« 金沢伏見高校ー大聖寺高校観戦記 | トップページ | 名古屋戦 スタジアムに入るまで編 »

2017年9月18日 (月)

似た者対決だった? ホーム名古屋戦観戦記

ここ数試合このような理由で観戦記を書いていませんでした。
勝った時だけ書くのも押忍だなと思って書くつもりはありませんでしたが、試合終了後に後ろの席の方から握手を求められ、更新楽しみにしていますよと言われたので・・・って顔バレしてますやん。
前々節、前節の長崎戦、横浜FC戦あたりから試合内容が良くなってきていると思っていましたが、まさか勝てると思っていませんでした。

ネットを見ていると面白い試合という声をよく見ました。自称ツエーゲンサポも確かに面白く観ることができましたが、それと同時に名古屋の守備ラインに人がいないなぁと思って見ていました。ポゼッションサッカーを志向していて中盤・前線を厚くするため最終ラインに人を割けないということでしょうけど。

こちらもネットで見たのですが、名古屋風間監督は来期以降の見越して今季はスタイルを叩きこむことを目指していて勝負に徹していないという書込みをいくつかありました。
来季以降を見越して目先の勝敗に拘らずスタイルを叩きこんでいる(と思っています)柳下監督と同じじゃないですか?
なら守備ラインが薄かったのもなんとなく理解できました。もうひとつの思ったのが、風間監督はスカウティングをどれぐらいしていたんだろうということです。前線にロングボールを供給したり、縦に速い選手を裏に走らせるといううちが嫌がる攻撃を求めるべきスタイルのためしなかったのかなぁと。ポゼッションも名古屋が大きく上回っていましたが、だからこそパスカットしてチャンスを何度も作れたかもしれません。サイトウさんをそれほど警戒していなかったような。
名古屋というか風間監督と相性が良かったから、嵌ったから勝利できたという面はあったと思います。

と書きながらも、先にも書いたようにパスカットを何度もしていましたし、左SBの沼田の突破とクロスは見応えありましたし、小柳がボランチに入ると落ちつくし、庄司がつまらないミスはしなかったと良いところもたくさんありました。次節大分戦で名古屋戦の勝利が相性によるところが大きかったのかわかると思います。

最後にゴール裏やツエーゲンの勝利を祈っていた方々にお礼申し上げます。
Pさん、監督は今年は本当に勝つ気があるのがわからないので、ここ数試合応援する気は起きていませんでしたが、多くの方が本当に勝利を信じて応援されていました。名古屋戦の勝利はそんな方々の思いだったと思います。
ありがとうございました。

|

« 金沢伏見高校ー大聖寺高校観戦記 | トップページ | 名古屋戦 スタジアムに入るまで編 »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

自分もこの数試合は、あきらめておりました。
どう見ても勝つ気感じなかったから。
同じパターンの繰り返しで疲れてました。
そんな中でもずっと応援し続けた皆様におめでとう
と言いたいです。
みんな勝つ気あるんですよね、やっぱ。

投稿: よいき | 2017年9月19日 (火) 00時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 金沢伏見高校ー大聖寺高校観戦記 | トップページ | 名古屋戦 スタジアムに入るまで編 »