« サイドバック考 | トップページ | アンドリューが凄かった ホーム熊本戦観戦記 »

2016年7月21日 (木)

今季初の連勝 アウェイ岐阜戦オンデマンド観戦記

岐阜戦オンデマンド観戦>水曜日のダウンタウン>ツールの山岳頂上ゴールを見るぞー!と最高の水曜日をwktkしていましたが、予想どおり飲みすぎてツールの途中で寝てしまったPさんですorz
1-0で勝利で、今季初の連勝、そして降格圏内脱出でしたからそりゃ飲みますよねーorz

決勝点はザキさん。大明神のGKをアンが競り勝って落としたボールにザキさんが反応、ゴールラインを割ったと岐阜の選手もPさんも思いましたが、ザキさんの執念のチェイスでシュートを撃つと岐阜キーパーの高木の脚に当って股間を抜けたものでした。
ゴールキックを競り勝って頭で落して、もう一人のFWのゴールというパターンは昨年のアウェイセレッソ戦の佐藤のゴールと同じパターンですね。
ホーム岡山戦のザキさんのゴールもショーマンが競り勝って頭で落としたボールに反応してのものでした。

ザキさん執念のゴールはお見事でしたが試合内容は押忍でした。残留争い同士の試合だなぁ、と思いましたが贅沢は言っていられないですよね。結果結果、勝点3が全てですよね。試合終了直前のアンドリューとザキさんのカウンターが決まっていれば印象がまた変わっていたと思います。
もっともツエーゲンの注文通りの内容ともいえました。
「後半、岐阜さんの方が粘り強く、じれることなく、ボールを動かしながら、ブロックの間を突こうとしていたとは思うのですが」という森下監督のコメントのとおり久しぶりに金沢時間(対戦チームがツエーゲンのブロックにボールの出しどころがなくボールを回すだけの時間帯)を見ることができました。
最終ラインが下がっていたのも、岐阜の2トップがともにドリブラーだったためらしいです。
実際押し込まれていましたが、決定的チャンスはほとんど作らせてはいなかったと思います。

その分だけ岐阜のチーム状態はかなり悪いように見えました。攻撃に工夫がなく、ザキさんの得点も岐阜のミスと言われても仕方がないものでした。
中継でラモス監督の「自分が現役だったら一番気持ちが乗る絶対に勝たなければならない試合」というコメントが紹介されていましたが、監督というより解説者のコメントのように思えました。
試合展開が押忍だったこともあり、試合内容よりスカパー実況チームの悲観的と言うか深刻というかネガティブなコメントが対戦チームながら気の毒だなぁと思わされました(実況自体は良かったと思います)・・・

|

« サイドバック考 | トップページ | アンドリューが凄かった ホーム熊本戦観戦記 »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サイドバック考 | トップページ | アンドリューが凄かった ホーム熊本戦観戦記 »