« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月28日 (火)

北信越2部 FC北陸ーテイヘンズ観戦記

今季は諸般の事情(ご当地アイドルのおっかけ)で地域リーグを見られないなぁと思っていましたが、たまたま時間がバッティングしなかったので26日11:00キックオフの北信越リーグ2部3節「FC北陸vsテイヘンズ」@北陸大学フットボールパークを観戦してきました。

FC北陸は3-0、2-1と2連勝中。フェルヴォ―ローザ、ゴールズFCと変遷して今は北陸大学のセカンドチームです。前年は1部でしたが降格して今季は2部で戦っています。
一方のテイヘンズは4-3、0-7と1勝1敗。テイヘンズの4-3と勝利した試合は4-0とリードしたものの84分から立て続けに3失点した試合でこの日のベンチメンバーは0。0-7と敗戦した試合もベンチメンバー2人しかいなくて、この日のベンチも2人だけとベンチワークを充分に発揮できません。
昨年は地域リーグ、天皇杯県大会で北陸大学、FC北陸、北陸大フュチャーズ(北陸大のサードチーム、昨季は北信越2部、現在は県リーグ?)を何試合か見ましたが正直印象が良くありません。シュートを撃つスペース、チャンスがあるのに撃たなくてイライライライラしてw
この日のFC北陸も圧倒的にボールを支配し、前半はほぼテイヘンズ陣地でのゲームでしたが、シュート撃たない病は相変わらず。5回以上撃つ機会があったように見えましたが第一選択は横パスでチャンスを潰してイライライライラw少なくとも5回あったチャンスを撃って得点していれば一方的なペースになると思えましたが前半はスコアレス。
一方のテイヘンズからすると、ポストに助けられた幸運があったとはいえ、1対1で全敗と言ってもよい展開では上々と言って良かったのでしょうか。しかし、テイヘンズはFC北陸だけでなく時間とも戦わなければなりません。選手の高齢化とベンチメンバーが少ないことは後半はますますFC北陸ペースになると思われました。
後半5分にはFC北陸がPKで先制。これで一気にFC北陸ペースになるかと思いましたが、逆にFC北陸がボールを前に運べなくなり、テイヘンズのプレスが強くなると全く予想の反対の展開になってきます。そして後半16分にテイヘンズがカウンターから左サイドを突破してGKもかわして鮮やかな同点ゴールを決めます。Pさん大喜びで拍手w
同点にされてやっとFC北陸も本気を出してきたのかこれまで見られなかったタイミングのシュート、ミドルシュートを撃ち始めます。もっと早くからその姿勢を見せていれば・・・そして29分にフリーキックを頭で合わせて勝越。さすがにこれで決まったかと思ったら45分に梶!(ツエーゲン1年目206年からの点取屋)のゴールでなんとなんとテイヘンズが追いつきます!Pさんまたまた拍手w後に北陸大学の監督にして、スカパーでツエーゲンホームゲームの解説もした西川周吾氏がいたのですが遠慮なくwww
前半はイライライライラして来るんじゃなかったんだ、とも思っていましたが、終わってみればスゲー面白かったです。
前半の北陸大学の消極さにサッカーの神様がお怒りなられたのでしょうね。一方でどこまでゲームプランだったのかわかりませんが、死んだふりだったのか、どこにそんな体力が残っていたのか、テイヘンズのしぶとさを久々に観られて良かったです。試合後選手が応援団に挨拶に来た時にPさんも拍手で迎えました。これまでも何回も観戦して拍手して迎えているので、このおっさん誰だ?という目で見るのはおやめになっていただけないでしょうか(被害妄想)。
今年もこんなサッカーだと北陸大学ズの試合を見に行くモチベーションは上がりませんね。
一方のテイヘンズは純石川産ファンタジスタ白井、元ツエーゲン寺内良太がまだ出場していません。この2人が同じピッチに立つ姿を見たいです。
テイヘンズのGKは今季入団の選手で公称98キロですがいやもう少しあるでしょうという体格でした。足元のボールには反応していましたが、ハイボールにはジャンプする意欲は見られたものの跳んでいたのか・・・?純粋に「また見たい」と思えるGKです。
この日の主審は「尾山雅彦」氏でした。「大平まさひこ」氏と言った方がわかりやすいですねw女子の主審でも拝見したことがあります。

ツエーゲンの試合レポートより長いのどーいうことかと反省w素面で見たからかなぁw

| | コメント (0)

2015年4月27日 (月)

明後日は札幌戦!

昨日の熊本戦での守備時はショーマンの1トップに見えます。これってポゼッション志向の熊本に対応するため中盤を厚くしようとしたのでしょうか?それともそんなことがなくてPさんの目が節穴だけなのでしょうか?

さてさて、次の試合は早くも明後日です。日中に陸上競技大会があるため、西部開催のアナウンスがおくれた札幌戦です。そのためキックオフも19:30、開場は90分前の18:00と変則的となっています(場外ブースは通常の3時間前営業)。

その札幌は前節、岡山にホーム初の敗戦を喰らわせています。そしてその勢いそのまま札幌に帰らず石川でミニキャンプをしているとのことです。勝点差こそありますが、敗戦数はツエーゲンと同じふたつだけです。
そんな強敵を大勢のお客さんで選手の後押しをしたいですね!

その札幌戦を一番楽しみにしているのは、おそらく北海道出身のハラショーさんでしょう。おひさるでも、好きなサッカーチームに「コンサドーレ」と答えています
ハラショーさんが好きなチームだけなら問題はないのですが、なんとなく嫌な予感がするのは、札幌には金満というイメージがあるんですね。一言でいうと引抜を考えているのではと・・・
ついでにいうと森下監督は札幌で育成部部長も経験しているんですよね・・・もしかすると引(ry
札幌からすると査定試合になるのではとw

引抜云々は別としてというか引抜を考えさせるぐらいのハラショーさんの活躍と森下監督の采配に期待しましょう!

| | コメント (0)

2015年4月26日 (日)

幸運な先制点が必然の勝利を引き寄せた アウェイ熊本戦テレビ観戦記

ホームはスタジアムで酔っぱらって観戦、アウェイはテレビの前で酔っぱらって観戦と今シーズンはいつも以上にロクな観戦記を書いていません・・・
今日も今日とて北信越リーグ2部、ご当地アイドルのライブ←を見てからの酔っぱらい観戦なので大雑把な感想です。

先制点は2分でした。開始20秒にパウロがゴール前でファールをもらいます。FKの位置はつじおゾーン、つじおが蹴ったボールは壁に当り熊本がクリアしますが、それが小さくA牙の前に転がるとペナルティエリア外からシュートが先制点になりました。
アウェイ、しかも守備が固いツエーゲンにとってこれ以上の幸運はありませんでした。ただこの先制点は、「今季初先発のドリブラーパウロ」が「ゴール正面で得たFKをつじお」が蹴った「セットプレー」というツエーゲンの意図、得意な形だったので一概に「幸運」とも言えないものでした。
ツエーゲンは開始早々に無理せず安全第一のサッカーをすれば良かったわけですが、今日はやや不安定に見えました。
枠内には飛ばなかったものの綺麗な形で撃たれたシュートや、熊本のミスに助けられた場面が多かったような気がしました。なぜ不安定に見えたかは酔っぱらっていたせいか、テレビ観戦だったからでしょうか?
と思いながら録画見ていると思ったよりしっかり守っていますたw印象が悪いのはセットプレーを多く与えたからですかね。なんせコーナーキックがツエーゲン1に対して熊本9でしたからね。
他に気づいたのはハラショーさんとパウロのドリブルを熊本は3人で対応していたことでしょうか。熊本はそんな感じでのドリブルは見られなかったと思います。組織力が注目を浴びていますが、個人能力でも負けていませんでした。
追加点はハラショーさんがサイドをドリブルで上がったところを「イエローで止められ」、その「FKをつじおが蹴り」
こぼれ球を「ハラショーさんが脚で流しこんだもの」とこれまた得意の形でした。というのを録画で確認しました。て
っきり頭で決めたものと勘違いしていました。この得点が後半23分でここからは安心して見ることができました。
終わってみれば得意のセットプレーからの2得点にいつもの組織的守備で完勝といってよい勝利でだったと思います。

これで6連勝で7勝2敗ですか・・・順調すぎて怖いというか壮大なドッキリというかw
順位は上らしいですが、スタッフ、選手、サポーターも気にしているのは今の順位ではなく、目の前の戦いだけであり、目的はあくまで残留です。残留を決めてから次の段階を考えましょう。
なお、試合前日のMROラジオでスカパー熊本ホームアナウンサーが「5連勝中の2位のチームが残留が目標というのは嫌味ですよ」と言っていましたが、ホント嫌味でなくて本心なのです。

試合データ

追記
スカパー実況で試合後の円陣を「勝利の後の儀式」と言っていましたが、敗戦後も行っています。「勝利の儀式」ではなく「試合後の儀式」なのです。

| | コメント (0)

2015年4月22日 (水)

讃岐戦のブログなどをまとめますた

他人の褌で相撲をとるエントリーシリーズです。
ツエーゲン系ブログ、対戦サポさんのブログ、ライターによるコラムなどをご紹介します。

Jリーグニュース【マッチコメント】
ツエーゲン金沢 森下 仁之監督「こういう堅いゲームになるのかなと」

続いてお馴染みの真面目系ブログです
まったりサッカー観戦記
ツエーゲン金沢×カマタマーレ讃岐 1-0

続いてはツエーゲン系ブログ三つご紹介

omoteの日記?2012~
ツエーゲン金沢観戦記その1(第8節 カマタマーレ讃岐戦)

ツエサカ~日常はツエーゲン金沢~
【ツエーゲン金沢:第8節】試合結果:vsカマタマーレ讃岐@西部緑地公園~時々どしゃ降り。降水確立100%、勝利確立100%~

Bikke兄のお楽しみ♪
2015 J2 第8節 ツエーゲン金沢 vs カマタマーレ讃岐

讃岐サポさんの観戦記です
とあるサポーターへの追憶 ~J2 共躍篇~
アウェイ金沢戦 観戦記

本職のライターさんのコラムです
♯8 ツエーじゃん金沢 大を喰う『シンクロの巨人』

最後のコラムが面白いですね。
ツエーゲン系ブログがもっと増えてほしいですね!

| | コメント (0)

2015年4月20日 (月)

雨の中の2333人

えー、昨日の記事を読み返したですが、ビビッてたじろいでいます。ヒドいですね・・・
誰が書いたんですかね?アカウントを乗っ取られたのでしょうか?てことはないですよねorzしかも過去最多の訪問者と閲覧数を記録したという・・・
まぁ地域時代は毎回あんな感じでしたw

さてさて、讃岐戦は雨の中の試合となりました。この日もバスで西部まで行ったのですが、キックオフ3時間前の10時ごろに松島北バス亭で降りると同時に雨が落ちてきました。予報よりもかなり早かったのでしょうか・・・ちなみにこのバスで西部に向かった方は10人ぐらいだったでしょうか。確実にバス利用者は増えていると思います。
スタジアムに着くとけっこうな人がいました。ちょっと前まではこんな時間にいたのはダンマク設置するサポぐらいしかいなかったのですけどね。早くから来場する人も確実に増えています。
なんやかんや無駄話(主にJUMPIN'トーク)をして(すでにベロンベロンだったためよく覚えていない)スタジアムに入ったのは12時すぎだったでしょうか。スタンドに人いないorzこれは1000人切るかと思いましたが、その後よく入って観客数2333人と発表されました。
ホーム3試合連続の雨天となりましたが、群馬戦の1701人よりも約600人、37%増です。気温も群馬戦の17.1℃に比べ14.5℃と気温低めでもです。雨粒も群馬戦より大きかったような記憶があります。
それでも少ないですよね・・・選手たちはあんなに頑張っていて結果も残しているんですけどね。
香城トレーナーもブログでもっとお客さんに入って欲しい、そのために選手、スタッフ、そしてフロントスタッフが一丸となって努力しなければならないと書いていました。
選手たちの頑張りに報いる一番の簡単な方法はスタジアムに行くことです!

スタンドで気がついたことが三つありました。まずはSA席の赤ポンチョ率の高さです(写真を残していませんし、S席からしか見ていないので確かではないかもしれませんが)。イコールSA席の熱の高さを感じました。ポンチョを持っているということは、ファンクラブの会員か、そうでなくておひさる商品を購入したのか、それもなくても赤いポンチョをツエーゲンを意識して購入したかもしれません。少なくとも招待券のお客さんではなさそうです。
ふたつ目はゴール裏が固まっていたことです。これまではゴール裏のお客さんは全体に広がっていた印象がありましたが、讃岐戦では3ブロックに集中していました。個人的には広がるより固まっている方がカッケーですね。
最後はバック、こちらは赤ポンチョ率はまだまだ低いですね。逆に言えばこれからコアなファンになってくれる潜在層ですよね。後半43分の決勝点で痺れないはずはないですよね。きっと札幌戦にも来ていただけるでしょう。

Photo

Photo_2

盛り上がり度はゴール裏>SA>S、バックという感じですかね?昨年はSA席の見学などもしましたが、機会があれば、というか酔っぱらっていなければ、またSA席やゴール裏、バックなどを回ってみたいと思います。
帰りのバスは1台目には乗ろうとおもえば乗れましたが、蒸れた状態の満車だったのでパスして、ゆったりと座れた2台目を利用しました。で、帰宅してからまた飲んであんな記事を書いて激しく後悔していますorz

| | コメント (2)

2015年4月19日 (日)

上積みして勝点3を得た ホーム讃岐戦観戦記

ど~も、試合前のJUMPIN'トークが物足りなくてorzなPさんです。

さてさて今日の讃岐戦も勝ってしまいましたー
今日の勝利、勝点3をどう評価すればいいのでしょうか?SWS(ソーシャルネットワーク)では讃岐が強かったという意見が多かったと思いますが、アソコが(*1)ひねくれもののPさんは少々違う意見です。
讃岐はアソコ(*2)が固かったです。でもツエーゲンも固かったですよね。違ったのはアソコ以外のアレ(*3)だったと思います。

(失礼ながら)讃岐は昨シーズンは21位でJ2としてJ3との入替戦に臨みました。付け加えると一昨年はJFLからJ2への入替戦に臨んでいます。失礼を加えると讃岐は入替戦の怖さを一番知っているクラブではないでしょうか?
ツエーゲンはここまで4連勝6節を消化しています。これまで対戦したチームは、ツェーゲン?今年昇格したチームだから勝点3ゲッツ!な、という気持が多少、ではなく大いにあったと思うのです。ここで勝点3を稼がなきゃどこで稼ぐんだよ?
でも讃岐は違うのではないかと(根拠のない思い込み)。どこよりも入替戦をリアルに考えているクラブとしてはここまで何の間違えか生意気にも勝点15、何の間違えか生意気にも4位とのクラブとのホームでは勝つ必要はないのではなかった、勝点1でもオーライでも良かったのではないでしょうか(あくまでド素人の思いつき
讃岐のアソコが固かったというネット上の書込みは幾つも見ました。Pさんもそれを感じましたが、ツエーゲンとは違うとも思いました。アレ、というかアレは前2人に任せた!という讃岐と、10人いや11人(大明神のゴールキック含む)で点を獲りにいくツエーゲンとでは差があるなぁと思いました。
引分上等!と讃岐が思っていた(あくまでPさんの妄想)だけに勝点1から勝点2を上積みして勝点3を強奪した今のツエーゲンは「強い」なぁと。今日の試合だけでなく、シーズン通じて相手チームの事情までを考慮すると後半40分すぎの得点はより痛快になるのかなぁと思った次第です。
あと北野監督の試合後の抗議は・・・これがチームカラーなんだなぁと思いました・・・

