2019年2月26日 (火)

金沢駅東もてなしドーム地下広場PVに思う

第3節アウェイヴェルディ戦のPVが金沢駅東もてなしドーム地下広場で開催されることが発表されました。
前々からここでPVとかイベントやってもらえないかと思っていたので嬉しいです。

ここでのイベントは、PV目的でない人にも目に触れる、ツエーゲンの試合を見たことがない人も見る可能性があるんですよね。なにやっているんだろう?ツエーゲンかぁ、ツエーゲンの試合をテレビで見るのにこれだけの人が集まるのかぁと興味を持ってもらうことが集客にもつながるかもしれません。
マスコットヒーローショーもやる、キックターゲットなどもアトラクションコーナーをすることで、ツエーゲンの試合での楽しみはサッカーだけでないこともアピールしましょう。ついでにほくりくアイドル部も・・・、いつものヲタクしか集まらないかw

だからこそ「ホーム開幕」前の週に金沢駅東もてなしドーム地下広場PVを持ってきたのでしょう。もっともそのせいで西部の清掃が一週間前倒しになりましたが。

というわけで気は早いですが、このPVに集まるサポーターはレプリカユニやティーシャツなどわかりやすいツエーゲンサポーターらしい格好で集まろうではないですか。で、その後はその格好で食事や飲みに行くのはどーでしょう。それがこの日この場所で力の入ったPVを開催するクラブへのサポーターの回答になると思いますし、サポーターによるホーム開幕戦の告知活動だと思うのです。

| | コメント (0)

2019年2月22日 (金)

姐さんと姫とYガールとZガールにツエーゲンを知ってもらう試み

このシリーズもはやくも4回目です。

いよいよFW篇です。
FW登録されているのは5人です。
09 小松蓮  新入団(松本からのレンタル)
10 垣田裕暉 3年目
13 大石竜平 新入団
18 窪田稜  新入団
22 クルーニー親入団(レンタル)

実に5人中4人が新入団です。昨年誰がレギュラーだったかというと中心はカッキー、MF登録の杉浦選手が二番手、退団したマラニョン選手が三番手だったでしょうか。
前回の記事でも書きましたが、大石選手と窪田選手はサイドハーフで使われそうな気がするので、実質小松選手、垣田選手、杉浦選手、クルーニー選手で2TOPを争うと予想します。その中でもラジオでのインタビューを聴いたところクルーニー選手はその中で一歩遅れているかなぁと感じたので、しばらくは小松選手、垣田選手、杉浦選手の争いになるのでは思っています。
昨シーズンはゴール前で相手を崩し、チャンスを作りながらも「決めきれない」シーンを数多く見ました。そのうちの半分、いや3割でも決めていれば一桁順位もあったのではと思っています。難しいゴール、ファインゴールを決めなくてもゴールラインを完全に超えるヘロヘロシュートでいいんです。もっとも点を取れるFWはJリーグだけでなく世界中の全てのチームが最も欲しい選手なんですが・・・
キャンプでは小松、杉浦選手が得点を決めていたようですが、得点を決めたから即レギュラーとはならないと思っています。
FWの仕事はもちろん得点を決めることですが、第一守備者でもあり、前線での守備ができなければ使ってもらえません。相手にプレスをかけて楽にプレーをさせてはいけませんが、逆に追いかけすぎれば相手にスペースを与えてしまいます。自分の目の前の相手だけでなく、周りをみてバランスよく組織的に守備をしなければなりません。昨年のマラニョン選手はそれができなくて3番手・4番手に甘んじていたように思ってます。
そう考えると小松選手がどれだけ戦術を理解しているがポイントだと思います。それができていないと昨年から在籍している垣田選手、杉浦選手がそのままレギュラーの可能性が高いと思います。
少し話を広げるとポゼッション、ボール支配率という言葉を目にしたり、聞いたりしたことはないでしょうか。wikiではポゼッションを「日本語では「支配率」と訳される。要するに自チームがボールを持っている状態をボールポゼッションと呼ぶ。」と書いてあります。ポゼッションが相手より低い数字だと「支配」されていると思うかもしれませんが、ツエーゲンの組織的守備ができていれば、対戦チームはボールの出しどころがなく、ツエーゲンに危険なところにボールを出せず、中盤の底とDFラインでボールを回すだけで時間を使う場面があります。ツエーゲンからすると「ポゼッション(支配率)」は低いけれどツエーゲンペースの試合とも言えます(もっともそんな試合でも負けることがありますし、ポゼッションが高くても負けることもあります・・・)。

以上でみやむさん、ゆかり姫、ヤサガール、そして今回は新たにツエーゲンガールにも対象を広げたをツエーゲンを知ってもらう講座を終わります。
サッカード素人なので全然足りなくて正直スマンカッタ。
ほんとうならスタジアムで観戦している横で解説しまっせ!という意気込みがありますが、もちろん許されるはずはありません。というか試合中はベロンベロンなのでコンプライアンス的にも舌が回らない的にもできませんw

あと隠れテーマとして、今回のシリーズは「エゴサーチしにくくしたらアクセス減る説」を実証していますw
はたして・・・

| | コメント (0)

2019年2月21日 (木)

みやむ姐さんとゆかり姫とヤサガールにツエーゲンを知ってもらう試み

えー本当にみやむさんとゆかりさんに読んでもらっているのでしょうか・・・
読んでいなかったらそれはそれで面白いのでノー問題(ドMなので
とはいえ、それも寂しいのでツエーゲンを倒そうとしているヤサガラスのしもべヤサガールにツエーゲンの弱点を知ってもらうべくヤサガールさんを対象に加えました。
この文章を書いているのはサッカード素人でテキトーな説明です。なので、ボンヤリとわかったと思ってもらえればイイかなと思っています。詳しいことを知りたかったら別の人に聞くなどしてください。

昨日のエントリーは酔っ払いながら書いていたら相棒が始ってしまい、DF篇にも関わらず中途半端にセンターバック(CB)で終わってしまってスマンカッタ。ということでまずはサイドバック(SB)について書きます。
こちらのイラストの両脇のDFがサイドバックです。

442

DF登録でSBとしか出場しそうな選手は次の4人と思われます。
16 毛利駿也 2年目 175cm
24 長谷川巧 新入団 179cm
25 児島雅也 新入団 170cm
45 沼田圭悟 3年目 171cm
全員180cmないのは昨日も書きました。身長があるに越したことはないですが、ゴール前で競ることがCBに比べて少ないのでそこまで身長が必要とされません。サイドにおける守備を主な役割としていますが、攻撃時には中盤の選手を追い越して前線に駆け上がり、ドリブルで切り込んだりクロスボールを上げたりと攻撃も求められています。激しい上下運動をできる運動量、スタミナ、スピード、正確なクロス(フィールド左右の中盤からゴール前やペナルティエリア内を狙って出されるロングパス)が必要です。後で述べるサイドハーフの選手とのコンビ―ネーションも見どころのひとつです。
左右のSBがいますが、左専門、右専門、左右どちらでもできるとタイプがいます。
ツエーゲンだと左専門はオリーブオイルマスター沼田選手、右専門は小島選手(だったはず)、左右どちらでもは毛利、長谷川選手です。
昨年は左のレギュラーはオリーブオイルマスター沼田選手、右は前半は毛利選手、後半は磐田に戻った石田選手でした。今期はどうなるでしょうか。

MF編
登録されてている選手は8人です
06 大橋尚志 3年目
07 清原翔平 5年目(通算)
08 藤村慶太 2年目(昨年はレンタル、今季完全移籍)
11 杉浦恭平 3年目
14 金子昌広 6年目
17 加藤大樹 2年目
32 島津頼盛 2年目
33 梅鉢貴秀 2年目

