« 最近の観戦記について思うこと | トップページ | ハイタッチを経験してきました »

2017年5月23日 (火)

惨敗というしかない敗戦 ホーム福岡戦観戦記

0-5ですよ、0-5!完敗以上の惨敗DEAHTorz

ウェリントンが高さ・強さ・上手さで別格杉でした。コーナーでは空中戦を制せられ、ポストで繋げられまくり、かといってマークしてもトリッキーなキックでやっぱり繋げられ、アシストも決められる。J2規格外ですわ。まぁウェリントンの頭によるコーナー2失点は、ヴェルディ戦でもそうだったので、うちの守り方にも問題があるんでしょうけど。

ウェリントンだけでなく周りの選手も上手いからの大量失点。仮にウェリントンがツエーゲンにきてもここまで活躍できるかというと疑問です。大量得点で余裕をもった福岡がブロックを作って待ち構えていると有効な攻撃もできませんでした。前半のキワラのバー直撃のFKが唯一のチャンスでした。

全てにおいて福岡が上回っていたと思っていたら、柳下監督も同じ思いだったようです。

記事を引用します。
柳下監督は「内容的には完敗」と試合を総括。そして「すべてにおいて向こうの方が上。個人、個人で比べても向こうの方が上だということは分かっている。ただ、向こうの一番のパワーに、こっちも正直にパワー勝負に行っているからやられる。そのあたりもやる前からある程度(選手たちには)伝えてあるので、いかないということも必要だった」と続けた。

ホームでの完敗というと昨シーズンの清水戦が思い出されます。こちらの試合は0-3。3点とも見事なゴールで、ああこれは昇格するわと思いました。
ただこの試合は内容自体は悪くはなかったんですね。観戦記でこう書いています。

「うちがダメダメだったかと言うとそうでもなく、当てさえすればゴールというクロスが3本ぐらいありました。」
「内容はダメダメというほどでなく、敵が見事すぎたということで、この日の結果はさっさと忘れて切り替えた方が思っているわけです。」

福岡戦は相手が見事は見事でしたが、(監督の指示かもしれませんが)相手に強く行かない、右サイドバックが上がったスペースを何度も使われると、うちもダメダメだったのが「完敗」でなくて「惨敗」と書いた所以です。
連戦による疲れなのか、スカウティングされているのか・・・

忘れたくてもトラウマになりそうな試合でした。

|

« 最近の観戦記について思うこと | トップページ | ハイタッチを経験してきました »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最近の観戦記について思うこと | トップページ | ハイタッチを経験してきました »