« 勝利こそしなかったものの満足度が高かった ホーム札幌戦観戦記 | トップページ | 徳島戦を終えても首位キープ »

2015年5月 3日 (日)

敗戦を覚悟してたら勝点3をもぎ取ってしまった(震 ホーム水戸戦観戦記

先発メンバーにショーマンとつじおの名前がありませんでした。連戦である程度のターンオーバーは予想していましたが、先発だけでなくベンチにも名前がありません。休ますなら完全に休ませるという森下監督の強い意志を感じました。
ショーマンの高さ・ポスト、つじおのスピード・突破という個人能力での攻撃のストロングポイントの代わるFWはネコさん、右サイドバックはあわちゃんでした。ネコさんには高さはないもののスピードとテクニックが、あわちゃんはスピードは劣るもののポジショニングとディフェンスに期待です。
で、試合展開は思ったとおり前半はアレでした。ネコさんのシュートがポスト直撃という場面がありましたが、ツエーゲン、水戸とも見どころはこの場面ぐらいだったでしょうか。ハーフタイムにメディア席に目をやると大きな欠伸をしている方がw気持ちはわかりますwチーム、お客さんともに我慢のサッカーです。
守備はいつも通り機能しています。しかし、攻撃は?いかに水戸のゴールをこじ開けるのか?選手交代でしょうね。高さ・強さならジャーン、スピードと前線の守備をケアするならまさお、テクニックでかき回すならパウロだろうなと思いました。
後半に入ると水戸の脚が止まりセカンドボールが拾えるようになりツエーゲンの時間帯になります。しかし、ゴールを割ることはできません。同点のままで守備に難のあるジャーン、パウロ投入が怖いので投入するなら残り15分を切ってからか、早めにまさおかと思っていたら、66分にネコさんに代わってジャーン投入。またも予想を外しますw
そのジャーンは期待に応え、前線のポストとなり、自らも強烈なシュートを放ちますが、これはGKのナイスセーブでゴールとなりませんでした。しかし、この後からジャーンの守備が怪しくなって一気に水戸ペースになります。前節でも疲れが見られたヨンファンの左サイドを突破されドフリーでシュートを撃たれるなど危ないシーンが3度くらいあったでしょうか(都合の悪いことは忘れるタイプです)。正直失点、敗戦を覚悟し、勝点1で上々だろうとも思いました。
2枚目のカードはヨンファンに代わって廣井。こちらは守備の安定を図ったのでしょう。ただ廣井はそのまま左サイドバックに入らす、あわちゃんを左に回して、左に入ります。これが後々効いてきます。
そして3枚目のカードは星野王子さまに代わってパウロ投入。この交代には少しびっくりしました。今日の展開なら勝点1でよしでいいかと思っていましたが、森下監督は「勝ちに行く」という明確なサインを出したのです。J3時代に何度も書きましたが、森下監督は「博奕をうてる」監督です。勝負師森下の采配はバー直撃のシュートイケイケの勢いを作ったと思います。
そしてアドなんとかタイムが3分が表示され、大原田からスローでの素早いフィードからあわちゃんが上げたクロスをジャーンが頭で叩きつけてついに水戸ゴールをこじ開けました。Pさん吼えまくり、叫びまくりwもっともPさんだけでなく水戸ゴール以外がそうだったと思いますが。
ジャーンがユニを脱いでイエローをもらいましたが、今日だけは許しますw
センターサークルにボールが置かれ、試合再会と同時に笛が鳴って試合終了です。まさにラストワンプレーでの勝利でした。気持イイー!!!
あわちゃんのクロスはJ3優勝を決めた琉球戦のゴールを思いださせる軌道でした(その時も左サイドバックでした)。廣井がヨンファンに代わってそのまま左に入っていたらあのようなクロスを上げられたでしょうか・・・(その時はパスを出したかずが右に出したというツッコミはなしでw)
守備に難はあるものの高さ・強さがあるジャーンを出した後、ヨンファンに代えて廣井を投入することで守備を安定させた上、パウロで勝負にでるというベンチワークは最高でした(あくまでド素人の思い込み)。「勝負師森下」恐るべし。もっとも勝ったから言えることですが・・・これで負けていたらケチョンケチョンに言っていると思いますが「博奕」ですからね。
レギュラー2人を先発だけでなくベンチにも入れず、采配が機能しての勝点3は本当に大きいです。これでまた勢いに乗って、目標である「残留」に近づきそうです。今日の観客数4407人はちょっと寂しいのはGWでイベントが重なったせいでしょう(現実逃避。次のホーム9日の岡山戦はもっと多くのお客さんで選手の背中を押したいですね!

|

« 勝利こそしなかったものの満足度が高かった ホーム札幌戦観戦記 | トップページ | 徳島戦を終えても首位キープ »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 勝利こそしなかったものの満足度が高かった ホーム札幌戦観戦記 | トップページ | 徳島戦を終えても首位キープ »