« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月30日 (木)

夏の補強について(後出しじゃんけん編

後出しじゃんけんじゃんけんぽーん!
勝ったー!(後出しで

松〇サポのダンマクのような書きだしで始まったド素人ブログの今回のお題は夏の補強に関してです。

ご承知の通り夏の補強はサウジアラビア2部からのFWダビ、鳥栖からのSHナカビーの(現在のところ)2名です。もっとも補強が必要なポジションはどこだろうと考えていたら、2列目だろうなと思っていました←後出しじゃんけん。
消去法で考えると、GKは投資効果が低い、CBは人が揃っている、サイドバックは人材豊富、ボランチもレギュラーが固定されている、FWはそれぞれショーマン、ザキさん、あん、ネコさん(体調は?)とそれぞれ役割をこなしている。しかし、2列目は・・・オフに移籍した選手が期待されたほどのプレーを見せてくれない、そのためトップに使いたいアン、ネコさんを2列目で使わざるをえない状況に陥っている。ここ2試合のトミーを活躍を見ていればおわかりだと思いますが、2列目の運動量不足が守備にも悪影響を与えたと思っていました。それに2列目はもっとも人が余っているポジションという偏見もありますしwナカビーは走れる選手で昨季10得点しているので期待しています。
一応言い訳させていただきますと、どのポジションに補強が必要かという話をある方としていた時に2列目だと言っていますたwなおその方はFWだとおっしゃっていました。
練習も見ていなくて押忍ですが、ナカビーは讃岐戦の先発もあるんじゃないかなーと思います。

一方のFWダビは、これまた練習も見ていなくて押忍ですが、先発はないんじゃないかと思います。森下監督が求めるFWの守備をどこまでできているか、サウジ2部ではそんなこと求められていなかったでしょうしw(偏見。使わるとしても後半からかなぁと無責任に予想しています。讃岐はラインを上げてくるイメージがないので、つべで見せていたような単騎で走り抜けるイメージもまるで持てませんwポストはショーマン、アンができますしね・・・
ポストタイプなのか裏抜けタイプなのかパワー系なのか。守備はできるのか、それともある程度目を自由を与えられるのか、誰との組合わせが最適なのか・・・攻撃系ブラジル人がレギューラ張ったのは2008年のダニロ(現群馬の通訳でしたっけ?)以来いないので、まずはレギュラー獲得からですね。

| | コメント (2)

2016年6月27日 (月)

藤さん!藤さん! アウェイ徳島戦後半のみ録画観戦記 

藤さん 藤さん 偉いぞ偉いぞ 藤さん 
藤さん 藤さん 偉いぞ偉いぞ 藤さん
藤さん 藤さん まだまだいけるぞ藤さん

オンタイムはスカパーオンデマンドで見ていましたがなぜか後半からでした。理由はいつもの押忍です・・・でも48分のアンドーのシュートが両チーム通じての初シュートとの実況で観なくて良かったかなとw
ということで一夜明けた今日も、録画を後半のみ観直しての感想です。

後半通じてツエーゲンペースでした。シュート数が7-3(後半のみ)、コーナーは6-0(試合を通じて)ですからね。危ないシーンは左からのクロスを頭で合わされた時ぐらいでGK大原田がナイスクリアしてくれました。ツエーゲンのシュートは前節岡山戦に続いて、崩した形こそありませんでしたが、苦し紛れではなくて積極的に撃っていくミドルシュートが多くて見ていて気持ちヨカッタです。守備においても岡山戦に続いて球際に強く粘っこくて、徳島は嫌だったろうなと思いますwただ徳島ももう少しやりようがあったような気がします・・・うちのやり方に嫌になったのか引き出しが少ないのか・・・

トミーは前節岡山戦に続き守備と攻撃に効いていました。CBの2人も高くて強くいなど他の選手も良かったなか、ノダンがやや不調だったように見えました。替わって入ったまわちゃんも積極的で良かったですが、先発で使われないのはコンディションなのか、森下監督の戦略に合わないのでしょうか。左もできますが、本人は右の方が得意と言っています。
森下監督の4バックは片方は守備的な選手を使っているんだと思います。昨年は右につじおで守備重視でヨンファンを使っていましたが、ここ数試合はノダンを攻撃的な左にして、右を守備的にこすけさんを使っているのかなと。昨季は左サイドが弱かったので(シーズン当初は本職はワッキーだけだったはず)仕方ないのかなと思いますが、今は人が揃ってきているので勿体ないなぁと思うことが多いです。

藤さんのビューティフルゴールは今季4点目。うちアドなんとかタイムの得点はセレッソ戦のPKと合わせて2点目です。そして勝利試合のゴールは初めて!

次節ホーム讃岐戦も球際に強くて粘っこいサッカーで勝利を飾りたいですね!

| | コメント (0)

2016年6月25日 (土)

トミーのインタブー

だからトミーを使えとあれほど言っていたのに!

