« 悲観主義者の見方 アウェイセレッソ戦TV観戦記 | トップページ | 久しぶりに声を荒げた試合 ホーム横浜FC戦観戦記 »

2016年3月29日 (火)

3322の導入

基本の3322はこんな陣形でしょうか
 〇 〇
 ● ●
□ ◎ □
〇 〇 〇
  〇

相手ボールになるとこんな陣形になっていたように見えました
 〇 〇

 ●◎●
□〇〇〇□
   〇


昨季後半、今季はサイドの深いところまで新入され失点したシーンを何度か見ています。532にすることでサイドはケアできそうです。
森下監督はこれまでサイドバックの片方は必ず長身のある選手をつかってきました。高さ対策だと思いますが、3バックにメンディを入れることで高さ対策はとれます。

一方で、□が上がっている時(まぁ両方上がることはないでしょうけど)は中央が薄くなる、3バックの両側に速くボ
ールを出されると一気にピンチになりそうです。

とまぁメリットとデメリットを書いてみましたが、このタイミングで3322に移行したのは、ここまで結果が出ていないだけでなく、思った選手が使えない苦肉の策のような気もします。
つじおが怪我、小柳は不調、もともとCBのメンディでは心もとない、となるとSBはまわちゃんとあわちゃんを使いたい、そうすると高さが足りない、ならメンディを入れた3バックで高さは解決。こすけさんの展開力も使えると。
□◎●の選手たちは運動量とポジションニングで疲れそうです(〇の選手が楽という意味ではありません)。□はやはり運動量とスタミナのあるあわたりまわたりコンビがしっくりきます(ウィングバックではつじおのプレースタイルは合わないような気がします)。
キャンプから昨年までの442とともに3322の練習をしてきて、このタイミングで実戦に使った理由をホーム横浜
FC戦で会見で話してもらいたいですね。

と書いたところで、昨季も紹介したセレッソサポさんのブログです。素晴らしい!
というか参考にさせていただきました。ありがとうございました。

|

« 悲観主義者の見方 アウェイセレッソ戦TV観戦記 | トップページ | 久しぶりに声を荒げた試合 ホーム横浜FC戦観戦記 »

ツエーゲン金沢」カテゴリの記事

コメント

大阪戦、変化に富んだ試合で久々に気持ちが高ぶりました!

現状では苦肉の策だったかもしれませんが、新たなオプションとして、前向きに捉えたいですね♪

自分も□は、働き蜂タイプの今回出場した2人が適任かなぁと思いました。

横浜戦の戦い方は、未だわかりませんが、闘う姿勢を存分に魅せてもらいたい!

昨季のダブル●●の借りを返すときだー。

投稿: りょう | 2016年3月30日 (水) 15時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 悲観主義者の見方 アウェイセレッソ戦TV観戦記 | トップページ | 久しぶりに声を荒げた試合 ホーム横浜FC戦観戦記 »