« セレッソ戦観戦記感想などをまとめますた | トップページ | 一大決心 »

2015年4月16日 (木)

森下サッカーを振り返る ①

来週新幹線デビューすることになりました!
これまで3枚セットだった東京行の切符は1枚になったんですね・・・

さてさて、褒め殺し!?と思えるぐらいの評価もある現在のツエーゲンのサッカー。当の金沢サポの多くも驚いているんじゃないでしょうか。
で、シリーズで就任4年目の森下サッカーを簡単(=いい加減)に振り返ってみます。
就任1年目は、前年のレギュラーの多くが引退、Jライセンスを持つクラブに移籍して、(当時の選手には大変失礼ですが)戦力的にはやや厳しかったと言えます。成績も振るわずそのせいかリーグ戦後半戦からフラット541という超守備的なサッカーをしていました。
現在のツエーゲンのサッカーは442できれいなふたつのラインを見ることができます。フラット541もきれいなラインができていたことは共通していますが、最終ラインと2列目が深くて1トップが孤立して点が入る気配ナッシング。2ラインもゾーンというよりスペースを埋めているだけというイメージでまぁつまんなかったことorz試合ごとに観戦仲間とため息つきながら見ていましたw
連動性も感じられず、YSCCの組織的なサッカーにホームで0-4という大敗を喫しました。その時2得点したFWが現ツエーゲンのNO.9辻正男です。速かったなー。
あまりに深くて人数をかけて守っているので、対戦チームもボールを入れどころがなく外でボールを回す場面も多く見られましたが、昨年今季のボールを回させて攻撃のチャンスを窺うという印象は何故かありませんでした(あくまで主観)。シーズン終了後のキックオフパーティで某選手に聞いたところ、相手チームからなんで攻めてこないんだと言われたとか・・・
この時のクソ面白くなかった541が今のツエーゲンの原型だったかもしれないと思うと感慨深いですね(これを書くのは2回目か3回目のはず←)
最後になりますが、今回の記事に関しては過去記事を全く読まず思い出のみで書いていますのでツッコミお待ちしています。削除する覚悟はできています!
あと、②を書く予定は現在のところなし

|

« セレッソ戦観戦記感想などをまとめますた | トップページ | 一大決心 »

ツエーゲン金沢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セレッソ戦観戦記感想などをまとめますた | トップページ | 一大決心 »