« ツエーゲン金沢LEGENDS vs J- DREAM が感慨深かった件 | トップページ | ホーム山口戦観戦記 続き »

2016年10月 8日 (土)

辛勝かもしれないけれど快心の勝利 ホーム山口戦観戦記

ディス・イズ・サッカー!
どれだけ攻められても、どれだけ決定機を作られても、どれだけシュートを撃たれても、退場者を出して10人になって0トップのドン引きになっても、相手のミスに助けられたことを含めて無失点で凌ぎ、2回しかないチャンスを1回決めれば勝ちなのです。

テクノで行われた大好きな女子高生ジャナクテ高校女子サッカーを見てから西部に来たのでこの試合は素面で観戦していました。いつもより冷静に試合を見ることができたと思います。前半見ての感想は「山口がガチガチとした肉弾戦を仕掛けるため、ゴールに向かうのに、何度もダッシュしてる」「チャンスは何度も作られているがシュート数は以外に少なく、撃たれたシュートで本当に怖かったのはアドなんとかタイムの1本だけだった」「山口外しすぎ」「後半20分ごろから脚が止まるだろうからそこまで凌げばダビを入れれば何とかなりそう」「森下さんは後半手を打てるだろうけど上野さんは(ry」などと思っていました。もちろん結果的に勝ったから書いているんですがw予言ってこんなものですw

ザキさんは下がりすぎだったこと、投入時は山口が足が止まり気味だったことでダビの先制点は可能性が高かったと思います(もちろん結果的に勝ったから書いているんですが
ダビの投入は前述通り、リードされて前線の守備をテコ入れするためネコさんに代えて水永ショーマンは選手交代も理に適っていたと思いますし、リードされているから3人目は終盤疲れが目立つ選手を投入するためと思っていたらダビが退場し、カウンターを仕掛けられるスピードを持つのはナカビーだけかと思っていたら、そのナカビーにかえて市長を投入。一人少ないのでドン引きやで、前線はスピードないので下手にカウンター狙わんでええで、540の0トップだからとにかくボールを前に出せばええんや、というメッセージが選手はもちろんサポーターにも届きました。Pさんはこういう居直ったドン引き大好きなんで全然恥ずかしいと思いません。
山口の高さよりスピードの攻撃を意識したと思われる、CBに市長でなく廣井を使ったことを含め選手起用交代も大当たりでした。
まぁ実際には山口のシュートミスに助けられたのが大ですが←、とにかく守りきりましたし、内容で負けたなどと卑下することのない堂々とした勝利だと思います、というか思いましょう。

とりあえず本格的に酔っぱらう前に書きました。詳しい観戦記はまた書く予定です、予定ね!

|

« ツエーゲン金沢LEGENDS vs J- DREAM が感慨深かった件 | トップページ | ホーム山口戦観戦記 続き »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ツエーゲン金沢LEGENDS vs J- DREAM が感慨深かった件 | トップページ | ホーム山口戦観戦記 続き »