« アンドリューのロングインタブーがメチャクチャ面白かった件 | トップページ | 最後まで応援するお客さんたち »

2016年8月22日 (月)

これは押忍かもしれんね ホームセレッソ戦観戦記

オリンピック、シン・ゴジラ、ご当地アイドルで忙しくてブログを書けませんでした・・・あ、仕事も理由のひとつだったw

ホーム北九州戦は現地で、アウェイヴェルディ戦はオンデマンドで観戦、アウェイ長崎戦は未観戦です。ダビになんでショーマンと同じようなポストさせるんだろうなぁ、決定的なミスをした選手をなんで使い続けるんだろうな、シン・ゴジラについて書きたいなぞ景気の良い話もありませんでしたし、情熱サッカーでもダビの使い方をストレートに監督に訊いていましたしね。

ということで久しぶりの観戦記を自分のツイートで確認しながら書いていきます。
開始15分ぐらいで、緩いな、酷いなとい思いました。
セレッソが。実際山口蛍選手も次のように言っています

(Q:守備でうまくボールを取り切れない場面も何度かあり、相手のシュートミスに助けられた場面もありました。課題も残った感じですか?)
何度かというか、今のところ、取りに行く形があまり定まっていないので、相手に助けられている部分もあります。

ですよねぇ・・・こと守備に関しては今季対戦したチームではワーストクラスだったと思います。藤さんが相手陣地で結構ボールキープできたところなんてあんまり記憶なかったです。言ってみればツエーゲンにとってボーナスゲーム、でも今のツエーゲンが勝てると確信できないところが辛いところです。実際アウェイ水戸戦も、営業的観点で先発メンバーを起用してきたボーナスゲームでしたが活かすことはできませんでした。

ツエーゲンの攻撃とはいうとダビへのボールは相変わらずハイボールばかり・・・これは押忍でしょう。監督の指示としても選手でなんとか工夫すべきですし、監督がハイボールを指示していなくて選手がそうしている可能性もありますが、3試合経過しても全く改善されていないのはもうチームが押忍しているのかなって・・・
ボールを前に運び、チャンスがあればミドルを撃つのは全然問題ありませんが、そのミドルが全部枠外・・・。枠内シュートは得点となったショーマンのヘッドと、ダビの撃つぞ撃つぞ撃つぞ撃つぞでやっと撃ってGKの脚に当った2本だけだと記憶しています(ナカビーのは枠外では?)。勝てないから変に力が入っているからでしょうかね・・・1本でも決まればまた変わるかもしれませんが。
一方でセレッソの得点は、ここしかないというコースをミドルのボレーで決めます・・・
ツエーゲンのミドルが多かったですが、もしミドルを撃てていなかったらどんなフィニシュになるか予想つかないのも辛かったです。まぁこれに関してはPさんの想像不足でしょう。
ただヒールなどの意外性のあるパスを感じていない場面が多かったのは、意思の疎通ができていないのではないかと不安を覚えました。守備においても最終ラインが昨年に比べて明らかに深くなっているのに一向改善していません。それで失点が減っていれば問題ありませんがご存知の通りです(それでも少なっているという見方もあるかもしれませんが。
選手起用も含めてチームとして押忍しているとしか思えませんでした。

と暗いことばかり書きましたが明るいこともありました。こちらについては次回書く予定です。

|

« アンドリューのロングインタブーがメチャクチャ面白かった件 | トップページ | 最後まで応援するお客さんたち »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アンドリューのロングインタブーがメチャクチャ面白かった件 | トップページ | 最後まで応援するお客さんたち »