« 北の国から 2016 | トップページ | 義憤にかられて金沢ラウンドが富山県総であることを解説するの巻 »

2016年11月21日 (月)

よっしゃーあと2試合楽しめる!

レッツ・ポジティヴシンキング!

アウェイ札幌戦を「美しい引分け」で2016リーグ戦を21位で終了しました。
もちろん勝てなかったのは残念ですが、他会場の勝点で上回る岐阜が勝利濃厚、勝点で並ぶ北九州が敗色濃厚だった時点で勝点は「1」で充分でした。
「リーグ戦」において勝点「3」が欲しいのは、極論すれば「ひとつでも上の順位に行くために出来るだけ多くの勝点」が欲しいからだと思います(あくまで極論ですが)。そう考えると下手に攻めにいってカウンター喰らって勝点「0」になるよりお互いに試合終盤に「勝点1」で「順位が確定する」という状況になれば、サッカー的に「美しい試合」になるのは必然でしょう。
現地のツエーゲンサポはとにかく残留なので全員ノー問題だったと思いますが、札幌サポーターの中には、コンサドーレは優勝するのだから強ーげんだろうというというライトなサポ(強ーげんと思う人いないかw)が不満を持ったのは仕方ないですね。
最終戦で優勝・昇格と残留が決まるという極めて珍しい状況で、他会場の経過でこれまた極めて珍しい展開の結果、(一部不満の方がいらっしゃったかもしれませんが)ドームのみんながハッピーハッピー、そして会場にいなかったマニアな方々もハッピーで良かった良かった。

一部で無気力試合と言われているようですが、最初からじゃないですよね。少なくともJリーグタイムを見たところツエーゲンは勝ちに行く試合をしていました。あくまで他会場の経過で「統率のとれた」「慎重な試合運び」(Jリーグタイムの政治的に正しい言葉)になったわけですがどの時間帯から両チームが切り替えたか興味があります。
「0―0で迎えた終盤。勝ち点で並んでいた21位・北九州が負けていることなどのライバルの動向が交代選手によって、ピッチ内の選手たちに伝えられた。残りの時間はさらに集中力を高めていった。」
と書かれたこの記事によると83分にはいったあわちゃんが引分OKを伝えたように読めます。そこからもともと慎重だった札幌が乗ってきたかんじなのでしょうか?

なおPさんは札幌に行っていないどころ、スカパー中継、オンデマンドも見ていないのでした・・・

21位になったことで最終戦でJ3で2位確定となった栃木戦2試合を見ることができます。
リーグ戦だと札幌戦のように他チームの状況を見ながら勝点を計算する必要もありますが入替戦では「ごちゃごちゃ言わんと、どっち強いか決めたらええんや」的な試合になると思っていたら、

90分間(前後半各45分)の試合を行い、勝敗が決しない場合は引き分けとする。
入れ替え戦の勝者は2試合の勝利数が多いチームとする。
勝利数が同じ場合は、次の順によって決定する。
1 2試合の得失点差
2 2試合におけるアウェイゴール数
(以下略)

という方式なので展開次第では最終ラインでボールを回す展開があるかもしれません。
ただし両方ハッピーハッピーということは絶対にありません

不安で不安で仕方ないドキドキできる時間が2週間伸びました。
22位で降格して今シーズン終えるより2試合多く見られてラッキー!と前向きに考えることにします!

|

« 北の国から 2016 | トップページ | 義憤にかられて金沢ラウンドが富山県総であることを解説するの巻 »

ツエーゲン金沢」カテゴリの記事

コメント

来季に繋がる2試合、自分達で残留を掴めるチャンス☆彡
180分のゲームコントロール、興味深いです!!
チームを信じてます☆☆

投稿: りょう | 2016年11月21日 (月) 20時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北の国から 2016 | トップページ | 義憤にかられて金沢ラウンドが富山県総であることを解説するの巻 »