« 大統領閣下が雨の日のツエーゲン金沢観戦を呼びかけています | トップページ | ランボー怒りの連続引分け »

2015年7月18日 (土)

重いものを呑みこんだような引分け ホーム岐阜戦観戦記

アドなんとかタイムは4分。最後のプレーと思われた岐阜のフリーキック、確かに最後のプレーでした。
問題はそれが岐阜の得点に結びつき同点に終わったことです。
胃に重いものを呑みこんだようなこの感覚は今シーズン初めてです。昨シーズンまでは何度も何度も何度も経験していますが(乾笑い。かっての1万人チャレンジデーでの佐川印刷戦、SAGAWA戦を思いだしました(空笑い。
大宮戦の敗戦は希望が持てました。横浜FCの敗戦は相手の術中に嵌りました。磐田は相手の出来が素晴らしすぎました。京都戦の敗戦は大黒が半端なかったでした。これまでの敗戦は切替ができましたが、今日の引分けは・・・
ただ予期しない引分けが、事故のような引分かというと断じて違うと言えます。悔しいですが引分けるべきして引分けた試合だと言えると思います。

前半は岐阜の試合でした。磐田はA牙、藤さんの両ボランチ対策に徹底した早い潰しをしてきましたが、今日の岐阜は両ボランチにそもそもボールに絡ませないサイドを攻撃を仕掛けてきました。岐阜とすれば「攻撃」としてのサイド攻撃だったかもしれませんが、同時にツエーゲンの攻撃を止める「守備」としても機能していました。現役時代は中央突破大好きだったラモス監督がどちらに主眼を置いていたか記者さん質問してくれたでしょうか?前半の岐阜の時間帯に「走らされた」ことが同点に繋がったとサッカード素人Pさんは思っています。試合終了間際は「金沢タイム」が多かったですが、この日のツエーゲンは脚が止まりかけ、ボールにプレスをかけられないため岐阜にボールを与えていました。これが同点ゴールに結びついたことは間違いないですよね。
もうひとつは追加点のチャンスがあったもののそれを活かせなかったことです。イケイケドンドンの時間帯、何度もあったカウンターもカットでなく自分たちのミスで何度も潰していました。得点できる時にしなかった方が悪いですよね。
そう考えると今日の引分けは「事故」ではなく「論理的」だったと思うわけです。
ただ、リーグ前半は「論理的」には「引分け」だった試合を「勝って」いたんですよねぇ・・・
まだ順位は確認していませんが、さすがに3位はないですよね。最下位岐阜との勝点差を広げられなかったのは痛かったDEATHorz

サッカード素人の観戦記は続きます。

|

« 大統領閣下が雨の日のツエーゲン金沢観戦を呼びかけています | トップページ | ランボー怒りの連続引分け »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大統領閣下が雨の日のツエーゲン金沢観戦を呼びかけています | トップページ | ランボー怒りの連続引分け »