と書きながら、どれだけ言っていたか、というか本当に言っていたかよく覚えていないPさんです。

さてさて、岡山戦で鮮烈な印象を与えてトミーのインタビューが、週刊ツエーゲンTVと情熱サッカーで流れていたので、ちょいと紹介します。

まずは週刊ツエーゲンTV、(   )は大平さんの問いかけです。
(身体大きくなったんじゃない)
「去年の怪我した時に、その時ちょうどサッカー出来なかったんで、筋トレで来年闘える身体を作ろうと」
(シュートが速く強くなったけれど)
「シュートに関しては自信を持てるようになってきました」
(ハードワークが見てて気持いい)
「僕の特徴なのでハードワークは」「今 チームに足りないもの 球際だったり走ることもやっていこうと思いました」

情熱サッカーは録画できていないので番組のツイートから
「去年もホームで1試合も出てなかったし、今年もホームで初だったんで、まずは自分が出て貢献するってことが一番だったけど、まぁ、ちょっと残念ですね。シュートチャンスで決めれるチャンスがあったんで、やっぱそういうとこ決めないと。そこが悔しいところですけど。僕も大学から金沢来て、金沢8年目でツエーゲンが地域リーグからJFL、でJ3、J2と上がってくのを見てく中で、絶対ここを落としたら駄目だし、その金沢のツエーゲンにかける思いっていうのは他の選手よりも強いと思ってるんで、もっと表現していきたいと思ってます。」
こちらは番組内でのインタビューの聞き書き
「守備で貢献、ハードワークはできたのではないか」

監督もトミーの守備の貢献を評価していて、トミーのプレーがスタンダードにならなければといっていました。
アドなんとかタイムでもトミーが絶賛されていましたが、気になるのはなぜトミーしかできていないのかということです。
「今 チームに足りないもの 球際だったり走ることもやっていこうと思いました」と言っていました。それは多くの
サポーターも感じていたことですが、そのことを自覚しているのはトミーだけでその動きができていたのでしょうか?
それとも多くの選手も感じていながらできていないのでしょうか?
本来ならキャンプで完成し、開幕後チーム全体でできていなければならなかった・・・ものなのです。
トミーのハードワークは素晴らしかったですが、トミーだけなくチーム全体ですることが重要です。この日のトミープレーをチーム全員で見て、一人一人がハードワークを行い、それがチーム全体で連動するような練習をしてもらいたいなぁと思いますた。

| | コメント (0)

WE ARE ZWEIGEN.

拙ブログの80%は妬み恨み嫌みでできています。
感動的な文章を書いていません、というか書けません。
こんな文章も書いてみたいと思うのですが・・・

人はどんなときに、応援されたいだろうか。

      結果を出す人にほど、多くの声援が贈られる。
                      けれど、ほんとうは、
       自分が情けなくて、涙が頬を濡らすときこそ、
  それでも前を向いて闘わなければいけないときこそ、
          人は応援されたいのではないだろうか。
           現在、ツエーゲンはJ2リーグ最下位。
      先の見えない中で、選手たちはもがきながら、
               必死に前へと進もうとしている。
          だからこそ、声をあげよう。共に闘おう。
             私たちサポーターは、信じ続ける。
          きょうの涙が、勝利の涙に変わる日を。

      WE ARE ZWEIGEN.
        (広告企業様)


Photo

24日の胸スポンサーさま北國新聞の全面広告です。
昼休みにツイッターで知ってジーンとしました。
コピーだけでなく全体のデザインを含めて、すっごく良い広告だと思います。
コピーの下の「WE ARE ZWEIGEN.」も良いです。

前回のエントリーで、スタンドの良いふいんき(変換できない)「西川GMサポーターグループ、ジーブリッツのメッセージの影響もあるかなと思いました。」と書きましたが、この広告でもっとお客さんに応援に来てもらって欲しいですね!

ぢつは、Pさんも(自称サポーター)こんな気持ちで応援しています!ブログとツイッター90%は妬み恨み嫌みでできていて理解されにくいかもですが・・・

| | コメント (0)

2016年6月23日 (木)

マンデーナイトフィバー

大切なことなので、前回に続いて書きます。
ホーム岡山戦は、おそらく昨年の3月以来ではないかと思われる素面(アルコールなし)で観戦しました。
いつもビールを買っているお店からは、身体悪くしたんじゃねいですか?と訊かれ、いつもお話しさせていただいている方からは、テンション低いですね、と言われました

素面のせいかスタンドの様子がいつもと違っているように感じました。いや、素面のせいでなく、西川GMとサポーターグループ、ジーブリッツコールリーダーのメッセージの影響もあるかなと思いました。

キックオフ2時間ぐらい前に着くと噴水周りは予想どおりのガララーガ。ビールの代わりにジュースで一人乾杯して、焼ガキ(行列なしで買えました。7月3日の讃岐戦でも提供できるかも、ということです)、カキ飯、ツエーゲン焼きをいただきました。ツエーゲン焼きはアルコール飲むとなかなか食べる気になれないのでこんな時でもないと食べる機会もありませんからね。
スタンドに入ってもガララーガ・・・ゴール裏も少し寂しい・・・

それがアレ?と思ったのが、選手紹介の時。大平さんが選手名をコールすると、ゴール裏が太鼓とコールで「ドンドン」「オイ」とするわけですが、メイン中央部のほとんどのお客さんが、太鼓に合わせてクラップして、オイに合わせて手を上げていました。普段そんなことはなくて、Pさんは拍手していたんですが、拍手するタイミングがなくて、途中から太鼓に合わせてクラップしていました(選手入場の時にも多くの方が立ってタオルを振り回していましたが、これは今年になってからよく見る光景です)。酔っぱらっていたから記憶がなかったのか、この日が特別だったのか・・・

ゴール裏を見るといつの間にか土日ぐらいの塊になっていてビックリですし、声も出ていました。もちろん選手の気迫もありますが、ジーブリッツのメッセ―ジの影響もあったのでしょう。Pさんの後ろの方が、声が出ているのはコールリーダーのメッセージがあったから、とおっしゃっていたのにもビックリしました。
後半から楽しそうだからゴール裏に行ったというツイートもいくつかあって、週刊ツエーゲンTVのアシスタント舞葉さんもその一人でした。
なお、舞葉さんを試合前噴水周りで見かけましたが、素面なので握手を求めませんでした。酔っぱらっていたら絶対に握手求めていたなw

3度目のビックリは試合終了後でした。試合が終わってそうそうに帰るメインのお客さんがいる一方で選手がバックからゴール裏を周ってメイン前まで戻ってくるまで待っているお客さんもいます。その多くのお客さんが、ゴール裏のチャントに合わせてクラップして両手を上げていました。飲んだ時はバスに乗るためすぐに帰っていたので新鮮な光景でした。

結果こそついてきませんでしたが、スタンドとチームの相乗効果で良いふいんき(変換できない)でした。

| | コメント (0)

2016年6月21日 (火)

だからトミーを使えと! ホーム岡山戦(素面での)観戦記

昨日のホーム岡山戦は素面(アルコールなし)で観戦しました。昨年の3月以来ではないかと。
いつもビールを買っているお店からは、身体悪くしたんじゃないですか?と訊かれ、いつもお話しさせていただいている方からは、テンション低いですね、と言われましたw
確かにテンションは低かったですが、身体を悪くしたわけではありません。給料日前でお金がないだけで・・・orここ数日の家での水分補給は、水に酢(ビネガー)を入れたものですYO!

さて、久しぶりに素面で見た試合は見応えがありました。素面で見たからだと思ったりもしましたが、ネットでの意見を見ると、良かったという意見が多かったので素面で見たからということではなかったようですw
もうね、トミーが素晴らしかった!これまでPさん何回もトミーを使え、と言っていたことをご理解いただけたと思います。ボールを追う、人に詰める、隙あらばドリブルにシュート、スペースを埋める(単純に人に行くのではなく、ボールと岡山選手を見ながらのポジショニング、オフ・ザ・ボールの動き)がもうね!軽いプレーもいくつか見られたり、相手コーナー、スローインにするプレーもありましたが、運動量がそれを帳消しにしました。こういう「頭を使った」、「気持ちが見えるプレー」「必死なプレー」を見たかったんですよ!
トミーに引っ張られるように他の選手もアグレッシブなプレーをしましたし、いつもよりミドルシュートを撃っていたのも積極的という印象がありました。
先制点は後半早々ザキさんから生まれましたが、見逃せないのはアシストしたショーマンです。前半ほとんど岩政に負けていたと思いますが、このプレーでは競り勝ち思わず「初めて競り勝った」と声を出していました。ボッチで見ていたのにw
久々に途中交代で怪我から復帰したまわちゃんがピッチに立ちました。まわちゃんもアグレッシブなプレーを見せてくれて今後が楽しみです。

一方で不安な点がいくつかありました。
こすけさんの右サイドバックは・・・森下監督は、「手持ちの選手の長所を生かす」より「システムに選手を嵌める」傾向が強い監督でしょう。だから右サイドに使う意図がわかりますが、サイドバックの選手が揃ってきているのでなんとかならないかなぁと思います。
ショーマンが岩政とガンガンやりあっっていたせいもあったと思いますが、後半かなり疲れていたように見えました。ポストを期待していたのか、代わりの選手がいないせいか最後までピッチに立っていました。アンかネコさんをベンチに置いておければ交代させることもできたかもしれませんが、アンは2列目で先発してネコさんはベンチにもいませんでした。アンは岩政との接触プレーで脳震盪を起して途中交代しましたが、それがなければ途中でトップに上がっていたかもしれません(ネコさんは怪我かと思っていましたが、今日のTMで出場ゴールを決めていたので安心しました)。不運もありましたが、トップと2列目に人がいないことが原因、或いは戦術が限られているのか・・・そうした意味で、途中入団の2人(ダビとナカビー)がトップと2列目なのは納得ですね
最後は書きたくないのですが、アンに代わって入ったアンドリューのプレーが歯痒くて・・・シーズン当初なら勝手がわからなかったという見方もできましたが、この時期に昨日のようなプレーでは・・・

次回は素面で感じたスタンドのふいんき(素面でも変換できない)について書く予定です。

| | コメント (0)

2016年6月20日 (月)

企業対抗!サラリーマンリレー!をうpしますた

本日の岡山戦は「サラリーマンNIGHT」ということで、ハーフタイムに 「企業対抗!サラリーマンリレー!」がありました。
さっそくつべにアップしたのでよろしければご覧ください。
チームツエーゲンのアンカーはゲンゾーさんでした。
笑えたんですけど、担架の出番がなかったのが残念でしたw


| | コメント (0)

2016年6月17日 (金)

タビタビタビスルダビダレダト

レッツダンス!

赤い靴を履いて
ブルーに踊ろう 踊ろう
ラジオで流れてる音楽で

揺れよう
色が君の顔を照らす間
揺れよう
込み合ってる場所から
すいてる場所へ

君が走れと言えば僕は君と走ろう
隠れろと言えば僕達は隠れよう
僕の君への愛は僕の心を二つに割ってしまうから
もし君が倒れたら 僕の腕の中へ
そして花のように震える

踊ろう 踊ろう

踊ろう
恐怖のために
君の優雅さが消える
踊ろう
恐怖のために
今夜が全て

ダビット・ボウイ「レッツダンス」

踊れ!踊るんだ!
ツエーゲンに新外国人FW、ダビ(David Aparecido da Silva)が加入しました!
踊れ―!

とにかく今のツエーゲンは点が取れません。たまたま負けた試合は全て相手よりも得点が少ない試合ばかりです。
点を取られてもそれ以上獲ればイインです!
北九州戦では3点取られましたが、もう2点撮っていれば勝っていました。
全然記憶にないんですけど、おひさる見たら5点取られた試合があったようですが、あと4点獲っていれば勝っていたんですよ!
そのためにダビを獲ったんですよね!
しかもサウジアラビアから!オイルマネーにオスシマネーが勝ちました

と一通り煽りました。

実際は試合、練習を見ないことには・・・ですね。
ツエーゲン、というか森下監督のスタイルはFWにも守備を求めるのに、いきなりフィットするか正直不安です(悲観主義者ですから)。強化部・フロントと監督の摺り寄せはされているんですかね?
サウジ(2部)とオマーン(1部)で3年連続15ゴールを上げているとのことですが、『最後に出場した公式戦は「だいだい2ヶ月前」だが、「毎週のようにブラジルのコーチとトレーニングしていた」』と書ると不安が・・・

掌をクルーさせる準備はしているので、ダビさんダノビますよ!

| | コメント (0)

2016年6月16日 (木)

エムで悲観主義者で自虐好き

タイトルそのままです。
エム悲観主義者自虐好きです。

更にいうとサッカード素人のくせに生意気にも観戦記を書いているので、ブログもツイッターもけっこうキツ目になりがちです。
前節アウェイ北九州戦はオンタイムでなく、時間差でオンデマンドで観戦して、前半15分もしないうちの失点ですっか
り見る気がなくなって・・・

ブログ・ツイッターもけっこうキツ目になることで、読まれている方にツエーゲンにネガティブなイメージを与えているのでは、と思うこともありますが、悪いところを悪いと書くのは事実だからと居直ることにしました。
少しでも良いところを書きたいところですが、ここ数試合ロクに試合を見ていないので書けませんorz

身も蓋もないことを言うと、降格の可能性は非常に大きいと思います。守備が安定して点だけが獲れないということであれば浮上も可能性もあるでしょうが、守備も今の状態では・・・

だからと言ってもう試合に行かない、応援しないということはありません。20日のダメリーマンナイトサラリーマンナイトにも行きますYO!

どんなに成績が悪くてもマイクラブですからね。

| | コメント (0)

2016年6月11日 (土)

水曜日が待ち遠しい

ど~も、平日の試合がある時は有給申請するダメリーマンPさんです。
そんな仕事嫌いのPさんの生活の張りは最高の週末(結果は無視)なわけですが、水曜日も楽しみにしています。そーです、タレント名鑑リスペクト、藤井プロデューサーリスペクトですから「水曜日のダウンタウン」がもう楽しみで楽しみで。
トンデモない企画、冴えた演出、キレたナレーション、サイコー!毎週(でないのが恨めしい)ゲラゲラ笑いながら見ています。
先日もクロちゃんを拉致して(お約束)、目隠ししたまま連れ回し(お約束)、外を見られないような場所に軟禁して
ツイートだけで場所を特定されるツイッター企画がありました。その映像を予想しただけで笑えましたが、特定したとツイートされた場所に一般人が集まって周囲の住民に迷惑をかけて、結局その日のうちに企画が中止になるという事件がありました。
この件に関しては、そうした事態が十分予想されるのに対応していなかった制作サイドに問題があるというしかありませんでした。藤井Pはこうした押忍な人たちを何度もネタにしてきたのになぜ対応策をとらなかったのか理解に苦しみます。
一方でこの件のクロちゃんへの助言ツイートを見て頭が痛くなりました。この企画のキモは「周囲の音や部屋の内装だけをツイートすることで場所の特定ができるか」なのに、位置情報をオンにしてというツイートや、また番組サイドが明らかにネタとした用意した出前に対して「そばを出前してもらえれば割りばし袋がヒントになるかもしれません」とオールドボーイイズム溢れるツイートが嫌になるぐらいあって押忍な人が本当に多いなぁと思いました。こんな人たちがバラエティを面白くさせなくしているのでしょうか。
今週も「マジシャン対万引Gメン対決」など聞いただけで笑える企画で楽しみことができました。
というわけでツエーゲンの次に水曜日の10時が大事な時間で、この時間に体力的精神的酔っ払い具合をピークに持ってくるようにしていますw
今週もそうすべく、いつもより少し早めに録画してある同番組を見ながら飲み始めていたんですが、ピッチが早かったのか7時から10時までの記憶が一切ありません。相当酔っぱらっていたのでしょう、その時間の自分のツイートを見ると「これはヒドい・・・orz」「開始20秒失点は新しい(錯乱」「2失点目でウける・・・orz」「さぁ苦行の始まりで
す・・・」「おやホロバスすら天国に見えるぐらいの地獄」・・・全然覚えていません・・・何があったのでしょう?
京都戦も寝ていたので酒を控えようと思っています(マジ
さぁ明日は北九州戦です!勝つゾー!
アウェイ在宅組のPさんですが、明日は試合時間は外出予定なので録画でJ3の結果を気にしながら見る予定です。

| | コメント (0)

2016年6月 6日 (月)

北信越2部 テイヘンズ-ASジャミネイロ戦観戦記

前日の深酒(主に昼間摂取)がまだ残っているみたいでしたが、北信越2部、テイヘンズ-ASジャミネイロ戦が金沢市スポーツ交流広場で開催されるということで逝ってきますた。3時から女子サッカーもありましたしね。
テイヘンズはここまで2勝3敗。リーグ戦は今季初観戦ですが、全社準決勝北陸フューチャーズ戦は見ていました。ただその試合が押忍でして、リーグ戦もアウェイ2連敗していたので、こりゃ残留は厳しいかなと思っていましたが、その後ホーム2連勝、アウェイ敗戦と盛り返してきました。
この日の対戦相手はかっての北信越一のネタクラブASジャミネイロです。
テイヘンズをチェックしなきゃならない、会場が近い、午後に女子の試合があるからという理由がありましたが、酒が残っている中での動機に試合会場が「金沢市スポーツ交流広場」だったのです。
観戦スタンドというか観戦席は金網の中にあります。無茶ピッチから近いですよね。ここで試合を見られたら面白そう
です。でも近すぎて本当に使われるか不安でもありました。
2806052

で、スポーツ広場についたら、ヤッター!中の観戦席が開放されてるー!近ーい!周りはテイヘンズの応援している人ばかりで肩身狭ーいw
ホントピッチが近いです。ゴール前の駆け引きがよく見えます。いっぽうで反対側のゴールがよく見えない・・・
2806053

前半テイヘンズが2点先取しましたが、反対側ゴール前だったのでよくわかりませんでしたorz
後半のテイヘンズの2得点は目の前で見ることができて良かった。2点とも右サイドを崩し、低いクロスを飛び込んだ選手が合わせたビューティフルゴールでした。
ジャミネイロも決定的シーンを作るもののゴールが枠に入らなきゃ勝てませんよね。序盤に強力なシュートがテイヘンズキーパーの正面で2本キャッチされたのが脳裏に残っていたかもしれません。テイヘンズの2得点はあの梶大輔です。まだまだ元気です(なお、途中怪我で交代)。北信越の主、大矢選手、元ツエーゲン中橋選手も先発でした。

ピッチが近いのでまた行きたいと思います(なかの観覧席が開放されていたら)。
ピッチに近すぎるのでスマホなど触ってボールから目を離すと危険なのと、ホーム側だわだと身内が多すぎて孤独になるのでアウェイ側での観戦をお薦めします。

4点目はアドなんとかタイムのラストプレーでテイヘンズ応援旗が翻りました!

2806055


市民サッカー場使用されていたためこの日のテイヘイズの控室?
280605

| | コメント (0)

2016年6月 5日 (日)

ホーム京都戦無観戦記

普段から寝られないのですが、特にホームゲームの日は寝られません。もしかすると前日の深酒のせいかもしれません(というか多分そう。
この日も2時間から3時間しか寝れませんでした・・・眠いよ
18時キックオフのゲームですが、12時すぎに路線バスで会場入りしました。もちろんミリオンロックフェスを楽しむためです。P、お前ビンボーだろうが!というお声が聞こえますが、ミリオンロックフェスは無料ゾーンもあるのでノー問題!
金沢駅に着くと百万石まつりも重なって混雑していました。早めの昼飯食おうと11時に店に行くとすぐに入店できましたが、出る時は入店待ちの列ができていて早めに入店して正解だったようです。駅では昼飯だけでなくクソ安いペットボトルのワインも購入。家から紙コップ持ってきたのでフェスを楽しみながら飲もうという算段ですw
路線バスにはミリオンロックのお客さん、サンガサポさんも同乗していましたが、満席には遠い状況でした。バスターミナルで待機していたフェスのシャトルバスはギュウギュウ詰めだったようですが・・・ここから某サポ氏と行動を共にしていました。
スタジアムにつくとツエーゲンの飲食ブースはキッチンバーランプさんは準備中で、1軒開いてお店もありました。フェス会場をウロウロしていると飲食ブースが充実していますねー。お酒はハイネケン600円、ジーマが500円だったかな?でもPさんにはクソ安いワインがあります。
無料の会場に入ると生演奏(当たり前が。いつもはユーチューブとかスマホでしか音楽を聴いていないので、こうした大音量の生演奏の音うを聴くだけでもいいですねー。こっちの演奏が終わったらしばらく歩いて別のステージへと楽しい時間とクソ安いワインを楽しみました。全然知らないバンドでもノー問題です。というか無料ゾーンで知っているバンドはありませんし、有料ゾーンでもほとんど知りません・・・そんな知らないバンドばかりの中で名前を覚えたのは「四星球」というバンド。コミックバンドと自分たちで言っていて、人力車サークルモッシュまで出て笑えて楽しいステージでした。「四星球」の前のバンドが退出すると熱心なファンが最前列に張りついていたので、これは人気があるからだろうと最初から見ていて正解でした。
20160605_23_04_35 20160605_23_04_39

そう言えばフェス初体験だよなぁと思いましたが、北陸アイドルフェスティバルには行ったことがありましたwあとBABYMEATL関連でお小水入りのペットボトルが乱舞する海外のおっかないフェスのイメージしかありませんw
楽しくて暑かったのでクソ安いワインを空けてしまって(多分楽しくなくて暑くなくても空いていたと思いますが)噴水前に一旦戻ってビールでカンパーイ!
そして再びミリオンフェスに。楽しい!またフェスと同時開催して欲しいです!できればアイドルフェスをw
そうこうしているうちに寝不足と暑さと歩いているか立っているかなのでフラフラに。キックオフ90分前にいつもの噴水前に座っていたんですが、顔見知りが誰も顔を合わせようとしなかったのは何でですかね?
しかし、人がいない・・・この日の駐車場はツエーゲン専用スペースがあって14:30から入れるようになっていたのですが、キックオフ1時間前でもかなりのスペースがありました・・・この日の観客数3069人・・・
で、試合ですけど、前半ほとんど寝ていましたorz寝不足とフェスと酒のためです。サンガの得点をずーと2点だと思いこんでいました。後半はなんとか起きていましたがほとんど覚えていません・・・近くに大きな声を出す方がいらっしゃたので、選手名を叫んだりしていただいて眠気覚ましに助かりました。
ほとんど覚えていませんが、得点後に大平さんが「山藤健太―」とコールしたことと、ザキさん交代の際「今日得点をあげた」と紹介したことははっきり覚えていますYO
これまでも飲みすぎて押忍したことはありますが、ここまでは初めてです。新たなステージに立ったと感慨反省ひとしおですorz

| | コメント (0)

高校総体女子サッカー決勝 星稜-金沢伏見観戦記

この試合のことを知ったのは一ヶ月くらい前だったのかな?
それからこの日が楽しみで楽しみで。対戦カードは星稜高校ー金沢伏見高校。
2年前と同じカードとなりました。この時はある方と言い訳しながら観戦していて、今回はPさんに騙された某サポ氏と観戦です。この日の試合に感動したので楽しみです。
ホーム側の星稜高校の応援が少ない・・・男子メインだから仕方ないな、と思っていたら日陰を求めてスタンド中央部に集まっていて父兄中心の星稜応援団に囲まれていましたw
一方伏見高校の方は父兄だけでなく女子生徒も目立っていました。

キックオフ直後は体力に勝る星稜の圧倒的なペース。決定的なシュートが2回ありましたが、伏見キーパーが横っ飛びで好セーブで得点を許しません。石川県の女子サッカーを見てきましたが、こんなセーブをできるキーパーは初めて見ました。伏見はどうやって攻めるのかと思っていたらキャプテンの10番が上手い!トラップ、走力、パスセンスが伏見の中では飛び抜けていて攻撃の中心となります。伏見の先制点は10番のアシストだったのかな?右サイドを駆け上がってきた8番にパスを出し、8番のミドルシュートが決まりました。
2点目は10番のスルーパスに8番が反応しキーパーをかわしてシュート。ボールは力なく転がり、星稜の選手が追いかけますが、一歩及ばすゴールとなったものでした。スルーパスには某サポ氏と一緒にスゲー!と言いましたw

伏見の10番は高校に入る前からサッカーをやっていたと思います。そして脚の早い選手を前において、大きい選手をセンターバックに置いたのではないでしょうか。キーパーは入学前から経験あったのかな?というのは2年前に伏見が優勝した時のインタビューによると、当時の部員32人中3人だけが入部前にサッカー経験があったとのことでした。

後半はほぼ伏見高校のペースで、星稜はゴール前までボールを運ぶもののシュートを撃ちきれない場面が多かった一方で伏見は何回も裏をとりシュートを何本も撃ちますが決めきれず、アドなんとかタイムに得たPKも止められて、後半得点は動かず、2-0のまま試合が終わり金沢伏見高校が優勝しました。おめだとうございました!

後半伏見は自陣でボールを奪うとキーパーへのバックパスを多用してました。パスのスピードが遅くてヒヤヒヤしながら見ていて、なんで危なく見えるバックパスをしているんだろうと思っていましましたが仮説をたてて納得しました。
バックパスで星稜FWが当然取りに走りますから体力を奪うことができる、そして星稜の最終ラインを上げることができるのですね。女子サッカー(少なくとも石川県での)は走力もキック力ももの足りません。ひとつのパスで相手の裏をとることはなかなかできません。バックラインを上げさせて、キーパーからのボールをふたつ以上のパスで裏をとろうというのが伏見の戦略ではなかったでしょうか。「ふたつ先のプレーを考えて」という監督の指示もありましたし。仮説が当っているかは別として、組織で、ボールを繋いで裏をとろうという伏見のサッカーは見事でした。サッカー経験が短くても(交代選手含む14人のうち入部前から経験のある選手は5人もいないと思います)、やるべきことをやることで組織的なサッカーができていて面白かったです。ただ、北信越で抜けられるかというと・・・

2年前の優勝した時、選手が応援団の前で肩を組んで校歌を歌っていたのが可愛かったのですが、そんなことを知らなかったので動画を撮っていませんでした。今回は準備して撮ることができました。父兄でないので横からの撮影ですw
カワイイ!←

生徒さんの応援も多くて学校内でも盛り上がっているようでなによりだと思いました。

一方の星稜高校は残念でした。他の高校と切磋琢磨して石川県の高校女子サッカーをリードしてもらいたいと思います。

騙されて一緒に観戦した某サポ氏も面白かったと言ってくれて良かったです。

20160605_21_35_52

20160605_21_37_29

20160605_21_37_25

20160605_21_35_47


| | コメント (0)

2016年6月 3日 (金)

面白くなるのは自分次第!

アイドルファンではありませんが、「淡路島ガールズポップフェスティバル」がとんでもないフェスがあるらしいということでまとめを見たところホントとんでもないものでした。
告知、シャトルバス、などがいい加減で本当に開催されるのかファンだけでなく、出演者からも心配され、つかみを「開催されてヨカッター」に使うアイドル多数w
800人収容のホールに客50人、見ているファンよりアイドルの方が多い、総勢100組のアイドルがのべ100組になる、楽屋の場所がわからないアイドルがウロウロしているなどのクソ運営の上に、野外なのに最後は豪雨に襲われるという傍目には悲惨そのもののイベントでした。
ところが、そんな状況でも盛り上げようとする出演者とオタクの相乗効果で、参加者にとっては素晴らしいフェスになったようです。
というわけで、まとめの紹介です。
アイドルに興味がなくても面白いのですし、最後は謎の感動がw
水曜日のダウンタウンが好きな方は面白く読めると思います。

前夜祭まとめ
淡路島前夜祭 超絶ガラガラの中、開幕 「間違いなくアイドルの方が会場に多くいます」「最初みんな立ち上がったのになぜかみんな座りました」

1日目まとめ
淡路島1日目 「自分がどこにいるのか。今目の前で歌ってるのは誰かすら分からない」「園内のサブステージ、アイドル1人にヲタク2人」「BBQ、玉葱とおにぎりしかない(参加料6000円)」

最終日まとめ前篇

最終日まとめ後編

なにを言いたかったというと、どんな状況でも自分が面白がろうと思えば面白くなる!
確かに今の状況は楽しめる状況ではないですが、面白がろうと思っています!

「淡路島ガールズポップフェスティバル」がヒデーな思われたと思いますが、上には上と言うか、下には下がありましてもっとヒドいアイドルイベントがありました。「おやすみホログラム」というアイドルユニットの一泊二日のスキーバスツアーがそれです。
参加費が40000円なのに、バス乗車前にメンバーが作ったしおりを1000円で売るぼったくりから始まって、メンバーがバスに乗車しない、スキー場についたのに1時間以上待たされて16時にようやく滑れると思ったらリフト券が16時30分まで、食事は味しないしメンバー不在でホテルも別、ライブは21時開始予定なのにメンバー泥酔してなかなか始まらないし、会場費の30000円を払うため写真を売り始め(1枚500円なのにおつりがないという理由で2枚セットの販売)などなどヒドすぎて笑えます。
ホントヒドイのですが、3周ぐらい回って逆に面白そうになってくるのだから不思議です。


こちらは極々簡単なまとめ

まるで受刑者 アイドルのファン旅行内容が酷すぎて最高 #おやホロバス

こちらは長い長いまとめ←笑えます
【伝説】4万円で受刑者に!カイジ気分の #おやホロバス ツアー 一部始終まとめ【死んだトイプードル】+後日談

| | コメント (0)

2016年6月 2日 (木)

そこまで酷い試合に思えませんでしたが ホーム松本戦観戦記

昨日の京都サポさん向けのエントリーがツイッターでほぼ反応なしでマジショックPさんです・・・こういうツイートは拡散してもらいたかったDEATHよorz

さてさて、酷評されている松本戦ですが、それほど酷い試合だったと思えませんでした。攻撃は全然だったのは認めます。
もっともこの日は試合前からビール4杯、日本酒、ブラディMでフラフラだったのは以前書いたとおりで毎度毎度のテキトーな観戦記です。まぁホーム全試合はいつもこんな感じですが。

今季はクロスを上げられた瞬間に失点の予感がすることが多かったですが、松本戦では1点目の失点シーン以外にそのようなクロスを出さられた記憶はありません。そのクロスもキレイに出されたというより、サイドでのパス交換でブロックをずらされて出されたものでした。おそらくこの日の松本の戦術はこのパターンだったのでしょう。その後も幾度となくサイドでパス交換をしていましたが、このパターンでの決定機は失点のシーンだけのように見えました。決定機はもう1回あってそれが単独ドリブル突破を許した2失点目でした。守備だけならそれほど悪くなかったというのがPさんの見方です。2失点目は89分でしたしね・・・サイドから崩そうとする松本への対応はむしろ面白いと思って見ていました。

問題は攻撃で、決定機はなくてストレスがたまる展開でした。先発の4バックは市長と廣井のCBに左SBに野田、右SBにこすけさんという組合せ。前節山形戦の最終盤の守りを固めた布陣を頭から使ってきました。無失点第一という考えだったと思いますが、こすけさんのSBは先発では無理があったと思わざるを得ませんでした。なれないSB(初めて?)のためか、守備第一であまり上がるなという指示があったのか、クロスは遠いところから上げるばかりで、深く切り込んでスピードに乗ったクロスを上げることができす、脅威を与えることができなかったように見えましたし、松本の左サイドは侵入されることもないので守備でも楽にさせたのではないでしょうか。見てる方にとっては爽快感に欠けましたからストレスもたまります。
いつも守備第一とPさん言っていますが、守備第一にしたらしたで相手を楽にして一層守備に負担にかかるのですから難しいものです・・・

攻撃の光明はロマリーニョの独特のリズムに乗ったドリブルでした。ヴェルディ戦では74分からの出場、この日は82分からの出場で、もう少し長い時間のプレーを見たいなぁと思わされました。今のツエーゲンで自分でボールを運べる選手はネコさんとロマリーニョだけではないでしょうか。練習試合を見た時は守備が怖くて使いにくいなぁと思っていましたが、試合になると頑張っているのはブラジル人らしいのかw成長したのでしょうか。

これで2試合連続無得点です。京都戦では得点シーンを見せてもらいたいものです。

| | コメント (0)

2016年6月 1日 (水)

6月4日京都戦の金沢市内とスタジアム周辺

6月4日京都戦は金沢市内で「百万石まつり」、スタジアム周辺で「百万石音楽祭 ミリオンロックフェスティバル」が開催され大混雑が予想されますので、主に京都サポさん向けに情報を発信させていただきます。

百万石まつりは金沢市最大のイベント
で、メインは百万石行列です。その百万行列は14:20に金沢駅東口を出発して、近江町いちば前、21世紀美術館前などを経由して兼六園向かいにある金沢城公園に入るので、その時間の市内は大混雑してバスも走りません。試合当日金沢市内を観光する計画をたてている方は午前中の観光をお薦めします(観光客はもちろん、金沢市民石川県民も見物するので飲食するにしても時間がかかるものと思います)。
午前観光してからは、バスが動いているうちに金沢駅に移動してスタジアム直行のシャトルバスを利用するのがベストかなぁと思います。金沢駅金沢港口(西口) 1番乗場より15:00〜17:00の間、20分間隔で運行されます(大人400円子供200円)。

スタジアム周辺も「百万石音楽祭 ミリオンロックフェスティバル」で混雑が予想されます。駐車場はある程度京都戦
用に確保されているよう
ですが、実際はどれだけ確保されているか確実ではありません。
少し離れたところ(徒歩で10~15分)に臨時駐車場も用意されているのでこちらをご利用する手もあります。
ミリオンロックフェスでは無料ステージもあるとのことですし、飲食ブースもあるので、少し早めに行って時間を潰すのも一つの手です。

車以外で早めに会場入りするには、ミリオンロックフェスが運行するシャトルバスを利用する方法(大人500円)もありますが、路線バスが走っているうちに利用する方法があります。
路線バスについては以前書いたこちらのエントリーをご参照してください。

本エントリーは6月1日現在、個人で集めた情報を元に書きましたので、当日はご自身で確認お願いいたします。

スタグルはこんな感じです(カキは営業しているかわかりません・・・)。

| | コメント (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »