2017年7月 2日 (日)

お客さんをスタジアムに呼ぶには

昨日のゲンゾイヤーがツエーゲンサポだけでなく他サポの間にも話題になっているようです
イイことですよね。勝敗はもちろん重要ですが、それだけでなくいろんな魅力でお客さんを呼ばなければならないと思います。
そのコンテンツのひとつとしてゲンゾーたん、ヤサガラスさん、ゲンゾイヤーはありでしょう。どうせ行くなら試合前早めにに行って触れ合おうということにもなるでしょう。飲食ブースの充実や、スタジアムのふいんき(変換できない)がそうでしょうし。でもこれらは「一度スタジアム」に行かなければなかなか分かってもらえないだとも思います。
「スタジアムに行ったことのない人」に視覚に訴えかけるには何が有効かと考えたところ、ゴール裏の映像じゃないかなぁと最近思っています。J3後半あたりからゴール裏の人数が増えてきて、昨年の低迷期でも減ることがありませんでした。今季も多くのサポーターが集まり、ゴール裏だけでなくメインと一体感のある応援が定着しています。特にパッションが始めると、メインでも一緒に手を振ったり、初めての人にゴール裏を見るよう勧める方もいらっしゃいました。

こちらは昨年の入れ替え戦@富山の映像です。

アウェイ名古屋戦や京都戦のニューズ映像のゴール裏が良かったと思っています。ゴール裏の映像をもっと流してもらいたい、流すことでこの中に入りたいと思わなくても良い、実際見たいと思ってもらえれば・・・と考えていたところおひさるから横浜FC戦のハイライト映像がうpされました。
試合後となる2:45過ぎのゴール裏の映像がイイ!こどもさんや女性が多いのもイイですよね。

石川県民がこれまで「テレビでしか見られなかった」ゴール裏が、「体験しようとすればできる」ようになったんですよね。
こんな映像がもっと地上波で流れてくれればなぁと思っています(特にパッション。下から撮るのは試合中は難しいのでしょうか?)。

| | コメント (1)

2017年6月29日 (木)

ヤサガラスさん大暴れの巻


松本戦、山口戦と颯爽と登場したもののスタンドのお客さんはどう反応していいかわからずポーカンとしていたヤサガラス劇場については以前ブログに書いています

『一般のお客さんが帰ってからサポーターがダンマク回収している時にヤサガラスがゲンゾーたんを紐で縛って歩いていたそうです。これで伏線回収は完全に回収されましたが見ている人が少ないですし、おひさるでツイッターなり動画でこのムーブを流してもらいたいですね。』

こちらについては公式動画で使われて安心しましたw

『クラブがこれだけお金をかけているのであっという展開があるはずです。これからの展開を期待しましょう。』

このようなことも書いていましたが、想像の斜め上の展開でアッと言わせてもらっているというか笑わせてもらっています。
突如として(突如?)、YASAGARASU-ヤサガラスというツイッターアカウントが6月22日に開設されました。
一人称が「俺様」、二人称が「貴様」、口癖が「フハハハハ」とベタなヒールなんですけど、ツイートのやり取りが面白くて笑わせてもらっています。

20170629_22_33_17

20170629_22_32_58

20170629_22_32_27

20170629_22_32_10

20170629_22_32_01

20170629_22_32_05

20170629_22_31_48

20170629_22_31_08

絡む相手も最初はツエーゲンサポーターだけだったのが、ご覧のようにチャンピオンカレーさん、のっティ(野々市のキャラクター)、フリ丸(横浜FCマスコット)、いしカバくんにも積極的に絡みにいくアグレッシブさw
さらには村〇と呼び捨てにする暴挙までw(どの村〇とツイートしていないのでセーフ)
かと思えば、横浜FC戦が雨予報なのでてるてる坊主をつくるツンデレぶりと金沢サポーターの心をがっちりつかんでしまいましたw
予想外の人気が出て、これからの展開が楽しみです。
ベビーターンはできるのでしょうか?

| | コメント (0)

2017年6月23日 (金)

