« 非常事態の初戦 ホーム福岡戦感想 | トップページ | 日曜日は天皇杯今治戦 »

2015年8月25日 (火)

ここ3試合の傾向を考えてみますた

ど~も、石川県を元気にするアイドルグループから、元気をもらい体力を奪われているPさんです。

20日ぐらい夏休みをいただきご心配をおかけして申し訳ありません。
実際には土日以外の休みは1日しかなく、その休みも全社北信越、北信越国体、天皇杯石川県大会決勝、石川県を元気にするアイドルグループを炎天下で観て体調不良だった上に、試験勉強が重なったり、酔っぱらっていたのかいろいろ重なりました。一言でいえば、ツエーゲンがアレだったんで更新の意欲が湧かなかったということでorz
それでも涼しくなってきたので(部屋にクーラーがないのです)、ぼちぼち更新して逝こうかなと思います。

さてさて、先日のアウェイ京都戦もまたまたま(何回繰り返せばいいの?)勝てませんでしたorz前半で先制点を奪いながら後半開始早々の失点は水戸戦を連想しましたよね。

失点シーンはまたもカウンターでした・・・攻めている時にシュートで終われなかったことですよね・・・失点シーン
そのものよりそちらが気になりました。守備より攻撃が・・・ですね。
ただ試合内容はここ数試合で一番面白い試合だったと思います。

この試合でハラショーさんは今シーズン初のスタメン落ちで66分からの出場でした。その前の群馬戦ではハラショーさんが60分に退いてショーマンが入っています。さらにその前の福岡戦はショーマンが79分にハラショーさんが85分に退いています。その福岡戦観戦記でPさんは「前半はお互い相手の出方を窺っているように見えました。後半はツエー
ゲンが積極的に前に出てきて、前半の堅い印象から攻め合って面白い展開になりました。」と書いています。
で、妄想です。
福岡戦で攻撃の軸となる2人が最後までプレーすることはできませんでした。それを踏まえ群馬戦でショーマンを、京都戦でハラショーさんをそれぞれ前半温存させ後半勝負のプランを森下監督は持っていたのではないかということです。あくまで妄想なので誰か訊いてーw

|

« 非常事態の初戦 ホーム福岡戦感想 | トップページ | 日曜日は天皇杯今治戦 »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 非常事態の初戦 ホーム福岡戦感想 | トップページ | 日曜日は天皇杯今治戦 »