« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月26日 (火)

黒モロケン再びw

暑い日のビールは苦手(嫌いとは言っていない)、更に日曜日のナイトマッチ、加えて3時30分から某所の某イベン
ト見学するため熊本戦は車で行きました。西部に着いたのはキックオフ1時間ぐらい前だったでしょうか。
さすがにカキないだろうなぁと思っていたらやっぱりありませんでしたが、代わりにサザエのつぼ焼きがあるとのこと!リクエストしていたので嬉しいDEATHwすぐにお店に行って3個500円の最後のセットを購入。旨かったー!お店のご主人に訊くとカキほどは売れないとのことらしいです。楊枝で蓋はとりにくいか・・・

Sazae

Sazae2

浴衣deNIGHTということで浴衣を着た女性の方がいらっしゃいましたね。酔っぱらっていたら若い女性に写真をお願いして通報されていた可能性が高かったので素面で良かったw
この日はMROスペシャルでラジオで生中継、それもド贔屓の応援番組があってそちらを聴くためにも酔っぱらってはいられません。実況はMROの谷川アナ、ピッチリポーターは岐阜で腰にタオルだけをまとったあわちゃんを見たという萌えアニメ声(主観)の座間アナウンサー、ゲストはツエーゲンシニアアドバイザー佐々木さんと元ツエーゲンキャプテンで現アンバサダーのモロケンさん。ド贔屓の応援番組というからてっきり安太郎風のモロケン解説が聴けると期待していましたが前半は真面目でフツーに中立的な中継でした。モロケンさんが硬くて、実況を聴いていないスタジアムDJ大平さんにもからかわれる始末。
しかし、それに火がついたのか後半のモロケンさんが饒舌&黒くなって少し面白くなってきましたwそういえば2015シ
ーズンの新体制発表会のMCの時も最初硬かったのに後半になると人が変わったように饒舌&黒くなってきてました
。次回ある時はスロースターターから脱却して欲しいですねw

次回はサポーター代表としてオファーお待ちしております!←


| | コメント (0)

2016年7月25日 (月)

アンドリューが凄かった ホーム熊本戦観戦記

アンドリューが凄かったのでプレー集を作るための編集作業中に録画そのものを消してしまったPさんですorz
それぐらい昨日のアンドリューが凄かった!どーせ飲んでいてテキトーなことを書いているんだろうとお思いの方もいらっしゃると思いますが、この試合は素面で見ていました。まぁ素面でもテキトーなんですけどw
間違って録画を消してしまったのは昨日の酒が残っていたのかな・・・←帰宅後結局飲んでいました

ツエーゲンのボール支配率はリーグ最下位ですが、この試合のボール支配率はツエーゲンが高かったと思います。
だからと言ってピンチがなかったのかいうとそんなことはなく、前半はツエーゲンがボールを支配するも熊本のカウンターを少なくとも4回は喰らっていますね。清武が怖くて怖くて。決定的シーンを何度も作られました。鳥栖からのレンタルでしたっけ?鳥栖はナカビーを出しているのだから清武は引き取るべきでしたw熊本はツエーゲンの弱いパスをチームとして狙っていたのではないでしょうか。あとスローインにたいして無警戒すぎでした。清武のロングスローをノーマークでPAに入られたピンチを招いたシーンがあったような(録画を消したので確認できませんorz)。前半終了時は熊本に攻め込まれなんとか凌ぎきったという印象でした。
それでも前半これだけ攻勢だったのは今季初でなかったでしょうか。
後半になると一層攻勢を強め、熊本のカウンターも2回程度に抑えていたと記憶しています。
で、左サイドハーフなので後半はメイン側でのプレーしたアンドリューがよく見えましたが、スーパーというか無双というか借りパクできなくなったというか・・・
岡山戦でちんたら走って「走れ―!ゴラー!」と野次激励した同じ選手かと。掌クルーw当時のプレーは押忍だったのでゴメンはしませんよ。
受ける、守る、走る、パスを出すどれも最高クラスのプレーで、これはオリンピック代表候補になっていたと納得しました。4回ぐらいあった胸トラップをすべてマイボールにしていたんじゃないですかね。今度の放送は間違いなく録画して編集しなければ!
右サイドのナカビーも鋭い動きでチャンスを作り、A牙さんも中盤でタメを作ってチャンスを演出し、何度も何度も熊本ゴールに襲いかかりましたが得点は生まれず・・・非常に勿体ない引分けでした。何度頭を抱えたことでしょうかw
アンドリューがあまりに素晴らしかったのでもっと中でプレーして欲しいと試合中から思っていました。ネコさん投入でサイドを崩し、中にアンドリューがいればゴールにパスをしていたのではないかと妄想しました。チーム戦術を理解したことが(今ごろ?というツッコミはなしで)、現在の好調の原因と自己分析していたアンドリューですが、その上でエゴを出してそんなプレーができればもっとグレードが上がるんじゃないかと思えました。それで得点できなくても昨日の出来ならPさんは非難しませんよ。
攻撃でのミスは責めてもね・・・でも中盤の緩いパスをカットされるのはダメですよね。当然ながら決定力不足が言われていますが、ミスで好機を潰していたこともダメージだったと思います。あとノダンのクロスが長すぎたシーン何度かあったような・・・
藤さんは4枚目のイエローで次節出場停止orz

