« だからトミーを使えと! ホーム岡山戦(素面での)観戦記 | トップページ | WE ARE ZWEIGEN. »

2016年6月23日 (木)

マンデーナイトフィバー

大切なことなので、前回に続いて書きます。
ホーム岡山戦は、おそらく昨年の3月以来ではないかと思われる素面(アルコールなし)で観戦しました。
いつもビールを買っているお店からは、身体悪くしたんじゃねいですか?と訊かれ、いつもお話しさせていただいている方からは、テンション低いですね、と言われました

素面のせいかスタンドの様子がいつもと違っているように感じました。いや、素面のせいでなく、西川GMとサポーターグループ、ジーブリッツコールリーダーのメッセージの影響もあるかなと思いました。

キックオフ2時間ぐらい前に着くと噴水周りは予想どおりのガララーガ。ビールの代わりにジュースで一人乾杯して、焼ガキ(行列なしで買えました。7月3日の讃岐戦でも提供できるかも、ということです)、カキ飯、ツエーゲン焼きをいただきました。ツエーゲン焼きはアルコール飲むとなかなか食べる気になれないのでこんな時でもないと食べる機会もありませんからね。
スタンドに入ってもガララーガ・・・ゴール裏も少し寂しい・・・

それがアレ?と思ったのが、選手紹介の時。大平さんが選手名をコールすると、ゴール裏が太鼓とコールで「ドンドン」「オイ」とするわけですが、メイン中央部のほとんどのお客さんが、太鼓に合わせてクラップして、オイに合わせて手を上げていました。普段そんなことはなくて、Pさんは拍手していたんですが、拍手するタイミングがなくて、途中から太鼓に合わせてクラップしていました(選手入場の時にも多くの方が立ってタオルを振り回していましたが、これは今年になってからよく見る光景です)。酔っぱらっていたから記憶がなかったのか、この日が特別だったのか・・・

ゴール裏を見るといつの間にか土日ぐらいの塊になっていてビックリですし、声も出ていました。もちろん選手の気迫もありますが、ジーブリッツのメッセ―ジの影響もあったのでしょう。Pさんの後ろの方が、声が出ているのはコールリーダーのメッセージがあったから、とおっしゃっていたのにもビックリしました。
後半から楽しそうだからゴール裏に行ったというツイートもいくつかあって、週刊ツエーゲンTVのアシスタント舞葉さんもその一人でした。
なお、舞葉さんを試合前噴水周りで見かけましたが、素面なので握手を求めませんでした。酔っぱらっていたら絶対に握手求めていたなw

3度目のビックリは試合終了後でした。試合が終わってそうそうに帰るメインのお客さんがいる一方で選手がバックからゴール裏を周ってメイン前まで戻ってくるまで待っているお客さんもいます。その多くのお客さんが、ゴール裏のチャントに合わせてクラップして両手を上げていました。飲んだ時はバスに乗るためすぐに帰っていたので新鮮な光景でした。

結果こそついてきませんでしたが、スタンドとチームの相乗効果で良いふいんき(変換できない)でした。

|

« だからトミーを使えと! ホーム岡山戦(素面での)観戦記 | トップページ | WE ARE ZWEIGEN. »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« だからトミーを使えと! ホーム岡山戦(素面での)観戦記 | トップページ | WE ARE ZWEIGEN. »