« 自動昇格争いは最終節に | トップページ | 最終戦その他の光景 »

2015年11月24日 (火)

幸せな最終戦 敗者がいないスタジアム

前々から決めていることがありました。どんな結果になろうとも試合終了後は立って拍手しようと。
だってそうでしょう、J2昇格1年目で強化費最低クラスでダントツの降格候補ナンバー1だったのに残留を成し遂げたおです。しかもシーズン中に一度首位に立ったのですから、選手スタッフには感謝の念しかありませんでした。その気持ちを伝えるのは試合終了後のスタンディングオべーションが一番だろうと思っていたのです。もっとも酔っぱらっていたのでスタンディングオベーションしたか覚えていないのですがw

試合自体の簡単な感想を。前半はツエーゲンの試合でした。シーズン当初の好調な時期のようなツエーゲンのゾーンに対して大宮は単純に裏にボールを通そうとするところをツエーゲンはカットからのカウンターで何度も好機を作りました。得点はヨンファンの突破からのグラウンダーのクロスをこすけさんが合わせたものでした。パウロ!のコーナーからのハラショーさんのヘッド、パウロのカウンターからのドリブルシュートは惜しかった。パウロのドリブルシュートは大宮キーパーに玉ちゃんがプレッシャーをかけたため精度を欠いたキックを奪ったものでした。FWとしての玉ちゃんの役割はカズと同じだったのでしょう。
後半は一転して大宮ペース。単純に裏に通すのではなくサイドを使おうという意図が見えました。こちらは勝てなくなったリーグ中盤以降の戦いぶりだったように思えました。この試合自体が今シーズンを凝縮したようでした。
もちろん敗れたことは悔しいですが、大宮の選手の身体の使いかた、技術は磐田と並んでカテゴリーの違いを感じましたし、試合終了間近の大宮のプレーは余裕のあるものでなく、身体を張った泥臭いプレーに見え、大宮を慌てさせた感じもしたので納得できる敗戦でもありました。
あと審判も良かったです。パウロが接触で倒れる場面が何度もありましたが、ファールをとる、とらないの基準がしっかりしていたと思います。

大宮が優勝を決めていて、ツエーゲンのプレーオフ進出の可能性が消えていたことも幸せな最終節になった原因でしょう。前節試合前まではこの試合で大宮の優勝とツエーゲンのプレーオフ進出が決まるようならばとんでもないふいんき(最終節でも変換できない)になるだろう思っていたのですが、逆にともに決まっていてことで、両チームサポーターが試合そのもの楽しもう、幸せだった今シーズンを振り返ろう、選手スタッフに感謝を伝えようという空気につつまれていたように思えます。

大宮の優勝とツエーゲンのプレーオフ進出が決まるような試合だったらとんでもないお客さんが来るかもしれないとも思っていました。しかし、今のツエーゲンにはそんな試合でもなくても、天候に恵まれ、知名度のあるチームとの対戦であれば(ここが少し残念ですが)、多くのお客さんが来てくれるようになりました。
キックオフ3時間前の11時からエルゴラ号外を配るためw噴水広場にいたのですが、こんな時間からユニ、Tシャツを着た老若男女が続々とスタジアムに向かってくるんです。昨年までは1時間前からポツポツ人が集まっていたのが、今年からは早めに来場するようになりましたが、3時間も前からこれだけ赤い人たちが集まったのはなかったんじゃなかったでしょうか(食のてんこ盛りフェスタで駐車場が混むことが告知されていたからだと思います)。ホント涙が出そうになりました(出なかったけれど
一方大宮サポさんは茶屋街でセレッソサポさんに比べ少なかったのは、食のてんこ盛りフェスタに行かれていたからでしょう。ありがとうございました。
それでも茶屋街では売切れ商品が多数出ていました。いつもこれぐらい売れればもっといろんなお店も出店してもらえるでしょうね。

そしてビジョンとアナウンスによる大宮優勝のメッセージに大宮サポさんはもちろんのこと、ツエーゲンゴール裏、メイン、バックから大きな拍手が起こりました。もちろんPさんも拍手させていただきました。
ツエーゲンゴール裏もJ2優勝とJ1復帰を祝うダンマクを掲出していました
対戦チーム選手発表の前には、対戦チームのホームに縁の曲を流すのを今回は海援隊の「贈る言葉」といううちのクラブと思えない粋なはからいでした。
試合後には大宮ゴール裏から「J1で待っているぞ」「反則ポイントJ2最終記録おめでとう!!フェアプレーNo1」のダンマクと「ツエーゲン金沢」コール!に涙が出そうになりました(出なかったけれど
お返しのツエーゲンサポからに「アルディージャ」コールは最初声が小さかったのはご愛嬌w
ツエーゲンの選手スタッフが大宮ゴール裏までに挨拶に行けば、大宮の渋谷監督はダンマクのお礼を言うためツエーゲンゴール裏まできてくれたそうです。
Photo

昨季はアウェイで優勝とJ2昇格を決めての凱旋ホーム最終戦で優勝セレモニーをありました。こちらも幸せな最終戦でしたが試合前から予想されたものでした。しかし、昨日の最終戦は予想外の連続で夢を見ているようでもありました・・・
夢を見ているようというのは飲みすぎていたせいかもしれませんorzもう少し控えるんだったと悔やんでしますw

ツエーゲンに関わる全ての人たち、大宮サポーターさん、ありがとうございました!

|

« 自動昇格争いは最終節に | トップページ | 最終戦その他の光景 »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自動昇格争いは最終節に | トップページ | 最終戦その他の光景 »