平日ナイトマッチに1103人

ど~も、今日暑いなぁと思っていたら、夜寒くて重ね着したシャツ(長袖)をそのままにしていたPさんです。

さてさて、今回は天皇杯の観客のことなどです。
横浜FCとの天皇杯の観客は1103人でした。
平日ナイトマッチ、更に雨という条件ならそんなものではないでしょうか。
似た条件の過去の試合を確認してみましょう。
キックオフは全て19:00のはずです。

2010年9月3日(金)天候:晴時々曇
天皇杯1回戦JAPANサッカーカレッジ(新潟代表)戦
653人

2016年5月18日(金)天候:晴
J2リーグ 第8節 愛媛戦
1924人

こう見ると1103人は妥当かなと思いますがこんなデータも

2015年3月20日(金)天候:晴
4652人

この試合はJ2リーグ第3節横浜FC戦で、カズもベンチ入りしていました。

1103人は妥当かもしれませんが、クラブがもう少し告知に力を入れることはできなかったのかと思っています。
確かにこの試合の主管は石川県サッカー協会で、チケットが売れてもツエーゲンの収入にはならないとしてもねぇ(ですよね)。石川県サッカー協会サイトにリンク張るなり、茶屋街はいつもどおり営業していますとツイートできなかったんですかね?山口戦では天皇杯チケットを特別価格て売り出していたのに積極的に告知していませんでしたよね(Pさんは試合前に購入していましたが、試合後に購入する人が列を作っていました)。ツエーゲンでチケットを購入すれば収入になりませんでしたっけ?

せっかく出店してくれた茶屋街のお店の売れ残りがいつもより多かったみたいで残念だったなので、神戸戦に行かれる方は是非茶屋街で購入してもらいたいと思っています。
なお、Pさんはこの日仕事で行けない予定ですorz

主管がツエーゲンでないのでMCも淡々としたものでいつもと違う運営でしたが、一番違和感を感じたのはBGMでした。いつもの運営だとEDMなんですけど、この日は洋楽(イエスタディワンスモア)カバーを甘い声の女性ボーカルが甘く編曲したもので、誰のセンスだよ!と思ってしまいました。もしかしたらMCの女性の選曲?(証拠まったく梨)
BGM評論家としてJ3時代までいろんなスタジアムのBGMを聴いていましたがあんなのは初めてでヤメテー!と思いましたw
どんなBGMになるか確認できない意味でも神戸戦に行けなくて残念ですw

| | コメント (0)

2017年6月20日 (火)

ヤサガラスでクラブはなにをしたいのか

ヤサガラスのブック、アングルがまだ読めません。
松本戦にトートツに登場したヤサガラスは「アンチツエーゲン」というキャラ建てのようです。
松本戦煽りにおひさるツイッターに登場し、試合当日は松本ゴール前だけで松本サポをツエーゲン斃せと煽っていたとボンヤリ記憶しています(この日の西部の記憶はすべて忘れたいと思っています)。敗戦後逃げるようにスタジアムを後にしたのでそのごどんな動きがあったのか知りませんし、その後もおひさるで触れていなくて伏線を回収していないなぁと思っていました。

そして山口戦の前に公開された動画はコチラ。

『「ゲンゾー」捕らえ」る』と明確な犯行予告をしています。ナレーション、映像処理が無駄もとい凝っていて結構お金かかっているみたいなんですよね。

01

02

この日ヤサガラス(というかそれを操っている黒幕)がどんな行動に出るかとwktkせずに待っていたら、なんと噴水広場、ホームSA席に登場してツエーゲンサポにフレンドリーに接触。
このようにポーズを取ってくれるサービス精神タップリwいや、威嚇していたかもしれないのですがw
こどもさんの頭をなででいたのも洗脳のつもりかもしれませんw

03

04

05

まぁこどもさんに人気なのはわかります。ポーズが決まっているし、造形が特撮ヒーロもののように無駄に高いですから。キャラがぶれているような気がしますが・・・

で、試合前のヤサガラスショータイムがコチラです。


観客のヒートを買おうと思っているのでしょうが正直メインの反応はどう反応すれば良いのかわからなくて微妙でした。同じ台詞が繰り返されたのも微妙。

そしてハーフタイムのショータイムはこちらで、ゲンゾーたんが催眠術にかけられたようにフラフラしていたことで、まずは伏線回収といったところでしょうか。

試合はツエーゲンが勝利し、この日はこれ以上の進展がなかったと思っていたら、一般のお客さんが帰ってからサポーターがダンマク回収している時にヤサガラスがゲンゾーたんを紐で縛って歩いていたそうです。これで伏線回収は完全に回収されましたが見ている人が少ないですし、おひさるでツイッターなり動画でこのムーブを流してもらいたいですね。

試合後すぐにこうした茶番もといブックをすれば良いのでしょうが、選手がベンチに引っ込むまでは選手が主役ですからマスコットが小芝居もといブックをするわけにはいけませんからね。

ヤサガラスはもちろんヒールです。古典的ヒールの人気は、悪いことをした分だけ報いを受ける、ヒドイ目に合わせられるからでるのに、いまのところヤサガラス一派(黒幕がいるのでこう言います)はそういう目に合っていないのでみなさん釈然としていないのかなぁと
どこでするかというと次のホームゲームの試合前の噴水広場ですかね・・・
自分も含めて明るいブーイングしたいんですけどね・・・ただし、そのブーイングはあくまでヤサガラス一派に向けるべきもので相手チーム・サポーターに向けてはいけないんですよね・・・

ではどこでいつそのブーイングを向けるか

WWEを見習って、真の敵は味方にいたというアングルで黒〇ケンさんがヤサガラス一派というのはどうでしょう。黒〇ケンさんとヤサガラスが試合前サポーター対決で相手チームサポーターを応援というか、ツエーゲンサポーターの邪魔をするギミックを、と思いましたが相手チームが絡むので却下。

次に思いついたのは食い逃げ。飲食店と入念な打合せとカメラを入れてヤサガラスが食い逃げしてブーイングを受けるというギミックですがいらぬ混乱を招きそうなので却下。

ツエーゲンTVで毎回乱入は、ゲンゾーたんさえ出演していないので論外

クラブがこれだけお金をかけているのであっという展開があるはずです。これからの展開を期待しましょう。
なお、ツイッターでは連れ去られたゲンゾーたんがサイド整形を受けるのではという説が流布しています。

ツエーゲンガールの二の舞になりませんように!

| | コメント (0)

2017年5月 9日 (火)

ひつこいですが再びキープについて


前々回の観戦記でキープすべきと書きました。
それに対しての賛同の声がないことをツイッターで愚痴っていたら反応がありました。ありがとうございます。
ただ、ちょっと論点がずれているというか、言葉足らずで大槻選手のシュートだけでキープすべき書いていたように思われているかもしれませんが、そんなことはありません。

95分だけでなく、92分にもキープする機会があったと思うんですよね。周りはイケー!でしたが、Pさん一人でキープキープと叫んでいましたw
この画像を見ると、疲れ果ててキープできないではなく、キープしようとする気は全くなかったとしか思えません。
仮に大槻選手のシュートが決まっていても(その時はもちろん喜びますが)グチグチ言っていたと思います。

9241

9244

9459

9505

昨シーズン最終節アウェイ札幌戦のラスト5分の談合サッカーを面白がってしまう特殊な性癖だからそんなことを思うんですかねぇ・・・

| | コメント (0)

2017年4月21日 (金)

今季のメディア動向


ど~も、BABYMETALの国内ツアーに当選したPさんです。どうやって言い訳していこう・・・

さてさて、更新が滞っているので軽くリハビリということで。
ツエーゲン関連の番組というと、ラジオかなざわなどの「情熱サッカー」(土曜日11:00、インターネット放送に対応しており県外でも聴くことができます)、MROラジオの「アド・・・」(いつまでたっても覚えられない)(土曜日12:10、こちらはラジコのタイムフリーで1週間後まで聴くことができます)、MROテレビ「週刊ツエーゲンTV」(金曜18:55)が今年もメインとなっています。一昨年まではNHKの「かがのとイブンニング」もあったのですが・・・
「情熱サッカー」は試合後の監督、選手インタビュー、ロングインタビューと硬派な内容、「アドなんとかタイム」は選手をゲストに呼ばれることが多く固い話は抜きで基本バカ話、「週刊ツエーゲンTV」は試合についてはチラッと結果のみでツエーゲン周辺の話題、というのが昨年までの棲み分けでしたが今季はやや変化があります。
「アドなんとかタイム」に選手が呼べれなくなって、かわりに「週刊ツエーゲンTV」に選手が多く登場するようになりました。そして「アドなんとかタイム」は試合後の選手インタビューを流し、試合に関する話題が増えてきて、「情熱サッカー」と内容が被ってきたような気がします。
試合後はともかく選手を週に何回もメディアに出すわけにいかない、「アドなんとかタイム」だとスタジオまで行かなければならないがテレビならカメラを持ち込んでもらえればクラブハウスでも収録できて選手の負担が少ないし、ラジオよりテレビの方が広くアピールできる、とクラブは考えているのでしょうか?←全てPさんの妄想ですよ。「情熱サッカー」は基本クラブハウスなどでの収録だと思います。
棲み分け、選手の性格も出てくるので「アドなんとかタイム」に選手が呼ばれないのが寂しいなぁと思っています。

これらの番組以外にも変化があります。
先日書いたエントリーが4月19日の絶好調Wの「バモ・ツエーゲン」で放送され、そこで「バモ・ツエーゲン」コーナーが大平さんメインから小野塚アナが担当になったようです。カワイイからノー問題!
北陸朝日放送の「2時どき」で県内スポーツコーナーが始り、ツエーゲンも取り上げられているようです。番組公式ツイッター
をフォローしていますがTLに埋まってなかなか見ることができませんorz前園さんがクラブハウス訪問した回も見逃しましたorz

最後に、というかこれが言いたかったんですけど、このグループがキそうな気がするので覚えておいてください。
sora tob sakana(愛称 オサカナ)

このカッケー演奏がアイドルの曲なのですよ

sora tob sakana / ribbon(MV)

sora tob sakana/夏の扉(MV)

sora tob sakana/魔法の言葉(MV)

| | コメント (0)

2017年4月 6日 (木)

BBについて思ったこと


そこはグレイトブリッジが覚醒すべきでしょう。フラフラしているというか、行くべき時に行っていないと、どーも見た記憶があるなぁと思っていたら昨季の熊谷でした。ヤンツー監督は覚醒をまっているのでしょうか?

ハイ、Pさんの目は節穴。
観戦記でこう評したBB(グレイトブリッジ改めビックブリッジ)が、DAZN選出の明治安田生命J2第6節の週間ベストプレーヤーに選出されました!パチパチ
ということで言い訳させていただきます。

まずは「フラフラしているというか、行くべき時に行っていない」というところは撤回しません。
これは裏を返すと運動量が多いということでした。しかし、それが守備において、パスコースを消す、相手にプレスをかける、ボールを絡め取るという面において有効だったというとそうは見えませんでした。もう少し詰めればボールを獲れそうなのにそこから離れるという場面が幾度もありました。他の選手が腰を落として向かってくる選手を待っている姿勢が多かったことに比べると、BBはそうした姿勢が少なかった記憶があります。
だからこそ何度もシュートを撃つことができたとも思います(前半の2本のシュートはともかく、後半のシュートは時間もスペースもあったのでもっと観客の歓声を誘うようなシュートをですよね・・・
そうした「目の前の相手をダボハゼのように追いかけない」嗅覚がもっと有効なプレーになれば武器になるのかなぁと、DAZN選出の明治安田生命J2第6節の週間ベストプレーヤーに選出されて思いましたw

そうしたプレーで思い出したのが3月25日放送の「情熱サッカー」でのヤングツエーゲン連続ロングインタブーシリーズ第1回のBBのロングインタブーです。そのインタブーにおいてBBは理想のボランチとして、どこにでも顔を出してボールをとってパスを出せる、と語っています。一方で、鹿島時代は公式戦にほとんど出られなかったので、こうやって出場するのは難しい、とも語っています。
「フラフラしている」というのは理想のプレーをしようとしながらも、試合勘がないからかな、とDAZN選出の明治安田生命J2第6節の週間ベストプレーヤーに選出されて思いましたw

今後のBBのプレーの覚醒に期待しますが、この1曲に長淵剛を挙げたので音楽的には全く期待しませんw

| | コメント (1)

2017年2月18日 (土)

10年ぶりの整理


諸般の事情で恒例のダンマク作成やキックオフパーチーに行けません・・・せや、こんな時にこそ部屋の掃除や、ということでツエーゲン関連の資料というかチラシ、MDP、後援会会報誌を整理しました。
整理が苦手でチラシ、MDP、後援会会報誌を持ち帰ってとりあえずテキトーに置いていました。調べたら2006年と2007年はある程度ファイルに入れて整理の跡があって2008年から全く整理していなかったことが発覚w半日かけて整理しました。

C46rzztvcaaqxl7

チラシ・MDPを「2006-2009の地域時代」「2010-2013JFL時代」「2014J3時代」「2015J2」「2016J2」に分けた他に「会報誌」「企業タイアップチラシ」「クラブ公式写真」「選手カード、チケット半券」「うちわ」とジャンル別に分けました。

C46xfslvmaimezu

もっともここまで整理していないので、もらっていてもなくしたり、まだどこかに隠れているかもしれません。
現在はホームゲームごとに二つ折りカラーのMDPを配布していますが、2006-2010年はシーズンを通じて(2008年は2種類)カラー二つ折りのチアペーパーを使用していました。手元に残っているMDPで言うと、2006・2007年のMDP二色刷りの1枚もの、2008年は白黒、2009年は全く残っていません。MDPを無くした可能性大ですがフロント、ボランティア組織にいろいろ動きがありましたし・・・。
JFL時代もあまりMDPが残っていません。2013シーズンはオールカラーの1枚もののMDPが5枚ありましたが全試合配布していたか今となっては覚えていません。2014J3時代のMDPは9枚しか残っていません。ホームゲームは1試合行きませんでしが毎試合MDPを受け取っていた記憶があるのでどこかに隠れている可能性大orz
2015年J2初年度はホームゲーム皆勤でしたがMDPは19枚と2試合分欠です。1試合はGWにローカルアイドルのライブの後でギリギリ着いてMDPが残っていなかった記憶がかすかにありますw2016シーズンもホームゲーム皆勤でMDPが全試合残してありました。でも富山の入れ替え戦がないんですよ・・・
後援会会報誌で一番古いのは2008年のものでした。その後名称も変わっていきましたが欠号がいくつか・・・処分したことはないはずなのでまだどこかに眠っているはずです。

C46iaihumaaalvz

整理したらチラシ、地域時代のチアペーパーでダブっているものがあったのでホーム開幕湘南戦に持って行きます。欲しい人はお声をかけてください、っているのか?そして持って行くの忘れそうです←

C46ujexuoaeo46a


| | コメント (0)

2017年2月12日 (日)

箔一さんからリプをいただいた件


ど~も、前回のブログの反応がなくて悲しいPさんですorz
あーいうのこそ自分らしいと思っているのですが・・・

さてさて、シーズンは始まっていないし、ライブにも行けないので本を読んだり、映画を見たり、なによりもやらなければいけないことがありますが、ネット見ながら酒飲んでごろごろしているばかりという不健康極まりない生活をしています。
諸般の事情でダンマク作成やキックオフパーチーでも行けませんorz
そんな中、安倍総理のトランプ大統領へのお土産が箔一のもとい箔一さんの蒔絵ボールペンと手許箱(てもとばこ)との情報を見ました。
箔一さんといえばツエーゲンのスポンサーさまのはず!とツエーゲンおひさる見たら工事中で確認できません。記憶違いじゃないはずとググったらこんなFBのエントリーを発見しました。おお、ありがとうございます。
でも今年のスポンサー契約が確認できなかったのでこんなツイートしました(2月11日11:39)

トランプ大統領へのお土産は【箔一のボールペン&手許箱(てもとばこ)】日米首脳会談
箔一さんはツエーゲンのスポンサーさま、今年もよろしくお願いします

そしたらなんと!今日になって、箔一の広報担当さまから「もちろん今期もツエーゲン金沢を応援させていただきます!」とのリプをいただけました!
そのツイートの前後を見ると、お土産の件で問い合わせ、商品の手配等でとてもお忙しいご様子なのに恐縮です。

箔一さま、今年もサポートありがとうございます、そしてご支援よろしくお願いします!

| | コメント (0)

2017年1月29日 (日)

柳下監督のロングインタブーを聴いて

ど~も、最近はもっぱらツエーゲンのキャンプ地都城市のお酒を飲んでいるPさんです。

20170129_17_13_15

さてさて、情熱サッカーの柳下監督のロングインタブーを聴いての感想です。それと補助資料としてスポーツ報知の「【金沢】柳下監督、サバイバル3か条を通告!」も加えましょう。

ロングインタブーでも言っていたことがスポーツ報知でも書かれていたので引用します。

《1》守備での約束事、役割を果たせているか
《2》攻撃で数的優位を作れているか
《3》相手陣地でどこを見てプレーをしているか

初練習試合を前にしての発言ですが、シーズンインしてからも起用されるかされないかのポイントになるのでしょうね。

ロングインタビューでやりたいサッカーを語っていたところは、相手のゴールに近い所でボールを奪うサッカーが理想、相手陣地・相手ゴール前でのプレーを長くしたい、練習はそのためにしているしサポーターにも見に来てほしい、などなどです。
選手については、全員同じ方向を向いてプレーしてもらいたい、一番求めるものは「絶対に負けないという気持ち」、怒鳴りつけてしゅんとなるような選手はいかん、力不足で負けるのは仕方ないがやることをやらないで負けるのは良くない。

高い理想を持っていて選手には最大限の能力を能力を求め、引き出すために厳しい指導をしていくんだろうなという感想です。
「選手には最大限の能力を能力を求め、引き出すため」の指導は柳下監督に限らずどんな指導者もそうですが、「厳しくする」というイメージがビンビン伝わってきましたw怒鳴りつける気もマンマンのようですし。

もうひとつの感想が成績について言及しなかったことです。まぁ聴き逃していたかもしれませんし、聞き手が訊かなかったからかもしれませんが。今年はアクションサッカーを根付けるとも語っていて、前述したとおり力不足で負けるのは仕方ない、負けた試合でも「面白い」と思ってくれればという発言があって何が何でも勝利を、という感じは受けませんでした。
もっとも新体制発表会ではJ2にいることが重要とも言っていました。

前々から思っていたのは森下前監督の理想のサッカーも「ゴール前のプレーが多い」と柳下監督と同じでもあることです。森下さんは就任2年目に理想のサッカーを追い求めましたが、成績が追いつかず(リーグ7位)「クラブに評価されなかった」ため「勝つための」サッカーに移行しましたが、柳下監督は良くも悪くもそういうことはなさそうですし、クラブも降格の危機さえなければその姿勢を容認するでしょう。

サポーターに望むことは、実際にスタジアムに足を運んでもらいたい、そして内容に疑問があれば練習にも足を運んでもらってアクションサッカーの練習を確認してもらいたい、最後にはやることをしない選手がいたらブーイングしてもらいたい、などなど。個人的にはブーイングしたらライトなお客さんが離れるので必要ないと思っていますwそう言えば石田選手も同じことを言っていましたが無視します。ブーイングしませんよ、ブログでネチネチと・・・

クラブもサポーターも昨季の成績もあってJ1昇格を目標にしていないのでノー問題ですよね。ということでサポーターも「降格しない程度の成績」ならば「内容重視」しなければならないかもですね。


| | コメント (0)

より以前の記事一覧