« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月21日 (日)

2018出陣式感想など

前回のレポートと違って今回はかなり主観が入っています。

選手入場で一番の歓声はやはり還ってきたハラショーさんだったと思います。挨拶で一番ウけたのは今年もサイトウでした!昨年は「僕には赤い血が流れています」で笑いをとり、今年は「阪急ブレーブスのかっての名投手山田久志選手」で?と思いましたがアンダースローモーション付きで「シンカーを投げたい」でやられたと思いましたw(チームスローガンがSHINKAだったのです
てか、今どきの若い人は山田のことを知らないと思いますよw
笑いを取りに行ったのはこちらも昨年に続いてシーラEw「開幕愛媛戦に行く人は手を上げてください」と言って何十人かが手を上げると「はい、全員参加」w

新入団選手で目だっていたのはアランですかね。通路を通っている時に両手をあげてアピールしていたのはアランだけだっと思いますし、挨拶も日本語でしっかりしていました。

一方で残念だったのは、若い選手の中に全然笑顔を見せなかった選手がいたことでした。ヘラヘラしろとは言いませんし、喋るのが苦手なら短い挨拶でも良いんですよ。練習後、試合後のサインなどとは別で、サポーター全体に感謝の気持ちを伝えられる数少ない機会ですから、「プロ選手」としてアカンと思うのですよ。まだサポーターだけの出陣式ならまだ良いのですが(良くはないですけど)、スポンサーさんもいるキックオフパーティなどでもそんなんじゃないかって心配してしまいますw
「プロ選手」なら当たり前のことなので、これに関してはフロントが指導するよりは先輩選手が注意すべきなのかなーと思います。
新人選手はちゃんと挨拶していたので良かったです。悪い先輩に染まらないでねw

もうひとつ不満だったのが、質問コーナー緩すぎない?ということでした。新入団選手に金沢に来てから行ったところや、お薦めの食べ物・お店、オフの過ごし方など、一般のテレビ・ラジオのコーナーや、一部の質問が緩くても良いですが、こうした場ならばもっとプレーや具体的目標について訊いて欲しかったです。

| | コメント (2)

2018出陣式潜入記

年末からずーと風邪気味のところに先週の大雪、除雪で体力を使い果たし本格的に風邪をひいてしまいますた。もっとも出陣式前日病院に行って薬を処方してもらったこともあり良くはなってきています。

今年の舞台はキャパ1700の本多の森ホール、PさんはPerfumeのライブ以来です。
14年J3がイオン杜の里さんで、15年J2初年度がキャパ約300の金沢市アートホール、16.17年がキャパ約900の金沢市文化ホールでした。昨年の文化ホールは「満員」といってもよいぐらいの動員でしたが、一気に倍近いキャパの本多の森でどれだけ埋るか不安でした。
それはそれとして、文化ホールでは開場前に着いて寒い思いをした記憶があったのと、1000円の有料席を購入していたので、金沢駅から路線バスが発車するのをするのを横目で見ながら100円を惜しんで兼六園シャトルで向かいました。会場に着いたのはイベント開始30分前の13時30分ぐらいだったでしょうか。
ロビーが広いので混雑ということはありませんでしたし、遅めに行ったためか有料席の支払いもすぐにできました。某選手が紙コップ持って横切って行ったのには草生えましたwちなみに本多の森ホールの使用料は大体30万円ぐらいだったと思えるので、1000円300人の有料席が完売していたのでそれで賄われたのですかね?

ちなみにPさんの席は左端でしたw写真には写らないクラブの配意ですね!ありがとうございますw
司会は今年も大平さんでした。

オープニングはナンシーとほくりくアイドル部のコラボでした。「夏色のナンシ―」と「ツエーゲンのテーマ」の2曲が披露され、今回もヲタクの方々がしっかり動画をアップされていました。

シーズン前ということとアイドルのライブになれていないからか、手拍子はありましたが、サポーターから大きな声は出ていなかったですね。
ヤサガールの一人三井梨花ちゃんはおそらく向かって右の真ん中だと思います。この時点でヤサガラスの登場
はないかなーと思いました。

次は西川GMからチームスローガンが発表されました。これは例年通りですが、その後クラブスローガンが発表
されました。
今季と来季のチームとしての目標はコチラをどうぞ。

20180120_14_13_50

クラブスローガンは今年初めて発表されたもので、今季だけでなく中長期的目標となります。2024年なのはJ2昇格10年目という節目の年にあたるのです。
画像がこんなに角度があるのは左端の席だったためです!

20180120_14_18_17

20180120_14_20_28

20180120_14_22_31

20180120_14_23_07

GMのかたぐるしい説明が終わるとゲンゾーとタッシーがステージに乱入してきましたwゲンゾーがタッシーを通訳としてこの場で契約更新するとのことです。この茶番は2年ぶり2回目ですw
前回は西川GMのみとの交渉でしたが、今年はなんと和田強化本部長も登場wいいぞー、GMと強化本部長がコニトに絡むのが金沢スタイルやーwww
気になる年俸は従来の米12キロに加えゲンゾイヤーカレー1年分上乗せされましたw。

とここまでが第1部で、約5分の休憩をはさんで新入団選手・スタッフを含む全選手・スタッフ(U21代表に招集されているショージ君は欠席)が登場する第2部の開始です。
そろそろ2部が始るかと思っていると、照明が暗くなって不気味な音楽が流れてくると悲鳴も上がってきます。ン?と思っているとオーケストラピットにステージがせり上がってきて、十字架に縛られたヤサガラスがキタァー!!!
完全にホラーですやん!ハーフタイムにヒーローショーをするのが金沢スタイルやーwww
途中でこどもさんの泣き声が聞こえていますが、それまでも何回は泣き声が聞こえていたので恐くて泣いたかは不明です。

そして第2部のスタートです。コールリーダーによる新入団選手のコール練習の後は、いつものパターンでし
た←
全選手がコールで迎えられ通路を通ってステージに上がって行きます。次にスタッフが登場して一言づつ挨拶します。事前に応募していた質問コーナーなどがあり、最後は選手が観客席を背にしてサポーターとともに写真に収まりでした。

その後退出となりますが、選手たちが見送りの準備ができるまでそのまま待つように言われていると、またもヤサガラスが登場してナンシーとゲンゾイヤーと絡みます。
ヤサガラスのツイッターも復活して今年も楽しませてもらえそうです。

監督・スタッフと握手して送りだされた後、県立図書館に行って30分だけでしたが美術書を見てきました。暖かくなったら図書館通いしそうです。

次回は感じたことというか、不満めいたことを含めて書かせてもらいます。

| | コメント (0)

2018年1月13日 (土)

新体制発表会潜入記②

新加入選手との触れあいターイムにサインをもらえない、おっさんなので2ショットを撮る気もないので、これはお話させてもらうしかないっしょ!ということで選手にいろいろ質問しちゃいました(はぁと

アラン選手
一番よくお話できました。ブラジル人ですけど。輪島市の航空石川出身です。
輪島にいたけれど、金沢は初めてですか?と訊くと、金沢は初めてということで、金沢でこんなに雪が降るな
んてと言っていました。刺身も好きだとことです。
DF登録ですが元々FWなので、FWもやりたいんじゃない?と訊くと、柳下監督はツエーゲンホームでの自分のプレーを見て評価されたと思うのでDFで、とのことでした。ショージくんが代表で不在になるかもしれないことも知っていました。

マラニョン選手
棈松通訳を通じてお話しさせてもらいました。
目標とする得点は?と訊くと15から20得点とのことで有言実行お願いします!
つべでは右サイドのプレーが目立っていましたが、左の方が得意とのことです。

梅鉢選手
ボランチということなので、攻撃と守備のどちらのタイプですか、と尋ねると守備ですとのことでした。
話しぶりは中美選手を思い浮かべてください。

藤村選手
梅鉢選手と同じくボランチの選手ということで、やはり攻撃と守備のどちらのタイプですかと訊きました。ボランチですから守備とのことでしたが、パスにも自信がありそうでした。

谷口選手
練習試合で得点を重ねていて、得意なプレーを訊くと、細かいところを抜けるプレーとのことでした。好きな選手はドルトムントの香川選手ということで、よく見ているとのことです。

島津選手
同じく得意なプレーを訊くとヘディングのことで、背は小さいですけどとつけ加えていました。
ツエーゲンの練習には1か月参加していたそうです

毛利選手
DF登録で両サイドバックですとのこと。サイドハーフもできるそうです。

山本選手
背は高い(186センチ)し、身体も厚くて、いかにもCBらしい身体つきだと思いました。
セットプレーでの得点に期待しますが、残念ながらありませんとのこと・・・

加藤選手
「持ち味はドリブルと前への推進力」と自己紹介して、速い選手との評判もあるようなので、50㍍のタイムを訊いたら測ったことはないとのこと。加藤選手が一番速いんじゃないですかと尋ねると、もっと速い選手は何人もいます、(前田)大然選手やキヨくんも速いですよーとのでした。

ハラショーさん
訊きたかったガチ質問したら答えてもらえませんでしたw(お金のことじゃないですよ
まぁメディアがする内容ですしね。だからKさんに・・・

和田強化アカデミー本部長
ドリブラータイプの選手が多いですねと訊くとそうですねーと答えていただきました。柳下監督の求めるタイプなんでしょうね。
パスを出せるタイプは藤村選手とマラニョン選手とのことです。マラニョン選手は意外ですが、和田さんは実際にプレーを見ているので期待です。

とメディアの質問がなかったのでいろいろ訊いてみました。
キックオフパーティなどでもうゆっくりお話しさせてもらうこともないでしょうからね。
それにしてもサイン・・・

| | コメント (0)

新体制発表会潜入記①

みなさんヒマですね!
かくいうPさんは午前仕事しての早退でしたからヒマじゃなかったですよ!
ということで1月12日金曜日14時から行われた新体制発表兼ユニフォーム記者会見のレポートです。

当初会場まで車で行く予定でしたが、大雪のためバスで行くはめになりました。この大雪話は別の機会に。

これまではメディアだけにされていた新体制発表兼ユニフォーム記者会見が、初めてサポーターも見学できることになりました。
募集人数は100人で参加費は1000円。金額はともかく平日の昼間ですからどれぐらい集まるか、さらに当日の大雪でガララーガになるのではという危惧もありましたが、日中は雪も一段落して用意されていた椅子もほぼ埋まっていました。100人の申込みがあったかはスタッフに訊くのを忘れていましたが、それぐらいの人数が来場していました。
JFL時代に土曜日快晴の必勝祈願にサポーター10人前後しか集まらなかったことに比べるとそれだけで泣けてきますね(泣きませんけど

まずは壇上に西川GM、和田強化アカデミー本部長に新加入選手(棈松通訳含む)・スタッフ登場して、西川GM挨拶、和田強化アカデミー本部長の強化方針説明に続いて新加入選手・スタッフの自己紹介がありました。ポイントをレポートしようと思いましたが、おひさるに載っているので書くことがありませんw
スタッフgj!です

西川GMは今季について次のように語っていました

今年はインタビュー等で監督も答えていますが、勝ち点10上乗せできるようにチーム作りをやって行きたいと思います。昨シーズンより勝ち点を10積み重ねることができれば、勝ち点は59、60近くというところで中位、あわよくば1桁を目指せるのではないかと考えています。

柳下監督はもう少し上を狙っているようですが(インタビューが掲載されていた報知新聞を買い逃しました)、GMの目標は現実的だなぁと思います。プレーオフを狙うという他所のクラブに比べてこれで良いと思います。なお、プレーオフについては翌年「視野に入ってきます」ということです。

選手自己紹介で一番印象に残っているのがアランの日本語ペラペラぶりでしたw
あとハラショーさん、こんなに声が小さかったです?
山口から移籍してきた加藤選手の「昨年はやられましたが」(正確でないかもしれません)には笑いが起きましたw

その後記者の質問。
情熱サッカーさんが各選手にアピールポイントとツエーゲンにどんな印象を持っているかを質問していました。ツエーゲンの印象をまとめると「攻守の切替が速い」「守備から入る」「ハードワークを求められる」といった内容だったでしょうか。
記者からの質問がその1件だけなのにはガッカリでした。ツエーゲン番の野中さんは来場されていなかったようですが、それでも他に質問がなかったのは・・・
さらにガッカリだったのは角野さんがその後の個別インタビューでハラショーさんに質問していたことです。なんで会見の時に質問してくれなかったんですかね。以前もラジオで柳下監督が恐くて質問できなかったと言っていた記憶があります。記者でないからということかもしれませんけど・・・角野さんに限らず日本のメディアは共同会見で質問せず囲みで記事にすることが多いような気がします。メディアとしての責任というか覚悟を見せてもらいたいと強く思いました。それより胸スポンサーの記者は?とかクラブは仕込んでおけというツッコミもありますがw

その後はユニフォームの発表会です。こちらも写真がおひさるに掲載されています。
申し訳ないですがユニを購入する気はなくて(オシャレなど着るものには全く興味ありません)、アディダスさんのコンセプトは横文字が多すぎてさっぱり理解できなかった(オシャレに全く興味ありませんし)ので、キワラの10番しか目が行きませんでしたw
その後のメディアからの質問はまたも情熱サッカーさんのみで(以下略

その後は新加入選手との触れあいターイム!
え、そんなのあったんですか?つーかおひさるを読んでいないPさんが悪いっすねorz
サインのサービスもありましたが、色紙を用意してなかったし、仕事終わり(強制しての)でスーツだったので・・・(泣。スタッフになんで色紙を用意しなかったんですかと苦情を入れて鬱憤を晴らしましたw

一旦切ります

| | コメント (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »