2017年5月25日 (木)

ハイタッチを経験してきました

あんな惨劇が起こるとも知らず、福岡戦も試合前からできていました。
まずは焼きガキとビールセット(900円)のいつものパターン。そろそろ焼ガキお終いですか、と訊いたところ、今年は夏に岩ガキを投入するとのこと!これはビックニュースですよ。生で食べられるんですか、と訊いたところ外では生はできないとのこと。ですよねー。岩ガキだと大きいのですか?と訊いたら大きいとなかなか焼けないので無理とのこと。これで1年中焼ガキ食べられます。来週(28日)は松本戦だから沢山出るし、早めに準備するようアドバイスしたら、松本戦ということは知っていて手ぐすね引いて待っているそうですw 

2杯目はキッチンバーランプさんでビール、とこれまたいつものパターン。朝飯をいつもより多めに食べたので、腹の脹れるものは食べられず、冷やしきゅうりと海鮮串をいただき、3杯目はグリーンバナナジンジャー、4杯目はモヒートとカクテルコース。日頃飲まないものをスタジアムで飲むという倒錯した行為をしています。

1

そろそろ酔っぱらってきてイベント会場を見ると腕相撲サポーター対決をしています。音声で最初はキッズ部門かぁと思っていたら、次はレディース部門「ドキッ!女だらけの相撲対決」(Pさん命名)(一字脱字)が始めるとのアナウンスで見に行くPさん。言い訳するとワラワラ近づいてきた男子はPさんだけではないですよ!MCモロケンが横のこの日の冠スポンサーさまであられるCPUブースさんにも参加を呼び掛けると美人さん2名が参加したので一層近づくPさんとツエーゲン男子たち。なお、男子部門になってさっさと撤収したPさんでした。撤収する前に美人さんの売り子さんに目がくらんでCPUさんのジュースつき焼きそばを購入しました(500円)。

4

5

焼きそば食べていると、選手がピッチ内練習に入る時のハイタッチする人を決めるゲンゾーさんじゃんけん大会が始りました。酔っぱらった勢いで参加したら、5人決める回で4人に残ってしまいました。以前5人決める時に6人に残った時は紳士なので辞退したのですが、4人では今さら辞退できませんよね・・・ありがたく参加はさせていただきますが、問題は酔っぱらっていること。急いでこちらを飲んで酔いをさまします。


6_2

イベント会場では福岡さんとのサポーター対決が始っています。今回もあっち向いて対決。仕込んであったのか福岡サポさんが集団でいらっしゃってもらいました。2-2で迎えた最終第5戦は、じゃんけんであいこが10回以上続いてやっとじゃんけんで勝敗ついた1回目のあっち向いてホイであっさり負けた福岡サポさんに集団で蹴りを入れる福岡サポさんwwwをこれが修羅の国かと思いましたwムチャクチャ盛り上って面白かったです。

エスコートキッズもゲンゾーさんとのじゃんけん大会で決めるのですが、お子さんがたくさん集まっていました。

7

そうこうしているとハイタッチの集合時間になりました。スタジアム正面に12時に集合し、しばらくしてたトラックに整列します。キーパー2人の登場は12:10、フィールドプレイヤーの登場は12:20なんですね。その間もPさんたちは退場しないでそのままトラックに立ちぱなっしでした。晴天だったからですかね?雨だとキツイというかやっていましたっけ?その間ヒマですがスマホをいじるのも失礼な気がしたのでそのまま待っていました。ああ、太平さんはあそこにいるのねと思ったり、選手は集合してから12:20まで待っているのを見てヘェーと思いましたが、これはPさんがメインで観戦しているから思うことで、バックやゴール裏からだといつも見ることができるんですよね。
無事ハイタッチ係という重責をやりとげたPさんでしたが、試合結果が結果なので再チャレンジするかどうか・・・
もちろんその後ビールを飲みましたよ!

選手全員が一人一人にタッチしてくれました。(残念ながら)競争率が低いので当選のチャンスも高いですよ。ぜひ早めにご来場して噴水横イベント広場でじゃんけん大会に参加してください。なおベロンベロンに酔っぱらっていてはいけません!(自省を込めて

0選手がピッチを半周し控室を引っ込むタイミングでスタンドを出ましたが、お客さんはカッカとしている風でなくて、ああ、メインのお客さんの多くは勝敗はもちろんですが、ツエーゲンを応援にしているんだなぁと酔っぱらいながら思いました。


| | コメント (0)

2017年5月23日 (火)

惨敗というしかない敗戦 ホーム福岡戦観戦記

0-5ですよ、0-5!完敗以上の惨敗DEAHTorz

ウェリントンが高さ・強さ・上手さで別格杉でした。コーナーでは空中戦を制せられ、ポストで繋げられまくり、かといってマークしてもトリッキーなキックでやっぱり繋げられ、アシストも決められる。J2規格外ですわ。まぁウェリントンの頭によるコーナー2失点は、ヴェルディ戦でもそうだったので、うちの守り方にも問題があるんでしょうけど。

ウェリントンだけでなく周りの選手も上手いからの大量失点。仮にウェリントンがツエーゲンにきてもここまで活躍できるかというと疑問です。大量得点で余裕をもった福岡がブロックを作って待ち構えていると有効な攻撃もできませんでした。前半のキワラのバー直撃のFKが唯一のチャンスでした。

全てにおいて福岡が上回っていたと思っていたら、柳下監督も同じ思いだったようです。

記事を引用します。
柳下監督は「内容的には完敗」と試合を総括。そして「すべてにおいて向こうの方が上。個人、個人で比べても向こうの方が上だということは分かっている。ただ、向こうの一番のパワーに、こっちも正直にパワー勝負に行っているからやられる。そのあたりもやる前からある程度(選手たちには)伝えてあるので、いかないということも必要だった」と続けた。

ホームでの完敗というと昨シーズンの清水戦が思い出されます。こちらの試合は0-3。3点とも見事なゴールで、ああこれは昇格するわと思いました。
ただこの試合は内容自体は悪くはなかったんですね。観戦記でこう書いています。

「うちがダメダメだったかと言うとそうでもなく、当てさえすればゴールというクロスが3本ぐらいありました。」
「内容はダメダメというほどでなく、敵が見事すぎたということで、この日の結果はさっさと忘れて切り替えた方が思っているわけです。」

福岡戦は相手が見事は見事でしたが、(監督の指示かもしれませんが)相手に強く行かない、右サイドバックが上がったスペースを何度も使われると、うちもダメダメだったのが「完敗」でなくて「惨敗」と書いた所以です。
連戦による疲れなのか、スカウティングされているのか・・・

忘れたくてもトラウマになりそうな試合でした。

| | コメント (0)

2017年5月16日 (火)

2780人は雨のせいなのか

ど~も、明日のアウェイ徳島戦を家でゆっくりDAZN観戦と予定していたら会社の飲み会が入ったPさんですorz

西部に着いたのはキックオフ1時間20分前の2時40分。おお、思ったより人数がいる、と思ったものの公式発表は2780人。アウェイゴール裏の人数は、サポータの絶対数が多い千葉サポーターより山形サポーターさんの方が多かったですね。思ったより人数がいると思ったのは山形サポさんが多かったからでした。たくさんお越しいただきありがとうございました。
土曜日の試合の方がアウェイサポータは遠征しやすいことに加えて、ザキさん・A牙さんがいること、山形からだと遠征しやすいということもあったんですかね?人数もそうですが太鼓の音が大きかったです。
千葉戦に勝ったから急にホームの観客が増えるということはないですね・・・いやこれでも増えていたかもしれません。心配された雨も試合終盤にパラパラと降った程度でした。

山形の選手発表前のご当地音楽はこちら(素面だったので間違いないはずです

なんでこの曲だったんですかね?
山形県出身のメンバーを調べたら佐藤晴美さんという方がそうだったんですが、E-girlsというとAmiさん(大阪出身)のイメージが・・・
メンバーに山形出身でいいのならばこの曲を流してくれれば・・・

この曲ならPさん「おんなじキモチ」>東京女子流>でも山形出身のメンバーもいますよねー>庄司芽生さん!とすぐわかったのですが

この曲はどうだったでしょう。

歌っているのは長澤まさみさん。山形との繋がりは(以下自粛

この日のメインSは招待客らしき人がいない感じでした。どこでわかるかというと、選手入場の際に立ったりマフラーを持つか、チャントに合わせて手を叩くか、この日は雨が降ったこともあり公式ポンチョを持っているかなどからです。もちろんガララーガですけど、メインSでも熱心に応援している人が確実に増えてきていますし、ご夫婦、親子連れの方々も増えてきているようです。小さいお子さんのチャントも聞こえました。そんな親ごさんに連れられてきているお子さんたちのみんながみんな大きくなってもスタジアムに通うことはないでしょうけど、何人かそのままスタジアムに通ってくれれば素敵なことですよね。サッカークラブのある街ってそうことでもあるのでしょう。

アルコールは飲まなかったものの焼ガキ、能登牛串などをいただきました。そして前節のポップヒル難民による売り上げを訊いたところ、完売、作っただけ売れた等の景気の良い話を聞くことができました。
28日は松本戦(キックオフ19:00)ということだけでなく、アイマス石川が重なってどうなるんでしょうかねぇ・・・アイマス石川は開場15:00/開演16:00(予定)となっているんですけど、金沢駅発のシャトルバス始発が6:30

明日の飲み会はスマホを手放させなさそうですが、酔っぱらってツイッターやアル画像を見られたらヤバそうです・・・(アル←ア〇〇ル

| | コメント (0)

2017年5月15日 (月)

勝てると思ったが甘かったorz ホーム山形戦観戦記

ゴールデンウィークに遊びすぎ(と飲みすぎ)で先週はヘロヘロでした。
そんな体調に加えて、5月は毎週ホームゲームがあるので倹約もしなければならないというわけで、山形戦は車で行きました。
もちろんスタジアムでは飲んでいませんよ!(当たり前
おかげで結構試合のこと覚えています(当社比

前半20分までは一方的といっていいぐらいに山形ペースに見えました。前線のコンビネーションが良くて、今季西部でみたチームで一番でした。これまでも他のチームにもよく攻められていましたが、それはこっちが良くなかったからという面が大きかったと思います。「洗練されている」というイメージ。ところが枠内にシュートがいかない。コンビネーションは良いけれどフィニッシャーがいないのかなと。結局記憶にでは枠内シュートは2本ぐらいしかなかったんじゃないかな?(ツイッターでは1本と書いていましたが、ハイライトを見直すと前半にヘディングシュートを弾いて出していました。ちょうどトイレに行っていた時だと思われ←)。ネットで調べたらやはり2本でした(うち1本が失点したゴールorz)。
その20分でツエーゲン最大のチャンスは山形のバックパスの乱れがあわやオウンゴールになりかけたぐらいのシーンでしたw左右のクロスが単発的にあったもののゴールの予感までとはいきませんでした。この日は石田の日ではありませんでした。いつものようなもっと良いクロスを上げていれば結果は違っていたかもしれません。30分過ぎからはザキさんが裏をとれるようになってツエーゲンペースになってきました。

山形は群馬のようにキーパーから徹底して繋いでくるスタイル。大きなゴールキックは終盤の1本しかなかったんじゃないかな?
審判は後ろからのタックルに鷹揚でした。それは両チームに平等なので良いのですが、山形の20番がサイトウさんの首に手を巻くようなプレーを少なくとも2回したことに対しては、危険が危ないのでイエローを出して欲しかったです。アドバンテージとって欲しいところが2回はありましたよね。

後半はツエーゲンペース。サイトウさんの3試合連続となる先制ゴールは、後方からのパスに1対1となったディフェンダーから抜け出してドリブルで前に運んで左脚で、と千葉戦と似た形でした。その後1対1を決めきれず、失点も右サイドから崩されほとんど同じコースのゴールを決められたのも千葉戦と似た形でしたorz

ハイライトで後半山形に何度も攻められていますが、多くの起点がツエーゲンのミスだったと記憶しています。後半20分ごろからはミスさえしなきゃ勝てるだろうと思っていたのが悪かったんですかねぇ・・・orz
非常に勿体ない引分なんですが、枠内シュート3-2ですし、前節【あの内容】で勝点3を取れたことを思うと、サッカーの神様の「仏の顔も三度まで」というメッセージなのでしょう。
ちなみに【あの内容】の試合での枠内シュートは5-4でした!

ワイルド杉ちゃん不在が響いたかなぁ。今のツエーゲンでタメを作られるのは杉ちゃんだけですかね。
ネコさんは2列目より1列目で使って欲しいですね、ナカピーは1列目より2列目で。怪我でやりくりが苦しいこともあると思うので、前線の選手が揃って来た時の選手起用が楽しみです。だから怪我は勘弁!

| | コメント (0)

2017年5月 8日 (月)

茶屋街がポップヒル特需で沸いた日

ど~も、勝った日は更新が早いブログです。
さてさて、ゴールデンウェーク最終日、知名度のあるチーム、晴天と好条件が重なりましたが、千葉戦の観客動員は4490人・・・
しかし、茶屋街の人数はとても4490人とは思えませんでした。
そーです、ポップヒルから流れてきた人たちだったのです!
ということで、今回はポップヒル特需否ポップヒル難民(以下難民)で沸いた茶屋街のレポートです。

ポップヒルの開催が千葉戦と重なることを知ってすぐにポップヒル特需になるかと思いました。実際3月31日にすでにそのことについてツイートしていましたし、前のホームゲーム4月23日の熊本戦で複数のお店に、7日はポップヒル同時開催だから早めの準備と多めの仕入れを助言していましたw

なんでそんなお節介をしたかというとお店に儲かって欲しいんですよね。せっかく毎回お店を開いてもらってもお客さんが少ない時は申し訳ないなぁと思っているのです。せめてこんな時でも(ツエーゲン以外でも)儲けてもらいたいなぁと思っていました。

昨年はミリオンロックとホーム京都戦が重なっていました。ミリオンのビールは確か600円、またカクテルもなかったはずです(というかスタジアムでカクテル売っている方が珍しいですよねw)。食事に関しては多くのブースがありましたが、行列が酷くて価格も高め(場所代払っているんでしょうけど)で茶屋街のほうが相対的にお得な感じだったので、ミリオンロックのお客さんが流れてきた記憶があります。ただし、この日は最も酔っぱらっていた試合のひとつだったので曖昧な記憶ですw
ツエーゲンと重なっていませんでしたが、4号館で開催されたOTONOKOフェスには行ってきました。そこでのビールは温い缶のシンハービールで飲んだ気はしませんでした。食事らしい食事もカレーぐらいしかなかったはずです。

ということでポップヒルから人が流れてくることを予想していましたが、はやくに偵察に行った方によるとビールを売っていないとの情報が!マジっすか?
西部についてキッチンランプバーさんに今日ポップヒルから人が流れてきますよ、と伝えると、向こうじゃビール売っていないみたいですねと答えてくれました。さすが蛇の道は蛇w
ここは茶屋街のために一肌脱ごうと、ツエーゲンシャツを着て、ビールカップをこれ見よがしに持って、ポップヒル開場前をウロウロするプロモーション活動実施w
スンゲー人の数です。Pさんが最近行ったアイドルフェスの比じゃありません←
そして飲食ブースは、ラーメン、マンゴーかき氷、ステーキ、ステーキ、ソーセージ、牛串、からあげ。やはりビールはなさそうです。この時に特需を超えて難民発生を確信しましたw

01

02

そして再三にわたってポップヒルのお客さんへと茶屋街の宣伝連続ツイート(もっともリツイートされていなかったので効果はなかったと思います)。

リストバンドを交換しおわった難民の方々が10時30分ごろから茶屋街にぼつぼつ流入し始め、徐々に人数が増えてきます。赤と黄色と黒。カオスで面白かったですw
みつやさんはキックオフ前に完売で撤退。まぁみつやさんは難民とは関係なかったと思います。某お店もキックオフ前に生ビール売切れ―との声が。だから多めに仕入れるべきと言ったじゃないですか・・・(もっとも難民発生がなかったとしたら目も当てれませんが)。

04

06

05

普段のハーフタイムはそれほどお客さんはいませんが、今日はどうなっているんだろうと見に行ったら難民キャンプ状態。キッチンバーランプさん、大河さんも撤退していました。
あるお店に閉店のタイミングが難しいですよね、と声をかけたら、撤退の時間が決まっているからいつまでもいられないとのことでした。なるほど、テント・テーブルはクラブが用意しているので、いつまでも営業できないのですね。
試合終了後にも営業しているお店がありましたが、やはり難民が並んでいました。

帰宅後にツイッターを見ると、やはりポップヒルではアルコールがなく、食事も茶屋街の方が充実していて助かったというツイートをいくつも見ました。

難民で茶屋街の売上は上がったと思っているのですが、本当にそれで良かったのでしょうか?山形戦の時に訊いてみます(ちょっと怖いですけど)。

03

| | コメント (0)

2017年5月 7日 (日)

勝つには勝ったけれど ホーム千葉戦観戦記

ど~も、アルコール総量規制を導入したPさんです(総量規制 要はお金をあんまり持っていかず、アルコールの量を規制しようということです)。

さてさて、自称一番優しいサポーターですが、勝った時は厳しめのことを書いています、よね?

リードしていて終盤ドン引きしてヘロヘロになりながらも勝つってのは大好物で、まさに今日はそんな試合なのにおかんむりです。
終盤支配されるのは仕方ないのですが、なぜにキープせずにシュートを狙って相手にカウンターのチャンスを与え続けたのかさっぱり理解できませんでした。1回や2回は仕方ないですが、最後のプレーとなったフリーの外れたシュートの起点となった千葉GKのドリブルはフリーのシュートを止められたものですよね。フリーでシュートを撃てる位置にいるということはキープでいくらでも時間を使うことができたのにそれをしない。シュートミスを責める声が多いようですが、それ以前にシュートを選択したことを責めたいです。
一人だけでなく全ての選手がシュートを選択していたので面白いサッカーを目指している柳下監督の指示なのでしょうが、心臓に悪いのでキープの選択をしてほしいと切に切に思いました。
ツイッターでは最後の最後まで選手が走りきって面白い試合だったという意見もありましたが、他サポの意見はどーでもいいのでw安心して試合をみたいです。

低い位置からボールを繋げられなかったのも時間を使えなかった要因でしたよね。繋げれそうな場面も結局は大きなクリアだけになったケースも多かったように思います。こちらは3連戦ということで前線の選手(特にサイトウさん)が疲れていたこともあったかもですが。

ノダンのレッドは仕方ないでしょうねぇ。ゴールにまっすぐ向かっていて、抜けられていたらキーパーと1対1の場面でのファールですから納得しました。

1点目はオウンだったんですね。バック側からのプレーでメインからだとわからなくて(あと酔っぱらっていたから)、なんで大平さんが得点者のコールをしなかったのが不思議でした。その後の時間帯はツエーゲンの時間帯で決定的チャンスも何回もありましたが、決めきれなくて嫌な予感がしました。
2点目のサイトウさんの素晴らしいゴールでした。素晴らしすぎて喜んでいたら、気がつくとツエーゲンのゴールにボールが入っていましたorz

ボール支配率が29:71でしたっけ?最後のヘッドを外してくれたプレーが象徴するように、どれだけ千葉が外してくれたことか・・・

ホントに運の良かった勝利でした。

| | コメント (0)

2017年5月 2日 (火)

お化けはいなかったのか・・・ アウェイ岐阜戦DAZN観戦記

負ける>テンション下がって観戦記を早く書かない>タイミングを逸したアップ>大体負け試合の観戦記なんて読みたくない>アクセス数が減る>さらにテンションが下がって更新回数が減る
ど~も、負のサイクルに陥っているブログです・・・
それでもなんとかヴェルディ戦までに岐阜戦観戦記間に合いました。

立ち上がりはこれまで勝点をあげてきた試合を含めて今季最高。高い位置からプレスをかけ岐阜に自由にパスを出させませんでした。それも、最初からエンジン全開後半どこまで持つか知ったこっちゃないという無理してるなぁというプレスに見えませんでした。それだけ高い位置からボールを奪えたので得点の匂いはプンプンしました。とくにスギちゃんとナカビーのヘッドは入ったと思いましたよ。そうこうしている徐々に岐阜ペースに。ペナルティエリアすぐ外の位置で直接FKを与え、FKはシーラ・Eがブロックしたもののヘニキに頭で押し込まれ先制されます。
その後は酒を飲みながら見ていたのでよく覚えていませんが岐阜ペースのまま試合が終了したような記憶があります。

アウェイ大分戦の観戦記で決まりきった言葉云々と書きました。「点を取れるうちに取らないから」という言葉もそうでしょう。2度の決定機を外したのですから当っていると言えば当っていますが、点を取らなきゃ勝てないのは当然っすよね。
Pさんはこうした場合「もったいないおばけ」が出るぞ、と言っているんですが、「もったいないおばけ」は「決める力があって決められない」から出るのであって、もともと「決められない」のならこれが素の力で、もともと「おばけ」なんかいないのではないかと思ったのが今回のタイトルです。ホーム大分戦でも決定機を決めることができませんでしたからねぇ・・・
3試合連続無得点で10試合で得点6・・・うち2点はGKへのバックパスミスとGKのパスミスですからね・・・(もちろんその2点は卑下することのない立派な得点です)。
4月8日放送の「情熱サッカー」で柳下監督は、攻撃の練習に時間を多く使いたいけれど今は守備優先と語っていましたが、今はどんな練習なのでしょうか。一度練習見学に行かなければと思いながらもなかなか行く機会を作れていません・・・。

失点シーンで勿体ないなぁと思ったのが、ヘニキのマークについていたのが、一番当りに弱そうな(イメージです)宮崎牛若丸だったことです。非情に面白くない作業でしたが、つべで失点シーン何度も見ました。長身の選手は壁に入っていて、宮崎牛若丸は壁に入っていなかったんですね。ボールに合わせようというかこぼれ球を狙っているのはヘニキだけなのにのもう少し強い選手をマークにつけることはできなかったんですかね・・・

1

2

この記事をアップできたので安心して5連休に入ることができますw
明日のアウェイヴェルディ戦はDAZNでもオンタイムで観ることができません。オンデマンド放送だと負けた時は観る気しないので、明日の試合見せて―!


| | コメント (1)

2017年4月26日 (水)

心身ともに寒かった ホーム熊本戦観戦記


この日は熊本戦の前に用事があったので西部へは車で行きました。車から降りると寒い。午前中しばらく外に出ていた時は全然寒さを感じませんでした。午後から急に気温が下がったのでしょうか。前の席も人もずーと寒さに耐えるよう身体を動かししていました。
車での来場なので当然のことながら酒が飲めないのでテンションが上がりません・・・。やっぱりサッカー観戦には酒ですよ、酒!(誤った認識
キックオフ1時間ぐらい前に着いたのにお客さん少な!気温はともかく晴天なのに・・・またテンションガタ落ちですよ。最終的には観客は3322人でした。
いつもの席に座るとツエーゲンのミスや合わないクロスに大声で悪態をつく人が近くにいてまたまたsagesage↓審判や相手チームへの野次はなくて、応援する故の叱咤のつもりだと理解はしていますが気分の良いものではありません。まぁPさんも昨年は熊谷に走れ―、怠けるなーと大声で言っていたので人のこといえた義理はありません。

とここまでは試合以外で寒かったことで、試合経過内容が良ければ寒さを忘れることもできたのでしょうけど・・・

最終ラインからサイトウさんへのロングボールを出して攻撃は昨年とどこが違うの?と思いました。それがわかって熊本はツエーゲンの最終ラインを執拗にマークしていたのでしょうか。執拗なマークで最終ラインでの苦し紛れの横パスが目立ちました。
後半の失点はその最終ラインへのマークからでした。1失点目はボランチ(BB?)が倒れながらのグスタボ選手にバックパスをカットされそのままドリブルで運ばれゴールを許したものでした。バックパスを擁護すれば倒れたせいで視界がいつもより狭かったせいかもしれませんが、それならそれで他に選択肢があったはずでやっぱりミスはミスですね。
2失点目はグスタボ選手をマークしながらも身体を入れられてドリブル突破を許し、ラストパスを出されて決められたものでした。大分戦・熊本戦は今後の対戦相手に大きなヒントを与えたかもしれませんね。
2失点を許して言えた義理ではありませんが、グスタボ選手はトラップが不安定で決して上手い選手とは思えませんでした。それでも得意なプレーをできる環境にあったからの得点かなぁと。昨季で退団したダビもこうした形でプレーさせてもらえば・・・と思いましたがシャーないっすね。

攻撃に関しては、前半終了間際と後半に一度決定的なチャンスがありました。またコーナーキックが今シーズンで一番得点の可能性がありましたがそれ以外は押忍で・・・前半途中得点の匂いが全くしないのと、あまりもの寒さに茶屋街にクリームシチューを買いに行ったほどです(企業対抗リレーを見るためハーフタイムにトイレに行けないという理由もありましたがw

これまで相手の決定的チャンスをシーラEのビックセーブで無失点、最低限の失点で凌いで勝点3または1を得ていたのが逆になるとこうなるという試合だったでしょうか。
序盤とはいえシーズン通すと内容と成績は合ったものになるのでしょうか・・・

| | コメント (0)

2017年4月17日 (月)

大きな敗戦 アウェイ大分戦DAZN観戦記

長いものに巻き込まれやすい性格の一方で捻くれた見方をすることもあります。
前にも書いたと記憶していますが、決まりきった言葉の使いかたに?と思うことがあります。
「PKは冷静に決める」もので、いつも「この勝ちは大きく」て、常に「いい時間の得点」で、勝負を分けるのは「先制点」「次に得点をした方」。
冷静に蹴っても外すことはありますし、大きくない勝ちは見たことがありませんし、アドなんとかタイムの決勝ゴールは別としてどんな時間でも得点は欲しいですし、得点すりゃそりゃ勝つ確率は高くなるでしょう。特に勝負を分けるのは「先制点」とかのたまう解説者には、そんなことは分かっているいるから、どうすれば先制点を奪えるのか、逆に奪われないために何をしなければならないのかを話すのがお仕事でしょとテレビの前で言っています。
話が飛びすぎましたw

勝点3ならどんな勝利でも同じ、とまでは言いません。下位同士での対戦での勝点3は大きな勝ちと言っていいでしょう。
「大きな勝ち」があるなら「大きな負け」もあるんじゃないでしょうか。
この試合まで3試合の敗戦がありました。その3試合では1得点7失点と散々な出来で、大分戦でも得点の臭いはせず、常に主導権を握られていた点ではこれらの試合と同じ内容と言えるでしょう。その一方で唯一の失点以外は決定的シーンをほとんど作らせなかったのは大きな違いでした。そう意味では非常に勿体ない敗戦だったと思っています。
主導権を握られた試合、得点できない試合でも勝点1は得ることができます。こういう試合を増やすことは勝利するのと同じぐらい重要です。あ、言いすぎですね(汗
これからもこんな試合が何試合もあると思います。そんな試合でもしぶとく勝点1を得てもらいたいですね。

ちなみに昨年のホーム清水戦の敗戦は、相手の順位も順位でしたし、内容もチンチンにやられて、ショックよりむしろ清々しさを感じましたw

| | コメント (0)

2017年4月10日 (月)

アウェイ岡山戦DAZN観戦記

やっとアウェイをDAZNで見ることができました。
昨季からアウェイと別件が重なってなかなかライブ中継で観戦することができなくて、多分9月の讃岐戦以来のライブ中継観戦でした(といってもDAZNなので時間差はありました)。
で、ナイトマッチだったので飲みながら見ていたので(またか・・・)観戦記はテキトーです(またか・・・)。

試合内容は今季最高でした。前節ホーム群馬戦に続いての2試合目の勝利ですが、その試合も含めてシーラEのビックセーブで勝点を得ていました。ところがこの試合では決定的ピンチがなかったような記憶があります(なんせベロンベロンでしたから・・・)。
「前半の出来は今季最高」とツイートしたら、岡山サポさんに「今季の対戦相手のサポさん、みんなに前半の内容は今季最高って言われる」と返されてちょっと酔いが醒めましたw

後半も前半に続いて何度もチャンスを作りますが、決定的というまでのチャンスを作りだすことができなくて(と思っていましたが、これを書きながら見直したら惜しいチャンスが何回かありましたね)、引分順当かなぁと思っていたら、後半アドなんとかタイムに直接フリーをHERO井がタイミングよく頭を出してゴォォォォォォォルゥゥゥゥゥゥ!!!なんとなんと昨年に続いてアウェイでの劇的勝利となりました。

頼もしかったのが走り負けていなかったことですね。終盤小柳トムがサイドをオーバーラップしたプレーはビックリしました。走り負けていなかったからあれだけセカンドボールも取れるし、攻撃のスイッチが入った時にゴールに向かう選手が多いのでチャンスも作れるのでしょう。

1試合だけの勝利だと相手が相手だけにというところもありましたが、この試合は柳下監督の理想のスタイルができてきて今後に希望(残留)を持つことができた勝利だと思っています。

次節はアウェイ大分戦。2年前勝利して残留を決めた地でもあります。なんとか勝点を奪ってもらいたいですね。キックオフは14:00です。昼間から飲むのか・・・←

| | コメント (0)

より以前の記事一覧