトレと日が重なったこともあり、観覧者30人を募集のところ、追加募集でようやく埋まった感じでした。ちなみに安心席にはPさん以外の方もいらっしゃったので、こちらの方も追加募集だったんですかね。当然のことながら申込人数分の椅子が用意されていて空席がなかったのでスカスカ感がなくて良かったです。

現地で見ていてもネットで見ていても面白かったですね。

面白かったことは面白かったですが、これはひとえに大平さんの腕かなぁと思いました。事前にトークテーマを募集していましたが、それを転がすのもMCの腕ですからね。観覧者もイイ感じでいじっていましたね。
アシスタントみやむ姐さんは基礎的知識がないのでアンケートを読んでも転がせなかったでしょう。そうした意味ではみやむ姐さんがいじられ役に徹したことが結果的に良かったと思います。いじられ役といえばリアルユルキャラことタッシーもwって営業部長ですか。辻尾アンバサダーはまだなれていないかんじでしたが、これからでしょう。中山さんはちょいちょいみやむ姐さんへのパワハラらしき言動が気になりましたw(ジョークですよ、ジョークw

参加申込にあたってトークテーマの回答をしたところ、「今シーズンは私もこんなことに「挑戦」したい!」への回答が番組内で使われました。「今シーズンも全皆勤する」でした。採用されたのはこれだけで、一番感動したことに「刈谷でJFL昇格を決めたこと」は採用されませんでした。まぁ当たり前かw
なるほど話題はあくまでJ2中心で、J3が少し話題に上がった時も、辻尾さんが在籍していたという流れから。番組名の「ツエーゲンなう」はツイッターの「なう」からつけたと思っていましたが、あくまでJ2にいる「今の」ツエーゲンの魅力を広げるためのタイトルだと気づかされました。

もし次回開催される時は試合結果やそこまで戦いぶりを振り返ったり、今回参加できなかったゴール裏組も参加できると思うので、大平さんと観覧者のトークも弾むでしょうからもっと面白くなりそうです。

ということで、DMMさん、中山さん、次の開催をお願いします!
番組をまた見たいサポーターももっと声を上げましょう!

| | コメント (0)

2019年1月20日 (日)

出陣式第2部感想

第2部は選手監督スタッフがステージに上がって今季の体制発表です(アラン選手は怪我のため欠席)。

監督挨拶の後、選手スタッフが一言ずつ挨拶。

新体制発表会で大石選手を「いろいろと大型新人の可能性を感じました」と評しましたがビンゴでした。「石田崚真です」と自己紹介したところにハートの強さ(サッカーではあまり必要とされない)を感じましたwどうやらいじって良さそうですねw
同系統のサプライズをくれたのがこれまた新人FWの窪田選手。パッと見た目は二代目「甘えんBOY」ですが、振られもしないで自ら一発芸で自爆するスタイル。これを見て大石選手も一発芸と早くも激しいライバル争いw
はやくも両選手はダンサーに指名されていました。
もう一人の新人選手はDF石尾選手。すでにJ3出場経験があるせいでしょうか、新体制記者会見、この日と新人選手らしからぬ落ち着きぶり(比較対象:大石、窪田選手←)。開幕スタメン獲りを宣言したのは、ある意味一発芸より強心臓かもしれません。
選手挨拶である意味一番注目していたのは松本からレンタル移籍してきたれんれん(*1)(小松選手)でした。というのは、新体制発表会で東京オリンピック代表に関連した報道質問に対して「東京オリンピックに出場するために移籍してきました」と言ってなんだかなぁと思っていたんですね。まぁ本音かもしれませんが、そこは「出場機会を求めて移籍を決断しました。そしてツエーゲンで結果を出せばオリンピック代表も見えてきます」と答えればまた印象が違っていたでしょう。もっともこの日は「チームのために、チームに貢献できるよう」と挨拶して一安心しました。
前年から在籍していた選手ではオリーブソムリエ資格取得を繰り返した沼田選手と若手選手にいちいちツっこんでいた梅鉢選手がツボでした。
*1 推しの愛称が「れんれん」なのです

質問コーナー、昨年は面白くなかった記憶がありましたが、今年はサポーターから募集した質問が「わかって」いて面白かったです。
今年もバブリーナイト撮影をオファーされたらという藤村選手への質問はナイスw今年の候補は甘えんBOY窪田キュンの他に誰がいますかねぇ・・・大石、カッキーは頼めばしてくれそうですけどwクルーニー選手ならスーツでピシッと決めた方が良さそう。
「ファンからもらってうれしいプレゼント」という質問の回答に「愛情」「サポーターの愛情」は模範回答でしたが「健康食品」はアカンやつですやん。食品の差入れは禁止されていませんでしたっけ(マジレス
そして梅鉢選手への質問が「彼女できましたか?」(会場爆笑)wwwもちろん本人は「個人情報」「時代の流れ」「プライバシー」などとわけのわからないことを口走ってノーコメントとするも、大平さん「できていないです」wできれば他の選手に訊いて外堀を埋めてから本人に訊いて欲しかったですねwちなみにANAクラウンホテルさんでのビアガーデンで同じ質問をPさんしていてほぼ同じ回答だったと記憶していますw

集合写真を撮ってお終いと思いきやヤサガラスが再登場してゲンゾイヤーと戦いましたが、新たなストーリーのプロローグとなりました。楽しみ―!

終わってから会場ロビーでウロウロしているとクルーニー選手が退出するところに出会いましたが、握手を求めてきたサポーター一人一人と握手しているのを見てナイスガイだなーと思いました。

全体の感想としては昨年よりも笑いを含めて盛り上がったし、熱気も感じました。まぁ昨年との席の違いがあるかもですが。数字にその熱気が現れたのがこちらのツイート。目標平均5000人やー!

その後6時間にわたる記憶なくす飲み会に突入。その場でブログでもっと書きたいことを書けと説教されますた。

出陣式の模様はまだ見ることができます

| | コメント (0)

出陣式第1部感想

出陣式感想
必勝祈願に続いて出陣式にも行ってきました。あたり前ですよねー。
こちらもあたり前に有料席を申し込んでいたのですが、なんと最前列しかも通路側!ステージに上がる選手とタッチできるだけ最前ドセンよりイイ席ですぞ。
ちなみに昨年も有料席でしたが、まぁクソ席で。ツエーゲンで例えると大外からオーバーラップする跳び加藤のポジションでした。

オープニングは百萬石ウィンドオーケストラさんのエルガー威風堂々!
これはフラッグ振りたかった!プロムス・ラストナイトを見てやってみたいなーと思っていたんですよね。
動画は5分あたりからみてください。

でもフラッグ持っていないし、マフラー類振ると隣席、後方の方に迷惑なりますしね。
告知で威風堂々を演奏するのでフラッグ類やタオル・マフラー類を振ってくださいと、クラブが動画つきで告知していれば・・・。もっともフラッグをゆっくり振るから画になるのであって、マフラーぶんぶん回しは違うかもしれませんが。振っていれば楽団の人も楽しかったと思いますよ。
その後ゲンゾーが2曲指揮。Pさん、まったくわからなかったのですが、堂に行った指揮だったらしいですねw

そして西川GMによる今季の目標等の発表。
まさかのクラブスローガンはなし、その代わりにクラブ理念の発表がありました。
チーム目標は昨年の勝点60から一桁順位に変更。必勝祈願での監督の絵馬も一桁順位でした。
勝点より順位の方がわかりやすいといえばわかりやすので妥当でしょう。
入場者目標数5000人と明言していましたっけ?5000人と言う数字はGMが絵馬に書いて数字です。
昨季も目標5000人?それを前提に話をしますが、目標と言うのは前年以上を掲げるものだと思うので、チーム目標に比べるとやや深刻だと思いました。個人的にはチーム成績はもちろんですが、こちらの方にも注目したいと思っています。つか、こっちの方が気になるかもです。

ほくりくアイドル部のライブでは持参したペンライトを振っていました。最前列で。
途中のじゃんけんは噴水広場前でもやっているんですけど、アレの意味なんなんですか?いまだにわかりません。メンバーからのレス待っています←
ライブ途中で後方からデケー声が聞えてきたのはツエーゲンサポでなくてアイドル部ヲタクですよね。gj!噴水広場前で毎回最前にいるのはいかがなものかと思うことがありますが、こうした応援なら面白いし、賑やかしになるのでノー問題!

「時は2019年。J2リーグはまさに群雄割拠の時を迎えていた。そして都から数百キロから離れたこの北陸の地に奇跡を求めてたった一人で旅をしている少女がいた。」というナレーションで、ナンシーが観客席に登場。MC大平さんが「七つのゴールデンプレートを探すとなんでも夢がかなう」と代読。最後のひとつが歌劇座にあったらしく、全部そろったので願いがかなうことに。ナンシーの願いは「J1に上がる」。すると、チャンピオンカレーさんのキャラクターの神が登場して「願いをひとつだけ叶えてやろうと」と言いますが声が悪役っぽいw。サポーターの「J1に行こう」の声に混じって、なぜか「ヤサガラスさまー」の女性の声(三井梨花ちゃん?)。そして神様のかなえた願いが「甦れ、悪の化身 ヤサガラス」にw
そしてヤサガラス登場wええコントやーwww
なんとヤサガラス2年連続2回目の復活です!(棒)。昨年はおどろおどろしいサプライズ復活(悲鳴上がっていましたw)でしたが、今年は見え見えだったのでコントで正解でしょう。今年も楽しませてもらいまっせー。

