« 讃岐戦のブログなどをまとめますた | トップページ | 明後日は札幌戦! »

2015年4月26日 (日)

幸運な先制点が必然の勝利を引き寄せた アウェイ熊本戦テレビ観戦記

ホームはスタジアムで酔っぱらって観戦、アウェイはテレビの前で酔っぱらって観戦と今シーズンはいつも以上にロクな観戦記を書いていません・・・
今日も今日とて北信越リーグ2部、ご当地アイドルのライブ←を見てからの酔っぱらい観戦なので大雑把な感想です。

先制点は2分でした。開始20秒にパウロがゴール前でファールをもらいます。FKの位置はつじおゾーン、つじおが蹴ったボールは壁に当り熊本がクリアしますが、それが小さくA牙の前に転がるとペナルティエリア外からシュートが先制点になりました。
アウェイ、しかも守備が固いツエーゲンにとってこれ以上の幸運はありませんでした。ただこの先制点は、「今季初先発のドリブラーパウロ」が「ゴール正面で得たFKをつじお」が蹴った「セットプレー」というツエーゲンの意図、得意な形だったので一概に「幸運」とも言えないものでした。
ツエーゲンは開始早々に無理せず安全第一のサッカーをすれば良かったわけですが、今日はやや不安定に見えました。
枠内には飛ばなかったものの綺麗な形で撃たれたシュートや、熊本のミスに助けられた場面が多かったような気がしました。なぜ不安定に見えたかは酔っぱらっていたせいか、テレビ観戦だったからでしょうか?
と思いながら録画見ていると思ったよりしっかり守っていますたw印象が悪いのはセットプレーを多く与えたからですかね。なんせコーナーキックがツエーゲン1に対して熊本9でしたからね。
他に気づいたのはハラショーさんとパウロのドリブルを熊本は3人で対応していたことでしょうか。熊本はそんな感じでのドリブルは見られなかったと思います。組織力が注目を浴びていますが、個人能力でも負けていませんでした。
追加点はハラショーさんがサイドをドリブルで上がったところを「イエローで止められ」、その「FKをつじおが蹴り」
こぼれ球を「ハラショーさんが脚で流しこんだもの」とこれまた得意の形でした。というのを録画で確認しました。て
っきり頭で決めたものと勘違いしていました。この得点が後半23分でここからは安心して見ることができました。
終わってみれば得意のセットプレーからの2得点にいつもの組織的守備で完勝といってよい勝利でだったと思います。

これで6連勝で7勝2敗ですか・・・順調すぎて怖いというか壮大なドッキリというかw
順位は上らしいですが、スタッフ、選手、サポーターも気にしているのは今の順位ではなく、目の前の戦いだけであり、目的はあくまで残留です。残留を決めてから次の段階を考えましょう。
なお、試合前日のMROラジオでスカパー熊本ホームアナウンサーが「5連勝中の2位のチームが残留が目標というのは嫌味ですよ」と言っていましたが、ホント嫌味でなくて本心なのです。

試合データ

追記
スカパー実況で試合後の円陣を「勝利の後の儀式」と言っていましたが、敗戦後も行っています。「勝利の儀式」ではなく「試合後の儀式」なのです。

|

« 讃岐戦のブログなどをまとめますた | トップページ | 明後日は札幌戦! »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 讃岐戦のブログなどをまとめますた | トップページ | 明後日は札幌戦! »