« ツエーゲンはジャイアントではない | トップページ | 天皇杯はいつもと違うスタジアム »

2015年8月31日 (月)

祝・BS初勝利!天皇杯今治FC戦観戦記

続きです。
試合前の選手発表でワクワクというかドキドキというかハラハラ感でいっぱいでしたが、試合が始めるとボールキープや囲んでのボール奪取などの個の能力は明らかにツエーゲンの選手が上回っていたように見えなんとかなりそうだと安心しました。
というか今治はもっとできなかったと思えました。世間一般では今治の健闘を言われているようですが、JFL昇格を狙うチームならもっともっとできたはずという思いがあります。まぁ後半アドなんとかタイムに追いつかれて、延長前半に一旦リードされたチームのサポが言っても説得力ナッシングですねwなお、現地観戦の時はけっこう安心して見ていましたが、録画見たら何度も決定機を作られていたことを確認しますた・・・
「主力選手の休息」がミッションのひとつではないかと書きましたが、その上で「勝ちに行く」ことはもちろん、「リーグ戦では出番の少ない選手を実戦で観てリーグ後半に生かす」こともミッションではなかったでしょうか。
出番の少ない選手を見るということではトミーの活躍が嬉しかったですね。いや、トミーが良いのはわかっているのですが。延長後半のPK獲得になったプレーでダイチョウにパスをしたのが、今治の3人に囲まれたトミーでした。
一方で不安を感じさせる場面も。センターバックが3人故障中でサクとヨンファンがに何かあった場合、この試合のようにあわちゃんが入ることも選択肢の一つにあったかもしれませんが、この試合のプレーを見るとそのプランはなくなったでしょうね・・・
評価されるのはこの試合は警告がなかったことです(今治は警告4枚)。サブメンバーにもクリーンプレーが浸透しているのは素晴らしいですね。

ともあれ120分のシーソーゲームでおまけに9ゴールという夏の終わりに大花火大会となって中継したNHNBSの嗅覚はさすがというしかないですねw
でもNHKというか、全世界のツエーゲンサポ以外は今治の勝利を望んでいたんでしょ?
そんな負の期待を背負いながらも、前半早々リードを許し、後半開始直後に同点、さらに逆転したものの、後半アドなんとかタイムに同点に追いつかれるだけでなく延長前半に再びリードされ期待を膨らませます。しかし、今度は延長前半アドなんとかタイムに面白ループヘッドで追いつくと、延長後半には3得点で虐殺モード。しかも今治は3人を交代させていたため延長は10人で戦っていたというおまけつき。
相手の良いところを引き出しその上で勝つという「風車の理論」をできるようになったんですねぇ・・・(多分違。試合前ヒールになるべきと書きましたが、期待以上のヒールチャンプらしかったです。
2年前の天皇杯で、試合終了間際に追いついたツエーゲンに対し、ラストプレーで突き放した清水はうちを見習ってほしいですねw
BSでの中継は4回目だと記憶しています。それまでは格下との立場でどの試合も1点差負けのグッドルーザーでしたが、初の「格上」との立場での中継で、しかもメンバーを落として勝って感慨深いものがありました。
この勝利を今後に繋げてもらいたいと思います。

魅力は「ジャイキリ」のみにあらず!天皇杯漫遊記2015 金沢vs.今治

第95回天皇杯1回戦 金沢が今治との打ち合いを制す

NHKから
この文章を書いた後に見たものです(汗
20150831_19_49_16

20150831_19_49_48


|

« ツエーゲンはジャイアントではない | トップページ | 天皇杯はいつもと違うスタジアム »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

TV観戦組としては…いやあ、ツエーゲンさんの守備陣が特に前半は結構やられていたな、と。
後半、逆転すれども、突き放すことが出来ないでいるのは…よろしくないなーと思っていたら。
あらら。
とにかく勝てて良かったです。本当にそう思います。
もっともっと地力をつけてほしいなあと。
贅沢でしょうか?

投稿: よいき | 2015年9月 1日 (火) 20時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ツエーゲンはジャイアントではない | トップページ | 天皇杯はいつもと違うスタジアム »