« あるサポーターさんの場合 | トップページ | 大作戦で追いつかれる 東京ヴェルディ戦TV観戦記 »

2015年11月15日 (日)

金沢マラソンボランティア体験記

昨日から雨ですよ。起きたら雨ですよ。
それでもボランティアに行かなければなりません。会社で金沢マラソンボランティア参加言いだしっぺだったのでw
会社で何かイベントないかとアイデア募集していた時に口走ってアレヨアレヨと決まって会社から10数人参加したのかな?割りあてられた場所は金沢駅近くで業務は観衆整理でした。場所は便が良いし、時間が早くて良かったです。
やや二日酔い気味(またか)でも早起きすると雨の音がorzしかし、家を出ると小雨になっていたので少しホッとします。
雨なので当然カッパを着用しなければなりませんが、支給されたスタッフジャンパーとキャップがわかるようにしなければなりません。ということはツエーゲンポンチョをジャンパーの上に着ることはできないということです。透明なカッパがあったのでジャンパーの上に着ようとしたら頭を覆う部分がないのでこれは使えない・・・いろいろ考えた末ツエーゲンポンチョの上にジャンパーを着ることに。これぞ発想の転換!集合場所までスッタフジャンパーで移動するのもアレかなと思ってツエーゲンポンチョで行くとどよめきがw
業務内容は観衆整理と書きましたが、具体的には応援する人たちや横断しようとする人が道路内に入らないようお願いすることです。ランナーが走ってくる前に観衆のみなさんや地域の応援団(太鼓と鼓笛隊)に、道路に入らないでくださいね、とソフトにお願いしていると先導車が走ってきます。先導車が走ってくるともう道路内に誰も入れません。
スタート前に一時激しかった雨も上がってマラソンに適した天候になってきました。
先頭ランナーは外国人。スゲー速かったですね。そして十数人のタイムを狙っているランナーが走ってきます。こう書くとレースを見ていたかのように思われるかもしれませんが、レース・ランナーをじっくり見ることはできません。歩道の最前列で観衆のみなさんがコースに出てこないかを見るのが仕事です。最初はコンサートの警備のように道路に背を向けていようと思っていましたが転げ落ちるかと思い、最前列で道路側に顔を向けながらも目は横方向に動かしてコースに出る人がいないかを見ていました。
レース先頭のランナーはタイム優先でコース中央を走りますが、後続グループはレースを楽しもうというランナーが多くて観客とハイタッチしようとします。何百人というランナーが観衆とハイタッチをしていると、観衆がコースに出て来るんではないか一層気をつけました。コース中央に何万人というランナーが走っていましたが、Pさんが目にしたのはそのハイタッチしようとするランナーぐらいです。町内の人やNHKゲンダーさんはおろかツエーゲンユニのランナーが何人もいたらしいですが誰も見ていません。サッカーユニで覚えているの「ジャイアントキリング」の大江戸ユナイテッドの背番号7・TSUBAKIぐらいです。被り物ランナーも何人もいましたがほとんど覚えていません。
もちろんハイタッチも撮影もしません・できません。雨が上がったのでランナーからカッパを受け取ったのは余計な業務だったかもw
こうして最後のランナーが走り終わるまでトラブルはなく無事ボランティア作業を終えました。ありがとうございました。自分が最前列にいたため最前列に行けない人がいたと思うと申し訳ないですが、そこはご勘弁いただきところです。
特に何をしたということはないですが楽しかったです。雨が上がって拘束時間も短い(3時間ぐらい)のもありますが。もし来年も会社で申込すれば参加したいと思いました。
一番印象的だったのはランナーが走っているところではありません。交通規制がひかれ、先導車もランナーも走ってこない「誰も走ることのない」金沢駅から武蔵が辻までのメインロードでした。ニュースなどで映像・動画で見ることはありませんしね。なーんか「死の街」をイメージさせる不思議な光景でした。

|

« あるサポーターさんの場合 | トップページ | 大作戦で追いつかれる 東京ヴェルディ戦TV観戦記 »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あるサポーターさんの場合 | トップページ | 大作戦で追いつかれる 東京ヴェルディ戦TV観戦記 »