2017年12月30日 (土)

英雄の帰還

英雄の帰還
清原選手の完全移籍での復帰にはびっくりしました。
と同時に中P退団の可能性が高いのかなぁと思いました。1.5列目で自分でボールを運べるし、決定力のある選手というイメージは中Pと重なりますからね。
昨年夏の移籍期間に降格圏にいた時期に、その時期セレッソで出場機会の少なかった清原レンタル復帰しないかなぁと思っていました。


ここから根拠のない妄想、なおかつゲッスイ内容なので、清原選手が好きな方、純真なツエーゲンサポは読まないことをお勧めします。


2016年夏のレンタル移籍は、戦力としては申し分ありませんが、ないだろうなぁと思っていました。
セレッソ移籍で年俸も上がったでしょう。2015、2016シーズンと続けてツエーゲンでプレーしていた選手たちとの格差はかなり広がっていたと思います。そんな状況でのレンタル移籍・プレーは難しいと思っていたのです。
そして今回の完全移籍。結果的に中Pが退団・残留しようが、ツエーゲンが声をかけていたのではないでしょうか。年俸についてはセレッソ時代より下がったかもしれませんが、DAZNマネーである程度は支払える、そして早い段階から声をかけていたことが決め手になったと思います。
思い起こせばSAGAWA SHIGAが廃部になった時に唯一プロ契約でオファーしたツエーゲンに「感謝」の気持ちを
持ち、移籍した時は移籍金を残せるようにと異例の5年契約を結んでいました。
もしかすると他から、もっと良いオファーがあったかもしれませんが、いまだに「感謝」の気持ちと早い時期のオファーが今回の完全移籍に繋がったんだろうと勝手に思っています。
ただ復帰したからといってレギュラーの座が確約されているわけではありません。森下監督時代の多くのレギュラーが出場機会を失い退団しているという現実があります。しかし、クレバーなハラショーさんなら適応できるでしょう。
退団はともかく、入団はタイミングだと思っています。そしてこのタイミングで(勝手な妄想ですが)男気移籍したハラショーさんを応援しなければ!という思いでいます。

でもチャントは「夢破れて放蕩息子が帰ってきた、俺達の息子が帰ってきた。」で迎えたいですねw(カガーワが復帰した時のドルトムントサポータのチャントです

| | コメント (0)

2017年12月13日 (水)

情熱サッカーと野中さんのコラム

シーズンが終って、情熱サッカーのシーズン振り返りインタビューと、ツエーゲン番記者野中さんのコラムがありました。
これらをひとつひとつ聴いたり、読んだりしても面白いと思いますが、全部聴いて読むと一層面白いと思います。

まずは12月2日の柳下監督のロングインタビューです(なお、この放送はOTONOKOに行く前に金沢駅で昼飯を食いながら聴いていますた)。
ホーム名古屋戦から守備を変えてきて順位を上げてきたと思っていたので、一番の関心は守備のやり方についてどう語るかということでした。
インタビュー当日のツイートを見返していたらそれについてツイートしていませんでしたorzということで記憶をたどってみます(なお、現在酔っ払い中)。
最初はマンツーマンを仕込んで時間がかかったが形になってきたのでスペースを意識させると語っていた記憶があります。あくまで記憶ね!
翌週のロングインタビューは散髪していたため11:15からしか聴けませんでした。中P単独かと思っていたら前半はBB(O橋)もあったらしいですがそちらは聴くことができませんでした。
その中Pのインタビューでも守備について語っていました。マンツーに変えて前は相手を追いかけたが後方の選手は前のやり方になれて待っていたのでスペースが空いてやられた。それが改善されてスペースを意識した守備をできるようになった、と語っていたように思いますが、あくまで記憶です←
細かい内容に記憶違いがあるかもしれませんが、中Pと前週の柳下監督のインタビュー内容がほとんど同じだったはずです。監督と選手が同じ考えでいればチームが強くなったはずだと納得しました。

中Pインタビューーでは守備だけでなく自らのプレースタイルの変化についても語っていました。自選ベストゴールはホーム水戸戦のゴールで、ドリブラーと思っていたこれまでの自分らしくないゴールだったという理由です。そして柳下監督の細かい指導・ポジションによりこれまでなかった形のゴールを決められ成長できた1年だったと振り返っていました。←あくまで記憶ですけど
この流れで来シーズンの去就を訊かれるとこのまま成長を続けるために、と言いそうですが、誰が加わっても成長できるチームだと口を濁していました。まぁそうですよね。

そしてツエーゲン番記者の野中さんのコラムです。
上記のふたつのインタビューに矛盾せず、それに沿った内容でさらにわかりやすく、他の選手にも触れたサポーター読者に解説した良記事だと思います。

チームが強くなるにはフロント、チームスタッフ、選手の意識が一致していなければならないと思いますが、これまでのインタビュー、メディアの内容では性急な昇格を追い求めない、残留が最低目標ということで一致していました。そして今回紹介したインタビュー・コラムでチームの方向性も一致していることがわかりました。
チームとしてだけでなく「クラブ」として強くなるには、「チーム・フロント」と「サポータ」「メディア」も同じ方向に向かわなければならないと思っています。そういう意味でも今回紹介したインタビュー・コラムは一致しており、サポーターを誤った方向に向かわせないという意味で心強く思った次第です。

柳下監督ロングインタビュー終盤はツエーゲンだけでなくJ1とJ2のプレースタイルの違い、地方クラブの役割まで語ってスゲー面白かったです(なお、この時すでにビールを飲んでいて酔っぱらっていた模様)。

| | コメント (0)

2017年11月23日 (木)

大槻選手引退に思う

11月19日キックオフ前に公式ツイッターで告知された大槻選手引退にビックリしました。
2日前に発表された契約満了に名前が載っていなかったので安心していたのですが・・・

大好きな選手だったので翌日引退セレモニーを含めたビデオを作成しyoutubeにアップしました。

映像の題材です

0:00-0:42 
19日の引退式でのセレモニーでの挨拶

0:42-0:49
画像

0:49-1:12
2013年天皇杯1回戦富山新庄戦ゴール

1:12-1:20
2013年天皇杯2回戦横浜FC戦で決勝ゴールに繋がるサイドチェンジ

1:20-1:37
2015年アウェイ愛媛戦でのゴール(Jでの初ゴール)

1:37-2:16
引退発表した当日の水戸戦での決勝ゴール(Jで2番目の、そして最後のゴール)

2:16-2:28
ピッチ半周後ゴール裏で胴上げされたところ

2:28-2:33
セレモニー挨拶後

大槻選手は2012年に入団しました。
森下監督就任1年目にしてJFL昇格3年目シーズンで、この年の成績は17位でした。
2010年は9位、2011年は7位、2013年は7位で、2012年の17位はJFL所属時最低の成績でした。これは前年のレギュラーが大量退団したためでもあり順当な成績だったと思っています。
そんなチーム状態の中で、ボールを受ける前に周りを見ているのでワンタッチでパスを出せる、パス出した後に走る、無駄走りをする、当たり前といえば当たり前のプレーをしていた大槻選手を見て、J2でプレーできる選手だなぁと思っていました。確かこの年サポーターによるMVP投票があったと記憶していますが、Pさんはもちろん教授に投票しました。
その「教授」のニックネーム(Pさんのみ使用)は、そのクレバーなプレースタイルからつけました。まぁ同名のタレント大学教授もいたからなんですけどw

昨年のうちから引退を考えていたという大槻選手、1年延ばしてくれてありがとう。
がんを克服した大槻選手なら今後どんな道に進んでもやって行けると思います。
今後のご活躍をお祈りしています。

| | コメント (0)

2017年11月20日 (月)

大槻優平選手引退ビデオ、2017ゴール集


| | コメント (0)

2017年11月17日 (金)

2017年退団選手に捧げる

みんなありがとう

| | コメント (2)

2017年11月 8日 (水)

うpしました「ツエーゲン金沢2017リーグ前半ゴール集」

ど~も、寝られなくて体調悪くして熱があるみたいですが、有給で平日に京都国立博物館の国宝展を行くため休めませ~ん(はいダメ人間

そんな感じの体調が悪い中で「ツエーゲン金沢2017リーグ前半ゴール集」をうpしてもっと体調を悪くしています(ダメ人間の二乗

シーズン通じてのゴール集、シーラーEスーパーセーブ集の作成準備として公開しました。ですのでキャプションとかありませんが、ない方がいいんですかね?

BGMは最近聴き始めた大物ミュージシャンの曲です。一般的人気はないと思いますが個人的思い入れということで。思い入れだけでなくこの曲のリクエストもありました。


| | コメント (0)

2017年11月 2日 (木)

観客動員とシャトルバス本数に関係あるか

ということで調べてみました。
すげー疲れたっス・・・

シャトルバス本数はサイトに案内された本数で、実際に運行されたまでは確認していません。

開幕当初は観客数を読み切れず本数を多めに出していたようです。
岐阜戦は本数からすると4000人ぐらいですかねぇ・・・

湘南戦 5241人
往路 8本 
復路 14:50〜随時

町田戦 2830人
往路 8本 
復路 8本

群馬戦 3480人
往路 6本 
復路 4本

熊本戦 3322人
往路 6本 
復路 4本

千葉戦 4490人
往路 9本 
復路 8本

山形戦 2780人
往路 6本 
復路 5本

福岡戦 3454人
往路 5本 
復路 3本

松本戦 5892人
往路 11本 
復路 11本

山口戦 4283人
往路 5本 
復路 3本

横浜FC戦 8544人
往路 11本 
復路 10本

岡山戦 4293人
往路 6本 
復路 4本

ヴェルディ戦 4046人
往路 6本 
復路 4本

徳島戦 3727人
往路 5本 
復路 3本

讃岐戦 3029人
往路 5本 
復路 4本

長崎戦 3000人
往路 5本 
復路 4本

名古屋戦 11173人
往路 13:00〜16:30の間を15分間隔で運行
復路 12本

大分戦 4193人
往路 5本 
復路 4本

愛媛戦 3157人
往路 5本 
復路 4本

京都戦 2701人(1万人チャレンジデー)
往路 8本 
復路 9本

岐阜戦・・・?
往路 5本 
復路 4本

| | コメント (0)

2017年8月24日 (木)

明後日は讃岐戦

ダゾーンで後半戦から観た群馬戦は相変わらずの内容で結果は引分けとテンション上がりません。まぁこれだけ更新していないのでおわかりだと思いますが・・・

天皇杯後の岡山戦以来の成績がコチラ

× 1-2 H
× 0-2 A
× 0-4 A
△ 0-0 H
× 1-2 A
× 0-4 H
△ 1-1 A

テンション上がるかー!orz

結果より負け方ですよね・・・
キャンプ前の柳下監督のロングインタビューを聴いて書いたエントリーです。
この中で監督は『今年はアクションサッカーを根付ける』と語る一方、『力不足で負けるのは仕方ないがやることをやらないで負けるのは良くない』『負けた試合でも「面白い」と思ってくれれば』とも語っています。
これを受けてPさんは『サポーターも「降格しない程度の成績」ならば「内容重視」しなければならないかもですね』と結んでいますが、最近は「内容」も乏しいですからね・・・
成績には拘っていないような発言をしていますが、新体制発表会では『J2にいることが重要』とも言っていました。皮肉なことに4連勝したことで降格の可能性が低くなったことで、より「勝ちにこだわらない」になっているんですかね?(妄想)

とテンションダダ下がりですが、どうも内容だけでないような気がして考えたらわかりました。
ホーム2試合連続飲んでいませんでした←

飲まないだけでなく、ここ2試合は他の用事とか仕事で西部に着いたのがキックオフ30分ぐらいでした。ですから、だんだんと増えてくるお客さんや噴水周りの様子やスタジアムのふいんき(久々に変換できない)を楽しめなかったんですね。飲んでいないと知り合いからどうしたの?と言われるぐらいの酔っ払いキャラですが、飲まなくても早くから着いていれば楽しんでいますよ。
特に最近はヤサガラスが楽しみになってきています。ヤサガラスをつくってくれてありがとうです。ヤサガラスに関してはこどもより大人の方が楽しみにしている人が多いのではw

サッカーだけで西部に通っていないということで、明後日は久々に早めに行って少しだけ飲んでヤサガラスで楽しむ予定です。ヴェルディ戦のハーフタイムヒーロショーは大平さんやや手抜きに見えたので大平さんお願いしますよ。

あれ、肝心のサッカーは?

| | コメント (0)

2017年7月 2日 (日)

お客さんをスタジアムに呼ぶには

昨日のゲンゾイヤーがツエーゲンサポだけでなく他サポの間にも話題になっているようです
イイことですよね。勝敗はもちろん重要ですが、それだけでなくいろんな魅力でお客さんを呼ばなければならないと思います。
そのコンテンツのひとつとしてゲンゾーたん、ヤサガラスさん、ゲンゾイヤーはありでしょう。どうせ行くなら試合前早めにに行って触れ合おうということにもなるでしょう。飲食ブースの充実や、スタジアムのふいんき(変換できない)がそうでしょうし。でもこれらは「一度スタジアム」に行かなければなかなか分かってもらえないだとも思います。
「スタジアムに行ったことのない人」に視覚に訴えかけるには何が有効かと考えたところ、ゴール裏の映像じゃないかなぁと最近思っています。J3後半あたりからゴール裏の人数が増えてきて、昨年の低迷期でも減ることがありませんでした。今季も多くのサポーターが集まり、ゴール裏だけでなくメインと一体感のある応援が定着しています。特にパッションが始めると、メインでも一緒に手を振ったり、初めての人にゴール裏を見るよう勧める方もいらっしゃいました。

こちらは昨年の入れ替え戦@富山の映像です。

アウェイ名古屋戦や京都戦のニューズ映像のゴール裏が良かったと思っています。ゴール裏の映像をもっと流してもらいたい、流すことでこの中に入りたいと思わなくても良い、実際見たいと思ってもらえれば・・・と考えていたところおひさるから横浜FC戦のハイライト映像がうpされました。
試合後となる2:45過ぎのゴール裏の映像がイイ!こどもさんや女性が多いのもイイですよね。

石川県民がこれまで「テレビでしか見られなかった」ゴール裏が、「体験しようとすればできる」ようになったんですよね。
こんな映像がもっと地上波で流れてくれればなぁと思っています(特にパッション。下から撮るのは試合中は難しいのでしょうか?)。

| | コメント (1)

2017年6月29日 (木)

ヤサガラスさん大暴れの巻


松本戦、山口戦と颯爽と登場したもののスタンドのお客さんはどう反応していいかわからずポーカンとしていたヤサガラス劇場については以前ブログに書いています

『一般のお客さんが帰ってからサポーターがダンマク回収している時にヤサガラスがゲンゾーたんを紐で縛って歩いていたそうです。これで伏線回収は完全に回収されましたが見ている人が少ないですし、おひさるでツイッターなり動画でこのムーブを流してもらいたいですね。』

こちらについては公式動画で使われて安心しましたw

『クラブがこれだけお金をかけているのであっという展開があるはずです。これからの展開を期待しましょう。』

このようなことも書いていましたが、想像の斜め上の展開でアッと言わせてもらっているというか笑わせてもらっています。
突如として(突如?)、YASAGARASU-ヤサガラスというツイッターアカウントが6月22日に開設されました。
一人称が「俺様」、二人称が「貴様」、口癖が「フハハハハ」とベタなヒールなんですけど、ツイートのやり取りが面白くて笑わせてもらっています。

20170629_22_33_17

20170629_22_32_58

20170629_22_32_27

20170629_22_32_10

20170629_22_32_01

20170629_22_32_05

20170629_22_31_48

20170629_22_31_08

絡む相手も最初はツエーゲンサポーターだけだったのが、ご覧のようにチャンピオンカレーさん、のっティ(野々市のキャラクター)、フリ丸(横浜FCマスコット)、いしカバくんにも積極的に絡みにいくアグレッシブさw
さらには村〇と呼び捨てにする暴挙までw(どの村〇とツイートしていないのでセーフ)
かと思えば、横浜FC戦が雨予報なのでてるてる坊主をつくるツンデレぶりと金沢サポーターの心をがっちりつかんでしまいましたw
予想外の人気が出て、これからの展開が楽しみです。
ベビーターンはできるのでしょうか?

| | コメント (0)

より以前の記事一覧