« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月29日 (木)

週刊ツエーゲンTV

今年で3年目でしたっけ?
北星ファイブさん、ありがとうございます!

もちろん毎週録画しています(予約設定)!まとめて見ることが多いですけど←

本当に放送してもらえるのはありがたいですけど、選手のインタビューが多すぎるかなぁと思って見ています。いや、選手インタビューが悪い、見たくないというわけではありません。ただこの時間に短時間インタビューが視聴者にどれだけアピールするのかと思っているのです。

放送時間は5分ですが、CMがあったりしてインタビューは正味2分ぐらい。ユニフォームでないし(もちろん仕方ないことですけど)、プレーシーンがそれほど多くないので、ツエーゲンに興味のない人がどれだけ見ているのか、勿体ないなぁと思って見ています。夕ご飯時なのでこどもさんも見ていると思うだけになおのことです。

視聴者の視線を止めるには試合やプレー集、グルメとかあとゲンゾイヤーとかヤサガラスとかナンシーとかの
方がイイんじゃないですかね?

前回の記事でも書きましたが、今季のクラブの集客策(まぁPさんが勝手に思っているだけなんですけど)とギャップを感じています。番組制作はMROさんなので仕方ないですけど。

あらためてお断りしますが、選手インタビューを見たくないわけではありません。やるならもっと時間をとってもらってですね。

いつも以上に個人的趣向で書いているので、選手インタビューが好評ならノー問題です!

| | コメント (0)

2018年3月26日 (月)

クラブの観客増員策

今季のクラブが掲げる観客目標数は平均5000人ですが、ホーム3試合を消化して3691人となっています。

第2節 讃岐戦 4,804人 晴
第3節 福岡戦 3,032人 曇時々雨
第6節 町田戦 3,239人 晴

昨日は少々風が強かったとはいえ、雨の心配が全くない暖かい日で、他のイベントとも重ならず駐車場もずいぶん余裕があってのこの数字です。

クラブが観客のメインターゲットにしているのはファミリー層ではないか。昨シーズンからのヤサガラス劇場、噴水広場前のイベントの充実は、サッカーだけを見に来るのではなく西部が総合エンターティントを楽しむ場であることを意図しているのではないかとも以前ブログに書きました。

実際、今年のチラシで4つのSHINKAの順番は
1 大型ビジョンとスタジアムを囲むスピーカーの導入に臨場感溢れる演出
2 ゲンゾイヤーとヤサガラスのヒーロー―ショーは老若男女に大好評
3 ツエーゲン茶屋街
4 ヤンツーサッカー
サッカーが最後かよととるか、トリにしたととるかは、人それぞれでしょうけど。

このチラシで感じたのはそこまでサッカーに興味のない人をなんとかスタジアムに足を運んでもらおうというクラブの意志でした。
「目指せフォローワー20,000人達成キャンペーン」もこの流れからするとすっと入ってきます。興味のある人はすでにフォローしていて情報を発信しても限られていますから、ツエーゲンに全く興味のない人まで情報が届くようにしたいということでしょう。
そんなことを考えると、スポンサーさまの公式アカウントに拡散していただいたのはありがたいですね。
ついでにいうなら、すでにフォローしているサポーターはクラブのツイートをイイネではなくリツイートしてもらいたいなぁと。

そして先日のアドなんとかタイムのクラブスタッフ灰田さん(町田戦でお見かけしました)の出演です。
肩書が「ホームタウン推進室室長」。ホームタウン推進室が今年で来た部署でということで、これまで自治体から声をかけてもらって動いてきたのがほとんどで、ツエーゲン側から働きかけてきたことが少なかったので、今年から力入れてやっていこうということらしいです。出陣式でGMがホームタウン活動に力を入れるということ言っていたので、こうした肩書になっていると思うのですが、これも長い目でみれば観客増に結び付くのかなと勝手に思っています。
まずツエーゲンに興味関心を持ってもらうところから始めなきゃならないのかなと、スタジアムでもなにかのコラボとかして、そこのコラボ先の人に来てもらっってサッカー面白いじゃん、ツエーゲン面白いじゃんと思ってもらうようなことをしていかなければということも言っていたのもこの流れですよね。
それよりも驚いたのが、具体的にネット掲示板の名前をあげて、そこでの観客増員作について書かれていて感激したと言っていたことです。
当然と言えば当然ですが、クラブが観客数に危機感を持っています。そして観客増に向けて一貫した戦略を持っていて、それに向けて努力しているのもわかります。
実際に試合前のイベント、ヤサガラス劇場、食事に飲み←、ここでしか会えない人たちとのお喋りとサッカー以外も楽しいし(というかサッカーだけだとストレスがw)、クラブがそれを作っているのもわかっているだけにやるせない気持ちもあります。

未成年チケット割引とかまだまだ手をうてるところがあると思いますが(町田戦では未就学児、小学生といったお子さんはよく見かけましたが、中・高校生はほとんど見かけませんでした)、やはり胸スポンサーさんにお願いしたいですね。無料で広告スペースとは言いませんが、記事でもう少し大きく扱ってもらえませんかねぇ。監督会見でラジオかなざわさんからの質問しかないらしいので(ソース:アドなんとかタイム)、せめて興味を持ってもらって質問するところから初めてもらえないでしょうか・・・

続くかもです・・・

| | コメント (0)

2018年3月25日 (日)

久しぶりにもったいないおばけを見た ホーム町田戦観戦記

今日のホーム町田戦はアウェイ大宮戦・山口戦に続いての引分けでしたが、試合後のガッカリ感は前の2試合と比較になりません。

柳下監督はメンバーをガラリと変えてきました。サイトウさんは先発から外れたばかりかベンチにも名前はなくカッキー先発、両サイドハーフは今季途中出場だけだった跳び加藤とキワラ。またBB大橋、石田が先発復帰となりました。
試合開始直後から町田の前線のチェックが厳しく、ボールを保持されるだけでなく、ゴール前で多くのプレーを許しヒヤヒヤさせられました。しかし、時間が経つにつれツエーゲンペースに。前半はスコアレス。町田ペースからツエーゲンペース、手数の町田に対して有効打はツエーゲンという印象でした。
後半は頭からツエーゲンペース、そして51分にカッキーがクロスに頭で合わせて先制します。ホーム3試合目で初得点です。
その後もイケイケドンドンのカウンターが嵌り、GKとの1対1になりかける場面が何回か「生まれかけ」ますがパスが長かったりしてボールを保持しての1対になることはありませんでした。こうしたペースの時に追加点をとらないと、と思っていたら逆にカウンターを喰らって同点に追いつかれます。ミスから町田ペースとなり、フリーで走ってきた選手を誰もケアができずフリーでシュートを撃たれたものでした。
その後も町田ゴールに迫り、シュートも撃ちましたが、ゴールラインだけは割ることができず非常に勿体ない引分に終わりました。

良かった点は初先発の両サイドハーフ。サイドバックと連携して前にボールを運んでチャンスを量産していました。
悪かったことは、柳下監督も言っていましたが個人の技術・・・になるのですかね?チームとしてあれだけサイドから崩して、裏への飛出しもあったのに、ラストパスが合わないシーンが何度もありました。シュートこそ多かったものの、きれいなシュートはカッキーのゴールと、アドなんとかタイムにゴールライン上でクリアされたシュートだけ(きわらだったはず)だったと思います。
失点シーンはカウンターとはいえ走ってきた選手を誰も見ていなかったのはいただけません。その前からも自陣内で町田の選手と1対1でボールを奪い合っている時にケアに行くシーンがほとんど見られなかったのが気になっていました。

次節も今日と同じメンバーになるのではないでしょうか。ただ、サイトウさんは復帰してもらいたいですね。
サイトウさんが不調と言われているようですが、昨年はチャンスがあればとりあえずサイトウさんに預けるという戦術が、マラニョンも使われボールに絡む回数が減っているからそう思われているのかなと。
決定力はサイトウさんが一番だと思っています。今日ベンチから外されたことがリフッレシュでも発奮材料でも良いので、次節以降の活躍を期待します。

| | コメント (0)

2018年3月22日 (木)

アウェイ山口戦パブリックビューイング観戦記

ど~も、クソ寒いPVでもビールを飲んでいたPさんです。熱燗欲しかったですねー。

雨予報で当初は行くか迷っていましたが、山野金沢市長も来場するかもしれないということを知ったので、少しでも参加者を増やすために行かなきゃと思って行くことにしました。
中継開始が14:50からでしたが、その前に片町きららで13:00から開催されていた「いしかわTOP SPORTS meeting」にも行ってきました。ツエーゲンからは、谷口選手、島津選手、そしてナンシーが参加していましたが、2人の喋りが他のスポーツ選手に比べると・・・。2人とも今月高校卒業したばかりだから喋りがアレなのは仕方ないですが、語尾をはっきりするだけで印象が良くなると思います。
全チーム紹介が終わってから、PV会場の市役所前広場に向かいます。必要ないのにツエーゲンポンチョ着てw

こうした大規模なPVに参加したのは3回目です。最初はJ3優勝をかけた2014年琉球戦、二度目は2016年入れ替
え戦栃木戦でどちらも1-0の勝利でした。

会場に着いて、何はともあれ地ビールを買っていたら、山野金沢市長のご挨拶が終わっていました・・・もっとも片町きららでの「いしかわTOP SPORTS meeting」で、赤いダウンジャケットとその下のツエーゲンシャツ(ほとんど見えなかったけど)をアピールしながらご挨拶を見ていたのでノー問題です。
雨天ということでテントが用意され、150人ぐらいに人が集まっていたでしょうか。ちなみに手前の赤いポンチョはPさんと思われますwやはりこれまでの2回比べて少ないですねorz
20180322_22_57_34

DAZN画面で見えるみらスタのピッチは水は浮いていませんでしたが、ボールは止まる、選手が走れば水しぶきが飛ぶといった重馬場でした。昨年の京都戦の西部と比べると確かにピッチ状態は悪いですが、一昨年までの
西部より水が浮いていないだけましだと思ったので不満を言えませんでした。

グラウンダーではなく浮き球のパスを選択した山口の方がそのピッチコンディションに合わせたサッカーをしていたように見えました。ただし、それは「ホームアドバンテージ」でなく、ピッチに合わせたサッカーができなかったツエーゲンがふがいなさというかイライラを感じていました。
後半早々に2失点目をした時は帰ろうかと思ったぐらいですw
しかし、マラニョンの素晴らしいゴールでイケかもしれないと思ったから現金なものです。会場もマラニョンコールで大盛り上がりです。

そしてアドなんとかタイムのマラニョンPKで会場のボルテージも最高潮に。雨の中少々無理してでも参加して良かったです。

これまで参加した2回のPVと違ってコールリーダーも参加して、煽ったり、ツエーゲンコール、マラニョンコールで試合展開もあって一番盛り上がったPVとなりました。試合展開だけでなくコールリーダーの上手いMCが会場の盛り上げに貢献したと思いました(J3琉球戦は会場が会場だったのでスピーカーを使ったコールは無理だったと思います)。

得点シーン以外はコールがなかったのでみなさん試合を無言(と言っても行け!とかあーorzとかのため息がありましたが)で見ていて、なーんか西部のS席で見ているよな感覚で面白かったです。
3人選手交代されましたが、交代されるだろうなと思っていたマラニョンを残したヤンツーさんスゲーなと思いました。得点しなかったら叩いていたかもしれませんw
ドリブルより、ボールキープし味方を待つより、グラウンダーシュートよりも、あのピッチコンディションでロングシュートの選択は当然かもしれませんが、重馬場を走りまわって体力を消耗した状態で正確なコントロールでシュートした技術が素晴らしいですし、あのピッチコンディションでボールに追いつくことを信じてこれだけの距離を走る献身性がなにより素晴らしいですね。
20180322_222512
20180322_222554

PKを決めてゴール裏と一緒にマラニョンコールをしたということで(ソース:現地組のツイッター)、マラニョンいいやつ伝説にまたエピソードが増えましたw

PKとなったハンドはPV会場ではよく見えなかったのと、「もらった」のでそんなものだろうと思っていましたが、帰宅後ネットを見ると「誤審」だというバッシングがありました。実際は胴から離していた手にボールが当っていた画像があったため「正当」なジャッジだったわけですが、明確な証拠もなく「誤審」と決めつける人が多いことにため息が出たというか残念でした。
PKシーン以外にも双方のサポーターから判定に不満が多かったようですが、Pさんは不満は感じなかったのはサッカード素人だからでしょう。ちなみに今季不満だったのは今のところ讃岐戦だけです。

| | コメント (1)

2018年3月14日 (水)

ファンの集いin串揚げ いやさか 潜入記

ブログネタのため5000円払って「ファンの集いin串揚げ いやさか」に行ってきました!2年連続2回目です。

定時に退社して、テキトーに時間潰して、いやさかさんに着くと8番の用紙をもらいまいました。これが抽選用紙でした。多分8番目に着いていたので、お店奥の大平さん、和田さん、タッシーの近くなど好きな場所に座ることができましたが、ほらPさんシャイ(本当)だから知らない方と喋られないのと、奥だと写真に写ってしまう可能性(写真NG)があるため入口近くのカウンター端に座っていたらなかなか隣が埋まりません。初の一人一次会(一人二次会はこれまで何度となく)になるかと思いましたが、昨年のクリスマスパーティ、キックオフパーティでお話しさせていただいた方が隣に座っていただいてやっと乾杯する相手ができました。

ビールで乾杯、串揚げ11本、他にもあじ南蛮漬け、ポテトサラダ、キムチなどの料理がありました。料理とビールの後、シャリ金3杯、ツエーゲンサワー2杯、芋焼酎お湯割り1杯(ここまで記憶に残っています)飲みながら、隣の方といろいろお話しさせていただきました。一昨年まで年に2・3回のペーズで観戦していたけれど、ヤサガラス劇場で毎試合通うになったとのことで、アウェイも数試合行っているとのことでした。

お楽しみ企画その1大平さんと和田さんのトークショー。和田さんが1勝2敗の状況について、それほど心配することはないなど言っていましたが、酔っぱらってほとんど覚えていませんorzスピーカーが増えてゴール裏から音が大きいという声が出ていることについて、大平さんが一番下(スタンド最前列)のお客さんにも聞こえるようにしているから仕方ないと言っていました。今季まだ「ゴ~ル!」と言えていないからということで、お店で「ゴ~ル!」w

お楽しみ企画その2抽選会。賞品はキリンビールさんから発泡酒、ビール、いやさかさんからは商品券、クラブからはサイン入りボール、ユニ、選手から提供されたスパイクなど全部で25人に当るのだったかな?競争率は大体2倍ということで、これは当るで~、と思っていたら最初の賞品、キリンビールさん提供の新発泡酒2本を2番でゲットォォォ!嬉しい!けれど後のドキドキ感がwその後の当選者が次々と決まっていき、昨年の全所属選手サイン入り公式球(だったかな?)に当選したのがチャンピオンカレーさんでした。Pさんたちのお隣の方でした。スポンサーさまということで、強制的というか空気を読んで辞退して、これまで当選した人を含め参加者全員でのじゃんけん大会(ただし当選者はもらった商品は返す条件)で再び争奪戦が。もちろんPさんは敗戦・・・

ということでお開きなった後チャンピオンカレーさんと少しお話しさせてもらいました。アウェイ大宮戦への出店についてお訊きしました。出店告知はもちろんお漏らしでなくてクラブに確認をとった上でした。やっぱりヤサガラスも行くんですか?とお訊きしたら「いやー」と記憶違いでなければ有耶無耶な回答でしたwキッチンカーは乗り心地が悪く長距離移動は大変だとことです。福岡戦のチャン唐の早々の品切れは、予想以上の売上で用意が足りていなかったとのことでした。

みなさんご想像のとおり、やっぱり酔っぱらってしまい、最後は隣の方にツーショットを見えるといういつもの行為orz多分ほくりくアイドル部の話になって、メンバーと一緒に写真を撮っていたといた、そうだ米沢社長とのツーショットもあるんですよ、ついでにスタジアムで美人さんとのツーショットという流れだったと思います・・・ホント毎度毎度orzゴール裏にいる方が多くいそうだった奥の賑やかな場所に飲まなくて良かったですw

ということで、今年も楽しい時間を過ごさせていただきました(2年連続2回目)。
いやさかさん、ありがとうございました!また機会があれば企画お願いします!

| | コメント (0)

2018年3月11日 (日)

今日もヤサガラスがサイコーだった件

ビーバー、サンバ!ビーバー♫
ヤッさん〜サンバー♫

高画質バージョン

Pさん撮影の低バージョン(笑いをこらえきれずに吹きだす声入り

ハーフタイムショーでコレwww
サイコーwww

ツエーゲンガールまでもヤサガラス配下に!
おかげでビジュアル的に面白くなったのでノー問題!
撮影している間、笑いをこらえきれませんでしたw

ちなみに試合前はこちら。

高画質バージョン

Pさん撮影の低バージョン

ヤサガラス劇場ホント面白い!

でも面白いのは劇場だけでなく噴水広場でも面白いんですよね~。
今日はあいにくの天気(寒い&強風)でお客さんの出足が悪かったですが、その分ヤサガラスを見つけやすくて行動を見ることができました。
ヤサガラスのステッカーが欲しいなぁと売店を漁っていたら、たまたまヤサガラスがいてゲンゾイヤーステッカーを売場から見えないよう後に隠していました。悪いことしているなー、と思ってヤサガラスステッカーを手にすると会計場所まで拉致され有無(ゆうむ)をも言わされず買わされました。
20180311_23_02_51
ちなみに悪の営業現場をもうひとつ見ていまして、顔見知りのサポをスタグルのお店に連行し、「俺の手下だから」と串を買わせてスタジアムに戻っていました。
悪の営業ゴイスーw

ナンバーワン決定戦は「腕立て伏せ」で、当然ヤサガラスも参加。キレイなフォームで数を重ねていきますが、最後の2人になったところで潰れます。お約束ですねw
じゃんけん大会ではインチキしようとしたらこどもさんに追い出されたりとイベントも大活躍。
その一方でステージ後方でこどもさんとこんな優しい触れ合いも。
20180311_22_57_13

しかし、ツエーゲンエンブレムを見つけて蹴りつけるのが悪の化身らしいですよね(お約束w
20180311_22_57_22

ということでSHINKA(おかしな方向に)したマスコットワールド見にツエーゲンの試合に来てください!


| | コメント (0)

2018年3月 8日 (木)

試合結果以外は楽しかったホーム開幕戦

ど~も、相変わらず酔っぱらってしまって、試合前に電気グルーヴのシャツを脱ぎ忘れてしまったPさんですorz

ホーム開幕戦は負けてもちろんorzでしたが、それ以外が楽しいことがたくさんあったのでそこまで落ち込みませんでした(それはそれで問題。

この日は路線バスで会場入りしたのですが、10分遅延で、噴水広場に着いたのが11:30すぎでほくりくアイドル部のミニライブがすでに始まっていました。うーん、11:00発のシャトルバスの方が早く着いていましたね。
まずはビール、ということで新たに出店したスポーツバルBAR canariaさんのツエーゲンビールで一人乾杯。ビールの後はくりからそばです。いつもなら焼ガキなんですが、2週前に殻つきカキ10個をコンロで自分で焼いていたのでそこまで食べたいとは思っていませんでした。顔見知りと話していたらうっかりカメラの前に立っていたんですが映っていなかったですよね・・・(負けた試合のニュースは録画しないという漢らしい行動で見ていません。
その後初めて食べたものは、イタリアポーク串、ステーキくしとタン串セットでした。その後昨年も食べていたジャンボ能登豚串も食べた記憶もあります(酔っ払って記憶曖昧)。普段あまり肉を食べなくて、西部で一番肉を食べているような気もします。

イタリアポーク串は3本で500円とかなりお得感がありました。スンゲー柔らかかったです。こちらはホームゴール裏で購入しました。
2018030402

ステーキ串とタン串セット(セット価格1400円)は歯ごたえ充分。どちらも美味しかったです。
2018030401

残念だったのが、昨年まであったカクテルがなくなったことです。ビールで腹が張ったあとハードリカーやカクテルで口直しできてよく利用させてもらっていました。Kitchen bar lampさんが今年出店していないからですが、代わって出店したスポーツバルBAR canariaさんにカクテルを期待したいです、というかリクエストしました。昨年ホームゴール裏で出店していた時カクテルも提供していた記憶があるのですが・・・

初めての出店のせいかキックオフ前3時間前11時前になっても商品を提供できていないお店がいくつかありましたがなれてくれば大丈夫でしょう。
まだ食べていないものもあるので早めに全部食べてみたいですね。
なお何杯飲んだか記憶にございません。

スタジアム内ヤサガラス劇場は相変わらず面白かったですねー。
ホームゲーム21試合というか全21話の連続ドラマ風第1話という感じが素晴らしい。この茶番というかドラマを、映像を通じてのオンタイムではなく「生・ライブ」で見られるのはツエーゲンサポーター、西部に通える人だけの特権です。スタジアムで生で見るサッカーがテレビ・映像を通じて見るのと違うように、ヤサガラス劇場もツイッターなどの予備知識なしでライブで見るのが一番面白いと思います。まさに劇場・ステージと言えますよね。

ビジョンが大きくなりました。そしてマイク増設により音響も良くなりました。さらに演出もカッケーな選手発表ビデオがこちらです。

残念なのは会場入りが遅れたので噴水広場のヤサガラス登場シーンが見られなかったこと。ほくりくアイドル部のミニライブではヤサガールはヘルメットをかぶっていなかったので、ヘルメットをしたヤサガールが見たかったですorzヤサガラスの客イジリも見たかったので、福岡戦は11時までに噴水広場に着くようにします!

「エンターティメント」としての満足度と、試合結果(内容もそんなに酷くなかったと思います)を天秤にかけるとそこまでは落ち込まなかったというところでした。


| | コメント (0)

2018年3月 5日 (月)

しょっぱかったホーム開幕戦 ホーム讃岐戦観戦記

最初にお断りしておきます。タイトルは「観戦記」となっていますが、いつものパターン(飲みすぎ)でただの感想です。

前半はボールを支配してい、そのうちに崩せるだろう、点が入るだろうという思いが見えました。問題はそれが選手だけでなく、観戦していたPさんも同じように思っていたんですね。
それが端的に出ていたのが前半の決勝点であり、コーナーキックの数だったと思っています。失点シーンは確かに不運なものでしたが、どんな形であれ少ないチャンスを活かそうとする讃岐とのキモチの差だったかなぁと。もちろん結果論ですけど
前半のうちにコーナーキックをもっととらなければならなかったのでしょう(まぁとったところでゴールに結びつくとは限りませんが・・・

ということでこの敗戦に関しては選手を責められません。
次節ホームは真面目に試合を見るため酒を控えます!(振りじゃないですよ(飲まないとは言っていない。

負け惜しみととられそうですし、とられても仕方ないんですけど、劇団は健在なんだなぁと思いました。

| | コメント (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »