« 帰りのバスでの出来事 | トップページ | 山野金沢市長がツエーゲン支援表明 »

2015年6月16日 (火)

代表、シンガポールと分ける

今日の日本代表はシンガポールとスコアレスドローという結果でした。ドイツワールドカップ予選で1-0という試合を覚えているので、それを考えると全くありえなかったとも言えないかもしれません。との建前はともかく、楽勝だろうと見始めていましたが、シンガポールの綺麗な2ラインからなる守備ブロックがしっかりしていてこれは簡単に得点できないのではと思いました。アジアで日本相手に守備的に戦うというと人数をかけてスペースを与えないイメージがありますが、シンガポールは組織的に守り、ボールを持った時も組織的に攻めることができました。しかも赤いユニということもあってンガポールとツエーゲンのイメージがダブってきましたw
ツイッターを見ていると意外なことにPさんだけでなく多くの方も同じことを思ったいたようですw
ダメなんですけどシンガポールに感情移入してしまいました。ファインセーブを連発したキーパー、汚いファールや露骨な時間稼ぎをしなかったのも印象が良かったです。
日本はシンガーポールをなめてスカウティングをしていなかったと思えるぐらい無策だったところも今季序盤を連想しました。太田コウスケがピッチにいたり、ゴールラインを完全に割らないためノーゴール判定となったシュート、日本の試合後の円陣とかいろんなところでツエーゲン成分が高かったですね。
確かに日本代表がちぐはぐだったり、シュートミスが多かったのも事実ですが、今日はシンガポールを讃えるべき試合だったと思います。

まだ今季の試合を見られていない方は今日のシンガポールの守備と頑張りをイメージしてもらえればと思います。更にもっと攻撃的で、中盤でボールを刈れる選手、快速の右サイドバック、ドリブルで持ち込める選手、勝った時は被り物をして踊る選手を加えればもっとツエーゲンのイメージに近くなります

|

« 帰りのバスでの出来事 | トップページ | 山野金沢市長がツエーゲン支援表明 »

ネタです」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 帰りのバスでの出来事 | トップページ | 山野金沢市長がツエーゲン支援表明 »