« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月30日 (水)

富山県総ご案内

ど~も、ネタ系のアクセス数が伸びなくてorzなPさんです

さてさて、富山県総に何度も行っているので少し紹介しようと思っていましたが、おひさるに先手をうたれてしまいますた。

12/4(日) J2・J3入れ替え戦 第2戦【アクセス情報】
駐車場はもちろん、JRの金沢駅出発時間、高速バスの出発時間まで書いてあります。これまでこの手の情報がほとんど書かれていなくてPさんが書いていたんですけどw中の人が変わったのかなとw
しかも富山駅からの無料シャトルバスまで運行されます。この一戦にかけるクラブの熱意を感じます。

クラブだけではなくMROラジオもこの試合を中継します。実況はもちろん角野アナですからド贔屓中継を期待します。石川県で富山に行けない人、スカパー中継(この日は無料で視聴可能!)も視られない方は、是非ラジオを聴いて応援してください。スカパーは録画できてもラジオが録音できないという方も、PCで、タブレット、スマホでラジコを使えばタイムフリーで一週間以内なら聴くことができますよ!

本題の県総です。
駐車場は1500台ということですから足りるでしょう(本当は足りないという嬉しい悲鳴を聞きたいのですが・・・)。先程のリンクに駐車場の案内もありますが、カターレの試合の際には道を挟んだ駐車場以外も解放されることがありますが果たして。

スタジアムの大きな特徴はゴール裏バックが2層構造になっていることです。1階は芝生席でかなり傾斜があり、寝ていたら落ちていきますw好天ならバックの芝生観戦も良いかもしれません。その時はシートを用意していってください。
好天であってもメインはキックオフの時間は日陰になって非常に冷えます。これは11月地域CLを富山県総で観戦した経験です。好天であってもメインで観戦する人は必ず防寒をしっかりとしてください。
あとですね、メインからだとピッチが遠く感じます。気のせいかと思いましたが、バックで観戦したら近いと思えたので間違いないと思います。Pさんだけかもしれないのでこのくだりは話半分でとってもらってけっこうです。
ピッチが近くて、好天ならば陽が当たるバックでいいやんと思われるでしょうが、11月は太陽が低くく、アウェイゴール側の陽が目に入って非常に見にくかったです。暖かくて観やすかったですが、後半は寒いメインに移動するほどでした。ただこれも12月になって変わっているかもしれません。

真面目な話になりますが、チームスタッフは明日以降の好天の日の試合が行われる時間帯に富山県総に足を運んで日光の影響を確認してもらいたいと思います。かなり前の話になりますが、何でもないと見えたシュートを決められたのは逆光が目にはいいたと聞いたことがあるのです。

そして西部になくて富山県総にあるのは屋根なんですね。

20161130_20_01_25
こちらの画像をご覧ください。メインにに白いものが見えますがこれが屋根です。S席の上部、そしてSA席の中心部の一部が激しい雨でなければ避けられるのです。羨ましい。

そしてスタグルもツエーゲン茶屋街が富山でも味わえるとのことです。設置場所は不明ですが、カターレの試合ではスタジアム内のコンコースに設置されることが多いのでそちらで設置してもらえると、雨でも濡れずに並ぶことができますし、いちいち再入場をしなくても良いので嬉しいです。
石川県のお店がわざわざ富山まで来てくれるのですから、ぜひ茶屋街で飲食しましょう!

どれだけの人に来場してもらえるか不安でもあり楽しみでもあります!
クラブの意気に応えるためにも、なによりツエーゲンのために一人でも多くのツエーゲンサポの来場をお待ちしています!
もちろん栃木サポさんも、両チームのサポータでなくて好奇心でいらっしゃる方も大歓迎です!


| | コメント (0)

2016年11月29日 (火)

【ニセ】フットボール奥のほそみち【ウソ】

J2漫遊記 ホームであってホームでない入れ替え戦第2戦
     富山県開催のツエーゲン金沢ー栃木SC

栃木徹壱

北陸新幹線を利用するのは3回目だ。目的はJ2入れ替え戦第2戦、ツエーゲン金沢ー栃木SCを取材するためである。
先週は入れ替え戦第1戦、J1プレーオフを見送り、地域CLに取材に行っていた。12月4日は入れ替え戦第2戦とJ1プレーオフ決勝のどちらにしようか考えた末に入れ替え戦第2戦を取材することとした。

北陸新幹線で金沢のホームゲームというと読者のみなさんは金沢に向かったと思うだろう。しかし決戦の場は富山市だったのである。ツエーゲン金沢のホームスタジアムである西部緑地運動公園陸上競技場が芝生改修工事中のため使用できなかったのだ。金沢とすればなんとも間の悪い話だが、西部緑地運動公園陸上競技場が使用できないとしても、J3カターレ富山のホームスタジアム富山県総合運動公園陸上競技場で開催し、J3で開催した実績のある福井県のテクノポートスタジアムを使用しなかったのだろうか。
旧知の金沢サポが説明してくれた。「西部の芝生改修工事は県の事業で年度当初から決まっていまから仕方ありません。それどころか40節翌日に工事が始まり、終了予定が来年3月ですからギリギリの工期なんです。福井のテクノも国体を控えてやはり改修工事中で使用できません。富山開催はやむを得ませんし、使用を認めてくれたカターレ、富山に感謝しています」
なるほど西部の芝生改修工事は知っていたが、テクノも使えないとすれば富山開催するしかなかったのだ。サウルコスも来年ホームスタジアムが使えないのは大変であろう。
ホームでないホームで戦う金沢とサポーターを見ることで、クラブ、サポーターがJ2を2年経験してどう変わったのか見たかったのだ。

それにしても皮肉なものである。J2で北陸ダービーをするはずの金沢と富山はすれ違いとなり、金沢がカターレのホームスタジアムでホームチームとなるのだ。
すれ違いといえば金沢と栃木もそうで、金沢が地獄の北信越からJFLに昇格したのは2010年であり、栃木がJFLからJ2昇格したのは2009年。JFLを1年の差ですれ違っているのである。
その象徴的な存在が富山から栃木県のラジオ局が行う実況中継のゲスト永井健太だ。永井は栃木SCの選手であったが、J2昇格を見込んだ強化の中で戦力外となり2008年金沢でプレーをしたのだ。しかも永井は、金沢と富山の現在唯一の公式戦である兵庫県加古川市で開催された天皇杯で2得点をあげ、その勝利によって金沢がこれまで唯一の富山県総合運動公園陸上競技場の公式戦、岐阜との天皇杯を戦ったのである。そう意味でも永井の解説は古くからの金沢サポーターは感慨深いものがあったようだ。
栃木県のラジオ局が実況中継をしていたが、石川県のラジオ局も実況中継をしていた。県外からのラジオ中継は初めてとのことで石川県でも金沢の入れ替え戦が注目を集めているようだ。栃木グリーンスタジアムで開催された第1戦はパブリックビューイングが開催され500人以上が金沢に声援を送っていたという。
そんな石川県の盛り上がりをクラブも感じ取っているようで、筆者も利用した富山駅からのシャトルバスが運行されていたのである。車、クラブ主催のバスツアーを利用できない金沢サポーターだけでなく、栃木サポーター、富山県、その他の県からの観客に対しても集客を呼びかけているのだろう。
筆者は試合、両チームサポーターだけでなく、富山県のお客さんの反応にも注目していた。J2先輩であり、ライバル心の強い富山県のお客さんがどちらを応援するのか、それとも純然と試合を楽しむのか。

⇒2 次

はありません

宇都宮先生ごめんなさい

永井豪リスペクト

| | コメント (0)

2016年11月28日 (月)

栃木ラウンド勝利とJ1プレーオフ

昨日の栃木ラウンドは小柳トムのゴールで1-0と勝利しました。
もちろん何も決まっていなくて、昨日の勝利で祝杯はあげましたが今日はすっぱり切り替えています。でも二日酔いだったから引きずっていたかもw
1得点ではアウェイゴールの優位性はありませんよね。仮に2-0で勝利していれば、0-1で敗れたとしても残留できますが、1-2で敗れると降格となります。
富山ラウンドで有利なのは、栃木が前掛かりに来るのでカウンターの機会が増えそうなこと、途中で引分で良しと切替できることぐらいでしょうか。
と思って天上界の出来事J1昇格プレーオフを見ているとそうとも言えないのかなと。


リーグ4位セレッソー5位京都

セレッソが13分に先制して90分にゴールを許しますが、リーグ戦で上位だったため引分でもセレッソの決勝進出となりました。

リーグ3位松本ー6位岡山
一方松本も引分なら決勝進出でしたが、こちらは92分に岡山に決勝点を許して1-2で敗退しました。
ツエーゲンは富山ラウンド0-1ならば延長戦突入となりますが、1-2だと・・・・

小柳トムのゴールも89分でしたよね。

そんなデータを見なくても、富山でチームは途中でゲームプランを変えることがあっても、あくまで勝利を目指すでしょうし、サポも引分けでいーじゃんという空気を作らないようにしたいですね!←自分に言っています

| | コメント (0)

2016年11月27日 (日)

パブリックビューイング参戦記

えー試合はみなさんご承知だと思いますので先にパブリックビューイング会場のレポートをあげます。

12時スタートということですが早めに行こうとして着いたのが11時30分ごろ。駐車場残りは数台ぐらいでした。
会場はいると空調が効いていなくて寒い。しまった、家を出る時急いでいたのでセーター着てこなかった。ついでにツエーゲンシャツも着てこなかったorz
まだ椅子席が空いていたので席を確保すると顔見知りのサポも何人かいたので談笑。座らず後方で立って見るとのこと。スクリーン近くの前方は椅子はなく、靴を脱いで座っての観戦でしたが寒そうなので止めときました。
テレビカメラが入っていて、どこだどこのテレビ局だと言うも誰も聞きに行かないので、その辺りのデリカシーのないPさんが訊きに行くとNHKとのことでした。今日のニュースと明日のかがのとイブニング予約録画しますた。他にもテレビカメラ、そして新聞社らしきカメラも入っていました。
後方にまだ椅子を置けるスペースがあるなぁと思っていたら、美人クラブスタッフが一人で椅子を並べようといているので、紳士たるツエーゲンサポーター(おっさん軍団)がお手伝いします。よし、俺ちゃんの顔を覚えてもらったかな?
最終的に350-400人ぐらいいたと思いますがどうでしょうか?

20161127_16_44_27

画像はおひさるからです。
中継が始まります。ヤバイ見えにくい・・・
老眼が進んでいるので遠近両用眼鏡を使用しているのですが、スクリーンが高いので見上げるようにすると遠視部分で見るようになってしまうんですよねー。家で観るんだったかな・・・
いよいよ選手入場シーンで周囲の数人がマフラーを掲げようとしますが誰もしていなかったのであきらめていたようでした。それでも入場シーンやキックオフの時には会場で拍手が起きていましたし、中継ではツエーゲンサポのチャントがよく入っていたので、それにも合わせて拍手が起きていました。
前半は拍手だけで声はそれほど上がっていませんでしたが、後半になり時間が経つにつれ声も出るようになりました。
そして小柳トムのゴールで会場総立の大騒ぎ。試合終了の笛が鳴って拍手拍手拍手。
選手がゴール裏に行って、現地のサポーターと一緒に手をあげようとしていたら、そのタイミングで森下監督インタビューに切り替えられて小さなあーの声が。一緒に勝利の歌を歌いたかったのですね。ところが現地ではまだ残留が決まっていないから歌われなかったそうですが、こちらの会場ではそんな情報が入ってきませんでしたから歌っていました。

ちょっと残念だったのが、試合が終わると同時に出て行く人が多かったこと。西部じゃないからもう少しみんなで勝利の余韻に浸って欲しかったです。後方みると顔見知りのサポが、PV見るため片道2時間かけて来たいたんですね!

さて帰りも手伝うベと椅子を片づけていたら、みなさんご自身が使っていた椅子を持ってきてくれるではありませんか!素晴らしい!あっとという間に椅子の片づけが終わりました。
その後、なべ焼うどん食って、クソ安いワイン買ってきて、それを飲まずに我慢して、PV会場の映像をつべにアップし、このブログを書いているPさんはえらいなぁw誰か褒めて―w

まだ何も決まっていません。でも、でも今日だけは、スター名鑑を見ながら(クソ安いワインですが)美味しい勝利の美酒を飲ませてください。
カンパーイ!

| | コメント (0)

諸君 私は入れ替え戦が好きだ

諸君 私は入れ替え戦が好きだ
諸君 私は入れ替え戦が好きだ
諸君 私は入れ替え戦が大好きだ


Photo_2


栃木で
富山で

リーグ戦が終わったのにまだ2試合戦えるのが好きだ
リーグ戦が終わったためホームスタジアムが使えないのは痛恨の極みだ

2か所で行われる熱い戦いが好きだ
スタジアムでパブリックビューイング会場でテレビの前で固唾をのむサポーターが好きだ
たった2試合で1年間の結果が出るのが大好きだ
他会場を気にしなくていいのも大好きだ
勝者と敗者しかいないのが素晴らしい
歓喜と絶望しかないのが最高だ
他サポの好奇の目に晒されているのがたまらない

アウェイゴールが好きだ
対戦相手を絶望に落とすアウェイゴールは胸がすく気持ちだ
アウェイゴールを決められた時の絶望感は悲しいものだ

リードされて遮二無二にゴールを狙うのが好きだ
そんな攻撃で必死に守るのは絶頂すら覚える

リードされたのに有効な攻撃をうてない様子は好きだ
余裕をもって守り隙あらばカウンターを狙うのは胸がすく思いだ

2試合延長戦で決着がつかなかった時のPK戦が好きだ
この理不尽さがたまらない

諸君 私はクラブの運命をかけるにふさわしい 熱い戦いを望んでいる
諸君 選手、スタッフ、サポーター諸君
君達は一体 何を望んでいる?

来季のJ2を望むか?
華やかなJ2を望むのか?
アウェイサポーターが大挙してくるJ2を望むのか?
地獄のような勝てなかったJ2を望むか?
それともJ3での良いのか?

「J2!! J2!! J2!!」

よろしい ならば勝利だ

我々は満身の力をこめて今まさに振り下ろさんとする握り拳だ
だがこのリーグ戦の底でほぼ1年もの間 堪え続けてきた我々に ただの勝利では もはや足りない!!

大勝利を!! 一心不乱の大勝利を!!

往くぞ 諸君


元ネタ
平野耕太 「ヘルシング」

気合ダァー | | コメント (0)

2016年11月26日 (土)

明日は栃木ラウンド

ど~も、昨日のネタがウけたか気になっているParkerです。

明日の栃木ラウンドはおひさるバスツアーが催行されます。当初バス1台分の40人の募集がありました。ツイッターで22日08:50に告知して09:27に定員に達したとのこと。過去どれだけのバスツアーが中止になったいたでしょうか・・・
その後追加80人の募集したところ、追加で40人以上の申し込みがあり、バス3台以上での催行が決定しました。これまでバス2台のツアーはありましたが、3台は初めてのはず。
ちなみにPさんは金沢駅03:45集合だったので参加しません。車で行くしかないので飲めないじゃないですか(逆ギレ)!まぁ風邪気味なので申込みしなくて良かったと思っています。
自宅でスカパー観戦するか、100満ボルトさんで見ようかと思っていたところ、栃木ラウンドは100満ボルトさんでのPVはなくて、クラブ公式として【スカパー!Presents パブリックビューイング】が発表されました
場所は粟崎の金沢市ものづくり会館で、定員は500人程度ととのこと。
アウェイ札幌戦でのPVのニュース映像を見ると200人超ということで、100満ボルトさんに駐車場などで営業にご迷惑をおかけしているのではないかと思っていたので、クラブ主催となって良かったと思いました。
それにクラブ主催がないのもカッコ悪いですしね。

富山ラウンドもバスツアーが企画されています。SA自由席のチケット付きで大人5,000円は個人的には安いと思っています。というのはSA席前売りは2,000円ですから交通費だけだと3,000円。金沢駅から富山駅までの往復が高速バス1,860円、鉄道2,440円(第3セクター)でそこからさらに路線バスを使わなければなりません。

ちなみに富山県総合運動公園のサイトでは次のように書かれています

バスをご利用の場合
【総合運動公園内バス停下車 乗車時間約30~36分】
36系統総合運動公園行き 時刻表方面:⑥富山空港/八尾鏡町/総合運動公園/ ※平成27年3月14日改正
※ただし、上記の2つの系統を合わせても、1時間に1本しか出ていませんので注意が必要です。

チケットもコンビニ発行の味気ないものではなく、入れ替え戦と書かれたものだと思います。
価格もお得ですし、皆さん利用しましょう!
というのもPさんはすでに申込して、最小運行人数30名に達しないと運行が中止になるのですw
富山県総でもツエーゲン茶屋街が金沢と同じように営業するとのことで吞む気マンマン!とりあえず30名の参加をw

なお、これまでツアーの際にDVDを差し入れしましたが、不評とのツイートを目にしましたorz
もう二度と持って行かないのでご安心ください!

栃木はツエーゲンが序盤の失点が多い、アウェイゴールを奪われないため、がっつり守るため先取点が欲しいとのことで、キックオフ早々栃木が高速プレスで点を取りに来ると予想します。そこを凌げばお互い守りを意識した試合になるのではないでしょうか。栃木には大石という飛び道具がありますからね。
カテゴリーの差を考えず、アウェイ札幌戦のように2試合を通じた戦いをしてもらいたいと思います。

| | コメント (0)

2016年11月25日 (金)

UZ工事

「いよいよ明後日から金沢との入れ替え戦だけど、おまえ当然栃木を応援すっぺ」
「当たり前だべ、栃木だけでなく富山に応援に行くっぺ。せっかく富山行くんで寿司も食ってくっぺ」
「寿司―?おめえ何をくうつもりだ」
「せっかくの富山だから、ぶり食いてぇな」
「ぶりー?ぺっ」
「かにもいいかな」
「かにー?っぺ。おめえ本当は寿司くいに富山に行くんだろ」
「いや栃木を応援しに行くっぺよ」
「栃木に応援するならかんぴょう巻食え、かんぴょうを巻」
「なんで富山まで行ってかんぴょう巻食わなきゃならないんだよ」
「おめーみたいのがいるから、かんぴょうの消費量が減って栃木のお百姓さんが困ってっぺ」
「かんぴょう巻好きだけど富山に行ってまで食うことないって言ってるだけだべ」
「いやー怪しい、まさかおまえ石川のスパイじゃないだろうな」
「なにを言ってっぺ。俺は生粋の栃木人だっぺ」
「じゃあ聞くけど、おやつにかんぴょうとチョコレートがあったらどっちを選ぶっぺ」
「そりゃチョコレートを選ぶっぺ」
「じゃあ、かんぴょうとアイスクリームがあったらどっちを選ぶっぺ」
「そりゃアイスクリームを選ぶっぺ」
「あーやっぱり石川のスパイだな。栃木人ならかんぴょうを選ぶっぺ」
「かんぴょうと比べるのがおかしいっぺ。誰でもかんぴょうと比べたらチョコレートとアイスクリームを選ぶっぺ」
「じゃあおやつにチョコレートと熱々の餃子をを選ぶとしたらどっちをえらぶっぺ」
「対象がお菓子だろ、いやおかしいだろう。なんでおやつに熱々の餃子なんだよ」
「おめぇ栃木のおやつといえばかんぴょうか熱々の餃子しかないっぺ」
「どこの栃木だよ。もっと普通のお菓子と選ばせるっぺ」
「じゃぁ、せんべいとアイスクイームだったらどっちを選ぶっぺ」
「俺は甘いのが好きだからアイスクリームかな」
「つぎは羊羹とチョコレートだったらどっちを選ぶっぺ、どっちも甘いぞ」
「やっぱりチョコレートかな」
「飲み物は紅茶とコーヒーどっちにすっぺ」
「ああ、おれはコーヒーだね」
「やっぱりおめえは石川のスパイだっぺ!みなさーん、こいつは石川のスパイでーす」
「なんで俺が石川のスパイになるんだよ」
「だって、せんべい、羊羹、紅茶を選ばず、アイスクリーム、チョコレート、コーヒーを選んだだっぺ」
「だからなんでそれが石川のスパイになるっぺ」
「せんべい、羊羹、紅茶の消費量1位は栃木で、石川はアイスクリーム、チョコレート消費量1位、コーヒーは2位だっぺよ」
「知らねーよ、そんなの人のすきずきだろ。おまえは富山で寿司はかんぴょう巻しか食わないんだろうな」
「かぶら寿司食べたいげん」
「おめえこそ石川のスパイじゃないか!」

引用データ
石川県のランキング http://todo-ran.com/t/tdfk/ishikawa
栃木県のランキング http://todo-ran.com/t/tdfk/tochigi

| | コメント (0)

2016年11月24日 (木)

都倉選手のブログ

札幌都倉選手のブログです
ラスト5分について思うこと

リーグ最終試合札幌ーツエーゲン金沢戦をピッチの中から伝えてくれる貴重な記録です。

開始から札幌は重心を後方に置いていたと感想をネットで見ました。
ブログでは「勝点1を積み上げれば昇格&優勝という状況でホーム最終戦を迎え」「ゼロの時間帯が続けば相手は焦って前がかりになってくるので、そこをカウンターで狙うイメージで」「堅守速攻をイメージして試合に入」った書かれていて、その見方が裏付けられました。

そして、あの展開に入ったことを「金沢さんのテンポが遅くなったので、攻めて来ないのを不思議に思ったころ」「コンサボールになっても尚、ボールを取りに来なかったので、その時点で金沢さんも引分けでOKということがわかりました」と書いています。
ツエーゲンが取りに来ないからこちらも攻めないと書いていますが、実際の映像を見るとその前からツエーゲンが最終ラインででボールを回しています。
ツエーゲンが最終ラインでボールを回して、札幌が撮りに行って、札幌ボールになってもツエーゲンが奪いに行かなかったのがより正確に見えました。
スポーツ紙では終盤に交代で入った選手が引分けでも良いと伝えたと書いてありましたが、あわちゃんが入った直後はそんな様子は見えません。残り5分、85分になってからツエーゲンは引分狙いになったように見えます。

札幌がもう優勝を決めていれば、逆に2位・3位でも勝ちにきていたでしょうけど、非常に微妙な勝点と得失点差でこうなったのですから本当に面白いですね。

今回の都倉選手のブログはピッチの中のことを伝えてくれて実に興味深いものでした。

| | コメント (2)

2016年11月22日 (火)

小松空港に選手を迎えに行ったよ

月曜日に有給とっていました。
そうだ!選手、スタッフーにねぎらいの言葉、感謝の言葉を伝えたい、小松空港にチームを迎えに行こう!
札幌からの到着便は1本のみです。

2年前、J3優勝を決めたアウェイ琉球戦翌日も選手を迎えに行ったなぁ、あの時は多くのサポもいたけれど今日は何人いるだろうなぁ、残留はまだ決まっていないしテレビカメラはないだろうなぁと思って小松空港に行くと、カメラがないのはともかく、お迎えのサポーターは誰もいません。Pさん1人の完全アウェイ。札幌ドームのツエーゲンサポもこんな気持ちだったのでしょうか・・・(多分違

飛行機到着して荷物が出てきた順に選手が出てきますがチキンなPさんはすぐに声がでません。いや、ドームのツエーゲンサポは声を出していたではないかと思い(これも多分違、3人目の選手、スタッフから「お疲れさまでした」と声をかけました。

なんと声をかけたらいいか悩んでいました。なにも成し遂げていないから「おめでとう」はない、「入れ替え戦頑張ってください」は長すぎる、「ありがとう」も違うだろうと、「お疲れさまでした」にしました。
しかし、選手の反応はお馴染みの「あんた誰?」「なんで声をかけているの」。ああ、この反応は押忍だ、滑った時の反応だ・・・orz
一応ツエーゲンマフラーでサポであることは主張していましたが・・・

飛行機に乗っていたのはチームだけでなくサポもいたんですが、Pさんを見て半笑いしてように見えたのは被害妄想ですかね・・・

帰宅後ローカルニュースの梯子をして、ああこれも3年前にしたなぁと思いました。録画で来たのはNHK、北陸放送、テレビ金沢。ところがノーマークの石川テレビが一番良かったらしくこれまたorz

| | コメント (0)

2016年11月21日 (月)

義憤にかられて金沢ラウンドが富山県総であることを解説するの巻

珍しく?怒っています。

入れ替え戦第2戦は富山県総合運動公園陸上競技場(以下富山県総)で行われます。公式では「※ツエーゲン金沢のホームスタジアムである「石川県西部緑地公園陸上競技場」は芝生の改修工事で使用できないため、代替地として富山県総合運動公園陸上競技場での開催となります。」と書いてあるので、これを読めば富山県総で開催せざるを得ないことがご理解してもらえると思います。

北陸放送では西部の芝生の工事を行うためと説明していましたが、アナウンサー2人が「なんで今工事しているんでしょうかね」「ちょっとこの時期なのかという気はしますけれども」との発言がなされて残念というしかありません。

こちらをご覧ください。

20161121_20_37_18

西部緑地公園の公式サイトからです。「11月7日より3月末ごろまで」使用できません、と書いてあります。
これだけの期間を要する大規模な工事ですし、以前から決まっており、なによりシーズンへの影響を最小にするための工期なのです。一方で入れ替え戦が決まったのは昨日です。
何も知らないファンが同じようなことを言うのは仕方ありません。しかし、公共工事のことなどを知っているはずの北陸放送アナウンサーの発言としては・・・このニュースをみた視聴者をミスリードする可能性もあり軽率というしかありません。むしろなぜこの時期に芝生の工事をしているかもちょっと言って欲しかったですけど、まぁ詰めこみすぎになるので仕方ないですね。
ローカルニュースで全国放送のワイドショーような軽いニュースキャスターが必要なのかとまで思ってしまいました。
それに芝生工事も主にツエーゲンのためだと思うんですよ。

これで西部でなくて富山県総で開催される理由、この時期にしか工事できない理由がご理解いただけたかと思います。
ちなみにJ3時代に開催されたことのある福井県のテクノも国体に向けて改修中で使用できません。

もうひとつ気にかかっているのは、なんで富山開催としかいわずに富山さん、ありがとうございますという感謝の言葉がないことです。
すいません!Pさんも言ってなかったです!

カターレ富山さんに言えばいいのか、富山県に言えばいいのかわかりませんが、県総を貸していただきありがとうございます!
来年も借りるかもしれませんが、その時もお願いします!

J2昇格してトイレ改修、そして芝生も改修してもらっているので石川県にも感謝ですね。

とにかくツエーゲンサポ、そしてこのブログを読まれた方は、なんで富山なんだと言わず、富山への感謝の気持ちを持ってもらいたいと思います。


| | コメント (1)

よっしゃーあと2試合楽しめる!

レッツ・ポジティヴシンキング!

アウェイ札幌戦を「美しい引分け」で2016リーグ戦を21位で終了しました。
もちろん勝てなかったのは残念ですが、他会場の勝点で上回る岐阜が勝利濃厚、勝点で並ぶ北九州が敗色濃厚だった時点で勝点は「1」で充分でした。
「リーグ戦」において勝点「3」が欲しいのは、極論すれば「ひとつでも上の順位に行くために出来るだけ多くの勝点」が欲しいからだと思います(あくまで極論ですが)。そう考えると下手に攻めにいってカウンター喰らって勝点「0」になるよりお互いに試合終盤に「勝点1」で「順位が確定する」という状況になれば、サッカー的に「美しい試合」になるのは必然でしょう。
現地のツエーゲンサポはとにかく残留なので全員ノー問題だったと思いますが、札幌サポーターの中には、コンサドーレは優勝するのだから強ーげんだろうというというライトなサポ(強ーげんと思う人いないかw)が不満を持ったのは仕方ないですね。
最終戦で優勝・昇格と残留が決まるという極めて珍しい状況で、他会場の経過でこれまた極めて珍しい展開の結果、(一部不満の方がいらっしゃったかもしれませんが)ドームのみんながハッピーハッピー、そして会場にいなかったマニアな方々もハッピーで良かった良かった。

一部で無気力試合と言われているようですが、最初からじゃないですよね。少なくともJリーグタイムを見たところツエーゲンは勝ちに行く試合をしていました。あくまで他会場の経過で「統率のとれた」「慎重な試合運び」(Jリーグタイムの政治的に正しい言葉)になったわけですがどの時間帯から両チームが切り替えたか興味があります。
「0―0で迎えた終盤。勝ち点で並んでいた21位・北九州が負けていることなどのライバルの動向が交代選手によって、ピッチ内の選手たちに伝えられた。残りの時間はさらに集中力を高めていった。」
と書かれたこの記事によると83分にはいったあわちゃんが引分OKを伝えたように読めます。そこからもともと慎重だった札幌が乗ってきたかんじなのでしょうか?

なおPさんは札幌に行っていないどころ、スカパー中継、オンデマンドも見ていないのでした・・・

21位になったことで最終戦でJ3で2位確定となった栃木戦2試合を見ることができます。
リーグ戦だと札幌戦のように他チームの状況を見ながら勝点を計算する必要もありますが入替戦では「ごちゃごちゃ言わんと、どっち強いか決めたらええんや」的な試合になると思っていたら、

90分間(前後半各45分)の試合を行い、勝敗が決しない場合は引き分けとする。
入れ替え戦の勝者は2試合の勝利数が多いチームとする。
勝利数が同じ場合は、次の順によって決定する。
1 2試合の得失点差
2 2試合におけるアウェイゴール数
(以下略)

という方式なので展開次第では最終ラインでボールを回す展開があるかもしれません。
ただし両方ハッピーハッピーということは絶対にありません

不安で不安で仕方ないドキドキできる時間が2週間伸びました。
22位で降格して今シーズン終えるより2試合多く見られてラッキー!と前向きに考えることにします!

| | コメント (1)

2016年11月19日 (土)

北の国から 2016


蛍ーーー!(セレッソの)

さてさて、ツエーゲン一世一代の大勝負(2年ぶり)がいよいよ明日に迫ってきました。
2年ぶりと書きましたが、実際は2年前以上の注目を集めるでしょうね。もちろん対戦相手の札幌がドームに3万人を超える観客が来場して自動昇格が決まるか、優勝なるかというメンデス面ですが。

今日は「情熱サッカー」と「アドなんとかタイム」を聴くことができました。
「情熱サッカー」では横浜FC戦直後の森下監督、ナカビー、ザキさん、アンドリュー、そして金沢に帰ってきてからの森下監督のインタビューが流れていました。PKを誰が蹴るかというところでは正直ガッカリしました。しかし、金沢に帰ってからの森下監督のインタビューは面白かった。
J2で最終節で残留と優勝を争う状況は初めてじゃない?漫画みたいし、それを選手たちはどれだけ楽しめるか、3万人のアウェイを力にできるか、ビビるのかとか言っていました。また最近の札幌を見ていると勝てるチャンスはあるとも言っていました(戦う前から負(ry
監督もサポみたいなこと考えているのがわかって、なんだ余裕あるんじゃんと、なんとなく、なんとなくですけど、安心しましたw

アドなんとかタイムはゲストタッシー登場から聴き始めたのですが、タッシーも「3万人のお客さんのまえでプレーすることはほとんどないんじゃないですか」と言っていました。

ツイッターでもこんな書込みがありました。

優勝と残留をかけた一戦で観客も三万を越えるとか。残留を勝ち取るには最高の舞台。自力残留の可能性はないけれど、吉報はかならず届く、札幌の奇跡と語り継がれるゲームになると信じて、北の大地に旅立ちます!全ては金沢の勝利のために!!

【いざ出陣】
今週日曜は14時より札幌ドームで北海道コンサドーレ札幌戦
まだなにも決まってない最終節
クラブ史に残る逆転残留、決めてやりましょう!やってやりましょう!!
北の大地、3万人ちかいどアウェイで勝利の歌を歌ってやりましょう!

そう、この週末は選手にとってもサポにとっても、一生のうちに何度もない最高の舞台が用意されたんだよ!
ここまできたら勝ち負けなんてどっちでもいい、全員が持ってる力を全て出し切って、最後の笛が鳴るまでめいっぱい試合を楽しんで欲しい。全員の全力で熱い試合をしよう!!

前回のエントリーで選手に「プレッシャーを楽しんでもらいたい」と書きましたが、空元気でも良いのでサポーターもこの状況をドキドキしながら楽しみましょう!

「情熱サッカー」の最後はシアスタの「ツエーゲンのテーマ」のフルでした。
番組からのチーム、サポーターに対するエール、メッセージだったと思います。
ということで拙ブログもこのビデオでしめます。


| | コメント (1)

2016年11月14日 (月)

最終戦にかけろ!

ウイニング・ザ・レインボー!

これまであまり順位をあまり気にしていませんでした。良い内容のサッカーをしていれば結果はついてくるはず、順位を気にするのは最終3節ぐらいから、と思っていたら残り1試合で最下位ではないですか!?
これはaseるー!

地域CLに夢中になっていたら、アウェイ横浜FC戦はスコアレスドローでまたまたまたPK失敗したとかorz
これはアカン、でもこんなドキドキなかなか味わえませんよ(痩せ我慢

最終節はアウェイ札幌戦。
札幌さんは独走していてもう昇格を決めていたと思っていたら、こちらも最終節を目の前にして昇格を決めていないとは・・・
というか自動昇格チーム決まっていないんですね。
うちもまだ20位の可能性が残されいて(もちろん他会場の結果次第ですが)、最終節で全ての昇格チーム、残留チームが決まるなんて第三者からすればこんな面白いことはありません。

残留争いをしているチームの対戦相手はと調べると、昇格争いをしているチームとの対戦じゃないんですね。

札幌ーツエーゲンの結果だけで昇格、残留が決まる状況とは、なんとも胃が痛くなりますが、ドキドキもしています。
オリンピックなどでアスリートから「プレッシャーを楽しみたい」という言葉を聞いた記憶があります。
ツエーゲン発足して最も注目を集める試合になることは間違いありません(残念ながら脇役になりますが)。選手は勝利する事しか考えていないと思いますが、個人的には「プレッシャーを楽しんでもらいたい」と思っています。精神論はあまり好きではないですが、PK失敗もそんなことが原因のひとつではないかと思います。ここで勝てばこんな痛快なことはありませんよ!
その結果うちが20位となって、他会場の結果で札幌さんの昇格が決まればドームのみんなハッピーハッピー!

レッツ・ポジティヴシンキング!

Photo


| | コメント (0)

全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2016 富山ラウンド3日目観戦記

ツエーゲンの話題ではありません
昨日に続いて富山県総に行ってきましたのでレポートです。

スタジアムに着いて最初に目に入ったというか入らなかったのは屋台トラック。2日目土曜日に会ったラーメン店がないのは昨日のうちに訊いていたので知っていましたがやっぱり他のお店もありません。まぁお客さんの数が少ないここより日曜日なら他で営業しますよね。
スタジアムに入るとBGMが前日と違っています。サッカーソングからテクノ・トランスアレンジのインスト曲になっています。
威風堂々、炎のランナーはともかくとして、ルパン3世はサッカーに全く関係ないでしょwところがこの後昨日も流れたサッカーソングとテクノ・トランスアレンジのインスト曲が交互にかかっていて統一感がありませんでしたw

第1試合は勝点6同士の三菱水島FC(得失点差+2)-アルティスタ東御(得失点差+3)。
PK勝ちであろうが、勝った方が1位突破となりますが、Aグループの勝点6同士の今治FC-ヴィアティン三重がそれぞれ得失点差が+8と+11なので90分負けの場合は勝点6にとどまり一次リーグ敗退がほぼ決定となります。
堅守速攻の三菱水島FCと攻撃サッカーの東御(ただし、昨シーズンのイメージ)の対決となって、昨日の試合を見た限りでは三菱水島が有利かなと思っていました。
コイントスでコートチェンジとなって三菱水島が風上をとります。
キックオフ早々三菱水島が東御ゴール前に迫りますがシュートを外した、と思ったらPKの判定!これを決めて1分40秒で三菱水島が先制。さらに9分に東御がPA内で手で押さえて倒してしまって再び三菱水島がPKを得て、これも決めて10分で2-0に。
東御は得点を挙げるべく猛攻を仕掛けますが、まぁ三菱水島が固い固い。ブロックを作り、ゴール前に人を割きゴールを許しません。しかし、前半42分のフリーキックまでは防ぎきれず、前半終了して1-2。
後半に入って攻勢を一層強める東御は何度もゴール前まで攻め込みますが、三菱水島はゴールだけは許しません。
結局2-1のまま90分終了して、三菱水島FCの1位突破と東御の敗退が事実上決まりました。試合終了後に勝って三菱水島選手とゴール裏は大喜び、東御には泣いている選手もいますが、ゴール裏は精一杯アルティスタコールを送ります。それぞれ相手ゴール裏に挨拶に行き、ゴール裏もエール交換、地域の良いところですね。
東御は途中から4バックから3バックに移行しましたがこれが有効でした。決勝ラウンドで他のチームも三菱水島対策につかってくるでしょうか?
前半風上が三菱水島で、後半は東御が最初風上でしたが、途中から風向きが変わって風上の有利さがなくなったのが不運でした。まぁどれだけ勝負に関わったかはわかりませんが。

第2試合は勝点0同士のFC刈谷ーコバルトーレ女川
JFL昇格争いには全く関わりのない試合となりますが、お互い全敗では帰られないという気持ちがあって熱い試合になると思っていました。
午前中はメインで観戦していましたが、日陰に入ると昨日寒かったので陽が当たるバックに移動します。暖かいのは良いのですが陽が低いので見にくくて後半に入ってまたメインに移動w
この試合も5分で得点が入ります。先制したのは刈谷、クロスにゴール前ドフリーのヘッドを合わせます。それはわかったんですけど眩しくてなんでフリーになったのかよくわかりませんでしたorz
前半のその後は眩しいのと寝不足の上に暖かったのでうとうとしてしまって記憶が曖昧ですorz
後半早々2分に女川はゴール前の混戦から押し込んで追いつきます。
ここからは一進一退のがっぷりよつの攻防、両ゴール裏の声援も熱が入ります。昇格はもうない、しかし勝点0では、勝利なしでは帰られない、全国大会の勝利が欲しい、今シーズン最後の戦いになる、選手だけでなくサポーターのいろいろな思いが詰まった闘いでした。
90分で決着はつかずPK戦に。先攻は女川、後攻は刈谷。刈谷の2人目は外し、3人目は止められ、女川は4人が全て決めて勝利。女川の選手が蹴時は刈谷ゴール裏からキーパーのコールがありましたが、刈谷の選手が蹴る時はカメラのシャッター音しか聞こえないぐらいスタジアムは静まり返るという異様なふいんき(地域でも変換できない)でした。
勝負が決まった後、両ゴール裏から大きなチャント、ゴール裏に挨拶に来た選手をチャントで送り、その後もチャントを歌い続ける刈谷ゴール裏、両チームがそれぞれ相手ゴール裏に挨拶をしてコールで応えるなどなど、「消化試合」というマイナスのイメージは全くなかった素晴らしい光景でした。残って見ていて良かったです。

地域CLは何度見てもイイですねぇ。ただしツエーゲンが関わっていなければ、ですがw
入替戦なら目の前の相手だけですが、この大会は重要性だけでなく他の試合結果に左右されますから精神的しんどいです。
さ、いいもの見せてもらったのでツエーゲンも最終戦で良い結果を残しましょう!

| | コメント (0)

2016年11月12日 (土)

全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2016 富山ラウンド2日目観戦記

全国地域サッカーチャンピオンズリーグ一次ラウンドが富山県総で開催されるということで今日観戦してきました。ツエーゲンのアウェイに行かないで。
11日金曜日から開催されていて初日から行きたかったのですが、一応仕事があるので今日の明日の予定です。
第1試合のキックオフ時間を勘違いしていて急いで家を出たら携帯を家に忘れてしまいますたorz
J2開催時と違って県総正面の駐車場を使えるのがイイですね。入口に行くと屋台トラックが!富山ひげラーメンさんではないですか!これまで高岡スポーツコア、テクノと2回の北陸開催の地域決勝大会(旧名称)には飲食ブースがなかったのに!
プロっぽいアナウンス(サポーターのオイに合わせた選手紹介など)、フェアプレーフラッグとともにFIFAアンセムでの入場、電光掲示板の使用などもこれまでと全然違います。富山協会が頑張ったのか、今年から地域CLに名称変更になって大会のグレードを上げようとする協会の姿勢なのでしょうか?
スタジアムに入ると、ツエーゲン試合速報氏がいたので久々におっさん2人で観戦。別の場所ではプロ観客氏が集まって観戦していました。
今日の富山は快晴で、午前中のメインは陽が当たって暑いぐらいでしたが、午後は日陰になって寒かったです。明日の午後は陽が当たるバックで観戦します。

昨日の結果は
三菱水島FC(全社1/岡山県) 3-2 FC刈谷(東海地域/愛知県)
コバルトーレ女川(東北地域/宮城県) 0-2 アルティスタ東御(北信越地域/長野県)

そして今日の試合は勝点3と0と組合せになりました
三菱水島FC - コバルトーレ女川
FC刈谷   - アルティスタ東御

無条件に決勝ラウンド進出できるのは一次ラウンド1位のみですから、コバルトーレ女川は90分負だと1位になる可能性がなくなります(FC刈谷は第1試合の結果いかん)。

ベロンベロンに酔っぱらっているので感想は簡単に
三菱水島FC 1-0 コバルトーレ女川(得点:12分)
三菱水島FCの守備というかブロックが素晴らしい!昨年のツエーゲンみたいというのはおこがましいでしょうかwゴール裏の女川サポーターが前出せ!とさかんに言っていましたが、メインから見ているとそれは難しいでしょう、と思って見ていました。
それでもところどころ危なっかしいところがあって、女川のシュート3本がポスト、バーに当たっていましたが、そんな幸運があったところも昨年のツエーゲンみたかったですw
守備だけでなく1トップが飛び出す形をつくる攻撃も面白かった。
全然「ベタ引き縦ポン」じゃなかったです。私の少ない地域決勝観戦経験ですが初めて見るサッカーで全社優勝も頷けます。
女川は三菱水島FCの術中に嵌ってしまいましたね。シュートの精度が・・・は今更の話ですし、これが地域かなぁと思ったりして。サイドの攻撃は良くてもサイドから1発でゴール前にクロスを出す選手がいないと苦しいなと思いました。
この結果女川の1位突破はなくなりました。

FC刈谷 0-1 アルティスタ東御(得点90+4分、表示されたアドなんとかタイム 4分)
アルティスタの時間帯もありましたが、刈谷優勢の時間帯の方が長かったと思います。
今季リーグ戦のアルティスタは見ていませんが、昨季に比べると守備が良くなったなぁと思います。昨年なら失点していましたよ。攻撃では富山ラウンドの他の3チーム大きなサイドチェンドが見ごたえありました。
第1試合の結果、刈谷はPK戦突入にした時点、言いかたを変えれば90分で同点の場合、勝点は2(PK勝)か勝点1(PK敗)となり、勝点6の三菱水島に追いつけず1位突破がなくなります。一方のアルティスタは勝点2でも1でも、翌日の三菱水島に90分勝すれば1位突破ができます。スコアレスの時間帯が続けば、刈谷はどうしても90分勝にこだわり、一方のアルティスタはPK戦上等となります。そして終盤に刈谷は痛んだDFに代えてFWを投入して、4バックから3バックにして得点を奪おうとするシステムに変更します。その結果アルティスタが攻めても守備に戻りきれず決勝点を奪われました。
刈谷のギャンブル失敗かと思いましたが、決勝ラウンドに「進むことだけ」を考えれば「90分負」も「90分時点で同点」も変わりないんですよね。だからといって「負ける」ことを受けいられるはずもないですしね・・・
一方でアルティスタにとっては、PK戦に突入して「PK負」だと2日間の勝点は4となり、翌日の勝点6三菱水島戦でPK戦突入した時点で1位突破がなくなることを考えると大きな「1点」でした。
地域決勝ならでは面白さに溢れる終盤の攻防
*勝点4のアルティスタがPK勝でも勝点6にしかならず、勝点1を加えると勝点7となる三菱水島に及びません

この結果13日の第1試合
三菱水島FC - アルティスタ東御
のどんな形であろうが勝った方が1位突破となることになりました。

しかも他の2会場も2勝同士の対戦という珍しい(初めて?)のケースとなりワイルドカード争いも混沌してスンゲー面白い3日目になりそうです!
楽しみ―!
なおツエーゲン・・・

| | コメント (0)

2016年11月 8日 (火)

ホーム最終戦は不完全燃焼orz


ど~も、半年で2キロ増えているみたいで食事に気をつかっているPさんです。酒の量減らせば・・・

と言いながらもホーム最終戦飲むぞー!と意気込んでいたのですが・・・
ここ数試合は試合当日ツエーゲン以外でも忙しくて入りがギリギリになったり、集団食中毒に巻き込まれたりと、スタジアムで飲む機会に恵まれませんでした。それがホーム最終戦は余裕をもってスタジアム入りができるのですから気合が入らないわけがありません!その気合を別に使えと言うごもっともなご指摘はお断りします!

まぁ早めのスタジアム入りといってもその前に別のところで飲んでいたのですが・・・でもコンビニの駐車場で何本も飲めるわけもなく酔求不満。西部に着いたのは3時40分ごろ。まずはビールをいただきますが、あかん旨くない・・・この日のため金曜日と土曜日飲まなかったのに・・・それとも西部に来る前に全然味がしみていないおでんとかを食べていたせいか?焼ガキの行列が長かったのと寒かったのでくりからそば注文しようとしたら目の前で売切れ・・・
結局ビール2杯と焼酎お湯割りと日本酒しか飲めませんでした・・・しか?でも気持ちよく酔えなくて試合結果も押忍orz
帰りのシャトルバス最終早いからと急いで乗ると周りはほぼ千葉サポさん、いいですよ気を遣った会話をしてもらわなくても・・・
翌日になってホーム最終戦のセレモニーがあってシャトルバスがもっと遅い時間まであったことを知ってorz

そんな散々な目(ほぼ自業自得)にあったPさんですが、ちょっと良いこともありました。
金沢駅で傷心の夕食というか夜食を食って会計している時です。その時もツエーゲンニット帽、ツエーゲンマフラー、ツエーゲンシャツ、ツエーゲンジャンパーを着用していたんですが、カワイイ定員さんが「今日ツエーゲンどうでしたか?」と訊いたきたんですよ。結果を伝えたら「敗けたんですか、ヤバいですよね。お父さんが凄いファンなんですよ」と言われてすこしホッコリしまいた。お父さんがこのブログを読んでいませんように・・・
帰宅してシャツを脱いで洗濯に出そうかと思いましたが、もしかしたらもう一度着るかもしれないからもう待つことにしました。
ファンクラブの継続手続きもしてきました。3年連続のゴールドS会員です。いつもなら年が明けてから手続きしていますがこんな時こそしなきゃならないだろうと、そして来年も同じカテゴリーでいることを信じてS会員です。
それにペッパーさんにも勧誘されましたからw

| | コメント (0)

2016年11月 7日 (月)

勝つに値する試合だったのにorz ホーム千葉戦観戦記

これが残留争いの渦中にいるチームなのでしょうか・・・
昨年に続いてホーム全試合を観戦することができました(寝てしまった試合含む)。
今年のリーグ戦で見ていて楽しかったのは3-1で快勝した群馬戦くらいだったでしょうか。群馬戦以外の勝利した試合もやっと勝った・・・と言える試合で終了の笛が鳴るまで安心できた試合、いや試合中に心安らかに見ることの試合は記憶にありません(泥酔
そんな苦しい苦しい今シーズン、2番目(いや、違うかもしれませんが)に安心して見ることのできたのが昨日の千葉戦でした。同点に追いつかれる78分まででしたが・・・
先取点は嶺岸のクロスにザキさんが身体の精一杯伸ばして頭で合わしたビューティフルゴール。守っては千葉の状態が悪いこともあって危ない場面をほとんど作らせませんでした。後半に入るとツエーゲンは攻勢を強め何度もゴール前に進み、シュートを撃ちますが決まらない。そして千葉の最初の得点機をあっさりと決められました。その後も突き放そうとするも相変わらずゴールは決められず45分には2度目の決定機をまたもあっさりと決められました。まぁ2度の得点機を作らせて勝とうと思うのが甘いといえば甘いのですが。
もっとも再三の決定機を外し続けた山口やもっさりした攻撃でチャンスを潰してくれた徳島相手に勝点を得ていたことを考えるとシーズン通しての帳尻がここにきてサッカーの神様に合わせられたのかなぁと・・・
あのシュートを決めていれば・・・というシーンが何度もありましたが、まぁこれに関してはどこのチームもサポもいうことなのでサッカーの神様に怒られそうなので止めておきましょうw
内容より結果、ですが、内容が良ければ次節以降希望が持てます。ホーム開幕長崎戦、第二戦水戸戦を見て今シーズン苦戦するなぁ、降格覚悟しなきゃならないかなぁと思ったよりは希望が持てます、というか持ちましょう!

| | コメント (0)

2016年11月 3日 (木)

アウェイ愛媛戦

結果しか知りません
次だ、次!
6日に勝ちましょう!

| | コメント (1)

2016年11月 2日 (水)

三匹のドラゴン

こんな神話を知っていますか

黄金の沢に三匹のドラゴンが集う時望みが叶う

もちろん簡単に三匹のドラゴンは揃いません

この三匹のドラゴンはそれぞれ別の時期に生きていたのです

しかし、奇跡的に甦り、三匹が揃った時には奇跡が起きるのです


2016年9月25日にその奇跡が起きました。

木村龍朗

久保竜彦

アンドリュウ


3匹のドラゴンが黄金の沢に集まったのです

皆の望みはかないます

三龍、さんりゅう、ざんりゅう、残留、なんちゃって

(9月25日にこのネタを浮ばなかったのが悔やまれますorz)

| | コメント (0)

2016年11月 1日 (火)

久しぶりに飲めると思っていたのに・・・

ここ最近は試合前にもいろいろ予定があってギリギリにスタジアムに入るケースが多くてビールをなかなか飲めません。
しかし、先日の徳島戦は試合前に寄るところがなくて、晴天の予報で吞む気マンマンでした。
ところがイロイロあって体調最悪orzこれは無理したらアカンということで車で西部入りorz
産業展示館4館ともイベントありということでしたが、11時行けば楽勝に停められるだろうと思っていたら一番奥の駐車場にしか停められませんでした。まぁ快晴でしたしノー問題。
快晴だったものの寒い。ということで暖かいものが欲しいですよねー、ということで久しぶりのクリカラそばをいただきました。いつもならカケなんですが、この日はビールを飲まないため奮発して山菜そば650円。

20161101_21_26_33

やっぱり美味いっす。
某サポ氏に「犯罪者の道を歩んでいるとしか思えない」と言われた後スタンドに向かいます。お、正面入口そばに津幡町のブールで能登牛コロッケとかおにぎり売っているじゃないですか。ペットボトルのお茶も100円だったので、コロッケとお茶と購入
。コロッケは150円で温かくて美味しかったので、もう1個と塩おにぎりセット100円を購入して満腹。

20161101_21_26_27

20161101_21_26_23

焼きガキが復活していましたが、お腹に不安があったので断念。6日は体調戻っているかなぁ・・・

メインS席の上の席はすでに日陰、陽が低くなって秋も終わりだなぁと感じます。夏ならはやく日陰の席に座りたいので上の席にしますが、寒いので陽の光も求めて下の席に座りますがだんだんと日陰が迫ってきます。結局S席全部が日陰になってしまい寒い寒い。6日も晴天だったら後半バックで観戦しようかと思うぐらいです。

この日はハロウィンということでハロウィンパレードが行われました。おっさんよくわからないんですが、ケルトの盆と大晦日がいっしょに来たものなんですよね。

20161101_21_26_07

20161101_21_26_14

20161101_21_26_19

そしてタッシーもメイクwwwイイゾーwww

20161101_21_04_54

観客は4612人。試合終了後すぐにコンコースにでると凄い人。4612人でもこんなものなんですね。

1時間ぐらい時間をおいて車に戻りましたがまだ混雑していました。それでも思ったほど時間がかからず西部から出ることができました。

6日ホーム最終戦はガンガン吞みたいなぁ、というか着いた時はすでに酔っぱらっている可能性もw
晴れて欲しいなぁ・・・

| | コメント (1)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »