« 小ネタ集 | トップページ | 煽り上手の金沢さん »

2016年5月22日 (日)

胸を張って良い勝点1 アウェイ山形戦オンデマンド観戦記

ど~も、珍しく素面での観戦だったPさんです。
スタジアムでもテレビ(オンデマンド)でもベロンベロンになっての観戦が基本で、飲まないでの観戦は仕事が終わった後車で駆けつけた昨年3月の平日のナイトマッチだったホーム横浜FC戦以来かもしれません。
PCでの入力したこともあってツイッターがまとも(当社比)でビックリしました。やればできるんですねw

まず抑えておかなければツエーゲンは延期となった代替試合を水曜日に消化していてハンデを負っていたこと。昨季J1の山形、そしてアウェイの地ですから勝点1でも悪くないというスタンスでした。

2トップは前節はベンチスタートから途中出場。
それに伴ってアンが1列下がるのは前節のネコさんと同じ使われ方ですね。
そしてこすけさんが先発復帰。

試合開始10分ぐらいまでは中盤の激しい潰しあいで互角の展開でしたが、時間が経つにつれ山形ペースに。30分過ぎからは一方的な展開に。決定的シーンを2度作られ(特にディエゴのヘディンシュートが・・・ミスしてくれて助かりました)、ほぼ全員が戻っていたため反撃もできませんし、たまに中盤でボールを奪ってもパスミスの連続。背番号25の汰木(ゆるき)選手が厄介でした。失点も時間の問題という展開でしたが無失点で凌げて一安心です。
ちなみにシュート数は、山形11-2ツエーゲン。
防戦一方と書きましたが、決定的とは言えないまでも左右から一度づつクロスをあげて合わせるシーンがあって全くチャンスがなかったわけでもなかったのが救いです。

前半をスコアレスで折り返して、どこで勝点1を良しとするか、勝点3をとりに行くのか。
そしてネコさん投入は読めるとして、他に誰を入れるか。ネコさん右サイドが得意なので同じ右サイドで使われるルーターはなくて左で使われるアンドリュー、そしてあわちゃん投入と予想していました。
などと、ベロンベロン時だとできないツイートをしていましたw

後半に入るとほぼ互角の展開。いいやん!
サイド攻撃がいい感じでミドルシュートも撃つシーンも。ショーマンの決定的ヘディングは山岸がクリア!決めて欲しかったですけど、前半ディエゴのミスシュートがあったのでおあいこだと思うことにします。
山形の戻りが遅くなってきてむしろ金沢ペースに見えなくもありません(あくまで「見えなくもない」ということで)交代は73分に教授からネコさん。こちらは予想どおり、次の交代は77分につじおから廣井で?最終ラインどうするのかと思ったらCBに入ってこすけさんが右SBに入ったのかな?最後はアンに代わってアンドリューが86分に投入されます。
山形の交代はよくわかりませんでしたが、大黒が80分に投入されます。昨季ホーム京都戦でチンチンにされ、汰木のドリブルからスルーパスを通されると嫌でしたが、その汰木との交代でホッとしました。
ほぼ互角と書いたのは、ツエーゲンが決定的シーンを作ったということは作られたシーンも何度もあったなわけで、PAすぐ外のゴール真正面のFK、終盤ディエゴの抜け出し、ゴール前でシュートを撃たれた時はヤラレタと思いましたが、ノダンのスライディングがシュートミスを誘ってくれました。廣井の高さも効きました。逃切りの新パターンになるかもしれません。

終わってみればシュート数は17-11。後半だけなら6-9と数字の上では互角と言っていいですよね!コーナも前半5-1、後半4-4でした。

結果は0-0のスコアレス(正しい意味での)ドロー。最初に書いたとおり勝点1は悪くないと思います。前半の劣勢を耐えに耐え、後半は互角(贔屓目だと互角以上?)、むしろ脚が止まりかけた山形よりも走っていたと思えた(これも贔屓目)ので、胸を張っても良い勝点1だと思います。
他会場の結果により再び最下位にになりましたが決して悲観することはないんでないかいと思います。

MOMはザキさん!チーム最年長ながらあれだけ走って詰めるのは素晴らしい!
このザキさんのプレーを間近に見て何も感じない選手はいないですよね!
走ろう、詰めよう、相手にフリーにプレーさせないようにしよう!
ただし、ブロックを意識して他の選手との距離感を計って猪武者のようにつっこまないように!

次回からは皆さまお待ちかね?の「煽り上手の金沢さん」を始める予定です。

|

« 小ネタ集 | トップページ | 煽り上手の金沢さん »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小ネタ集 | トップページ | 煽り上手の金沢さん »