« キックオフパーティ潜入記 米沢社長あいさつ文字起こし | トップページ | 西部緑地公園除雪プロジェクトに参加してきますた »

2018年2月26日 (月)

アウェイ愛媛戦DZAN観戦記

オンタイムで見ることができず、勝利を知ってからベロンベロンの状態で見逃し配信で見ました。まぁ西部でも大体ベロンベロンなんですけどねw

というわけで感想です。

開幕前に監督選手がキャンプに手ごたえがあった発言をしていました。実際に試合を見たらその発言も納得でき
る出来でした。失点はいただけませんが、攻撃に関してはわくわくさせられました。
パスの選択肢はほとんど前だったのが良かったです。横パスももちろんありましたが、苦し紛れでの横パスでなく次に前にパスを出すためのものでした。前のパスが第一の選択できるのは前に選手がいるからで、昨年の開幕直後はサイトウさんにロングボールを出すしかないという状況が多かった記憶があります。前にいる選手がサイトウさんだけでなくマラニョン、ゴールを決めた杉浦、BB大橋というのも良かったです。得点をきめた2人が「あの位置」にいるのもあまり記憶にありません。これは大体ベロンベロンの状態で見ているからだと思いますが。毛利も高い位置をキープしていましたが、こちらに関しては試合展開でそうだったと思えるのでもう少し様子を見たいですね。
注目されていたサイトウさんの相棒はマラニョンでした。裏抜けできるし、パスも出せて、予想以上に良かったです。ブラジル人らしい強引さがないように見えたのが少々意外でしたが、それが来日早々フィットできた原因かもしれません。代理人頼りでなくて、和田さんが自身で引っ張ってきただけあるなぁと思いました。和田さんがマラニョンはパスも出せる選手と言っていて(新入団選手記者会見の時お聴きしました)、左サイドからのサイドチェンジには声が出ました。

試合内容が良いと言っても、「相手が悪い」から「相対的に良く見える」こともあります。確かに昨日の愛媛は良くはなかったと思いますが、ラインを作っていてそこまで悪くもなかったと思います。

昨日はベロンベロンでDZANを見ていたので。ホーム開幕戦でじっくり試合、チーム状態を見たいと思います!
あ、ホーム開幕戦でもベロンベロンになりそー!

|

« キックオフパーティ潜入記 米沢社長あいさつ文字起こし | トップページ | 西部緑地公園除雪プロジェクトに参加してきますた »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キックオフパーティ潜入記 米沢社長あいさつ文字起こし | トップページ | 西部緑地公園除雪プロジェクトに参加してきますた »