« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月27日 (月)

星一徹さんはツエーゲンの成績にご不満のようです

| | コメント (0)

2015年7月25日 (土)

明日は徳島戦 阿波ちゃんデー?

ど~も、体操で肩を強く回したら半分脱臼?三十肩に悩まされているParkerさんです。三十肩です←大事なことなので二度言いました!

毎度毎度大事な試合と言っているPさん及びその他の方々ですが、明日の試合こそは今後を占う試合となりそうです。
まぁこの後の試合でも何度は言うと思いますが・・・

ひとーつ!
野田選手ベンチ入り最初の試合です。昨シーズンは3位の時点でショーマン、ネコさんが加入して逆転優勝したのは記憶に新しいところです(もっともその前のシーズンはよく覚えていません・・・)
ノーダは左サイドのサイドアタッカー、左SBに入るのかSHに入るのか?またそこに入ることで「押し出される」選手はどのポジションに移るのでしょうか。シーズン前にヨンファンが左SBに入ると予想していた人はほとんどいなかったはずです。ノーダのポジションだけでなく他の選手のポジション、化学反応が楽しみです。

ふたーつ!
長崎戦の感想で次のように書きました

ツエーゲンを応援する一方で来場の動機は対戦相手によるところも大きかったと思うのです。ところがこの試合では対戦相手目的よりツエーゲンを応援するために来場されたのではと妄想したのです。
この仮説が当たっていれば、次節以降も天候に恵まれ、成績も上位でキープできていればという条件付きながらも、観客動員に期待できます。

その長崎戦の動員は5514人。以降の動員は以下の通りです

大分戦 6247人 6月14日(日)16:00キックオフ 曇
京都戦 6590人 6月28日(日)19:00キックオフ 雨
千葉戦 3834人 7月 8日(水)19:00キックオフ 曇
岐阜戦 4363人 7月18日(土)18:00キックオフ 晴

岐阜戦は記録こそ晴ですが台風の影響があって晴の予報は少なかったと記憶しています。この4試合の成績は3分1敗です。
昨年の動員を考えると大健闘というか出木杉くんですが、好成績を考慮するとやや寂しい数字とも言えます。長崎戦までは12試合連続無敗タイ記録を作っており、首位でしたっけ?(順位は気にしていないのでホントにわかりません)
嫌な言い方をすれば「強いから見に来た」お客さんが多かったと思うのです。しかし、前の岐阜戦は敗けはしないもののランボーさんも激怒のラストワンプレーの気分的に負けの試合で、天候に恵まれるであろう明日の試合の動員は「結果に関係なくツエーゲンを応援する」方の人数になるのかなぁとも思っています。

みぃーつっ
ついに森下監督が「残留決別宣言」を行いました。ランボーさん混乱中w
Pさん的には、岐阜戦のショックな引分後のアウェイ愛媛戦で超攻撃的な布陣で勝ちに行っても勝ちきれないため選手に喝を入れるため、以前から面白いサッカーを見せたいと思っていたこと、ノーダの加入で自信があるのでは(いや持って欲しい)と思いました。
また「現状で残留とか言ってたら本当に残留争いするとこまで行きそう。って思いだと思います。ここでの目標変更はある意味最初の目標を貫徹するためかと。で、クラブも動いた、新加入あり、と考えると直さざるを得ないとも言えるような」というご意見もあります。
どちらにしろ現状打破という狙いがあるのでしょう。

ピッチ内外でどんな変化が見られるか?明日の徳島戦が楽しみです。

他の見どころは、サトミキさんの握手会です。某アイドルグループの握手会をバカにしていましたが、握手会ってイイなぁとコペルニクス的大変換をしました。握手したい握手したい握手したい握(ry
コバノビッチ監督に前言撤回させたいDEATH!アンフェアな監督にギャフンと言わせましょう!

| | コメント (0)

2015年7月23日 (木)

ドロー沼に嵌っているんではなくて引き込んでいるのだ 

昨日の引分けで5試合連続引分けとなりましたが、相手をドロー沼に引きこんでいると考えたら少し気が晴れました!(ただし追いつかれた試合は考えないように)
25節終了時点で敗数4は大宮の3に続いてリーグ2位、 引分数11は札幌と並んで1位、 失点20は14の大宮に続いて長崎と並んで2位。シーズン前にこうありたいと思っていた数字ですね。
3分も1勝2敗も得られる勝点は3ですが、相手に与える勝点はトータル3と6ですから、3分の方が断然いいですよね!

さてさて昨日の試合を止まりまくりのオンデマンドで見ました。この試合の交代選手は、パウロ、あわちゃん、ジャーンと攻撃な面子でした。あわちゃんが?と思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、あわちゃんが左SBに入って、ヨンファンがアンカーに入ったんですよね?ならばこの布陣はパウロを活かすためのパウロシステムではなかったのでしょうか。
ショーマン、パウロ、ジャーンを同時に出場させる超攻撃的布陣です。と同時にPさん的には守備に不安を感じる布陣でもあります。アウェイで試合の流れは愛媛にありました。手堅く勝点1を狙う戦い方もあったはずですが、森下監督は勝ちを狙いに行ったと思います。引分が多くともそれはあくまで結果であり、監督は勝ちを狙う博奕をうっているんですよね。結果こそついてきませんがそこは評価したいと思います。まぁそれが岐阜戦の交代が遅れた原因の一つかもしれませんが・・・
あと岐阜戦に続いて終盤の金沢タイムが見られなくて逆に走り負けているように見えます。これが暑さ疲れになるものか、研究されて金沢時間(Pさん命名。ツエーゲンのブロックに相手チームがボールの出しどころがなくブロックの外でボールを回して時間を浪費する時間)が減ってきて走らされていることによるものか気になるところです。

| | コメント (0)

2015年7月21日 (火)

Pさんこびとマフラーを買う

ど~も、女子高生の中国獅子舞に噛まれて嬉しかったPさんです。で、横にいた奥さんに鼻の下が長かった、と言われるも、全くもってそのとおりで否定できませんでしたw

さてさて、岐阜戦では新グッズ「こびとスタジアムタオルマフラー」が発売されました。ビールには財布の紐が緩いが、グッズにはめっぽう財布の紐が固いPさんもこの新グッズにはメロメロ。カワイイは正義!なおPさんの推しメンはハラショーちゃんです!
カワイイグッズ大好きPさんは実は先週のスヌーピーTシャツに続いての購入でした。スヌーピーTシャツを着て来てマフラーを掲げようとしていたのですが・・・あまり笑わない印象のあるサポ氏がPさんを見て大笑い「スヌーピー似合わねぇ―」orz
確かにおっさんです!似合うとも思っていません!その前にスヌーピーTシャツを着て何人もの人に会いましたが、誰も指さして「スヌーピー似合わねぇ―」と笑うことはありませんでした!悔しいからこのTシャツ着て地元アイドルのイベントに行きます!
とりあえず謝罪と賠償(←ビール)を要求します!

Photo
このシャツを奥さんに洗濯してもらうには勇気がいりそうです

Photo_2
マフラーは洗濯するとメンバーの顔が荒れそうなので、この日は掲げましたが今後は持ち出しにくいですね。


とまぁグッズを買うため交通費とビール代を節約するため2回連続スタジアムまで車で行ったので観戦記らしい観戦記が2回続きました。次の徳島戦は久々にバスで行く予定です。飲むぞー←

サイン会は出場停止だったこすけさんでした。もちろんサイン会は初めてこれまでで一番長い列だったと思います。

試合前は雨だったので「大統領閣下が雨の日のツエーゲン金沢観戦を呼びかけています」をささっと作って、ツイッターで宣伝するも再生数がビックリするほど伸びなくてorzところが急に伸びて何事かと思ったら、別の金沢サポ氏がフェイスブックで宣伝していただいたということでありがたい限りです。指さして「スヌーピー似合わねぇ―」と大笑いするサポ氏がいるかと思えばこんなサポ氏もいるんですね!

試合後はささっと観戦記その1を書き、翌日は「ランボー怒りのドロー沼」(タイトル変更しました)を作成しました。最後の選手コメントはこちらのツイートで知り、2時間ぐらいでアップとネタの新鮮度、というかそれだけで勝負しました。

| | コメント (0)

2015年7月20日 (月)

まさおの不運 ホーム岐阜戦観戦記2

先の観戦記で『岐阜は両ボランチにそもそもボールに絡ませないサイドを攻撃を仕掛けてきました。岐阜とすれば「攻撃」としてのサイド攻撃だったかもしれませんが、同時にツエーゲンの攻撃を止める「守備」としても機能していました。』と書きました。
この日のFWはターゲットマン・ショーマンでなく裏抜けのできるまさおでした。タイミングを計ったスルーパスがまさおを一番活かせると思いますが(注・当方サッカード素人)、両ボランチがボールに触れてリズムを作られない状況ではまさおを活かすパスを出すことはできませんでした。しかもこすけさんの出場停止でDFラインからの良いフィードも供給されませんでした。後半頭からショーマンがまさおに代わって入ったのはそうした流れを変えたかったのでしょう。まさおの出来云々での交代でなかったのは不運というしかなかったと思います。
ショーマンが入ってからは、ショーマンの頭を狙うことなら低い位置からでもでき、その間にラインを上げることもできます。競ったボールを取ることができればボールを下げ、MFが前を向いてプレーできてツエーゲンの攻撃が機能してきました。一方的な展開となったその時間は追加点を取れそうだったんですけどねぇ。
まさおは不運でしたが、3枚目の交代が遅れたのは失敗でしょう。前々回にも書きましたが、脚が止まっていたのにその対策が遅れたと思います。特にに左サイドを斜めに走られてピンチを作っていたので、左サイドのケアをもっと早くにできなかったのかなぁと思いました。走られてドリブルで時間を使えるトミーを見たかったです・・・。

| | コメント (0)

2015年7月19日 (日)

ランボー怒りの連続引分け

副題
ランボーさんはツエーゲン金沢の連続引分けにお怒りのようです

| | コメント (0)

2015年7月18日 (土)

重いものを呑みこんだような引分け ホーム岐阜戦観戦記

アドなんとかタイムは4分。最後のプレーと思われた岐阜のフリーキック、確かに最後のプレーでした。
問題はそれが岐阜の得点に結びつき同点に終わったことです。
胃に重いものを呑みこんだようなこの感覚は今シーズン初めてです。昨シーズンまでは何度も何度も何度も経験していますが(乾笑い。かっての1万人チャレンジデーでの佐川印刷戦、SAGAWA戦を思いだしました(空笑い。
大宮戦の敗戦は希望が持てました。横浜FCの敗戦は相手の術中に嵌りました。磐田は相手の出来が素晴らしすぎました。京都戦の敗戦は大黒が半端なかったでした。これまでの敗戦は切替ができましたが、今日の引分けは・・・
ただ予期しない引分けが、事故のような引分かというと断じて違うと言えます。悔しいですが引分けるべきして引分けた試合だと言えると思います。

前半は岐阜の試合でした。磐田はA牙、藤さんの両ボランチ対策に徹底した早い潰しをしてきましたが、今日の岐阜は両ボランチにそもそもボールに絡ませないサイドを攻撃を仕掛けてきました。岐阜とすれば「攻撃」としてのサイド攻撃だったかもしれませんが、同時にツエーゲンの攻撃を止める「守備」としても機能していました。現役時代は中央突破大好きだったラモス監督がどちらに主眼を置いていたか記者さん質問してくれたでしょうか?前半の岐阜の時間帯に「走らされた」ことが同点に繋がったとサッカード素人Pさんは思っています。試合終了間際は「金沢タイム」が多かったですが、この日のツエーゲンは脚が止まりかけ、ボールにプレスをかけられないため岐阜にボールを与えていました。これが同点ゴールに結びついたことは間違いないですよね。
もうひとつは追加点のチャンスがあったもののそれを活かせなかったことです。イケイケドンドンの時間帯、何度もあったカウンターもカットでなく自分たちのミスで何度も潰していました。得点できる時にしなかった方が悪いですよね。
そう考えると今日の引分けは「事故」ではなく「論理的」だったと思うわけです。
ただ、リーグ前半は「論理的」には「引分け」だった試合を「勝って」いたんですよねぇ・・・
まだ順位は確認していませんが、さすがに3位はないですよね。最下位岐阜との勝点差を広げられなかったのは痛かったDEATHorz

サッカード素人の観戦記は続きます。

| | コメント (0)

大統領閣下が雨の日のツエーゲン金沢観戦を呼びかけています

| | コメント (0)

2015年7月16日 (木)

北信越リーグ アルティスタ東御ー富山新庄クラブ観戦記その2

富山新庄クラブに1点リードされたアルティスタ、「点を獲りに行く」しかないので後半が楽しみです。

アルティスタ強かったです。相手云々でなくてホント強い。昨年の北信越最終節、直接対決で優勝が決まるサウルコスーJSCを見ていますが、その時の両チームより強いと思います。速いドリブラー、サイドに大きなパスで何度もボールを出すのは最近の北信越で見ていないような・・・と思っていましたが、南長野で見たせいかもしれません。他の会場で見たら感想変わるかもw
ただ全体的に速かったのは間違いありません。ボールをもらってからどこにボールを出そうか選手を探して時間を使うことがほとんどなかったような。これはどこで見ても変わらないでしょう。これにはビックリでした。
アルティスタの強力な攻撃で新庄クラブは何度も決定機を作られますが粘り強く守り続けます。アルティスタの攻撃も良かったですが、新庄クラブの守備も見ごたえありました。ズルズル下がることなくラインを保ち、前線でもある程度キープできる、なにより落着きがありました。一方的に攻められていたのに慌てたり焦ったりふいんき(当然地域リーグでも変換できない)が感じられませんでした。開幕戦でサウルコスに無失点勝利、前期アルティスタと分けたのも納得できます。
しかし、67分にPA外からの豪快なシュートが突き刺さりアルティスタが同点に追いつき、ついに94分(場内アナウンスでは後半50分)ほぼ最後のプレー、コーナーから豪快なヘッドが決まって土壇場での逆転なりました。
決めたアルティスタはお見事でしたし、もう少しで勝点を獲れた新庄は残念でした。
後半だけしか見られませんでしたが、非常に満足度の高い試合でした。

北信越リーグは今季2試合目の観戦で、最初に見た試合も面白くて、面白い試合はカテゴリー関係ないですよね。

今年のサウルコスを見ていませんが、勝点4差もあるのでアルティスタが有利なのかなと思っています。それぐらいアルティスタのサッカーが良かったです。
もしこのまま地域決勝に出れたら・・・と考えると昨年のサウルコスと重なる部分があります。アドなんとかタイムに入っても同点でしたが、大作戦やゴリゴリ行くところがなかったような。それでも勝てたから良かったとも言えますが、修羅場の地域決勝で通用するのか。昨年のサウスコスは全社で早々敗退して全国レベルの修羅場を経験せず地域決勝で敗退し、佐野監督は経験の差と言っていましたが、全社も天皇杯も県大会ですでに敗退しているアルティスタも・・・
いやいや気が早いですねw9月13日第13節にサウルコスーアルティスタの大一番があります。スゲー行きたいのですが、この日にツエーゲンのホームゲームが、しかも磐田戦・・・。今のところ試合時間未定となっていますのでナイトマッチをキボンヌ(切実。西部の駐車場は昼間混みますからナイトマッチにしましょう!

| | コメント (0)

北信越リーグ アルティスタ東御ー富山新庄クラブ観戦記その1

ど~も、快心のエントリーを書きましたが、イロイロ問題になりそうとのことで削除したチキン野郎Pさんです。
さてさて、先日新しくなった南長野に行きました。行きたいと思いながらもなかなか踏ん切りがつきませんでしたが、北信越リーグが開催される>無料で入場できる>蕎麦も食べたいということで長野市に逝ってきました。ビンボーなのか贅沢なのかよくわかりませんw

カードはアルティスタ東御ー富山新庄クラブ。ここ数年2強だったサウルコス福井とJSCを抑えて10節(全14節)終了時点で首位に立つアルティスタにも興味がありました。
ただ家族と行ったので、後半からの観戦になりましたorz

新南長野に入場したのはハーフタイム、近いピッチ、綺麗な芝はそのままで屋根付きで素晴らしいですね。公式発表で観客は228人。バックと2階は解放していなくて、ゴール裏とメインホーム側にしかいなかったのかな?屋根があるのでメインの歓声やため息が大きく聞こえます。
スコアは?とスコアボードとビジョンを見ますが使われていません。ツイッターで調べると前半終わってアルティスタ0-1富山新庄クラブという意外なものでした。しかし、新庄クラブは今季開幕戦でサウルコスに勝利しており、アルティスタにも1st-Stageは分けていたのです。前節まで首位アルティスタとサウルコスとの勝点差は4だったので、アルティスタが負けるか分けると、サウルコスとの直接対決で順位がひっくり返ることになります。これは後半楽しみです。なおスコアと時間は小さい専用のものがありました。

続きは明日以降です。

| | コメント (0)

2015年7月13日 (月)

両チームの守備哲学が出た試合 アウェイ讃岐戦録画観戦記

みんながボールウォッチャーなっての2失点は疲れで判断力が落ちていたのでしょうか。1点目はクロスがツエーゲン選手の脚に当ったのが見えなくてオフサイドと思い込んだのでしょうか?早い時間帯でもカズがコースが開いていたのにシュートを撃たない場面もありましたし。
4日はアウェイ北九州戦、ホームを挟んでのアウェイ戦となったのはしょうがないですが、2回ともバス移動だったのかな?お金がないのはわかっていますが、次々節アウェイ愛媛戦はバス移動回避してもらいたいですね。
イエローカードを2枚ももらったことも良くなかったですね。こすけさんは抜かれてカウンターを止めるためのファール、つじおはラフプレーでした。特にこすけさんは今シーズン4枚目で、昨季からのリーグ連続出場はもちろん、天皇杯県大会、本大会も含めた公式戦初の欠場となります。

ツエーゲンのイエローはいけませんが、讃岐のファールも目立ちました。前々から讃岐のファールは確信犯的なものを感じています。前半早い時間帯にエブソン選手がツエーゲンの選手をアフターでファールをして、やっぱりなぁと。続いて前半40分ごろにもハラショーさんをアフターで後ろから押し倒しました。そのままならコーナーになっていたところが、フリーキックとなり、讃岐33がクリアしたボールがヨンファンに当たっての珍ゴールで同点になりました。
思わず「因果応報」という言葉が浮かんだツエーゲンサポの目線は「まったく無意味な悪質なファール」ですが、讃岐サポさんのコメントは「一方で無駄なファウルが失点のきっかけとなった。相手の選手が駆け引きの上手な選手である事を頭に入れておくべきであった」。まぁお互いのサポはお互いの言い分がありますから仕方ないですね。それでも言うべきことは言わせてもらいますた。

そうした気分の良くないところを除けば、ブロックで守るツエーゲンと引いて守る讃岐の守備哲学が見られて非常に面白い試合でした。キープをしても攻めあぐいてボールを回す位置はツエーゲンが高い位置に対して、讃岐はハーフライン付近でしたね。カメラ寄るんじゃない、引け引けとテレビの前で言っていましたw

同点弾となったつじおの直接FKは気分良すぎましたね。今季ゴール正面からのFKを3回蹴って3回とも決めています(はず)。スゲーとしか言えないですね。

今後この位置のゴールは確実にゴールにボールを運ぶ辻尾急便と名づけましょう!(佐〇急便的意味をこめて)

終盤は猛攻を仕掛けながら勝ちきれずに結果は引分。非情にもったいない反面2回リードされましたし、途中までは讃岐の試合であったことは事実です。そう考えれば妥当な結果かもしれません。残念ですけど・・・

| | コメント (0)

2015年7月11日 (土)

どちらの試合だったのか ホーム千葉戦観戦記

ど~も、出張の土産は夏かぜですた・・・orz
試合翌日に泊りの出張があったので観戦記をなかなか書けませんでした。まぁ「ビースティ・ボーイズとCAPSULEがツエーゲン金沢の応援を呼びかけています 」を優先して作ったこともあるんですが。その力作(ただし公開後数時間たっても視聴数一桁、一桁ですよ!奥さん!ツイッターで宣伝して、ブログは100回見られているのに視聴数一桁!(午後6時30分現在)しかも半分はPさんが見ているんですけど・・・)はもういいやorz

さてさて、千葉戦はそのために有給とっていて当初バスで行くつもりでした。しかし、その前のホーム京都戦でベロンベロンだったため、予定を変更して車で行きました。ということで久しぶりのアルコールなしでの観戦でした。

ネットの感想やマッチレポートでは前半は互角、後半は千葉が主導権を握っていたと書かれていたものが多かったともいます。
 
       ツエーゲン 千葉
シュート数    6   14 
コーナー     2    6

スタッツ


数字を見ればそうなんでしょうけど、贔屓目で見ていると五分というかむしろツエーゲンの試合だったのでは思いました。大事なことなので二度言いますが贔屓目です。
確かにシュート数は千葉が圧倒されていました。しかし、危ない、というか崩されたと思わされたのは、前半の裏抜けされたシーン、後半のネイツの微妙なイエロー、コーナーからのポスト直撃のシュート以外は「撃たせた」シュートが多いように思えました。まぁ実際はシュートを撃たれるたびに冷や汗をかいていたんですがw
あわちゃんも今日の「情熱サッカー」で「上げさせたクロス」もあれば「上げられたクロス」もあったと語っていました。
一方でツエーゲンは、千葉の球際の強さに得点を決めることはできませんでしたが、効果的なカウンターを仕掛けることができたように見えて面白かったですね。シュートを撃つまではいかなくても「意図した攻撃」をできたのはツエーゲンに見えました。千葉がボールを持っている時はやたらと前のめりに見えましたし。決定的シーンは千葉と同じぐらいか(解説の城福氏)多いぐらいに見えました(贔屓目)。
その思いを一層強く思うのは、ツエーゲンのカウンターを千葉がファールで止めるシーンが目立ったことがあります。千葉の4枚のイエローのうちカウンターを止めたものは2枚だったか3枚だったか・・・
面白い試合だった一方で、枠外シュートが多くてピリッとしない印象も残りました。もちろん千葉の枠外シュートが多いのはノー問題ですw
早い時間でのハラショーさんと初先発のルーキー玉ちゃんのポジション交代の意図を、今日の「情熱サッカー」の監督インタビューを聞いてなるほどと思えました。ルーキー玉ちゃんを後半最初の試合に初先発させられたのは今後を考えると大きいですね。
MOMは左サイドバックで久しぶりの先発となったあわちゃん。後半はメインに近いサイドだったのでよく見えましたが、凄まじい運動量でした。あとはクロスの質を・・・
一方で心配なのはジャーン。前々からなんですが、なんちゃってプレスが気になって気になって。他の選手ならもっとプレッシャーをかけて自由に蹴らせないようにしますが、ジャーンのなんちゃってプレスでフリーまでとは言いませんが余裕を持って蹴られているように見えます。そこからのピンチになった場面は1回だけではありませんでした。今のままだと故障者が戻ってきたらなかなか使ってもらえませんよ・・・

| | コメント (0)

ビースティ・ボーイズとCAPSULEがツエーゲン金沢の応援を呼びかけています

| | コメント (0)

2015年7月 7日 (火)

前半ハイライト

| | コメント (1)

2015年7月 2日 (木)

「こびとスタジアム」開催 !

ねえさん、事件です!ツエーゲンと「こびとづかん」とのタイアップ企画です!

Photo_6

Pさんがそれを知ったのはツイッターでこちらの3枚の画像です。
インパクトデカすぎでしょwww
これがJ1ライセンスを申請し、クラブハウス建設に6000万円の寄付を求めているクラブです!
Photo_3

Photo_4

Photo_5

他のクラブのアニメとのコラボ企画を羨ましく思っていましたが、今回のタイアップでそれもなくなりましたw
選手、アンバサダー、そしてGMまでが身体を張った被り物をしてくれましたからね!
アニメに詳しくないので(本当)アニメとのコラボだとマニアがお金を落してくれるんですか?今回の「こびとづかん
」はマニアがいなそうなので(すいません、詳しくないです)、お金を落とすということはなさそうですが、面白いか
らノー問題ですw

Photo_7

Gm

被り物のインパクトだけでなく、3選手の表情とバックの文字がイイですねw
本当は被りたくはないものキャプテンとしての責任でいやいやながら被った(妄想です)ハラショーには「意外と似合ってる!そう言ってくれ!」の文字が心の叫びそのものというか自虐w
ノリノリの表情のこすけさんには、本心であろう「イヤイヤじゃないです!ホントです!」www知ってたwww
真面目な表情のパウロには「みんなが喜ぶなら、問題なし!」。まぁ実際の気持ちなんでしょうけど、日頃が日頃なのでインパクトなしw
そしてGM。被り物をする気持ちを考えると笑えませんわ。とにかく注目を集め、寄付金を集めなければという思いなんでしょう(想像)。元々好きだったかもしれませんがw

こびと研究の第一人者、石川県生まれのなばたとしたか氏のコメントが嬉しいですね。

なんて大胆なコラボレーション!
今回、この地元ならではの強引な企画を、ノリノリ(イヤイヤ?)でお付き合い頂いた選手皆さまの心の広さとサービス精神、本当に感謝致します!
コビト好きの皆さま、これをきっかけに、ツエーゲン金沢の熱い戦いを応援にぜひスタジアムへ!
ツエーゲンサポーターの皆さま、これをきっかけに、コビトを探しに石川の大自然そして本屋さんへ!
地元でしか出来ない強力タッグで、石川県がますます盛り上がりますように〜。

ホームA自由席(小中高) 「こびとスタジアム」限定のオリジナルデザインチケット1枚が、石川県内の明文堂書店で「こびとづかん」シリーズを購入するともらえるとのことなので、おっさんですが買ってみようかなと思っていますw

話はガラリと変わりますが、天皇杯の日程が発表されました。愛媛代表との1回戦を勝つとアルウィンで松本と対戦する可能性大らしいとのことです。2012年でしたかテクノで名古屋と対戦できると皮算用して地域リーグの刈谷に敗れた試合、2006年県大会でテイヘンズに敗れた試合を見ているので2回戦って遠い未来です。まずは1回戦の愛媛代表との試合でしょうと。今年のツエーゲンの強みのひとつが謙虚さですよね。

| | コメント (0)

6590人より多かったように見えましたが・・・

J2に昇格して初めての1万人チャレンジデーとなった京都戦。チームは好調、特集雑誌が発売され、J1ライセンスにも目途がついた初の試合で1万人イくか―wktkしていましたが、前日は大荒れの天候、試合当日も雨が降ったり止んだりで1万人どころか5000人も怪しいなぁと思いながら初の無料シャトルバスを金沢駅から乗りました。4時出発の1号車で乗客第1号でしたw

Photo

いつもの路線バスだと多くてもサッカー観戦目的のお客さんは多くても10人いるかいないでしたが、なんと20人近くのお客さんがいました。これは期待できます!しかし、直行便は楽でよかったです。無料じゃなくてもこのコースで350円で運行してもらえませんかね?ちなみにこの日は4台のバスで運行したとのことで、スポンサーがあって無料運行できたとのことです。
西部につくと駐車場のところどころに空きがあり、車での来場でもなんとかなりそうな気がしました。
しかし、噴水周辺はこれまでの6000人動員の日に比べて人が少ない感じorzとりあえず産業展示館の軒下でビールを飲みながら知り合いのサポ氏と談笑。なお、この日はカレーのチャンピオンでホームゲーム開催日限定のウインナーカツカレーを昼食にしていたのでホルモン焼きと何食ったっけ?(覚えていない)。
開場時間が近づいてきたので入場ゲートに行くとすでに多くの方が並んでいます(当社比)(Jリーグみたい)。開場時間に並んでのは、先着2600人に配布されるスポンサーさま特製の赤色グッズが目的です。メインでいただけたのはこちらのクリアファイル!ありがとうございます!

Photo_2

で、この後飲みすぎてよく覚えていません。正直スマンカッタ。

ただ写真を見ると前回ホーム大分戦ではキックオフ前に多くの入場できなかったお客さんがいましたが、この試合ではそういうことがなかったようで良かったです。お客さんが早めの来場をするようになったのか、運営が効率的な入場をできるようになったのでしょうか。
バックは中央からホーム側までびっしり入っていたように見えたので6590人は思ったより少なくて意外でした。
帰りのシャトルバスも快適でした。顔見知りのサポ氏と金沢駅まで延々とグチを言いあっていましたけどorz
某社の美人記者さんに図々しく話かけたこともボンヤリと覚えています・・・

キックオフ10分前です
101
102


| | コメント (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »