« 心身ともに寒かった ホーム熊本戦観戦記 | トップページ | 勝つには勝ったけれど ホーム千葉戦観戦記 »

2017年5月 2日 (火)

お化けはいなかったのか・・・ アウェイ岐阜戦DAZN観戦記

負ける>テンション下がって観戦記を早く書かない>タイミングを逸したアップ>大体負け試合の観戦記なんて読みたくない>アクセス数が減る>さらにテンションが下がって更新回数が減る
ど~も、負のサイクルに陥っているブログです・・・
それでもなんとかヴェルディ戦までに岐阜戦観戦記間に合いました。

立ち上がりはこれまで勝点をあげてきた試合を含めて今季最高。高い位置からプレスをかけ岐阜に自由にパスを出させませんでした。それも、最初からエンジン全開後半どこまで持つか知ったこっちゃないという無理してるなぁというプレスに見えませんでした。それだけ高い位置からボールを奪えたので得点の匂いはプンプンしました。とくにスギちゃんとナカビーのヘッドは入ったと思いましたよ。そうこうしている徐々に岐阜ペースに。ペナルティエリアすぐ外の位置で直接FKを与え、FKはシーラ・Eがブロックしたもののヘニキに頭で押し込まれ先制されます。
その後は酒を飲みながら見ていたのでよく覚えていませんが岐阜ペースのまま試合が終了したような記憶があります。

アウェイ大分戦の観戦記で決まりきった言葉云々と書きました。「点を取れるうちに取らないから」という言葉もそうでしょう。2度の決定機を外したのですから当っていると言えば当っていますが、点を取らなきゃ勝てないのは当然っすよね。
Pさんはこうした場合「もったいないおばけ」が出るぞ、と言っているんですが、「もったいないおばけ」は「決める力があって決められない」から出るのであって、もともと「決められない」のならこれが素の力で、もともと「おばけ」なんかいないのではないかと思ったのが今回のタイトルです。ホーム大分戦でも決定機を決めることができませんでしたからねぇ・・・
3試合連続無得点で10試合で得点6・・・うち2点はGKへのバックパスミスとGKのパスミスですからね・・・(もちろんその2点は卑下することのない立派な得点です)。
4月8日放送の「情熱サッカー」で柳下監督は、攻撃の練習に時間を多く使いたいけれど今は守備優先と語っていましたが、今はどんな練習なのでしょうか。一度練習見学に行かなければと思いながらもなかなか行く機会を作れていません・・・。

失点シーンで勿体ないなぁと思ったのが、ヘニキのマークについていたのが、一番当りに弱そうな(イメージです)宮崎牛若丸だったことです。非情に面白くない作業でしたが、つべで失点シーン何度も見ました。長身の選手は壁に入っていて、宮崎牛若丸は壁に入っていなかったんですね。ボールに合わせようというかこぼれ球を狙っているのはヘニキだけなのにのもう少し強い選手をマークにつけることはできなかったんですかね・・・

1

2

この記事をアップできたので安心して5連休に入ることができますw
明日のアウェイヴェルディ戦はDAZNでもオンタイムで観ることができません。オンデマンド放送だと負けた時は観る気しないので、明日の試合見せて―!


|

« 心身ともに寒かった ホーム熊本戦観戦記 | トップページ | 勝つには勝ったけれど ホーム千葉戦観戦記 »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

今日のジェフ戦は死闘でしたが、ナイス勝利でした。ブログ更新楽しみにしてます。

投稿: とも | 2017年5月 7日 (日) 18時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 心身ともに寒かった ホーム熊本戦観戦記 | トップページ | 勝つには勝ったけれど ホーム千葉戦観戦記 »