MFといってもDFと同じように、先ほどのポジション図のボランチとサイドサーフとに分かれています。
ボランチと予想されるのは次の4人です。
06 大橋尚志
08 藤村慶太 
32 島津頼盛 
33 梅鉢貴秀 
ボランチと書きましたが、守備的ミッドフィルダー、中盤の底とも言います。ボランチはポルトガル語で舵という意味です。
基本的にはディフェンスラインの前でボールを持った相手やスペースのケアなどの守備やプレッシャーの弱い低い位置で長短のパスを捌いて攻撃を組み立てるので、前から3列目ではありますが攻撃に重要なポジションとなります。
大橋選手は相手ゴール前まで攻め込んでミドルシュートを撃つなどの積極的な攻撃に、藤村選手は長短のパスに、島津選手も元々FWなので攻撃的に、梅鉢選手は守備に、それぞれ特徴があるんじゃないかなぁと思っています。あと梅鉢選手に彼女いますかと訊いてはいけません。
昨年は藤村選手がボランチの中心でした。新戦力がいない今季はどうなるでしょうか。

サイドハーフの起用が予想されるのはまずはMF登録の次の4人です。
07 清原翔平 
11 杉浦恭平 
14 金子昌広 
17 加藤大樹 
この4人だけでなく、FW登録の選手も使われるかもしれません。
13 大石竜平 新入団
18 窪田稜  新入団

役割としては両サイドからの攻撃の組み立てやドリブル突破、アーリークロスや中へ切れ込んでのシュートが求められることから、スピードがありドリブルの上手い選手が使われます。
杉浦選手は上記の条件に合わないタイプのように思えます。ですから昨季はFWで起用されることが多かったのではないでしょうか。
金子選手、加藤選手のスピードには定評がありますが、新入団の大石選手、窪田選手もスピードがあるとのことですので、前にスペースがある(のと身長が足りないこともあって)サイドハーフで使われるかもしれません。
サイドハーフだけでなくFWで起用されたり、場合によってはSBで使われる選手がいるかもしれません。
昨季は左SHは加藤選手が、右SHは清原選手が多く起用され、金子選手はスーパーサブとして5得点の活躍したニャー。

今回はwikiコピーしたら楽でしたw

| | コメント (0)

2019年2月20日 (水)

みやむ姐さんとゆかり姫にツエーゲンを知ってもらう試み

みやむ姐さんのために!と前回の記事を書きましたがはやくも心が折れかけています・・・。
でもこのシリーズを待っているのはみやむさんだけでなくゆかり姫も待っているはず!という全く根拠のない使命感にかられて書き始めています。
というわけで今回はディフェンダー篇です。

みやむ姐さんもゆかり姫も442って耳にしたり目にしたりしたことがあると思いますが、意味はご存知だったでしょうか?11人からゴールキーパーを除いた10人(フィールドプレイヤーといいます)を後ろから、つまりディフェンダー、ミッドフィルダー(MF)(中盤)、フォワード(FW)(前線)にどれだけ人数を置いているかということです。442だとDF4人、MF4人、FW2人を配置しているという意味です。352とか541を配置する(布陣)するチームもありますが、ツエーゲンというか柳下監督は基本442なので、ツエーゲンに限ってはとりあえずこれだけ知っていれば問題ありません。
ツエーゲンの公式サイトを見てもらって誰がディフェンダーか確認してください。

02 山本義道 2年目 185cm 
03 作田裕次 6年目 183cm 
04 石尾峻雅 新入団 183cm
05 アラン  2年目 178cm
16 毛利駿也 2年目 175cm
24 長谷川巧 新入団 179cm
25 児島雅也 新入団 170cm
27 廣井友信 5年目 180cm
45 沼田圭悟 3年目 171cm

9人が登録されていますが、一口にDFといってもさらにセンターバック(CB)とサイドバック(SB)にポジションが分かれてます。
442の4がディフェンダーと書きましたが、ゴール前の真ん中の2人がCBで両脇の2人がSBと呼ばれていて役割も違ってきます。
CBの主な仕事は失点を防ぐことです(あくまで「主な」です)。相手チームのFWへのハイボールをカットする、競って自由ににさせないという仕事がありますから身長が必要になります。ということで180cmオーバーの山本、作田、石尾、廣井選手がCBかなと予想できますし、正解です。もう一人178cmもアラン選手もCBです。
ハイボールだけに対応できれば良いというものではありません。自分の背後にパスを通らされたら(裏を取られるとも言います)追いかけなければなりませんから脚が速くなくてもなりません。裏を取られるのが怖くてゴールに近くで構えていると今度はDFの前が広くなりますから(スペースがあるともいいます)、相手にボールを回される危険があります。試合中にサポーターからの「あがれー」という声を聞いたことがあると思いますが、それはポジションを下がりすぎるなという意味です。相手と競る、追いかえるだけでなく、パスをカットするなどの読み・駆け引きも大切です。
失点を防ぐことが「主な」仕事と書きましたが、守るだけでなく、深い位置からの正確なロングキックは重要な攻撃なのでそちらにも注目してください。
味方のコーナーキックやフリーキックでは高さや当たりの強さを活かして得点のチャンスもあります。
昨年後半のレギュラーは山本選手と大分に移籍した庄司選手でした。もう一人の山本選手も後半からレギューラ―を掴んだものでそれまでは作田選手がレギューラだったことが多かったので、開幕戦のCBが誰か楽しみです。
作田選手が白山市出身のことはご存知だと思いますが、アラン選手も航空石川高校出身で石川県に縁があります。ブラジル人ですが日本語ペラペラなのでぜひインタビューを。

| | コメント (0)

2019年2月19日 (火)

みやむ姐さんにツエーゲンを知ってもらう試み

胸が痛くなるツイートを見ました。

『ツエーゲンなう』見たよ!
「勉強せんなんね」と沢山の方々に言って頂きました
 頑張ります‼️

誰だよ、そんな事をみやむ姐さんにそんなことを言ったのは!Pさんは書いただけなのでセーフ。
ということでみやむ姐さんがあまりにも不憫なので、サッカード素人が勉強したいというみやむ姐さんにツエーゲンを知ってもらうためにエントリーするという地獄w
しかもみやむ姐さんに届いているかもわからないのにw

まずはサッカーは1チーム11人でするスポーツで前半45分、ハーフタイム15分、後半45分です、って基本すぎですね。

ポジション別に解説しますよー。
ゴールキーパー
ゴール前に一人だけ違うユニフォームの選手です。なんで違うユニフォームかと言うと一人だけ手を使えるから他の選手、審判にキーパーとすぐに判断できるためです。だから味方チームだけでなく相手チームのユニフォームと違っていなければなりません。手が使えると書きましたが、どこでも使えるというわけではありません。使って良いのはペナルティーエリア内だけです。だからペナルティーエリアでクリアする時は頭や足でしなければなりません。もし使うとイエローカードかレッドカードをもらうことがあります。
ゴールキーパーの見せ場と言うとシュートを防ぐセーブですが、派手なセーブだけでなく、シュートを撃たれる前の位置取り(ポジショニング)、味方チームへの声での指示にも注目してください。派手なセーブより、派手に見られないようなポジショニング、味方選手の指示によってシュートを撃たれない方が良いですよね。
守る選手というイメージが強いですが、攻撃の最初の起点ともなります。マイボールにしてからすぐに前線やフリーな選手にキックやスローで大きなチャンスにしばしばあります。特に白井選手の正確なキックは見どころなので、白井選手がボールを持った時の最初の動きに注目してください。
ゴールキーパーはレギュラーが固定されると他の選手はなかなか試合に出ることができません。しかし、いつ来るかわからない出番に備えてもいつのベストの状態を保っていなければなりません。
ツエーゲンのゴールキーパーは4人登録されています。今期も白井選手が軸となってレギュラー争いが予想されます。

みやむ姐さんこんなものでよろしいでしょうか?
なんらか反応あれば続けます(飽きなければ

| | コメント (0)

2019年2月 8日 (金)

市民新築に心躍る

今日の北國新聞さんのトップニュース、市民サッカー場の記事を読みました。

最初に報じられた記事での計画がどんなものだったか正確に覚えていませんが、こんなものだったでしょうか。
・観客収容は7000人規模
・J2基準
・屋根については不明
・現在の位置での改築

それが今日の記事では
・1万人収容
・J1基準に対応できるようにゴール裏に増築に対応できるようにスペースを設ける
 (増築した場合は1万5千人収容可能)
・メインとバック両方の観客席を覆う屋根を設ける
・城北市民運動公園内での移設新築(こちらは少し前にすでに報じられていました)

満点の計画だと思います。

そりゃツエーゲンサポ(自称)としては最初からJ1規模のスタジアムが欲しかったですが、「一市民」としてはJ1に上がる見込みがないのに贅沢すぎるんじゃないのと言われても仕方ないと思っていました。
それが「J1にも対応」できるというエクスキューズがあれば理解を得られやすいのかなぁと思います。
ゴール裏がない方が風通しがよくなって芝にとって良いのではないかというツイートを見てそういう理由もあるのかなと思ったりもしました。屋根付きスタジアムでは芝のコンディションも難しいですからね。
ゴール裏増設は固定されるものか試合ごとに設けられるものかが気になります。上記の事情とか、9月ごろにJ1昇格の可能性が出てきて翌シーズンに間に合うとか。ゴール裏増設は金沢市の叱咤激励(多分間違った使い方)だと思いましょう。
屋根はムチャクチャ嬉しいです。逆言えば「雨だから」お客さんが少ないという言い訳をクラブは使えなくなりました。これも金沢市の叱咤激励(これも多分間違った使い方)だと思いましょう。
今の市民で飲食ブースを設ける場所はないと思っていたので、最初に報道された時点で移設新築は避けられないと思っていました。ドーピングルームなども無理だったと思います。できればスタジアム内に火が使えるスペースがあれば最高です。あとバーもw

これだけ充実したスタジアム計画を立ててくれた金沢市には感謝感謝です。これだけの計画になったのはミクスタなど全国各地に専用スタジアムが実際に建設されていることに加えて、金沢市がスポーツに理解があるというか、スポーツの「力」を信じてもらえてくれているのかなぁと勝手に思っています。
まぁ自分がツエーゲンサポ(自称)だからですが、隔週に定期的に5000人集まり、スイマセン!5000人は希望でした!、顔は知っていても本名や仕事を知らない人同士が挨拶する空間・場所ってステキだと思っているんですよ。ちなみにPさんはほぼ酔っ払っているので、こっちは存じあげていないけれど、お声をかけてもらってドキッとすること多いです←
山野金沢市長がスポーツが町を元気にするというのはこんなところもあるのかなぁとも思っています。違うかもですが。
先日「情熱サッカー」でツエーゲンU15が高円宮杯J準優勝して山野金沢市長を表敬訪問した時の、山野金沢市長のU15への言葉がサッカー的に満点だと思っていました。その市長の満点の言葉はサッカーを理解していたからだと思ったんですね。そうした市長のサッカーへの理解がこの計画に繋がっている、というのはさすがに自分でも妄想だと思いますw

いろいろ上から目線になって正直スマンカッタです(本心)

| | コメント (0)

2019年2月 3日 (日)

ツエーゲン クイズ☆正解は1年後2019 出題篇

えー、皆さんお待ちかねの「ツエーゲン クイズ☆正解は1年後」の出題篇です。
え、待っていない?でもやるんだよ!


Q1 
今シーズンの順位は?

Q2 
チーム得点王とその得点は?

Q3 
クルーニーの得点数は?

Q4
昨季の得点数52からどれだけ増やせるか?

Q5 
ヤサガラスは最終戦でまた撃たれるのか(3年連続)?

Q6 
柏サポはどれくらい来るか?

Q7 
平均観客数は?

Q8
12月30日現在の監督は?

Q9
12月30日現在で契約更新をした選手は何人いるか?

Q10 
マスコットは何人体制か?

Q11 
ツエーゲンガールのライブは何回あるか?


A1
良ければ8位、悪ければ18位ぐらいまであるかなぁと思っています。
良ければ8位の根拠は3回前のエントリーを、悪い場合の根拠は2回前のエントリーに書いています。
監督のキャンプ地インタビューが上機嫌だったので、真ん中より少し上をとって11位をファイナルアンサーに。

A2
カッキー、レンレン、クルーニーが候補と言ったところでしょうか。ハラショーさんも穴にしても良いと思いますが、その時は順位が上がっていないような気がします。
3年目ということと出陣式でリトルゴーラー宣言したカッキーとします。
得点は13点ぐらいで。
なお、出陣式でのリトルゴーラー宣言は多分Pさんの思い込み。

A3
得点の前に柳下監督の戦術を理解できるか、レギュラーを獲れるかが予想できません。
ストライカータイプではないという監督の言葉もあったので5点ぐらいを予想します。

A4
カッキーのリトルゴーラー宣言を信用して55得点ぐらいで。
なお、リトルゴーラー宣言は(以下略

A5
3年連続撃たれるんじゃない(棒

A6
ホーム柏戦は10節4月21日(日曜日)14:00キックオフ
柏からすれば昇格云々という時期ではありません。あんまり遠征しないというツイートを見た記憶がありますし、前回のJ2でのカターレホームでは300人ぐらいだった記憶があります。
まぁ柏さんからすれば今年を逃すと金沢に来ることがない、北陸新幹線で遠征が楽になったという面もあるので600人ぐらいをお願いしたいところ。
問題は数は見た目に頼るしかないので、正解か不正解はどうにでもなります。

A7
GMは5000人目標と言っていますが、昨年撒いた種が少しは実になると思うので強気で5500人に。
あとほくりくアイドル部はヲタクにチケット強制販売してください←
これまでも5500人と何回も書いているのは、5500*21=115500となって石川県民1/10になるからです。

A8
3年一区切りという考えもありますが、もう1年やるんじゃないかなぁと。
監督の今季の目標は最低一桁順位だったはず。あわよくばプレーオフ圏内も、と考えていると思いますが、目標にしていないんですよね。気が早いですが来季の目標をプレーオフ圏内と考えているんじゃないかと思えて、柳下監督留任とします。

A9
今季で契約が切れる選手がありそうですし、活躍すれば抜かれますしね。
これぐらい契約更新してくれたらまぁ安心と言うことで13人ぐらいで。

A10
ゲンゾーの去就がはっきりしませんが・・・
ゲンゾイヤー、ナンシー、ヤサガラス3人(人でいきます)は決まり。ヤサガラス父ちゃんは今のポジションだとカウント外とします。
ヤサガラスの分身がありそうで、それにからめてゲンゾー引退からの整形再デビューもありそうで5人と想像。
エンタメ路線とはいえさすがに多くね?
ゲンゾータイプだと50万円ぐらいするんでしたっけ?
ゲンゾイヤー、ヤサガラスタイプだともうちょい安いのかな?
パチもんのヤサガラス、ヤサウーマンも当然カウント外ねw

A11
2試合ぐらいできなさそうということで20でどうでしょう。
アイドルさんなので酷なお願いになりますが、ビジュアル的に面白いのでヤサガールにはメットかぶって欲しいです。

ということで12月30日に回答する意味がほとんどない「クイズ☆正解は1年後」出題篇でした!

コメントで参加してもノー問題です!(←ないと思っていますが

| | コメント (0)

2019年1月27日 (日)

今季の体制についてうだうだ考えてみた①

契約満了、移籍、引退
 1 GK原田直樹(VONDS市原へ完全移籍)
22 GK田尻健(G大阪からの期限付き移籍期間満了)
13 DF石田崚真(磐田からの期限付き移籍期間満了)
18 DF野田紘史(ラインメール青森へ移籍)
39 DF庄司朋乃也(C大阪からの期限付き移籍期間満了)
   DF榎本滉大(VONDS市原へ期限付き移籍、
            昨季はFCに期限付き移籍)
 4 DF小柳達司(甲府へ完全移籍)
 8 MF山藤健太(ホンダFCへ移籍)
10 MF宮崎幾笑(新潟からの期限付き移籍期間満了)
 9 FW佐藤洸一(甲府へ完全移籍)
29 FWマラニョン(韓国2部)富川FC 1995
25 FW谷口遼弥(JAPANサッカーカレッジへ期限付き移籍)
30 FW山崎雅人(引退)

契約更改、期限付き移籍期間延長など
23 GK白井裕人
 2 DF山本義道
 3 DF作田裕次
 5 DFアラン
 8 MF藤村慶太(期限付き移籍から完全移籍)
10 FW垣田裕暉(育成型期限付き移籍期間延長)
16 DF毛利駿也
27 DF広井友信
45 DF沼田圭悟
 6 MF大橋尚志
 7 MF清原翔平
11 MF杉浦恭平
14 MF金子昌広
17 MF加藤大樹
32 MF島津頼盛
33 MF梅鉢貴秀

新加入
 1 GK後藤雅明(湘南から期限付き移籍)
21 GK新井栄聡(清水から期限付き移籍)
 4 DF石尾崚雅(C大阪ユース)
24 DF長谷川巧(新潟から期限付き移籍)
25 DF小島雅也(仙台から育成型期限付き移籍)
 9 FW小松蓮(松本から育成型期限付き移籍)
13 FW大石竜平(国士大)
18 FW窪田稜(成立学園)
22 FWクルーニー(カルタヒネス(コスタリカ)から期限付き移籍)

どーですか、お客さん!
こちらが今季のツエーゲンの体制です。
12人が退団・期限付き移籍して(榎本除く)、新加入が9人です。

正直いうと新体制発表までにもう1・2人の加入があると思っていました。人数だけでなくて新加入の選手の経験値が足りないと思ったからです。
ということで新人、クルーニーを除く期限付き移籍5人の年齢とJ出場記録を見てみます。

 1 GK後藤雅明(1994年生、リーグカップ3試合)
21 GK新井栄聡(1995年生、J出場記録なし)
24 DF長谷川巧(1998年生、J3・3試合、リーグカップ7試合)
25 DF小島雅也(1997年生、J1・3試合、J2・10試合、リーグカップ5試合)
 9 FW小松蓮(1998年生、J出場記録なし)

キーパー2人の出場経験が足りないのはまぁ仕方ないですよね。

一方で、期限付き移籍期間満了した3選手のツエーゲンに来るまでのJ出場記録を見てみます。

石田崚真 J1・5試合、J3・5試合、リーグカップ5試合
宮崎幾笑 J1・1試合、リーグカップ1試合
庄司朋乃也 J3・23試合、リーグカップ3試合

3人もツエーゲンに来る前までは試合経験がめっちゃあるというほどでもありませんでした。それでも3人とも主力選手になりました。ならば、5人についてもやる前から不安になる馬鹿いるかよ!(アントニオ猪木・談)ですよね。
新人についても昨年は山本、毛利の2人が主力選手となっていますし、セレッソユースから入団した石尾は昨季J3で16試合出場していいますし、高校卒業ながら背番号4にチームの期待の大きさが伺えます。
新入団選手は退団選手の穴を埋めるだけの力があるとの監督インタビューを聴いているので補充という意味ではまぁなんとかなるんじゃないですかね?(←猪木にビンタ喰らいたくない的な言いまわし

補充はなったとして補強はどうなるんだという話になるんですが、センターラインの選手がそろって残ったこと、昨年からの「上積み」ということになるんでしょう。
チャンスを多く作りながらも「ゴールだけができなくて」落した勝点がどれだけあったでしょうか。そちらに関してはトレーニングでプレーの精度を上げると監督が言っていたような。
昨年のベースがあるので一からチーム戦術だか戦略だかを落としこむ時間を他にまわせそうというド素人考えでまぁなんとかなるんじゃないですかね?(←猪木にビンタ喰らいたくない的な言いまわし

ということで一旦切ります。続くかわかりません!

| | コメント (0)

2019年1月22日 (火)

マスコット総選挙に思う

賛否両論というか否定的意見が多いらしいゲンゾー引退問題
といっても賛否両論を詳しく読んでいなくてボンヤリした感想を書きたいと思います。

否定的意見は「CD○枚売れなければ引退」的が気に食わないで合っていますか?
実際Pさんも最初はそれを連想しましたが、時間が経ってきて違うなと。
「CD○枚売れなければ引退」商法はつまるところCDを売るというリターン、経済的利益(CDに限らずチケット・視聴
率など)を期待しての商法ですが、今回の引退問題にはリターンがない点、良くて現状維持でそうした商法と違うと思ったんですね。

経済的リターンがなくても順位が上がること自体がリターンではないかという意見があるかもしれませんが、前回順位17位と良くも悪くも目立つ成績ではなく、今回の「目標」順位はその17位ですから上位を狙う意図もありません。

ゲンゾイヤーがいるからゲンゾーリストラ論を見ましたが、試合会場以外のイベントではこどもさんへのアピール、目立つ大きさからいうととゲンゾイヤーよりゲンゾーなんですよねー。

ヤサガラス登場、その後の劇場とこちらの予想を裏切り(ヤサガラス二度目の死と復活除く)、期待以上の面白さを見せてくれるクラブです。
今回の引退問題は単純な「炎上商法」(って言うんですか?)でなくて、なんらかの別の意図があるはずなのでwktkして待っています。って投票しろよ、俺。

| | コメント (0)

2018年12月31日 (月)

ツエーゲン クイズ☆正解は1年後2018 答あわせ篇

えー、皆さんすっかりお忘れになっていると思われる「ツエーゲン クイズ☆正解は1年後」の答あわせです。というかPさんも忘れていますた。
12月30日から1日遅れてしまいましたが、いまさらながら答あわせをしてみましょう。

Q1 
今シーズンの順位は?
A1 
11位!
J2昇格1年目を上回りましょう

正解は13位でした。外れはしましたがまぁ悪くない回答だったと思います。


Q2 
チーム得点王は?
A2 
サイトウさんGOAL13で(昨年と同じ回答
 
これは大きく外してしまいました。つか誰も今季の不調を予想していなかったでしょ。

Q3 
マラニョンの得点数は?
A3 
8点かなぁ

惜しい!9点でした。


Q4
昨季の得点数49からどれだけ増やせるか?
A4 
昨年勝点49で17位、12位の勝点が57だからで得点も57で

これは期待しすぎていましたね。実際は52得点でした。


Q5 
ヤサガラス劇場は最終戦まで続いているのか?
A5 
続いているはず、というか走りぬいてほしいです

大正解!というかサービス問題でした。


Q6 
新潟サポはどれくらい来るか?
A6 
6000人でお願いします!

この日の観客が9497人だったので正解!(でいいでしょ?


Q7 
平均観客数は?
A7 
そこそこプレーオフの可能性もありそうなので5000~5500人で

4528人が正解でした。こちらは大外れですね。

Q8
12月30日現在の監督は?
A8
もちろん柳下監督!

こちらもサービス問題。もちろん正解です。

Q9
12月30日現在で契約更新をした選手は何人いるか?
A9
6人ぐらいかなぁ

これまた大外れですねorz
これまでももっと多くの更新されていたので見通しが甘すぎました。


Q10 
飲みすぎて何試合〇てしまうか
A10 
1試合あるかも・・・ミリオンロックと被る京都戦がヤバい

2試合だったような。
いやもしかして1試合だったかも・・・
どっちにしてもアカン・・・


Q11 
12月30日現在拙ブログは続いているか?
A11 
多分続い(ry

この状態は続いていると言っていいんですかね?


ということで今年も惨敗でしたorz
ちょっとした罰を受けそうですね・・・
やはりヤサガラスさんから受けるのでしょうか?

| | コメント (0)

より以前の記事一覧