« 試合を殺す ホーム山口戦観戦記① | トップページ | ヤサガラスでクラブはなにをしたいのか »

2017年6月19日 (月)

見ているだけで疲れた試合 ホーム山口戦観戦記②

ど~も「この間、本の忘れ物したんですけど。『生き残った帝国 ビザンティン』という本ありますか?」と今年一番間抜けな発言をしたPさんです。

山口戦観戦記の続きです。

いやぁ疲れた試合でした。もっとも連日睡眠不足で体調が悪かったことは悪かったのですが、山口が作るの次から次へ決定機・シュートでどれだけ嫌な声を出しことか。
よくこれで勝てたと思います・・・って千葉戦でも言っていた記憶がw
そして千葉戦との共通点はもうひとつ、そうです先制点はオウンゴールでした。
アウェイ名古屋戦の観戦記でこんなことを書いています。

(以下引用)
名古屋のミスで2得点をあげましたが、チーム戦術が高い位置からプレッシャーをかけることですから、必然とまではいきませんが偶然ではないですよね。素早く前線にボールを送るのもチーム戦術ですから、こちらは確率の高い得点と言って良かったかもしれません。サイトウさんが抜け出してゴールを決めたのはこれで3点目ですか。こちらもチーム戦術サイトウさんですね。
相手の決定的なミスからの得点もアウェイ長崎戦、ホーム群馬戦に続くものです。これって多くないですか?ここまで来ると相手のミスを誘うプレーをしているとも言えるのかなと。
(引用終わり)

今回のオウンゴールはもちろん相手のミスではありますが、教授がプレッシャーをかけていなればオウンゴールにならなかったと思います。
ちなみに引用文を書いた時は千葉戦のオウンゴールのことをすっかり忘れていますねw

疲れたのは決定機を作られただけではなく、足元の1対1で負けていた場面が多かったこと、山口に比べて選手間の意図が合わないことでのパスミスも目立ったこともあります。
1失点目も中盤の1対1でボールを奪われてからでした。

山口は前半のショートパスから後半はロングボール中心になったような気がします。その方がツエーゲンが対応しやすくなり、オープンな試合になって前半に比べるとツエーゲンにとって面白い試合になりました。
それだけでなく、後半頭から左SBがキワラ牛若丸からノダンに代わり、そのキワラが中盤に上がりました。前半はかなり左サイドがやられていましたが後半は五分五分かツエーゲンが優位になったような気がします。そしてキワラのドリブルがイイですねー。今のツエーゲンで長躯ドリブルできる選手はキワラしかいないので、かなり老眼が進んでいるPさんもすぐにキワラだなとわかるので助かりますw

19分のオウンゴール、31分のなかPのゴールで前半のうちに2点リードしたものの、41分に失点、更に後半20分に同点に追いつかれorzとなった1分後にキワラ牛若丸の八艘跳びゴールが決まって勝越します。

この時の歓声は凄かったですね。大歓声というのならこれ以上の音量はこれまであったかもしれませんが、これだけサポーターの熱を感じる大歓声はなかなかありません。

その後も一身痛いジャナクテ一進一退の攻防で最後の最後までハラハラ、「垣田―!ボール追えー!」と大声出してこちらでも疲れましたw

この日は素面で真面目で応援していたせいか、お隣の方(最近近い席で観戦することが多い方)から握手を求められました。もちろん素面ということだけでなく、その方たちも知らないおっさんに握手を求めようと思うぐらい力が入った観戦・気持ちの良い良い試合だったということでしょう。

最後に判定について。選手が転んでもなかなか笛が鳴りませんでしたが一貫性がありましたし、吹くべきところでは吹いていたのでストレスは感じませんでした。選手もそれが分かっていたのか、大げさに転がって審判にみっともなく抗議する讃〇のような選手がいなかったので気持ち良く観戦できました。

柳下監督コメントはおひさるからどうぞ

|

« 試合を殺す ホーム山口戦観戦記① | トップページ | ヤサガラスでクラブはなにをしたいのか »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 試合を殺す ホーム山口戦観戦記① | トップページ | ヤサガラスでクラブはなにをしたいのか »