« 明日はホーム水戸戦! | トップページ | かぶりものvsかぶりもの »

2016年3月14日 (月)

3試合目にして勝点1 ホーム水戸戦観戦記

この日の試合はあんまり酔っぱらわずに観る!という強い決意をしていたわけですが、ほろ酔いだったかな?というか、隣で一緒に観戦してくれた方がいらっしゃたから久しぶり真面目に見ることができました。

勝点1といってもいろんな形があります。「ラストワンプレーで追いつかれての勝点1」(昨年ありました)、「ラストワンプレーで追いついての勝点1」(これも昨年ありました)、「お互い譲らない攻防での勝点1」「お互い決定力を欠いての勝点1」「攻めまくりながらも引分けに持ち込まれた勝点1」「どうにか引分に持ち込んだ勝点1」などなど。そして、水戸戦の勝点1は「どうにか引分に持ち込んだ」のかなぁと思いました。

開幕戦は正直覚えていなのですが、442のラインがキレイに並んでいる時間が長く守備に関しては改善されてきたように見えました。ただ、昨年から研究されているからでしょうが、サイド攻撃などでゾーンを破られるシーンも多く見られました。シュートは9本も撃たれていたんですね・・・。左45度ぐらいにシュートコースを空けた時が一番ヒヤリとしました。水戸のシュートの不正確さに助けられて無失点で抑えることができたようにも思えました。まぁ無失点で抑えたのは事実ですし、これが自信になって次節以降はもっと守備を整備してもらいたいですね。

一方で攻撃に関しては無得点ということで逆に開幕以来最も良くなかったのかぁと。ショーマンのところでボールが収まりませんでしたかね。右のつじおは警戒されていたんでしょうか。こちらも思ったようなプレーができなかったように見えました。
というかここまでの2試合でツエーゲンが主導権を握っていた、攻撃の良い時間と言うのは「相手の運動量が落ちていたから」ではないかと思っていました。やっぱり当たっていたかなぁ・・・後半立ちあがり水戸が一層運動量を上げてきて、その後もなかなか運動量は落ちませんでしたよね。
良かった選手もいました。まわちゃんはJ3時代の良いイメージそのままのプレーでほれぼれしました。群馬戦・水戸戦の活躍でこれから警戒されくるでしょうけど、もっともっと活躍してー!ザキさんも良かったです。

観戦記と書きながら相手チームのことをほとんど書いていないのは、まだツエーゲンが「チームになっていないこと」と酔っぱらっていたからかなぁ。

|

« 明日はホーム水戸戦! | トップページ | かぶりものvsかぶりもの »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明日はホーム水戸戦! | トップページ | かぶりものvsかぶりもの »