| | コメント (0)

2016年7月21日 (木)

今季初の連勝 アウェイ岐阜戦オンデマンド観戦記

岐阜戦オンデマンド観戦>水曜日のダウンタウン>ツールの山岳頂上ゴールを見るぞー!と最高の水曜日をwktkしていましたが、予想どおり飲みすぎてツールの途中で寝てしまったPさんですorz
1-0で勝利で、今季初の連勝、そして降格圏内脱出でしたからそりゃ飲みますよねーorz

決勝点はザキさん。大明神のGKをアンが競り勝って落としたボールにザキさんが反応、ゴールラインを割ったと岐阜の選手もPさんも思いましたが、ザキさんの執念のチェイスでシュートを撃つと岐阜キーパーの高木の脚に当って股間を抜けたものでした。
ゴールキックを競り勝って頭で落して、もう一人のFWのゴールというパターンは昨年のアウェイセレッソ戦の佐藤のゴールと同じパターンですね。
ホーム岡山戦のザキさんのゴールもショーマンが競り勝って頭で落としたボールに反応してのものでした。

ザキさん執念のゴールはお見事でしたが試合内容は押忍でした。残留争い同士の試合だなぁ、と思いましたが贅沢は言っていられないですよね。結果結果、勝点3が全てですよね。試合終了直前のアンドリューとザキさんのカウンターが決まっていれば印象がまた変わっていたと思います。
もっともツエーゲンの注文通りの内容ともいえました。
「後半、岐阜さんの方が粘り強く、じれることなく、ボールを動かしながら、ブロックの間を突こうとしていたとは思うのですが」という森下監督のコメントのとおり久しぶりに金沢時間(対戦チームがツエーゲンのブロックにボールの出しどころがなくボールを回すだけの時間帯)を見ることができました。
最終ラインが下がっていたのも、岐阜の2トップがともにドリブラーだったためらしいです。
実際押し込まれていましたが、決定的チャンスはほとんど作らせてはいなかったと思います。

その分だけ岐阜のチーム状態はかなり悪いように見えました。攻撃に工夫がなく、ザキさんの得点も岐阜のミスと言われても仕方がないものでした。
中継でラモス監督の「自分が現役だったら一番気持ちが乗る絶対に勝たなければならない試合」というコメントが紹介されていましたが、監督というより解説者のコメントのように思えました。
試合展開が押忍だったこともあり、試合内容よりスカパー実況チームの悲観的と言うか深刻というかネガティブなコメントが対戦チームながら気の毒だなぁと思わされました(実況自体は良かったと思います)・・・

| | コメント (0)

2016年7月19日 (火)

サイドバック考

いつごろから考えるようになったか覚えていません。こすけさんがサイドバックに入ってからだったでしょうか。
ツエーゲンの4バックは変形の3バックではないかと。
いや3バックは言いすぎですね、片方は攻撃偏重は守備偏重ではないかと。もちろん攻撃偏重といっても守備をしないわけではなく逆もそうですが、片方はセンターバックタイプの選手を起用するのが森下監督の戦略なのでしょう。

ここから曖昧な記憶で書いていきますが、昨季の左サイドバックはヨンファンが一番多く出場していました。

ところが、ヨンファンは元々センターバックの選手で、2014シーズン栃木では出場した全試合でセンターバックでした(33試合)

昨季開幕当初は左サイドバックができるのはあわちゃんとギシくんしかいなくて、誰がするんだろうと思っていたらヨンファンかぁと思った記憶があります。人がいなくてヨンファンが左SBになったのか森下監督に訊かなければわかりませんが、ヨンファンが左SBとして期待以上の働きをして安心できました。守備だけでなく数は少なかったですが効果的なオーバーラップも見せていました(最終節大宮戦のアシストは見事でした)。

今シーズンのサイドバックを確認してみます。
データはこちらから。

節 左SB  右SB
1 小柳   阿渡
2 小柳   辻尾
3 馬渡   辻尾
4 馬渡   メンデス
5 メンデス 馬渡
6 メンデス 馬渡
7 (3バック)
~12
13 野田   阿渡
14 野田   辻尾
15 野田   廣井
16 野田   太田
17 阿渡   辻尾
18 野田   廣井
19 野田   廣井
20 野田   太田
21 野田   太田
22 野田   馬渡(大田ボランチ)
23 野田   太田
  
こうして見てみると17試合中両サイドを本職SBが出場したのは1、2、3、13、14、17、22試合の7試合しかないんですね。右SBにこすけさんが入ったのはCBを高さ優先にしたのでしょう。
こすけさんの右SBに疑問の声もありますが(Pさんもそうでしたw)、ヨンファンのSBが良すぎたのがイメージを悪くしているのもあるかもしれません。
こすけさんの右SBはもう監督の考えだから仕方ないと思うしかないんじゃないかなぁと。これでこすけさんの右サイドバック起用が納得できましたw

| | コメント (0)

2016年7月18日 (月)

ビールフェスタ反省会

飲みすぎない事、人に迷惑をかけない事、
試合中寝ないこと、美人さんの名前を間違えない事、
帰りの交通費を残す事 それが一番大事
(大事MANブラザーズバンド「それが大事」のメロディで)

過去にもビール飲み放題企画がありましたが、バックスタンドだったり、予算が合わなかったりでなかなか利用することができませんでしたが、山形戦では1500円というリーズナブルな価格だったので利用させていただきました。この企画がなければ車で行くつもりでしたw
これまで何度も書いていますが、暑い時期のビールはすぐに温くなる、身体が熱くなって汗になる、夜寝られなくなるのであまり飲みたくないんですよねー。今度は4・5月または10・11月に企画してもらえませんかねぇ(少数意見)。
まぁ6杯飲んだので季節関係ないか・・・
いつもならキックオフ3時間前に西部に着くようにしていますが、この日はビールフェスタ発売時間がキックオフ2時間前の5時だったのでその時間に着くようにしました。着いたら山形サポさん多い!ありがとうございました!
今シーズンだと松本サポに次ぐ多さでした。やっぱりビールフェスタ目的だったのでしょうか?多分違いますよねw3連休の初日ですから遠征しやすい日程のおかげでしょう。山形は昨年はJ1で、うちが来年J3だから行くなら今年しかない!とった方もいらっしゃたでしょうか?ナイトマッチなら日曜日より土曜日の方がアウェイサポーターさんだけでなくツエーゲン側のお客さんも来やすいのでしょうけどスカパーとの契約があるからしゃーないですねorz
山形サポさんが多い上にいつもより遅くついたので焼ガキに大行列で試合前に購入はできなくて、試合が始まってやっと購入することができました。行列は焼ガキだけでなくキッチンバーランプさんにもできていてなによりです。
ビールのおともにキックオフ前にソーセージをいただきました。食事については普段スタジアムでいただいていますが、ビール飲み放題で空腹だとロクでもないことになりそうだったので(何度も反省しています)あらかじめ早めの夕食をとって行ったら腹が膨れて思ったよりビールを飲めなかったし(6杯)、観戦記をなんとか書けるぐらいの酔いですんだので正解でした。
ビールサーバーはメインコンコースにあって、噴水前と往復するのがやや面倒でしたが、茶屋街のお店でもビールを売っていますから仕方ありませんね。そしてS席に座るとS席にもビールサーバーがあって良かったです!8時販売終了が残念でしたが、売っていたら多分試合を見られていなかったと思いますので正解でしたw
昨日S席のお客さんが多いというエントリーを上げましたが、このビール企画で増えたのではないかという意見もありました。
帰りのシャトルバスは3便で、山形サポさんの数に比べて少ないのではと思いましたが、積み残しはありませんでした。前のホーム讃岐戦も2便で積み残しがなかったので、シャトルバスは適正な台数が運行されていると思います。

観戦記追記
山形サポさんのブログなどを読ませていただいたところ攻撃に工夫がないとの声が多いようですが、うちの組織的な守備が機能していたんじゃないかと思えました。実際原田大明神のビックセーブとポストで2点は防いでいますからね。
セレッソ、徳島、讃岐、愛媛などと比べると拙攻というほどではなかったと思います。

| | コメント (0)

2016年7月17日 (日)

S席がここまで

ど~も、観戦記をひそかに期待されているブログです。

さてさて、先日勝利した山形戦は試合内容も結果も新加入選手の活躍もあって、スタジアム全体(というか半分かw)でツエーゲンを後押ししている感じがし西部はサイコーのふいんき(変換できない)でした!
特にS席が、と書きかけて前にも同じことを書いているんじゃないかいう疑惑がw
というか書いていました・・・

山形戦はこれ以上のふいんきだけでなく、S席のお客さんが多かったですし(当社比)、ゴール裏も多くのサポーター
がいました。観客数は4080人。山形公式によると山形サポさんは500人ということでしたからツエーゲン側で3500人ぐらいですか。大体いつもの人数ですね。
しかし、S席のお客さんもコール&レスポンスに参加し、選手入場時、コーナーキックのシーン、得点が決まると立ち
あがってマフラーを回す、勝利後選手たちが戻ってくるまでスタンドで多くのお客さんが待っているところを見ると、
お客さんの数こそは劇的に増えてはいませんがより熱心になってきていることがわかります。
その思いを強くしたのが試合後シャトルバスに向かっている時に前を歩いていた小学生男子2人(3年から5年生ぐらいに見えました)を見たことです。親御さんがいないので気になっていたんですが、ずーと2人でチャントを歌っていた
んですね。そして移籍後初ゴールを決めたナカビーのチャントを確認しながら練習していました。
スタンドの様子と合わせて「Jのある街」になったんだなぁと感慨深くなりました。まぁ飲み杉のせいかもしれませんけどw

SA席のお客さんがSとゴール裏に流れてきたいるんですかね?それでもSでは比較的静かに見られるので、試合をじっくり見たい方はどうぞ(ただし、Pさんの近くは除く)
熱心な人が増えてきているので定期的に更新してくれるブロガーさんの登場も期待しています。

20160717_23_40_12

20160717_23_40_23


| | コメント (1)

昨季前半のような試合 ホーム山形戦観戦記

はい、二日酔い
はい、寝不足
やはり、「ビアフェスタ」(1500円で生ビール飲み放題)は危険でした・・・
まぁ6杯飲みましたからね・・・

それより危険だったのは、飲み杉て寝てしまう、見ていても何がなんだがわからない状態になるんじゃないかということでしたが、対策をしていたのでそこまで試合内容を覚えていないということはありませんでした。
まぁ6杯飲んだからどこまで信用できるものか・・・
どれだけ酔っぱらっていたか、今回の観戦記でご判断願います!

先発メンバーは前節から2名替えてきました。


   ザキさん ショーマン
アンド龍        ナカビー
   藤さん  A牙さん
ノダン 廣井 市長 こすけさん
     大原田

前節トミーのところに初先発のナカビー、前節アンドウが出場停止だったためボランチに入っていたこすけさんが右SBの戻り、今週復帰となったA牙さんがいきなりボランチで先発です。今季1試合のみ出場で、水曜日から練習に合流していての先発ですから思い切った起用だったと思いますが、逆に行けるところまで行こうということだったかもしれません。

試合開始直後にこれまでの試合と比べてパススピードが速いのにビックリしました。2倍とは言いませんが、1.5倍ぐらいアップテンポしているように思えました。
岡山戦もハードワークが出来て良い試合でしたが、トミー個人の頑張りに負うところが大きかったように思えます。しかし、山形戦は個人のハードワークが目立つことなく、チーム全体の連動性も感じました。原田大明神のビックセーブ連発も含めて、昨季上位にいたころのようなサッカーができているように見えました。ネットの反応を見ても今季ベストゲームという声は見ましたが、昨季のようなという意見を見ていないのでビール飲み杉の影響かもしれませんがw

決勝点はA牙さんがボールカット、キープ>ノダンのスルーパス>(途中交代の)ネコさん左サイドを個人で崩してマイナスのクロス>走り込んだナカビーがゴール!(アンド龍が立っていたところにGKが走りこんできて転倒)
組織で崩した得点というのもイイですよね!ゴール前にアンド龍も顔を出していたのもイイ!

終盤メンディを入れたのは「跳ね返しまっせ」「とにかく守るんやで」というメッディージだったのでしょう。
シュート数、枠内シュート数は全く同じでしたが、ツエーゲンが押し気味に見えていたので、内容を伴った試合だったと思いますし、スコアレスを長い時間続けて終盤勝ち越すのは今季の勝利パターンですからね(なおここまで3勝しかしていないことには触れないこと)

これまで何回も降格は覚悟していると書いてきましたが、山形戦を見て初めて残留の希望が見えてきました。次のアウェイ岐阜戦はA牙さんは契約上出場できませんが、なんとか勝利し1節でもはやく当面の目標20位に到達したいですね。

| | コメント (0)

2016年7月14日 (木)

秋葉復帰!

えー、もっと早く書こうと思っていたんですが、なにかネタ仕込もうと思っていたらこんなに遅くなってしまいました
・・・結局ネタ思いつきませんでしたorz

それとお断りしておきますが今回のエントリーは全て妄想です。まぁそれは今回に限ったわけじゃないですがw

今回の復帰で最初に思ったのが、よく岐阜がレンタルを認めたなぁということです。
恥ずかしながらツエーゲンは現在単独最下位で勝点16。残留が保証される20位北九州の勝点は20。そして岐阜は15位で勝点24、と下から目線ですが残留の目途がついているとは思えません。下から目線ですが、残留争いするツエーゲンに塩を送る移籍に思えるのです。
ただ、移籍の発表がやや遅れたのは、岐阜フロントも残留争いをするかもしれないツエーゲンに移籍をすぐに認めたわけではなかったのかなぁとも思うわけです。

(全て妄想です、念のため)

それでも移籍が成立したのはA牙さんが出場機会を求めるという強い意志があったのではないでしょうか。そもそもミスター山形とまで呼ばれていたのに、昨季ツエーゲンにレンタル移籍してきたのも試合に出たいという強い意志があったからでしょう。

(繰り返しますが、全て妄想です)

昨季ツエーゲンを退団した経緯を考えると一層強い意志を感じます。レンタルの継続も完全移籍もなくツエーゲンを退団して、レンタル元の山形からも退団しました。
内部事情はまったく知る立場にありませんが、水永、金子とレンタルから完全移籍した選手のケースがある一方で、A牙さんは全試合出場しながらツエーゲン退団となりました。ツエーゲンからのオファーがなかったのかお金が合わなかったのか・・・どちらにしろA牙さんは良い感情を持てなかったのはないでしょうか。
それでもA牙さんはツエーゲンを救うために戻って来てくれました。

(何度も書いていますがここまで妄想アンド妄想)

私たちサポーター(自称含む)がしなければならないことはA牙さんに最大限の敬意を表すことです。
山形戦に先発するかベンチ入りするかはわかりませんが、A牙さんの名前がコールされたら他の選手より大きな声でレスポンスを返し、大きな拍手をしたいと思います!(酔っぱらっていなかったら)

| | コメント (0)

2016年7月11日 (月)

見得を切れなきゃ張ることもできなかった いろいろアウェイ松本戦

先週のエントリーを全部消去したぁぁぁぃぃぃぃ!
予想先発メンバーは外すは、バスツアーのDVDは散々だったわで、もうね・・・

   ザキさん ショーマン
アンド龍        トミー
   藤さん  こすけさん
ノダン 廣井 市長 まわちゃん
     大原田

先発メンバーの外しっぷり・・・

キックオフ早々松本の猛攻にさらされましたが、ここ最近のトレンド前半専守防衛でなんとか無失点で切り抜ける事ができました。そしてこの辺から記憶が曖昧になってきます(いつものパターンorz)
2点先取されるもアンド龍のゴールで1点返すとセカンドボールをとれるようになり、なんとなく同点の予感がしてきました。そしてなんと市長に替えてメンディを入れると1分後にコーナーかたメンディの頭で追いつきます!
そして一層記憶が曖昧に・・・
だんだんと時間が過ぎ最悪勝点1と思われた89分に追加点を許し、さらにアドなんとかタイムにもダメ押し点を許して万事休す。ホームに続いてアウェイでも2点差の敗戦となりました。
ホームでは一般的に力の差を感じたという声が多いようですが、2失点した場面以外は決定機を作らせなかったと見えたのでPさんはそうでもなかったという感想を持っていました。なお、この試合はスタジアムでベロンベロンの状態で見ていました。
一方昨日の試合に関してはよく闘ったという声が多いようですが、Pさんは力の差を感じました。なお、この試合は家でベロンベロンの状態で見ていました・・・岡山戦讃岐戦の感想で「ツエーゲンのシュートは前節岡山戦に続いて、崩した形こそありませんでした」と書いていましたが、3,4点目の失点はツエーゲンがなかなかできないまさにそうした形で奪われたことに力の差を感じたのです。

バスツアー用のDVDは自分で再生しないままクラブスタッフに渡しのですが、映像と音声のズレが酷くて観られたものでなかったそうです・・・orz

スカパー実況も酷くでもう散々ですよorz

| | コメント (1)

2016年7月 8日 (金)

バスツアー用のDVDを焼きました

ど~も、本の整理をして3年目に入ったPさんで~す←ペース遅すぎ
さてさて、松本戦でオフィシャルバスツアーを募集していることで、またまたDVDを焼きました!
誰にも頼まれていませんけど。
ツアーの申込していませんけど。
お節介なだけですけど。

昨年までバスツアーに参加したことがある方ならご存知だと思いますが、異動の車中でDVDがけっこう流されていました。何を隠そう、というか隠す気が全くありませんが、DVDの結構な割合を提供していました。もっとも提供したDVDが流されている間は、テレビ放映された映像でなくて自分で編集した動画だったこともあり、ビミョーな空気になることが多くいたたまれない気持ちになることも多々ありましたw
テレビ放映を録画したDVDはバスなどに搭載されているDVDプレーヤーで再生できないからなぁ・・・、と思っていましたがオフシーズンにそれらのプレーヤーで再生する方法をようやく知って、今季おひさるバスツアーにテレビ放映を録画したDVDを提供できるようになりました。誰にも頼まれていなくて、ツアーの申込していなくて、お節介なだけですけど。

さっそくセレッソ戦のバスツアー参加者に参加したある方に移動中流すようにお願いしてDVDをお渡ししましたが、タイミングが掴めずに流されなかったとのことorz
その反省を生かして、松本戦用のDVDは讃岐戦当日試合前に近くを通りかかった美人クラブスタッフぶっさんに酔った状態で渡しました。今度こそ移動中に流されるはず!というかクラブスタッフはバスに乗るの?乗車しない時は誰かに託してください。
内容はツエーゲンTVのまとめなどです。ツアーに参加された方は感想を教えてください!
なお再生していないので、途中で映像が切れているかもなのでそちらも教えてください!
Pさん作の嘘字幕映像も入れておきましたが、そちらで押忍な空気になった時は教えてもらわなくても結構です!

しかし、今季は成績が押忍なので良い映像少ないんですよね・・・
昨季のゴール集、2014、2015シーズンの映像を入れようとしましたが、退団した選手が多くて切なくてやめました。そ
れでも調子に乗って焼いていたら10時間ぐらいになりましたw
参加者の皆さんがこのDVDで喜んでいただけますように!

| | コメント (0)

2016年7月 6日 (水)

松本戦にはネコさんを推薦します

選挙分析でいうと独自の戦いをしているブログです・・・
さてさて、日曜日は松本戦。FWはネコさんを使って欲しいニャー、とツイッターで書いていますが全然反応がありません(支持率0%)。
松本戦は押し込まれる展開になるんじゃないかなー、主導権を握られるであろう展開じゃないかなー、と思うんです。
必然的にチャンスはカウンターに頼らざるを得ないじゃないかと。それもいつものショートカウンターよりも裏に走らせるカウンターが有効かなーと考えたわけで、そうなればショーマンよりもネコさんですよね。
前節には出場していますし、岐阜との練習試合でも得点を決めています。
金子昌広選手、金子昌広選手を我が党は推薦いたします!

出場停止のアンニキのところには教授かなぁ。守備で走れるし、判断が速いのでカウンターに必要かなと思います。
2列目右はトミー、左はナカビー、FWもう一人はザキさんで残りは前節と同じメンバーと予想。

  ザキさん ネコさん
ナカビー      トミー
   教授   藤さん
ノダン 廣井 市長 こすけさん
     大原田

異常、Pさんのあたらぬも八卦当たらぬも八卦の当落予想でした!

| | コメント (0)

2016年7月 4日 (月)

金沢競馬場訪問記

ギャンブルやりません。パチンコ、スロット、競馬、競輪、ボートしません。煙草も吸いません。だからお酒だけは勘弁してください・・・
そんなPさんが百万石賞という金沢競馬場一番の?ビックイベントがある日にほぼ1日過ごしてきたので、サッカー会場との違いを主眼に感想を書きたいと思います。

ギャンブルに興味がないのに金沢競馬場に行ったのはイベント目的。なお、目的のイベントがなんだったのかは訊かないでください!ただお笑いの「我が家」ではありませんでした。それとイベントだけでなく飲食も楽しみにしていました。
ちなみに金沢競馬場に行ったのは3回目。前回も百万石賞で、イベントでツエーゲンの選手、ゲンゾーさんが登場していて、目玉は現アンバサダー・モロケンさんの前田利家コスプレでしたw
Photo

競馬場に着いて最初に寄ったのが、この日特設らしいテントの売店でした。サッカー場と同じように焼きそばや生ビール500円などサッカー場と同じものを売っていましたが、カップ麺、缶チューハイが100円で売られていたのにビックリ。サッカースタジアムでは考えられません、出入りの業者が出店していたのでしょうか?
100円という値段は、食い物にお金を使わせるぐらいなら競馬に使え!ということなんでしょうか?

テレビなどでギャンブル場=酔っ払いが多いというイメージを持っていましたが、意外にアルコールを飲んでいる人は少なかったです。考えてみれば金沢競馬場に来る方のほとんどは車ですし、家族連れの割合も少ないとすれば納得ですね。讃岐戦では美味しいそうにビールを飲んでいる女性を何人もお見かけしたのと対照的でした。ゴミが多いというイメージもありましたが、清掃員の方が多くてそんなことはありませんでした。

昼飯は競馬場内にある金沢玉寿司さんでいただきました。競馬場で握りすしを食べられるんですね。バイ貝とイワシそれぞれ三貫250円とリーズナブル。ふいんきあって良かったです。
2

これで満腹になるわけがなく次はラーメンを食べました。ラーメン500円とこちらもリーズナブルだったんですが、バカ舌Pさんも押忍だなぁという味でした・・・。
味はともかくお店のふいんきが面白くてwPさんが入った時は常連さんと若い女性がいて、その女性が出て行くと、お店のおばちゃんと常連さんに若い女性が競馬場巡りしているとの話をし始めてギャンブル場だなぁwと。そして常連さんが店を出る時、おばちゃんがお金は後でいいから、との発言にサッカー場と違うわーw
そちらのお店でスマホをずーといじっていたんですが(お店でスマホをさわっていたのはPさんだけでした)、出てから「あの客は・・・」と言われていたと思いますw

お客さんはツエーゲンの試合に比べると年齢高めで女性が少なくて、スマホをさわっている人も少なかった印象です。サッカースタジアムに比べて場内で過ごす時間が長い、試合が始ると客足が止まるということもない、開催日がサッカーよりはるかに多いということで、店舗を構えた飲食店が多いのでしょう。もっとも逆に言うといつも同じお店ということですね。無料の冷水お茶サービスがあったのも長い時間を過ごすことを前提にしているんでしょうし、競馬にお金を使ってもらうという意図があるんでしょうね。

せっかくだからということで勝馬券を3枚「レッドセバスチャン」「ツヴァンガー」「ルッテル」「グリーンアモーレ」とツエーゲンっぽい名前と長友さんおめでとうということで購入しましたが、もちろん全敗でした(500円)orz

本来の目的のイベントは、これまでで一番近くで見ることができたのでヨカッター!

次は富山競輪に行きたいです!


| | コメント (0)

露わになった課題と見えた希望 ホーム讃岐戦観戦記

日曜日のナイトマッチで飲みすぎるとロクなことはありませんね・・・
ゴミは出し忘れるは、かがのとイブニングの録画は忘れるわ、仕事は手につかないと散々ですorzあ、仕事が手につかないのはいつもの月曜日でした・・・あ、仕事が手につかないのは月曜日だけでなく毎日でした・・・
とまぁいつも調子だったんですけど試合は比較的真面目に見ていたと思います(比較対象ホーム京都戦

ホーム岡山戦、アウェイ徳島戦と内容が良かった試合で隠れていた攻撃の課題が露わになったと同時にその課題を解決する希望が見えた試合だったかなと思って見ていました。
課題と思っていたのは、オンデマンド観戦だった徳島戦の観戦記で書いたここです。
「ツエーゲンのシュートは前節岡山戦に続いて、崩した形こそありませんでしたが、苦し紛れではなくて積極的に撃っていくミドルシュートが多くて見ていて気持ちヨカッタです。」
岡山・徳島戦は相手が守備を固める前に撃った可能性の高いシュートが多い印象がしましたが、讃岐戦のミドルはゴール前を固められた末の「苦し紛れ」で撃たされたように見えました。岡山・徳島戦のミドルはグランダーが多くて、讃岐戦は宇宙が多かった印象がありますが、これも傍証になるでしょうか。
トミーはすごく頑張っていても単独で突破するタイプでないし、アンドリューも人を動かすタイプで、内容が良かった岡山・徳島戦で崩した形がほとんどなかったことが気になっていたのです。
そこでナカビーの投入ですよ!左サイドを抉ったクロスは久しぶりに崩した、と思えました(最近だとネコさん、フジさんが見せたプレーですよね?)。2列目で個人で勝負できるプレーヤーということで期待しちゃいますよね。
さきほど、「苦し紛れで撃たされたように見えた」と書きましたが、これは讃岐のゲームプランなんでしょう。最下位のツエーゲンが残留するためには目標は20位になりますが、同じく残留が最低限の目標となる(多分20位より順位が上の)讃岐にとっては最下位チームとの勝点差を縮められないことが昨日の最大のミッションだったのでしょう。失点しないことを第一に考えていたツエーゲンと讃岐ですが、お互いそのミッションを完遂してより得るものが大きかったのは讃岐でした。内容も結果も讃岐の試合だったと思います。

→結果論でもっと早く交代のカードを切るべきと書くのは簡単なので書きますが、守備的でカウンターも切れ味の悪かった讃岐に対して、もう少し早く攻撃のカードを切ることを、サイドを活性化することはできなかったのかな?と思います。まぁ結果論なので→からカットでお願いしますw

こすけさんがこれまで一番サイドバックらしく見えたのは讃岐が攻撃を自重したからですかね?

| | コメント (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »