« 夏の補強について(後出しじゃんけん編 | トップページ | 金沢競馬場訪問記 »

2016年7月 4日 (月)

露わになった課題と見えた希望 ホーム讃岐戦観戦記

日曜日のナイトマッチで飲みすぎるとロクなことはありませんね・・・
ゴミは出し忘れるは、かがのとイブニングの録画は忘れるわ、仕事は手につかないと散々ですorzあ、仕事が手につかないのはいつもの月曜日でした・・・あ、仕事が手につかないのは月曜日だけでなく毎日でした・・・
とまぁいつも調子だったんですけど試合は比較的真面目に見ていたと思います(比較対象ホーム京都戦

ホーム岡山戦、アウェイ徳島戦と内容が良かった試合で隠れていた攻撃の課題が露わになったと同時にその課題を解決する希望が見えた試合だったかなと思って見ていました。
課題と思っていたのは、オンデマンド観戦だった徳島戦の観戦記で書いたここです。
「ツエーゲンのシュートは前節岡山戦に続いて、崩した形こそありませんでしたが、苦し紛れではなくて積極的に撃っていくミドルシュートが多くて見ていて気持ちヨカッタです。」
岡山・徳島戦は相手が守備を固める前に撃った可能性の高いシュートが多い印象がしましたが、讃岐戦のミドルはゴール前を固められた末の「苦し紛れ」で撃たされたように見えました。岡山・徳島戦のミドルはグランダーが多くて、讃岐戦は宇宙が多かった印象がありますが、これも傍証になるでしょうか。
トミーはすごく頑張っていても単独で突破するタイプでないし、アンドリューも人を動かすタイプで、内容が良かった岡山・徳島戦で崩した形がほとんどなかったことが気になっていたのです。
そこでナカビーの投入ですよ!左サイドを抉ったクロスは久しぶりに崩した、と思えました(最近だとネコさん、フジさんが見せたプレーですよね?)。2列目で個人で勝負できるプレーヤーということで期待しちゃいますよね。
さきほど、「苦し紛れで撃たされたように見えた」と書きましたが、これは讃岐のゲームプランなんでしょう。最下位のツエーゲンが残留するためには目標は20位になりますが、同じく残留が最低限の目標となる(多分20位より順位が上の)讃岐にとっては最下位チームとの勝点差を縮められないことが昨日の最大のミッションだったのでしょう。失点しないことを第一に考えていたツエーゲンと讃岐ですが、お互いそのミッションを完遂してより得るものが大きかったのは讃岐でした。内容も結果も讃岐の試合だったと思います。

→結果論でもっと早く交代のカードを切るべきと書くのは簡単なので書きますが、守備的でカウンターも切れ味の悪かった讃岐に対して、もう少し早く攻撃のカードを切ることを、サイドを活性化することはできなかったのかな?と思います。まぁ結果論なので→からカットでお願いしますw

こすけさんがこれまで一番サイドバックらしく見えたのは讃岐が攻撃を自重したからですかね?

|

« 夏の補強について(後出しじゃんけん編 | トップページ | 金沢競馬場訪問記 »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏の補強について(後出しじゃんけん編 | トップページ | 金沢競馬場訪問記 »