« 85分で安心できた試合 ホーム群馬戦観戦記 | トップページ | 辛勝かもしれないけれど快心の勝利 ホーム山口戦観戦記 »

2016年9月27日 (火)

ツエーゲン金沢LEGENDS vs J- DREAM が感慨深かった件

「中森かいてき薬局・秀光ビルドSPECIAL MATCH ツエーゲン金沢LEGENDS vs J- DREAM」
いあやぁ懐かしいメンバーが来てくれました。
個人的には2008年退団組と2006・2007年退団組が来てくれたことが感慨深かったですね。
(お断り 引退した元選手には"さん"づけすべきだと思いますが所属当時の愛称で書かせてもらいます)
2008年退団組は大量退団の経緯が経緯でしたから、こんな機会があっても集まってくれないかと思いこんでいました。この中には入っていませんがシーズン前に解雇された某選手の参加が特に感慨深かったですが、試合には参加できなかったようです。
そして金沢SCからツエーゲンに移行してそのまま所属して2007年まで退団した選手たちは、西部で試合したことはありませんでしたから本当に良かったと思います。
あと雄大が性格的にくるとは思っていませんでしたw
40人以上近く集まってくれたので、J- DREAMが普通の選手交代に対しツエーゲンLEGENDSがセットで交代していたのには笑いましたw

試合自体はまぁアレでいいでしょうw
かっての選手たちが走ってプレーをしているところを見れただけで嬉しくて楽しかったです。
ただドラゴン久保の前半終了間際、ゴール前で右足でボレー気味で浮かせるとそのまま反転して左足からの強烈なゴール(あくまで記憶で書いています)はお金を払う価値はありました。残念なのはドラゴンがJ- DREAM所属だったことでした(後半はツエーゲンLEGENDSでプレーしましたがノーゴールでした)。
ツエーゲンLEGENDSで一番目立っていたのは龍朗でした。いまだに10番のイメージは龍朗で、FKとシュートは現役当時を彷彿とさせてくれました。決まらなかったのもらしかったですけど。
アレス永井健太のゴールはすいません、スマホ触っていて見逃しましたorz交代で退いた時にスタンドに声をかけ、リストバンドを投げたのも現役時代さながらでした。

この試合はプレーだけでなく、スタジアムDJ大平さんとJ- DREAM平畠監督とのほぼ漫才実況が楽しかったです。嘘か本当かわかりませんが、判定がツエーゲンLEGENDSに有利で(もつれた時はほぼツエーゲンボールw)、主審がツエーゲンLEGENDS河崎監督の教え子という繰り返しのネタは笑えました。ツエーゲンLEGENDSが得たPKも疑惑の判定だったらしいです(見ていなかった)w
最後に平畠監督がマイクを持ったまま出場すると周りの選手の運動量が一気に落ちますが、急に口数が少なった平畠監督はゴールを決められませんでしたw

ツエーゲンLEGENDSの最後に出場した2人の交代選手、最前列で見ていたのですが、ユースっ子じゃなかったでしょうか?
ユースの選手がツエーゲンLEGENDS、J- DREAMと短い時間ながらプレーしたのは素敵だなと思いました。
(ただし。本当にユースっ子は未確認です)

選手発表の時、名前を呼ばれなかった布施 祐典(2011~2012)と苗字しかコールされなかった鳴海 勝也(2010~2013)、美味しすぎwww
なお今週の情熱サッカーは拡大版でツエーゲンLEGENDS選手インタビューがあるとのことなので楽しみです。

今嵌っているアイドルです

|

« 85分で安心できた試合 ホーム群馬戦観戦記 | トップページ | 辛勝かもしれないけれど快心の勝利 ホーム山口戦観戦記 »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 85分で安心できた試合 ホーム群馬戦観戦記 | トップページ | 辛勝かもしれないけれど快心の勝利 ホーム山口戦観戦記 »