« 10年ぶりの整理 | トップページ | 開幕PVらしきものを作りました »

2017年2月21日 (火)

地元選手が入団するということ

攻撃の選手、足りないんじゃないの?と年末から年明けに書いていたと記憶しています。
某地元出身選手のことを頭にあって、J1クラブとの契約が満了になってオファーするかなと思っていたら関東のJ2クラブの入団が発表されました。
契約満了が発表されるまではお金の問題なのかなと思っていましたが、関東J2クラブの練習に参加しているとの報道を見て、お金じゃなくて「現在必要な選手な選手じゃないから」オファーしなかったと思ってすっきりしています。もちろん実際オファーして断られた可能性もありますけど。

人気に期待して地元選手を入団させるべきという意見を目にすることがありますが反対です。目の前の話題欲しさに地元選手を入団させ、戦力を上げるために本当に必要な選手にオファーしなかったために成績が低迷することがファンサービスになるとは思えません。

あ、関東のクラブに入団した選手がツエーゲンに来たら成績が上がらないという意味ではありません。
あくまで一般的な話なので誤解なきようお願いします。

前々から思っていたことは地方クラブに地元選手が入団するのはタイミングだなぁいうことです。
その時に必要な戦力なのか、オファーできるだけの資金力があるか(カテゴリーにあるか)、選手に地元に戻る意思があるか、それらが全て合わないと地元選手だからといって入団に至らないと思います。

その時に必要な戦力、は上に書いたとおりです。

オファーできるだけの資金力があるか(カテゴリーにあるか)は鳥栖の豊田選手を例に出せばわかりやすいですね。本人はいつかツエーゲンでプレーしたいと語っていたことがありますが、現在高額年俸のJ1主力選手を今のツエーゲンがオファーできるはずがありません。いつか豊田選手をオファーする時期がくるでしょうか?

選手に地元に戻る意思があるか?
こちらはそれらしいコラムを読んだだけで事実か確証は持てませんがそれらしい例をあげます。元日本代表選手が首都圏のJ2クラブを契約満了となり、その選手の地元クラブがオファーしたけれど、その選手はオファーを受けずに引退して解説者になりました。オファーを受けなかったのはこどもさんの教育なのでそのまま首都圏の生活を望んだとのことです(確かそんな話だった程度と受け取ってください)。
地方クラブと首都圏のクラブから同じ金額のオファーを受けたら、いや多少地元クラブのオファーが良くてもプライベートを含めて考えると、地元だから入団して当然ということにはならないと思います。家族を持てばなおさらですよね。

そう考えると作田市長の入団は上記の条件をすべて満たしていたからですよね。タイミング的に「J3」になっていたことも良かったのでしょう。
ということで市長ガンバレー!
(オチなし)

|

« 10年ぶりの整理 | トップページ | 開幕PVらしきものを作りました »

その他サッカーのお話」カテゴリの記事

コメント

もちろんタイミングや本当に必要な戦力か?
資金的な問題か?
色々な理由はあるでしょうが、今期の攻撃陣を見ると、もう一枚欲しいなぁとは思います。
出来れば山藤と競えるパサー(組み立て)タイプの選手が。
山藤を上がり目で使うと言う話もありますが、ならば尚更同タイプの選手が1人はいるんじゃないかと。
可児、アンドリューが抜けた中で、本当に攻撃的に行けるのか?
トレーニングマッチとか見れてないですが、ボールを保持して攻めるのか、前目で奪ってのショートカウンターで攻めるのかでも補強タイプは変わるでしょうけど、そういう全てを差し置いても、地元選手はもう1人欲しかったです。
それで少しでもニュースで取り上げられたり観客が増えるならば。
これが都会なら気にしないかもですが、地方の貧乏クラブで地元選手が1人しか所属してないクラブだから、自分は彼が来て欲しかったです。

投稿: はる | 2017年2月24日 (金) 11時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10年ぶりの整理 | トップページ | 開幕PVらしきものを作りました »