« パブリックビューイング参戦記 | トップページ | 【ニセ】フットボール奥のほそみち【ウソ】 »

2016年11月28日 (月)

栃木ラウンド勝利とJ1プレーオフ

昨日の栃木ラウンドは小柳トムのゴールで1-0と勝利しました。
もちろん何も決まっていなくて、昨日の勝利で祝杯はあげましたが今日はすっぱり切り替えています。でも二日酔いだったから引きずっていたかもw
1得点ではアウェイゴールの優位性はありませんよね。仮に2-0で勝利していれば、0-1で敗れたとしても残留できますが、1-2で敗れると降格となります。
富山ラウンドで有利なのは、栃木が前掛かりに来るのでカウンターの機会が増えそうなこと、途中で引分で良しと切替できることぐらいでしょうか。
と思って天上界の出来事J1昇格プレーオフを見ているとそうとも言えないのかなと。


リーグ4位セレッソー5位京都

セレッソが13分に先制して90分にゴールを許しますが、リーグ戦で上位だったため引分でもセレッソの決勝進出となりました。

リーグ3位松本ー6位岡山
一方松本も引分なら決勝進出でしたが、こちらは92分に岡山に決勝点を許して1-2で敗退しました。
ツエーゲンは富山ラウンド0-1ならば延長戦突入となりますが、1-2だと・・・・

小柳トムのゴールも89分でしたよね。

そんなデータを見なくても、富山でチームは途中でゲームプランを変えることがあっても、あくまで勝利を目指すでしょうし、サポも引分けでいーじゃんという空気を作らないようにしたいですね!←自分に言っています

|

« パブリックビューイング参戦記 | トップページ | 【ニセ】フットボール奥のほそみち【ウソ】 »

ツエーゲン金沢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パブリックビューイング参戦記 | トップページ | 【ニセ】フットボール奥のほそみち【ウソ】 »