といったところで一部終了。一旦切ります。

| | コメント (0)

2019年1月19日 (土)

必勝祈願潜入リポート

イチバーン!
それはホーガン!、今回は必勝キーガン(はい、笑うところですよ)潜入リポートです。といっても全然潜入していませんけど。

時は1月14日、13時30分から出陣式がありますが、その前に尾山神社で恒例の必勝祈願があるということで行ってきますた。
必勝祈願があるのは告知されていましたが、何時からとは書いてありました。そこは名探偵Pさん、ピンク色の脳細胞をフル回転させます。
必勝祈願が13:30スタートなら、遅くとも13:00には金沢歌劇座に入っている必要がある、その前に昼食とるだろうし、移動時間も必要だろうから11:00スタートだろうと名推理。それでも余裕をもって10:30に現場(尾山神社)に入りました。
着いた早々にクリステル(新任広報)とすれ違ったので、よっしゃー正解やーとQED。ただし、Pさん以外にツエーゲンサポらしい方が2人しかいないのが不安の種。
この日は暖かったのでベンチに座って本を読みながらチラチラと神社を見ますが、選手スタッフが来る気配は全くありません。だんだんとサポも増えてきて、顔見知りのサポと雑談していると、必勝祈願は12:00かららしいですよとの有力証言が。なにそれ?どうやらラジオ(ほくりくアイドル部の番組?)で告知されていたらしいです。どおりで11:00でサポがいないわけですわorz

12:00になって神社内でお祈りしていたらしく、終わってからメディアの囲み取材がありました。その時点でサポは20人ぐらいいたでしょうか。かってのPさんなら何食わぬ顔をして囲み取材の近くに行って取材の様子を見ていましたが、サポータの数が多くて断念しました。一人がすると真似する人もいないとは限りませんからね。以前ならサポータが少ないのでそれもできましたが、数が多くなりましたからね。

というわけで選手・スタッフの絵馬です。こんな駄文より、みなさん絵馬が見たいでしょ。
抜けた選手・スタッフがありますがご勘弁を。ただし、跳び加藤の絵馬は一切サッカーに関係なく個人的なものだったのでアップしませんでした。


20190119_22_05_16

20190119_22_05_25

20190119_20_23_21

20190119_20_27_27

20190119_20_27_37

20190119_20_26_40

20190119_20_23_11

20190119_20_23_26

20190119_20_24_34

20190119_20_31_35

20190119_20_26_15

20190119_20_31_46

20190119_20_33_37

20190119_20_23_16

20190119_20_24_15

20190119_20_24_45

20190119_20_26_33

20190119_20_27_42

20190119_21_07_40

20190119_20_24_39

20190119_20_26_28

20190119_20_27_32


| | コメント (0)

2019年1月12日 (土)

2019新体制&2019ユニフォーム発表記者会見 潜入記

あけましておめでとうございます(遅

2019年一発目のネタは「2019新体制&2019ユニフォーム発表記者会見」です。
1月11日午後2時に行われたのに行ってきましたよ。ちなみにこの日は金曜日、祝日でなくてド平日。しかも観覧募集告知が8日。休みの調整できるわけないだろ!だれが行けるんだよ!社長と主婦と無職しか募集しないと巷の噂(脳内)でしたが、社長でも主婦でもないけれど社内無職のPさんは迷いなく申込メールを送信!もちろん休みをもらえるか全く見通しがたっていませんでした。でも、ほら、いまこんな時期じゃないですか。朝から空咳してインフルエンザかもしれないので早退させてくださいと言えば通りそうじゃないですか。なんせ社内無職ですし。
というわけで前日に当選メールが届いて、当日朝から空咳して早退成功。なんせ無職(社内)ですし。
ちなみに昨年に続いてド平日に早退しての出席です。昨年は大雪でしたねぇ・・・。

会場に着いて無職(社内)のくせ一人前に受付に行きます。いつも応援ありがとうございます、と言われましたが、心の中で世界の中心で社内無職ですから!と叫んでいました。
その際の注意点を言われました。
1)会場内の撮影は構いませんがフラッシュ撮影及び動画撮影は禁止
2)会場内での内容をSNSに書き込むのは会見が終わってから
もしかしてPさんが無職(社内)だと見下して言われたんですかね・・・

会場に入るとファンクラブ会員様限定30人が程よく埋っています。確かに社長と主婦の方が多いようです。無職は?無職は?どこにいるの?と探しましたけど無職(ただし社内無職←ここ強調)Pさんだけだったかもしれません。それにしてもみなさんヒマ熱心ですね。

会場にはいるとゆるパーマ広報がいたのでご挨拶。1月15日まで籍があるとのことでした。今日のアドなんとかタイムに出演して言っていたことですが14日の出陣式が最後のお仕事とのことで飲みに誘おうと思います(ウソですよ。

司会のおねいさんが美人さんだなぁと思って見ていたら広報担当とのことで、この方が「京都からきた女」と判明。しかし、ヒドイ通名ですねw。誰かに似ているなーと思って見ていてヒ・ラ・メ・キ・マ・シ・タ。ク・リ・ス・テ・ル(オ・モ・テ・ナ・シ口調で(シ・ル・ビ・ア・で・な・く・て)。ということでPさんによる通名は「クリステル」に決定。「京都からきた女」と「クリステル」どっちがヒドイですかね。まぁ無職の考えることですからね。

ウェストリバーマスター西川代表取締役GM挨拶、田端今強化部長強化方針説明、新入団選手自己紹介はおひさるで見ることができるのでそちらをご覧ください。

新入団記者会見での自己紹介、特に若い選手は緊張する場と思いますが、対照的だったのが大石君と石尾君。
大石君の挨拶はあれが本質なのかアガっていたのが非常に気になりましたw得意なプレーはという質問に「大石はとにかくスピード」と一人称を大石とするところにいろいろと大型新人の可能性を感じました。石田(崚真)と仲が良いと言っていましたが凄く納得。金沢の生活で楽しみにしていることという質問にも、カキに中ったことがあるので海鮮は我慢しますというのもポイント高し。噴水広場で歌ってくれそうな期待を抱かせてくれます。まぁFWならこんなものでしょう(偏見。
一方の石尾君は高卒ルーキー?と疑うぐらいスゲー落ち着いていました。これはこれで噴水広場で歌ってくれれば面白いかなと←

クルーニーは、日本の伝統を学びたいとか、私に質問してくれてありがとうございますとか言って、真面目タイプの選手だなぁと思いました。

社内無職の注目ポイントは選手だけでなくメディアの質問でした。昨年の新体制発表会では質問が一人だけ、しかも発表会で質問しなかった方が個人取材で質問していてなんだかなぁと思っていました。
ファン、サポーターも質問したいけれどできないですよね。質問できるのはメディアだけで、公の席で質問することでファン、サポーターを代弁代表してくれるはずなのに、恥をかくのが怖いのか、特ダネが欲しいのかそれをしないで個人的取材することに不満があるんですよね。無職(社内)のくせに。
名を秘すますが北・・・のか、あーこれ以上書けない。無職(社内)がしっかり実況して応援番組のMCで仕事している人に文句言える立場にありません。
とネチネチ昨年嫌味をネットで書いていたせいか今年質問されていました。ありがとうございます!北陸・・のKさん!GJでした。
角野さんだけでなく(あ、言っちゃったね)、時間がなくなってということで質問打ち切りになったのは良かったと思います!報知新聞記者さんの質問がヤサガラス関連でなかったこと、胸スポンサー記者さんの質問がなかったことがちょっとなーと思いましたが。

あと、エルゴラ担当記者さんがいなかったことがスゲー不安でした。

ということでスチャラカ編は異常です。
編成に関する無職の思いは別に書くかもです。

追記追記
新体制発表会後のユニフォーム発表記者会見にカッキーと藤村が登場しました。
2年目ということで新入団選手と違って落ち着いていて、やっぱり新入団の選手は緊張するよなーという思いと、石尾君の落着きすぎだろうと再び思うと同時に、カッキーにやけすぎだろと思いましたw

| | コメント (1)

2018年11月24日 (土)

シーズン報告会2018潜入記

よし、酔っ払うでー!ということで会場に乗り込んでまずしたことは、スーツのポケットにD!V!D!14枚を入れるという怪しすぎる行動。これだけの枚数になるとなかなかポケットに入らず苦労しました。

そのD!V!D!の中身はコチラ

毎年のアレです。このD!V!D!を選手スタッフに押し付けるいつもの嫌がらせをする計画です。

いつものメンバーが集まるテーブルだけが人口密度が低いのはなんでですかねぇ。多分一番奥だからでしょうねぇ。
選手が壇上に並んだ時の光景と違っていました。いつもならドセンのテーブルにはスポンサー様、先生方が囲んでいたのが小さいお子さんたちが体育座りをしていて空いていました。

まずは永年スポンサー様への感謝状授与、選手スタッフの入場及びステージ整列(アラン、梅鉢が欠席)、来賓紹介、来賓を代表して山野金沢市長、西川GMの挨拶に続いて乾杯です(で、合っていましたっけ?)。
会場を見回すと今回も多くの人がいるなぁと思っていたら、ほくりくアイドル部のメンバー2名を発見。さすがに話しかけられませんよねー(振り)。
乾杯を米澤社長とするつもりでしたが、今回はできませんでした、というかするな。

乾杯後ビール数杯を流し込み会場を徘徊します。今回はD!V!D!にゴールした選手からサインをもらう計画でした。でその結果がコチラ。コンプリートできたのかな?
Dvd
いろんな選手とお話しさせてもらったり握手してもらいましたが(全選手とはできませんでした)、やっぱ反応それぞれですね。作田選手の握手が一番強かったのはベテランということと地元選手としての自覚でしょうか。

乾杯できなかった社長と途中ツーショット写真を知合いに撮ってもらいましたが、社長全然笑っていませんやん・・・。ウケなかった―orz

締めは再び選手スタッフが壇上に上がって、廣井キャプテンと柳下監督の挨拶です。廣井キャプテンの今シーズンの振り返りとお礼の言葉の後「最後にわたしごとでありますが」と続けて、もしや・・・と思い会場がシーンとなります。しかし、その後の言葉は「昨日第三子が誕生しました」(昨日かは記憶曖昧です)で、ホッとすると同時に拍手。廣井さんやりますねーw
柳下監督の挨拶は悔しいでしたっけ?なんせ泥酔していたので。
そして毎年注目している米澤社長のスピーチ。これまでと違っていてウオッチャーとしておお!と思いました。覚えていれば別にエントリーします(今も飲みながら書いているのです)。

そして最後に我慢しきれすほくりくアイドル部のせいちゃんと三井梨花ちゃんに話しかけてしまいますた。いつもヤサガラスのユニ着ている人ですよねと言われてヤバい。この人いつも酔っぱらっていると思われているんやろうなぁ(正解)。その後いろいろお話しさせてもらったり、サインもらったりしましたが、握手した記憶ないし(単に忘れているだけかもしれませんが)スマホにツーショットが残っていないのでセーフ。いつぞやの試合後、帰宅後スマホを見ると全く記憶にないツーショットが残っていて青くなったことに比べるとノー問題!

その後一人二次会に突入してさらに酔っ払ったのでした。
めでたし、めでたし(めでたくない。

| | コメント (0)

最終戦で快勝!ホーム水戸戦観戦記

ホーム今年5勝目でした!北國新聞さん!

4月8日  3-1 千葉戦
6月16日  2-0 栃木戦
9月24日  1-0 山形戦
9月30日  2-0 岐阜戦
11月17日 3-1 水戸戦

ほら5勝でしょ!

ということでベロンベロンで観戦しての感想です。
試合が動いたというか交代が前半14分。アウェイ徳島戦の先取点を彷彿とさせる杉浦の地を這う強烈ミドルシュートでツエーゲン先制!シーズン報告会で今季ベストゴールに選ばれたナイスゴールでした。

直後の16分に垣田からマラニョンの交代です。垣田が痛んだ様子もなく、不満げな表情だったのでマラニョンさよならゲームかなぁと思ったいたら正解でしたね・・・。代わったマラニョンの守備が不安定で、垣田が使われる理由、マラニョンがベンチにも入れない理由がわかったような気がしました。

37分に水戸の見事なゴールで追いつかれたましたが、前半アドなんとかタイムにマラニョンのゴールで再びリードします。
沼田のクロスを水戸DFのクリアが小さくマラニョンの前に転がってきたボールをゴールに流し込んだゴールでした。
追加点は88分。フリーキックを両チームの選手が競りあってルーズボールになったところを金子が押し込んだものでした。
2・3点目に共通するのは意図した崩しではなかったもののゴールにボールを流した形だったと思います。

2回前のエントリーで、

ヨクきーぱー位置ヲカクニンシテ
カラブリセズ

コボレダマアレバごーるにナガシ

と書きました。こうした「リトルゴール」(合ってます?)がもっとあれば、一桁順位もあったかなぁと思った試合でもありました。

なにはともあれ最高の形で最終戦を終えることができました。
選手・スタッフのみなさん、お疲れさまでした!

| | コメント (0)

最終戦水戸戦イベントがエンタメしていた

ど~も、最近サッカーを見に行っているのか、総合エンタメに行っているのか、マジに迷っているPさんです。
ホームであまり勝てていないからでしょうねぇ・・・。

ということで水戸戦もヤサガラス劇場最終話と試合前ののど自慢、そしてノリノリの水戸サポさんを楽しみに西部に行きまました。

行きのバスで会ったサポ仲間に何処で呑んできたんですか?と訊かれるぐらい前日の吞みすぎていましたが(もちろん当日吞んでいませんでした)、スタジアムに着くとビールをガンガン吞んであっという間にベロンベロンに(いつものパターン。

酔っ払ってボーと歌を聴くのはイイっすねよね(ツエーゲンガールライブを見ての並の感想。

で、本番ののど自慢。昨年ののど自慢が面白かったので、Pさん片手にツエーゲンペンライトを持ってちゃっかりとドセン2列目をゲット。ヤサガラスさんにブーイング飛ばしたらご本人にメンチ切られて平謝りした記憶がw

1人目はツエーゲンガールズのクリスタルボイス(元亀好き)せいちゃんの「365日の紙風船」ジャナクテ「365日の紙飛行機」。オリジナルはAKB48なんですね。曲名を聞いたのも初めてで、曲を聴いたのも初めてです。

次の出場者は、おお昨年宇宙戦艦ヤマトを歌った方ではないですか。首に水木一郎先生の赤いマフラー巻いていいます。ということは「アノ曲」ですね。グデングデンのPさんはその方はステージに登場した途端「ゼーット!」と叫んでいましたw曲はもちろん「マジンガーゼーット」。Pさんサビで再び「ゼーット!」

3人目は「マツケンサンバ2」。この方ヤサガラスマスクかぶっていましたっけ?なんせ泥酔状態だったので。
ということでステージ脇で見ていたヤサガラスさんが期待通りステージ前に出てきて踊る。ヤサウーマン(ヤサガラスマスクをしているうちの女性サポ、マスクを脱いだ御尊顔を拝見したことはありませんが、なんとなくガールじゃなさそうなのでキャットウーマン的にヤサウーマンと命名)もマラカス持って踊る、ヤサガールことほくりくアイドル部三井梨花ちゃんがヤサガラス軍団に押し出されて踊らされたのには草生えましたwwwうちのサポもバカが多くなって楽しいです。

4人目は「情熱の薔薇」。ツエーゲンの勝利の歌ということで、最後をツエーゲンバージョンでの熱唱で盛り上がってきます。後ろを見ると結構の人が見ています。

5人目はスポンサさまであられるチャンピオンカレーさん、ですが、赤い鬘をつけていてどこかで見た記憶がw結成15日の「シアトル・スタンダード・カレー」としての登場ですw曲はもちろん「ツエーゲンのテーマ」(しゃもじでのエ
アギター付き)ということでお客さんをも巻き込んでのチャント発生、していたと思います←

ということでスゲー盛り上ったのど自慢で大いに楽しませてもらいました。誰が優勝したとはどうでもいいことですね(単に覚えていないだけ)。
企画は企画として、昨年と大きく違ったのは、出場者が「わかった選曲」をしてきたことでした。2回目ということもありますが、クラブの「エンタメ路線」がサポーター(出場者もお客さんも)にも、意識してかは無意識かはわかりませんが、浸透してきたことがわかった企画だったと思いました。そういう意味ではせいちゃんは「夏色のナンシー」がベストセレクションだったかなぁとこの文章を書きながら思っています。クラブから提案しても良かったんじゃないかなぁ。それともツエーゲンガールとして歌っていましたっけ(記憶なし)

シーズン2の最終回を迎えたヤサガラス劇場にも大注目。
試合前の劇場はヤサガラスが登場せず、クロガラス(前回ヤサガラスの父親と明かされる)とゲンゾイヤーと対決となりましたが、ゲンゾイヤーはクロガラスに歯が立ちません。それだけでなくナンシーはクロガラスにさらわれます。
ゲンゾイヤーが登場するとブーイング飛ばし、ゲンゾイヤーがやられると歓声飛ばす水戸サポさんサイコーwwwただ最終話はどうしてもストーリー重視になるので水戸サポさんには少しお気の毒でした。来年はバカネタ回で楽しんでもらいたいですね。

ハーフタイムはクロカラスを倒すためにゲンゾイヤーと、観客のコールに迎えられたヤサガラスが共闘。それでも1対1では勝てないゲンゾイヤーとヤサガラス。しかし、ナンシーが頭突きでクロガラスを倒しますw。
そしてヤサガラスがクロガラスを羽交い絞めにして、その間にゲンゾイヤーが銃を発射してクロガラスを倒しますが、ヤサガラスも無傷ですまず「ゲンゾイヤー、ナンシー、そしてサポーターどもよ、愛すべき愚か者たちよ、ツエーゲンを頼む。フハハハハ」との言葉を残し倒れ、担架で運ばれます(2年連続2回目の死と担架芸)。
よくぞ1年がかりのこの最終回を持ってきたなと、カメラで撮りながらマジに感動していました。

試合も3-1と快勝してサイコーの気持ちで最終戦を後にすることができました!
ヤサガラス劇場シーズン3も予告されて来年のエンタメ路線も楽しみです。

| | コメント (0)

2018年10月24日 (水)

OTONOKO2018に行ってきた

2016年から開催されているOTONOKOに今年も行ってきました。
しかし、今年は昨年ほど楽しめませんでした(2016年は運営、タイムテーブルに問題あり)。というか公式ツイッターのあまりにもヤル気のなさに萎えてしまって、当日もそうしてマイナスの感情が入っていました。

2018年
10月13日開催
4月20日開催発表
10月2日最終出演者と後夜祭の発表
10月10日タイムテーブルと会場マップの発表
シャトルバス事前予約往復1500円(北鉄路線バス)
Otonoko2018

2017年
12月2日開催 観客8260人
6月9日開催発表
11月14日後夜祭発表
11月17日タイムテーブル発表、
シャトルバス事前予約往復1000円(北鉄路線バス)
Otonoko2017

2016年
10月2日開催 観客6500人
6月20日開催発表
9月23日前夜祭後夜祭、タイムテーブル発表
シャトルバス復路のみ当日運行発表500円(観光バス)
Otonoko2016

今年はとにかく告知が遅かった。タイムテーブルが発表されたのがわずか3日前。その前にもほとんどツイートがなく、せめて「お待たせしました」と前置きしても罰が当たらないと思いました。2017年は告知だけでなく、煽りや出演者のリツイートをしていましたが、今年はそれもほとんどなく、中の人はヤル気ないんだろうなぁと思わされました。
ツイッターのヤル気のなさだけでなく、2016年、2017年にあった事前告知イベントも一切なし。
出演者も2016年、2017年に比べると弱い。これはメインステージだけでなく、セカンドステージ、音楽フェスらしからぬ?ミュージシャン以外の出演者も同じです。
シャトルバスも前年より値上げ。
始る前からイベント全体が停滞している感じでした。

会場に着くと会場待列が短いし、フードコートの人数も寂しい感じです。まぁ昨年はPerfumeが出演していましたからね。
これまでセカンドステージは会場内の有料ゾーンでしたが、今年は屋外の「トラックステージ」として無料で見ることができました。しかし、このステージを無料で見ることができることを知ったのはこの時でした。なぜタイムテーブルで「トラックステージ」と表記しなかったのか、無料ゾーンであることをもっと早く告知できなかったのかとまた運営への不信感が募ります。ただ、このトラックステージが予想以上に良かった。OPENNING DJより好みでした。

OPENNING ACTは3年連続の新しい学校のリーダーズ。
いよいよCAPSULEの登場。こしこのマイク調子悪い・・・、萎える・・・。でもまぁ踊っていたんですけど、周りの人たちはなんで踊らないんだろう?こしこ、ヤスタカが手を振れば同じように振るけれど、もっと好きにすればいいのに。
30分のステージが終わり一旦ビール飲みに外に出て戻るとRYUCHELLのステージが終わる直前でしたが、マイクと口が離れているように見えたのに声が明瞭に聞こえたような気がしてまた萎えます。
banvoxを見た後、外のトラックステージへ。ベロンベロンになってこの日一番はしゃいでいましたwイコール恥ずかしい姿を晒してしまいますたorz

メインステージに戻ってDAISHI DANCE。DAISHI DANCEがペンライトを振っていたのでPさんもツエーゲンペンライトを振っていましたwスマホのライトを点けるようにDAISHI DANCEが呼びかけ、観客が一斉にスマホを点灯。Pさんだけ赤いライトw
20181014_20_01_15


m-floのステージも楽しんでから外にビールを飲みに行き、ツエーゲン茶屋街にも出店しているお店に話を聞くと、やはり昨年に比べると人が少ないとのことでした。
きゃりーのステージは後方でボーと見ていると、女の子2人組が振りコピしています。そういえば2016年のきゃりーのステージの時もやはり後方で女の子2人組振りコピしていました。2年前の女の子2人組も今年の女の子2人組もホント楽しそうに踊っているんですよ。人の楽しみ方それぞれですが、湖心的には最前地蔵よりも女の子2人組の楽しんできるなぁ、フェスらしいなぁと好意が持てました。それだけでなくツエーゲンペンライトを貸してあげたというか無理矢理渡したというか、ペンライトを持ってもらったんですけど、それがまぁ可愛くてこれまでの不満が吹き飛びましたw
きゃりーのステージがおわってヤスタカのステージになりましたが、きゃりーとの「共演」でした。これは昨年のヤスタカとPerfumeの共演の踏襲ですね。と、いうことで再び女の子にペンライトを貸します。返してもらった時はお礼を言うとともにドサクサまぎれに握手までしましたw
その後のヤスタカのプレイは、知らない女性ボーカリスト2人、vanvoxと共演しましたが、そうじゃないでしょ、こしこじゃないんですか?とプツーンときて途中退出しました。もちろんこんなことは初めてで、やはり運営、これまでのメインステージへの不信が爆発した形です。レポートで昨年やらなかったSugarless GiRLをプレイしたことを知りましたが、まぁしゃーないです。
後夜祭も運営への抗議を込めて行きませんでした(実はお金ないだけ。


ほとんどの人は気にしていないと思いますし、私が変わっているだけなんでしょうけど、ブッキング等含めた運営の姿勢に最後まで乗り切れないイベントでした。もちろん楽しかったことも多かったですが、昨年に比べると・・・。
来年あるんでしょうか?

| | コメント (0)

2018年10月 8日 (月)

今季最高の試合 アウェイ徳島戦DAZN観戦記

珍しく素面で自宅観戦でした。いつ以来でしょうか?記憶にありませんw

全く他のチームを調べていなくてDAZN中継で相手情報を知ることがほとんどです。どうやら徳島はホーム8連勝中とのこと。超絶許!こちとらアウェイゲンやぞ(泣。

試合開始から徳島ゴールに迫るツエーゲン、非常に良い立ち上がりでした。しかし、6分にはシーラEのファインセーブで事なきを得ましたがヘディングシュートを撃たれヒヤッとします。
途中ででたポゼッションが63-37。実況はツエーゲンの戦いぶりを再三「耐えて耐えて」と表現していましたが、徳島のボール保持の多くはボールの出しどころがなく最終ラインで回すシーンが多く、パスを回してもツエーゲンにカットされ、奪われてカウンターを浴びることが多く、ツエーゲンサポからすると「耐えて耐えて」のは大きな違和感を感じたと思います。
この日はツエーゲンの守備が良かったです。しつこく追い込みボールをカットする絡み取るが徹底され、その結果速い攻撃に繋がるという好循環。これまでもこうした組織的サッカーができていましたが、今季最高と書いたのは若きセンターバックコンビ、ミッチー山本とショージの躍動がありました。ショージくんはこれまでもレギュラーでしたが、ミッチーと相性が良いのでしょうか、グッと安定感を増した感じがあります。ミッチーの飛び出し、もとい、広い守備範囲と強さが素晴らしかったです。

前半危なかったシーンは開始6分のヘディングシュートのみで、一方でツエーゲンは何度も徳島ゴールを襲います。ワイルドスギちゃんのミドルシュートはキーパーに弾かれポストに当るという惜しいシュートなどがありましたが、前半45分で無得点。しかし、49分に再びスギちゃんのワイルドミドルシュートが徳島ゴールに突き刺さり先制です。実況は「まさかの」と言っていましたがw
前半終えて「守備に関しては今期ベストじゃない?」「前半良かったから「勝てる!」とまではさすがに思えない試合」とツイートしていました。

後半に入って徳島はウタカ(中江転[うたた]ではない)を投入して逆転を狙ってきますが、ツエーゲンは1対1で勝てなくても数人の選手でウタカを抑えます。一方でツエーゲンの守備と攻撃はますます良くなってきます。その一方でなんでもないパスミスなど徳島のちぐはぐさというか集中力の乱れが目立ってきます。時間を追うごとにツエーゲンが追加点のチャンスを作りますが、新米パパ沼田のミドルシュートがオフサイドの判定をされたり(*)、カッキーが絶好機をポスト直撃するお馴染みのほのぼのシュートだったりとなかなか追(ry
ようやくの追加点は86分の2戦連続ネコさんニャー。さらに93分にショージくんの初得点。徳島が前掛かりになっていたかもしれませんが、前述したとおり集中力をなくしてように見えました(Pさんしか言っていません←。

0-3という大差の快勝でしたが、0-1で終わったとしても今季最高の試合と言っても良かったと思います。

みんな良かったですけど、垣田が・・・
守備、ポストは良かったですよ。ただ得点を上げられなかっただけで・・・パスを出せるシーンで迷ったり、時間を使えるシーンで焦ってシュートを撃ったように見えたので判断力をもっと速くして欲しいなぁと思いますた。


* ネコさんがオフサイド位置にいて、ボールに触らなかったもののキーパーの視線を塞いでプレーに関与したとの判定らしいです

| | コメント (0)

より以前の記事一覧