« 町田戦ピッチ内外のこと | トップページ | 群馬戦試合前のこと(絶好調Wの宣伝あり) »

2017年4月 3日 (月)

今季初勝利!ホーム群馬戦観戦記

ど~も、花粉と風邪と肋骨のひびと謎の腰痛と頭痛に苦しんでいるPさんです・・・
あ、頭痛の70%は二日酔いで30%は花粉です。

群馬戦はホーム3試合目でしたが、それまでの2試合はベロンベロンの状態で観戦記を書ける状態でなくこれはイカン、観戦記を待っている読者のために素面で見るべきとの声が聞こえたので(頭痛のせい)、群馬戦は素面で観戦しましたよ、素面で!
結論から言うと帰宅して二日酔いになるほど飲んだので記憶がほとんど吹っ飛んだので、ベロンベロンの状態で見たのとあまり変わりませんでした(笑・・えない

試合全体の感想としては「勝てて良かった」ですね。前半で2失点してもおかしく状況を無失点で凌ぎ、幸運な先制点とそれを取り返そうとして前のめりにきてのカウンターでの得点での勝利でした。なにより群馬がここまで勝点がないのも理解できました・・・パスを繋ぐサッカーって、プレイヤー全員が技術も視野もあってできるものだと思うのですが・・・

一方で「勝つべくして勝った」とも言えます(それこそ勝ったからこそ言えるのですが)。シーラ・E(←某掲示板からのパクリ。ありがとうございます)のビックセーブで失点してもおかしくない状況を凌いだのはこの試合だけではありませんよね。先制点はナカビーが狙っていたと言っていたので幸運だけとも言えないと思います。ここまでの2分は後半ペースを握っていたので後半の攻勢もうちの流れですよね。

良かった点はゴール前に人がいることです。ゴール近くまでボールを運んだけれど、クロスを上げたけれど、ゴール前に人は・・・のパターンが昨季まで多かった記憶があります。今季チャンスでスタンドの声が大きくなるのはそういう点もありますよね。
声援を大きくしているのはテクニックでボールを前に運べるところもあると思います。テクニックで抜くのは「時間」がかかりますからそれだけ楽しめますから。

課題は中盤、ゴール前で相手をフリーにさせすぎることだと思いました。中盤で気持ち良くドリブルさせすぎ!もっと個が上の選手がいるチームだと悲惨な結果が今から見えます。そこはグレイトブリッジが覚醒すべきでしょう。フラフラしているというか、行くべき時に行っていないと、どーも見た記憶があるなぁと思っていたら昨季の熊谷でした。ヤンツー監督は覚醒をまっているのでしょうか?

手放しで喜べる勝利ではありませんが、今季初勝利、久しぶりの10位台ということで、とりあえず岡山戦までは喜びたいと思っています、というか2日連続の二日酔いになりそうです←

群馬戦のレポートはまだ続きます。

|

« 町田戦ピッチ内外のこと | トップページ | 群馬戦試合前のこと(絶好調Wの宣伝あり) »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 町田戦ピッチ内外のこと | トップページ | 群馬戦試合前のこと(絶好調Wの宣伝あり) »