« ホーム最終戦は不完全燃焼orz | トップページ | 全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2016 富山ラウンド3日目観戦記 »

2016年11月12日 (土)

全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2016 富山ラウンド2日目観戦記

全国地域サッカーチャンピオンズリーグ一次ラウンドが富山県総で開催されるということで今日観戦してきました。ツエーゲンのアウェイに行かないで。
11日金曜日から開催されていて初日から行きたかったのですが、一応仕事があるので今日の明日の予定です。
第1試合のキックオフ時間を勘違いしていて急いで家を出たら携帯を家に忘れてしまいますたorz
J2開催時と違って県総正面の駐車場を使えるのがイイですね。入口に行くと屋台トラックが!富山ひげラーメンさんではないですか!これまで高岡スポーツコア、テクノと2回の北陸開催の地域決勝大会(旧名称)には飲食ブースがなかったのに!
プロっぽいアナウンス(サポーターのオイに合わせた選手紹介など)、フェアプレーフラッグとともにFIFAアンセムでの入場、電光掲示板の使用などもこれまでと全然違います。富山協会が頑張ったのか、今年から地域CLに名称変更になって大会のグレードを上げようとする協会の姿勢なのでしょうか?
スタジアムに入ると、ツエーゲン試合速報氏がいたので久々におっさん2人で観戦。別の場所ではプロ観客氏が集まって観戦していました。
今日の富山は快晴で、午前中のメインは陽が当たって暑いぐらいでしたが、午後は日陰になって寒かったです。明日の午後は陽が当たるバックで観戦します。

昨日の結果は
三菱水島FC(全社1/岡山県) 3-2 FC刈谷(東海地域/愛知県)
コバルトーレ女川(東北地域/宮城県) 0-2 アルティスタ東御(北信越地域/長野県)

そして今日の試合は勝点3と0と組合せになりました
三菱水島FC - コバルトーレ女川
FC刈谷   - アルティスタ東御

無条件に決勝ラウンド進出できるのは一次ラウンド1位のみですから、コバルトーレ女川は90分負だと1位になる可能性がなくなります(FC刈谷は第1試合の結果いかん)。

ベロンベロンに酔っぱらっているので感想は簡単に
三菱水島FC 1-0 コバルトーレ女川(得点:12分)
三菱水島FCの守備というかブロックが素晴らしい!昨年のツエーゲンみたいというのはおこがましいでしょうかwゴール裏の女川サポーターが前出せ!とさかんに言っていましたが、メインから見ているとそれは難しいでしょう、と思って見ていました。
それでもところどころ危なっかしいところがあって、女川のシュート3本がポスト、バーに当たっていましたが、そんな幸運があったところも昨年のツエーゲンみたかったですw
守備だけでなく1トップが飛び出す形をつくる攻撃も面白かった。
全然「ベタ引き縦ポン」じゃなかったです。私の少ない地域決勝観戦経験ですが初めて見るサッカーで全社優勝も頷けます。
女川は三菱水島FCの術中に嵌ってしまいましたね。シュートの精度が・・・は今更の話ですし、これが地域かなぁと思ったりして。サイドの攻撃は良くてもサイドから1発でゴール前にクロスを出す選手がいないと苦しいなと思いました。
この結果女川の1位突破はなくなりました。

FC刈谷 0-1 アルティスタ東御(得点90+4分、表示されたアドなんとかタイム 4分)
アルティスタの時間帯もありましたが、刈谷優勢の時間帯の方が長かったと思います。
今季リーグ戦のアルティスタは見ていませんが、昨季に比べると守備が良くなったなぁと思います。昨年なら失点していましたよ。攻撃では富山ラウンドの他の3チーム大きなサイドチェンドが見ごたえありました。
第1試合の結果、刈谷はPK戦突入にした時点、言いかたを変えれば90分で同点の場合、勝点は2(PK勝)か勝点1(PK敗)となり、勝点6の三菱水島に追いつけず1位突破がなくなります。一方のアルティスタは勝点2でも1でも、翌日の三菱水島に90分勝すれば1位突破ができます。スコアレスの時間帯が続けば、刈谷はどうしても90分勝にこだわり、一方のアルティスタはPK戦上等となります。そして終盤に刈谷は痛んだDFに代えてFWを投入して、4バックから3バックにして得点を奪おうとするシステムに変更します。その結果アルティスタが攻めても守備に戻りきれず決勝点を奪われました。
刈谷のギャンブル失敗かと思いましたが、決勝ラウンドに「進むことだけ」を考えれば「90分負」も「90分時点で同点」も変わりないんですよね。だからといって「負ける」ことを受けいられるはずもないですしね・・・
一方でアルティスタにとっては、PK戦に突入して「PK負」だと2日間の勝点は4となり、翌日の勝点6三菱水島戦でPK戦突入した時点で1位突破がなくなることを考えると大きな「1点」でした。
地域決勝ならでは面白さに溢れる終盤の攻防
*勝点4のアルティスタがPK勝でも勝点6にしかならず、勝点1を加えると勝点7となる三菱水島に及びません

この結果13日の第1試合
三菱水島FC - アルティスタ東御
のどんな形であろうが勝った方が1位突破となることになりました。

しかも他の2会場も2勝同士の対戦という珍しい(初めて?)のケースとなりワイルドカード争いも混沌してスンゲー面白い3日目になりそうです!
楽しみ―!
なおツエーゲン・・・

|

« ホーム最終戦は不完全燃焼orz | トップページ | 全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2016 富山ラウンド3日目観戦記 »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホーム最終戦は不完全燃焼orz | トップページ | 全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2016 富山ラウンド3日目観戦記 »