« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月29日 (火)

おっさんなのにガールススタジアム企画に乗ったのだ

まずはお詫びです。前回の記事でダイチョウ投入が1点リードされてから、と書きましたが、実際は0-0の場面で投入されていました。ただし、守備重視で投入したという見方をかえるつもりはありません。

さてさて、熊本戦はガールススタジアムということでいろいろな企画がありました。ガールズスタジアム、なんという隠微甘美な響きでしょう。
おっさんですけど参加してよかですか?誰もイエスと返さないまま勝手に参加。といってもおっさんが参加企画できるものがないのでスヌーピーシャツを着ていきました。某サポ氏に似合わねーと爆笑されたアレです。
狙いは双子コーデスヌーピーシャツを着た娘っこはいねーがー、となまはげのようにガールを探しているといましたよ!小さいころからスタジムに通っているお嬢さん、もちろん顔見知りです。大きくなったねー、高校生だっけ、と話しかけツーショットをもちかけると断れました。「いやですよー(笑」じゃなくて「イヤァァァァーー(叫」という反応でorz
それでもお嬢さんのご父君にお願いして双子コーデ完成、まぁ双子というより父娘コーデだったんですが・・・写真見たらイイ笑顔してるわw(もちろんPさんが)。
写真を撮ってもらったあと、お小遣いをあげようとしたら撮影者から止められましたw

栃木戦もスヌーピーシャツを着ていくかもしれないので、その時は双子コーデしましょうーーー!(誰に伝えようとしているか不明

| | コメント (0)

2015年9月28日 (月)

いやご不満はわかりますが ホーム熊本戦観戦記

よっしゃー2試合連続敗戦なし!
ラストワンプレーのゴールでないからセーフ!
負け惜しみというかポジティブシンキング!

と、強がってみたものの試合後のスタジアムを覆う空気は今季最悪だったと思います。京都、磐田戦での3失点、岐阜戦のラスワンプレーの同点よりもです。
結果そのものもそうですが、試合内容というかこれまでの試合と違って爽快さが足りなかったというか。もちろん個人な思いです。

前々回のブログで「ショーマンは高さと強さ、まさお、ネコさんは速さという武器を持っていますが、カズ、ダイチョウはそうした際立った武器を持っていないので辛いなぁと思うことが多いです」と書きました。ショーマンがいればロングボールでも起点ができて絡んでくる選手がいれば速攻ができますし、まさお、ネコさんがいればロングボールをマイボールにできる可能性がありますが、この日はこうした速攻・カウンターが少なかったように見えました。速攻ができないから手数をかける、手数をかけてシュートを撃ちきれず逆にカウンターを喰らった場面もありました。
0-3で惨敗した磐田戦は屈強な磐田DFに対してシュートを撃ちきれないという印象でしたが、昨日の熊本戦はモタモタしてシュートを撃ちきれないという印象でした。これが爽快さが足りないと感じた原因かなぁと思っています。ショーマン、まさお、ネコさんの不在で、速攻、シュートでプレーを切ることにより守備にも効いていたということを知った気分です。
そして1点リードした同点の場面でパウロ、ジャーーーーンでなくダイチョウを投入したことに不満を持った方も多いようです。これも前々回に書きましたが、点を獲りに行くより守備を重視したからでしょう。3人目の交代にメンデスを入れて5バックにしたことからも間違いないと思います。ただ、ダイチョウが自分の役割をわかっていなかったのか、万全の体調ではないかと思われるぐらい精彩がなかったことが計算外でした。あの守備ならパウロ、ジャーーーーンを出して欲しかったという方の気持ちもわかります。
交代策が理解できないという声も多いようですが、熊本の当りが強かったこともあり、この交代自体は予想していたので不満はありません。もっとも交代選手の動きが悪かったことも監督の責任といえばそうでしょうけど。

交代が悪いとか先発に誰それをなぜ使わないという声が多いようですが、逆になぜその選手を使うのか考えると監督の狙いがわかると思います。昨年J3優勝、今季序盤好調だったのは堅実な守備が基本でした。その堅実な守備はFWから始まっていることを忘れてはいけないと思うわけです。

ツエーゲン1-1熊本

| | コメント (3)

2015年9月25日 (金)

ジャーーーーンのゴールをキンタさん風に振り返る

ど~も、連敗中は全く更新していないのに、こういう時だけ更新するダメなサポです。
さてさて、先日の長崎戦のジャーーーーンのゴールをキンタさん風に振り返ってみます。ちなみに水戸戦のゴールはこんな感じで振り返っています

Vlcsnap00005
モテキがクロスを上げる前です。おそらくこの時ゴールの前を見てクロスをどこに入れるか決めていたと思います。
あ、当方サッカード素人ね。
矢印がジャーーーーン。モテキとゴールの間に大きなスペースがあるので、高いクロスもグランダーのクロスも選択できます。

Vlcsnap00009
モテキがクロスを上げた直後です。白矢印の1人はスペースに、もう1人はゴールに向かって走っていますが、黒矢印のジャーーーーンはゴールに背を向けたままです。

Vlcsnap00008
こちらはジャーーーーンのヘディングシュートの瞬間?です。●はジャーーーンがいた位置で、シュートの瞬間2歩前に出ています。ついたDFからするとゴール・自分から遠ざかったので意外だったし守りにくかったかもしれませんね

こうして振り返ってみるとジャーーーーンはクロスが上がった瞬間に落下位置を把握しているんですね。こんな場面でFWならゴールに近づきたくなると思いますがやみくもに動くこともしていませんし、ゴールの位置を把握してのバックヘッドとゴール前の落着きがあるのかなと思います。
入団決定時にブラジル・オーストリア時代の動画を紹介しましたが、ループ系のシュートが多いのも落着きがあるからと妄想していますW

ジャーーーーンのビューティフルゴールの一方でモテキのクロスは狙い通り、というかそこまで意図したものか若干の疑問がw誰か聞いてーw

| | コメント (0)

2015年9月24日 (木)

こういうラストワンプレーは歓迎 アウェイ長崎戦テレビ観戦記

ジャーーーーーーーンーーーーーーーーー!

ということで久しぶりにリーグ戦をみて更新意欲が湧いてきますたw
昨日の試合はハーフタイムに帰宅し、後半から呑みながら観戦していました。ジャーーーンの同点ゴールの時点ですでにイイ気持だったのがさらにテンションが上がって今日はちょっと二日酔い気味でした(まぁジャーーーンのゴールがなくても二日酔いなっていたと思いますw

ラストプレーでの同点ゴールで勝点0から1を得ることができました。ラストプレーの得点というとホーム水戸戦でもジャーーーーンがやはりヘッドで先制ゴールを決めていて、勝点1で終わるところを3と上積みしていました。
一方でホーム岐阜戦では90+5分に同点ゴールを決められ勝点3を得るはずが1しか奪えず、アウェイ群馬戦では90+4分に先制点を許し勝点1を失っていました。
これでラストプレーで得た勝点はプラス3、マイナス3と帳尻が合いました。今後はプラスで行きたいですね!って心臓に悪いのでラストワンプレーまでに勝てる展開にしてくださいw

帳尻と言えばオウンによる失点もそうでした。オウン自体はシャーないので最後に当ててしまったヨンファンを責めるつもりは一切ありませんが、アウェイ讃岐戦でのヨンファンの得点は鬼島兄のクリアがヨンファンに当たったもので、シーズン通すと帳尻が合うなぁと直後から思っていました。

判定もそんなものだと思います。そりゃ納得できない判定もありますが、逆に対戦相手からすれば納得できない判定もあるでしょう(一例として先日の磐田戦のサクの一発レッドとホーム千葉戦のPA内のノーファール)。判定に一喜一憂しないで切替した方が精神的にもよさそうです。

得点者はジャーーーン、アシストはモテキ、モテキにパスを出したのはパウロ、と3人とも途中交代で入った選手でした。じゃあ最初から出してという声があるかもしれませんが、ジャーン、パウロの先発は厳しいと思います。FWに得点を求めるのは当然ですが、森下監督は最前線の守備者としての役割も求めているのだと思います。ショーマンはターゲットマンとしてだけでなく守備者としてもよく相手を追いかけたりスペースを埋めていました。ここ最近カズがFWとして使われているのは守備もできること、特にここぞというところで激しくプレッシャーをかけるところなどが監督の信頼を得ているのだと思っています。ダイチョウが使われいるのも同様の理由でしょう。一方でジャーーーン、パウロの守備を見ていると正直不安に感じています(なお、当方サッカード素人)。まさおも守備ができると思っているのですが、最近ベンチにも入っていないのは体調不良なのでしょうか(今治戦も出場していませんでした)。
ショーマンは高さと強さ、まさお、ネコさんは速さという武器を持っていますが、カズ、ダイチョウはそうした際立った武器を持っていないので辛いなぁと思うことが多いです。
昨日が1トップだったのは、サク、こすけさん、ノダン、つじお、ヨンファンが揃ったから3ボランチができたからという理由もありますが、高さ、スピードがもの足りない2トップよりは中盤を厚くして、長崎の強烈な圧に対抗しようという意図があったかもと思ったりしています。
昨日は後半から見ていたと書きましたが、流れからチャンスらしいチャンスはなかったのではないでしょうか。しかしセットプレーが多かったにもかかわらず得点できなかったの流れでの勝点1は大きかったですね。

この辺りの話は続くかもです。

| | コメント (1)

2015年9月20日 (日)

明日は北信越最終節

ど~も、地域脳でーす。というわけで磐田戦の前に越前市で行われたサウルコス福井ーアルティスタ東御を観戦してきました。某金沢サポ氏の車に同乗させてもらい、アルコールもOKだったので磐田戦前から呑んでいましたw
この試合前の順位と勝点はサウルコスが2位で勝点30、アルティスタが首位で勝点31でした。アルティスタが勝利すると残り1節で勝点差4と開きサウルコスの優勝がなくなる状況でした。
前半は両チームキーパーのファインセーブ、ファールによるノーゴール判定など動きのある試合でしたが、主導権は大きなサイドチェンジとサイドの早いドリブル突破を見せていたアルティスタが握っていたように見えました。しかし、先制点はサウルコス。一人抜け出したところを後ろから止めてのPKからでした。アルティスタの攻撃は良いのですが、最終ラインが不安定で、プレッシャーをかけられるとボールを奪われるシーンが試合を通じて何度もありました。アルティスタの試合は今季南長野での新庄クラブ戦を見ていますが、この試合も攻撃が良かった一方で新庄クラブのFWに引っ掻き回されていた印象がありました。この辺りがリーグ首位であっても全社、天皇杯決勝前に敗退した原因でしょう。
後半になるとアルティスタは大きなサイドチェンジを見せなくなり、サイド攻撃も右に偏重となる一方で最終ラインの不安定さは相変わらずだったのでサウルコスペースだったと思います。ゴール前の混戦からサウルコスが追加点をあげて2-0で勝利し、勝点を33に伸ばし首位に立ちました。この試合に前にJSCも勝利しており勝点を33にしています。
最終節はそのサウルコスとJSCの直接対決です。勝点差は並んでいますが、得失点差ではサウルコスが上です。直接対決で勝った方が優勝はもちろんですが、引分けた場合はサウルコス優勝の可能性大です。サウルコスーJSCが引分てアルティスタが上田ジェンシャンに勝った場合は3チームが勝点34で並びますが、その時点で得失点差でJSCの優勝はなくなっています。サウルコスの得失点差は41でアルティスタは31ですからね。
実は昨年の最終節も引分以上でサウルコス優勝(勝点差があったことが異なりますが)、と同じシチュエーションでのJSCとの対戦でした。昨年は2-0で福井が勝利して2年連続優勝をしました。
昨年に続いて明日も13:30キックオフ、テクノ開催の試合を観戦しに行きます。ただし、今度は某金沢サポ氏を乗せていくので呑めませんw

アルティスタ戦では越前市開催ながらも観客数は2470人でした。昨季の最終節の観客数は4126人だったので、観客数も楽しみです。サウルコスは地域時代のツエーゲン以上の観客動員力があるんじゃないでしょうか。
サウルコスには梅井、鶴野選手、JSCには山城選手とそれぞれに元ツエーゲンの選手が在籍しているのでこちらの対決も楽しみです。
ツエーゲンのアウェイ横浜FC戦はオンデマンド観戦ですorz

| | コメント (0)

2015年9月19日 (土)

メンデスのダンマクを考えますた

ど~も、仕事の帰りにたまに乗る金沢駅行のバスがことごとく六枚経由なのは前世の因果かと思い始めているParkerです。

メンデス選手の入団が先日発表されました。その前に手薄になったCBの補強に北陸大学のDF深井脩平選手が特別指定選手としていただけに、ショーマンの骨折に手薄になったFWの補強にブラジル人キター!と思っていたらDFでしたw
身長190センチのDFというと過去に、松岡マリオ、梅ちゃんが在籍していましたが故障もあってどちらもDFで出場したことがなく、ターゲットマンとして起用された記憶があります(自信なし)。今のDFメンバーに入るのは難しいので、やはりターゲットマンとして使われるのかなぁと思ったりしています。
さてさて、そのメンデスのダンマクもまた作られるでしょうということでいろいろ案を考えてみました。基本はダジャ
レです、というかダジャレだけです。

まずは「メンデスズゾーン」
元ネタは音楽家メンデルスゾーン。
DFだからいいかなとw
Photo

お次は「メンデスの法則」
元ネタはメンデルの法則。英語にすると意外にしっくりきましたw
Photo_2

最後は「アイアン・メンデス」
元ネタはアイアン・メイデン
え、知らない?は世界で最も成功しているヘヴィメタル・バンドの一つですよ。そのアイアン・メイデンは独自のロゴを使っているのでダンマクにも似ているロゴを使ってみましょう。
Ironmaidenbanner

Photo_3

さーて、どれがいいですかね(なお採用は・・・

ちなみにPさんアイアン・メイデンの曲を1曲も知りませんし、ヘヴィメタルもBABY METALしか知りません!

| | コメント (0)

2015年9月15日 (火)

1万人はアガるわー

人が多いとそれだけでテンションがアガりますね!
越前市のサウルコス福井ーアルティスタ東御を観戦してから、農業会館に駐車して歩いて西部に着いたのは4時30分ぐらいだったでしょうか。4時40分開始予定のゴン中山氏のトークショー会場の噴水前は黒山の人だかりでした。これだけでもうお腹いっぱい。すでに人ごみで酔った気分でした。
失礼しました!その時点で3杯飲んでいてホントに酔っぱらっていました!某サポ氏の運転で越前市まで行っていたのです。

噴水前の人ごみを回避して、岐阜サポさん大絶賛のスタジアムでカクテルが飲めるお店「kitchen bar lamp」さんでとりあえずビールとモヒート。なんとか手の震えが止まり、ピンクの像も見えてきてゼッコーチョー!昨季に比べるとお客さんの入りが早くなって、4000人でも多いなーと思っていましたが、10000人は別次元ですね。人が多いだけでアガるアガる。その分飲食ブースの待機列がとんでもないことになっていました。常にこれだけのお客さんに来ていただければもっとお店も増えてくれるんでしょうけど・・・
トークショーが終わってからメイン側に入場しようとするとスンゴイ列。アガるわー(しつこい)。でもいつもの観戦場所を確保できたのは嬉しいような寂しいようなw
この日はコレオをするということでA席にも行ってみました。なにこの入場待機列!40分前以上前なのに100メートル以上あります。これがキックオフ直前なら金沢時間で片づけられるのですが40分前ですよ!この日だけのお客さんでなくて以前から通っているお客さんが多いからかな?と都合の良い妄想をしました。
ゴール裏に行くとちょうど練習開始の時でした。今季初めて近くで観たのですが選手を迎える時のチャント迫力あってビックリしました。それからメインに戻った時も待機列は依然として100メートル以上あったと思います。最後に確認した時はメイン入場口まで達していました。
そして自分の席に戻る時に顔見知り(注・そう思っているのはPさんだけ)の美人さんに会うと、最初の挨拶が「何杯飲んでいるんですか」・・・そーいうイメージしか持たれていないのですね・・・心当たりありすぎて納得www
この日は髭を剃る時間がなくてむさくるしい顔をお見せしたのが申し訳なかったです。イメージ悪くなっちゃたなーorzあ、それ以外の顔見知りのサポにどう思われていようが気にしていません(キリッ
この日はスタジアム内でもキリンビールを売っていたのでそちらでも購入させていただきました。おつまみにメープルハウスさんのこんな大きいピザが500円で満足満足。
Photo

帰りは金沢駅直行シャトルバスを利用しました。数台のバスが待機していて、満車になるとすぐに出発とこれまでの「路線バス」と違って快適快適。400円は高くはないですが、アイカを使えないのが不便ですねぇ、なんとか改善をお願いしたいところです。もっとも利用者のほとんどアウェイサポなら関係ないですか。
とまぁ前日、本の整理をして古本屋に売ったあぶく銭をキレイに使い果たしました・・・うむ、少し反省

選手入場時のゴール裏バックのコレオとメインの様子です
観客はクラブ新記録の12353人でした。
3

2

4


| | コメント (1)

2015年9月14日 (月)

一万人チャレンジデー ホーム磐田戦観戦記

ど~も、久しぶりに(今年初?)会った方にご挨拶したら、最初に「今日何杯目ですか?」と訊かれたPさんです・・・そして無意識に1杯少なく答えていましたw

さてさて肝心の試合は皆さまご存じのどおり0-3という結果でした。
といっても1点目は素晴らしい個人技で脱帽というしかありませんでしたし、2点目はサクが退場して最終ラインをどうするか調整している間にジェイにかっさわれたもの、3点目もまぁ似たような失点ですよね。とまぁ自分の中では3点とも仕方ないという感じです。
2失点は10人になってからのものですが、11人のままであれば勝てたかというとそれもなかったかなぁと。
磐田の選手は上手いなぁと感心しながら見ていました。いつもならシュートで終われるであろう場面でシュートを撃ちきれない場面が多くあったと思います。まともに戦えばというと聞こえは悪いですが、チーム一体で戦えなければ勝てないだろうなぁと。
そして、ツエーゲンは持てる戦力内で最善手を尽くし、個々の選手ができることをやりきっているように見えたのです。
1点リードしてる場面でサクが退場していれば、ヨンファンが下がって4バックにしていたと思いますが、3バックにしようとして2失点目を喫したように見えました(サッカード素人なので自信ありません)。10人になりながらも点を獲りに行ったように見えましたのです(しつこいようですがサッカード素人なので自信ありません)。それもあって失点も仕方ないなぁと思うところもあります。
「気持ちを見せろ」という言葉がありますが、昨日のツエーゲンからは「気持ち」が見えたような気がしたのです。ですから、結果だけならば完敗・惨敗なんですが、意外といってぐらいショックを感じていません。決定機も作っていましたしね。あ、だからと言って悔しくないということではありません。
言っておきますがPさんいつもこんなにものわかり良くないですよ。昔の観戦記ではかなりヒドいことを書いていましたw
JFL時代のチャレンジデーの佐川急便戦、佐川印刷戦が思いだすと今でも腹が立つぐらいのまぁヒドい試合で、試合後のメイン席からも野次が飛んでいた記憶がありますが、昨日はそんな野次は聞こえなかったので(これも飲みすぎていたせいかもしれません)同じような思いの方も多かったのではないのでしょうか。
先に「ツエーゲンは持てる戦力内で最善手を尽くし」と書きましたが、ショーマンが先発どころか控にも入っていなくて怪我かなと思っていたら、今日全治3カ月の怪我ということが発表されましたorzどーすんだorz
とにかくショーマンの1日も早い復帰を祈って>鶴

| | コメント (0)

2015年9月 4日 (金)

お久しぶりです

反町監督見てますか―!
「ツエーゲン ブログ」で検索すれば相当の確率でヒットする拙ブログにようこそ!
ド素人のインチキ観戦記ばかりでお役に立てなくてすいません!

そして、JFL以来の訪問の松本サポのみなさんお久しぶりです!
まだひっそりと続いていますよ。
北信越時代からすっかり真面目になって面白くないかもしれませんが、明日の試合の情報収集のお役に立てていただけたら幸いです。
相変わらずのド素人のインチキ観戦記ばかりですけどね!
いつになるかわかりませんが、同じリーグになったときは夜露死苦

| | コメント (1)

明日は天皇杯松本戦

朗報です!
9月5日の天皇杯松本戦に催行されるツエーゲンのバスツアーにPさん不参加です!
これまでおひさるバスツアーでオリジナル映像を流して車内に重苦しい空気を醸し出していましたが、今回はそんなことはありません!参加者のみなさん、良かったですね!

で、自力で行くかというとそんなこともなく、今回は金沢というか山代でオンデマンド観戦予定です。
松本戦だから行く!という方もいらっしゃるでしょうけど、逆にPさんは松本戦だから行かないんですよね。先週行ったから、という理由ではありません。自分の中で勝っても負けてもエクスキューズしちゃうんじゃないかとの思うのです。勝手な思いであることは百も承知です。それでも他のJ1クラブとの対戦ならば応援に行っていたと思います。
両チームの選手・サポともガチンコなのも承知しています。応援できないのは心苦しいです。でも、松本相手ならば、松本相手だからこそ、お互い言い訳の出来ないシチュエーションでアルウィンでやりたいという思いがあるのですよ。「北信越」「JFL」時代を知っているからこその不参戦であることを知っていただきたいと思います。
以上捻くれたおっさんの戯言です。

アルウィンに行かれるみなさんは応援お願いします!

| | コメント (0)

2015年9月 2日 (水)

天皇杯はいつもと違うスタジアム

今治戦の前日は松本にいて、松本から帰ってきてから西部に向かいました。
毎年車で松本に行っていますが、一番利用するルートはこちら。
金沢ー(北陸道)→富山ー(41号線)→神岡ー(471号線)→安房トンネルー(158号線)→松本
4時間ぐらいかな。今回も往復とも利用しました。
東海北陸道高山ルートは、東海北陸道のトンネルが長いのと、安房トンネル手前の乗鞍越えのカーブがキツイのと、帰りの飛騨清美ICが混むことがあって苦手です。
北陸道ー上信越道ー長野道は、上信越道の1車線区間で渋滞が発生すること、更埴JCTからの長野道がカーブがキツイのと、高速料金が高くなるためこちらも使いません。
北陸道の糸魚川が下りるルートもあります。糸魚川から白馬まではかっては道が狭くて曲がりくねっていましたが、今では立派に整備されています。

金沢に戻ってきたのが1時ごろ。一旦家に土産を置いてから金沢駅へ。7月8月のホームゲームは暑過ぎて車で西部まで行っていました。暑すぎるとビールが全部汗になりますしね。これぐらい涼しくなると、汗になりませんし、ビールもすぐにぬるくなりません。夏のビールは苦手です(飲まないとは言っていない)。
金沢駅からバスに乗ろうとすると顔見知りの方を見かけてご挨拶。いつもならバスの中では寝ていますが、その方といろいろお話させていただき退屈しませんでした。
西部に着くと飲食ブースがいくつかありますが、いつもより人が少ないorz。雨、BSで中継という条件が重なったことがありますが、一番の原因は石川県サッカー協会とツエーゲンの告知不足ではなかったでしょうか・・・。
飲食ブースはいつもより寂しかったですが、代わりに今治のグッズ販売がありました。岡田さんのキャラクターグッズはないんですね、あれば買っていたのにw
20150902_22_22_09
ビール、カクテルなどを飲んでイイ気持でスタジアムに入ると天皇杯プログラムを売っていたので購入、イイ気分だったので売り子のお兄ちゃんたちとお喋りをしていると、金沢学院大のサッカー部ということで、部員が約40人で、マーティンがコーチをしていて、横分けのヘアスタイルをしているなどいらない情報を仕入れましたw
お客さんはやっぱり少ない・・・公式発表は1241人でしたが、JFL時代に地域リーグとの対戦では3ケタだったのでこれでもおよそ2倍の動員でした。ちなみに地域時代の2008年SAGAWA(JFL)戦は2145人の動員でした。
お客さんは少なったですが、ゴール裏の人数はリーグ戦と同じぐらいいたと思います。メインのお客さんたちも熱心に応援されていましたし、たった1年ですが随分変わった印象です。
帰りのバスはガララーガ。2号車3号車は必要なかったんじゃないかと。スタジアムのアナウンスは男性の声でした(同じく石川県サッカー協会運営の全社北信越は女性だったと記憶)。ツエーゲンの試合でMCをしている大平さんを観客席でお見かけしましたが、依頼することはできなかったのですかねぇ・・・。試合は面白かったですが、お客さんの数や運営がちょっと残念でした。

| | コメント (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »