« 週刊ツエーゲンTV | トップページ | ホーム初勝利は3-1の快勝 千葉戦観戦記 »

2018年4月 1日 (日)

4点差の大勝 アウェイ横浜FC戦DAZN観戦記

今日も今日とてこの快晴に家でDAZNを見ていました。
なんと横浜FC相手にアウェイで4-0の快勝。開幕戦以来の勝利、今季初の無失点試合、J2昇格以来関東でリーグ戦初勝利、J2昇格後最多得点差の勝利、ルーキーのモーリーがはやくもゴールを決めると記憶に残る試合となりました。

もっとも前半終わったところでこんな結果になるとは思えませんでした。
強風での試合は横浜FCが前半風上を選びました。前半は直接ペナルティエリアまで届くロングスローから危ない形を作られたりして、シュートを10本撃たれました。シュートがゴール隅に当ったり、ふかしてくれたりしてなんとか無失点で凌いでいたという感じでした。ただイバをきっちりマークして自由にプレーさせなかったのは良かったです。
そんな横浜ペースに対して、前半のツエーゲンのシュートは3本のみ。最初のチャンスらしいチャンスはアドなんとかタイムにマラニョンが抜け出してシュートかクロスを撃ったシーンでした。しかし、そのプレーで得たコーナーキックを藤村が蹴ってサクが豪快シュートでツエーゲンが先制。再開のキックオフ直後に前半終了の笛が鳴ったのでラストプレーでの得点といっていいでしょう。

後半はツエーゲンが風上なので前半よりは有利に戦えると思いましたが、前半の横浜FCの圧を思うと楽観はで
きません。
ところが49分に再び藤村が蹴ったコーナーキックを今度はカッキーが頭で合わせて追加点。
昨年コーナーキックからの得点は2点と記憶しています。記憶違いでなければこの試合だけ昨年の記録に並んだ?山口戦のPKを誘ったコーナーも藤村が蹴っているのでこれからも期待できますね。

こうなると今季初の無失点試合が見たくなります。横浜FCが風下になった影響があるかもですが、ツエーゲンの組織的守備が機能して横浜FCに良い形を作らせません。2点を追う横浜FCは前に重心を置き、ツエーゲンは何度もゴールチャンスを作りますが、なかなか3点目をとれません。これは前節の町田戦のもったいないおばけが出そうと思いましたが、マラニョンの突破から交代で入ったサイトウさんがらしいゴールで今季初得点。さらにハラショーの突破からドフリーのモーリーのゴールで4-0。あと2・3点取れそうでしたが、次節に取っておきましょう。
組織的な堅い守備とコーナーからの得点と2015年J2昇格時の好調時を思い出しました。

イバにほとんど仕事をさせなかったサク、ショージくんのCBコンビ、サイドバックながらゴール前まで走ってきたモーリーも良かったですが、MOMにはマラニョンを推したいです。数字としては3点目のサイトウさんのゴールのアシストだけとなりますが、1点目のコーナーをとるプレーなど前線の攻撃を活性化させただけでなく守備もさぼらない献身性が素晴らしい!そして得点した時ホント嬉しそうなのがカワイイですw千葉戦では得点してもらってマラニョンコールをさせてほしいです。

この試合のサイドハーフは町田戦で活躍した跳び加藤とキワラコンビではなくスギちゃんとハラショーさんが戻っていました。跳び加藤とキワラは町田戦用だったのでしょうか。しかし、やや不調に見えたスギちゃんは跳び加藤に交代させられましたし、やはり町田戦で良かったリョーマではなくモーリーが先発して結果を出し、町田戦で出番がなかった藤村がコーナーで2アシストと層が厚くなってきたのが心強いですね。

次節千葉戦は4-0とは言いませんが、ホーム初勝利を見せてほしいです。

|

« 週刊ツエーゲンTV | トップページ | ホーム初勝利は3-1の快勝 千葉戦観戦記 »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

はじめまして
たまに読ませてもらってます。

ペナルティエリアまでのスローインじゃなくて、ゴールエリアまでのスローインでは?

勝利の嬉しい記事をこれからも期待しております。


投稿: みつ | 2018年4月 2日 (月) 06時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊ツエーゲンTV | トップページ | ホーム初勝利は3-1の快勝 千葉戦観戦記 »