*1根性が曲がっています
*2守備です!
*3話の流れからすると多分チームの完成度というか攻撃?(もう忘れた
あ、SWSはメガネスーパーが作ったプロレス団体でした

追記
讃岐サポさんから次のようなコメントをいただきました。
ありがとうございます。

今日はお疲れ様でした。

試合後の抗議はアシスタントレフェリーがボールボーイを怒鳴ったのに対して、ボールボーイをかばいレフェリーに抗議しました。
カマタマーレの監督はそういう人です。

| | コメント (4)

一大決心

いつもなら試合前日用の更新するのですが、相手が相手がだけにアレなことを書きそうなので自粛します。
てなわけで今日は緩~い更新です。
今シーズンのホームで車で行ったのは、平日ナイトマッチだった横浜FCだけで他の試合はすべてバスで行っています。ということはそれらの試合ではビールを飲んでいるということです。ビールを飲むためにバスで行っているんじゃないか、とは言わないこと!
で、どれぐらい飲んでいるか思いだしたところ平均5杯以上のような・・・(よく覚えていない)。
今までなら帰りのバスがガララーガで座れたのですが、前のホーム群馬戦の帰りのバスは超満員で立っていたら眠くなって大変でした。1本バス遅れて乗るんだった・・・orzでもこれから満員バスが多くなるんでしょうね。

というわけでPさん一大決心しました。
1試合当たりビールは1000円まで、生ビールなら3杯までにします。ミシェルに会うのを忘れるし、試合中にトイレ行くし、試合をろくに覚えていないし、観戦記のアップは遅れるわ、内容も一段とテキトーになるわと飲みすぎるとロクなことがないことを今更反省しています。なによりビンボーだし・・・、
顔見知りの人は、Pさんがヤバそうな顔でビールを飲んでいたら何杯めか、幾ら分飲んだか確認して、ブレーキ役になってください!自分で止める自信ないのでw

なお、バスに乗る前のビールと会場のチューハイ・発泡酒等を総量規制にいれるかは継続審議とします。

| | コメント (0)

2015年4月16日 (木)

森下サッカーを振り返る ①

来週新幹線デビューすることになりました!
これまで3枚セットだった東京行の切符は1枚になったんですね・・・

さてさて、褒め殺し!?と思えるぐらいの評価もある現在のツエーゲンのサッカー。当の金沢サポの多くも驚いているんじゃないでしょうか。
で、シリーズで就任4年目の森下サッカーを簡単(=いい加減)に振り返ってみます。
就任1年目は、前年のレギュラーの多くが引退、Jライセンスを持つクラブに移籍して、(当時の選手には大変失礼ですが)戦力的にはやや厳しかったと言えます。成績も振るわずそのせいかリーグ戦後半戦からフラット541という超守備的なサッカーをしていました。
現在のツエーゲンのサッカーは442できれいなふたつのラインを見ることができます。フラット541もきれいなラインができていたことは共通していますが、最終ラインと2列目が深くて1トップが孤立して点が入る気配ナッシング。2ラインもゾーンというよりスペースを埋めているだけというイメージでまぁつまんなかったことorz試合ごとに観戦仲間とため息つきながら見ていましたw
連動性も感じられず、YSCCの組織的なサッカーにホームで0-4という大敗を喫しました。その時2得点したFWが現ツエーゲンのNO.9辻正男です。速かったなー。
あまりに深くて人数をかけて守っているので、対戦チームもボールを入れどころがなく外でボールを回す場面も多く見られましたが、昨年今季のボールを回させて攻撃のチャンスを窺うという印象は何故かありませんでした(あくまで主観)。シーズン終了後のキックオフパーティで某選手に聞いたところ、相手チームからなんで攻めてこないんだと言われたとか・・・
この時のクソ面白くなかった541が今のツエーゲンの原型だったかもしれないと思うと感慨深いですね(これを書くのは2回目か3回目のはず←)
最後になりますが、今回の記事に関しては過去記事を全く読まず思い出のみで書いていますのでツッコミお待ちしています。削除する覚悟はできています!
あと、②を書く予定は現在のところなし

| | コメント (0)

2015年4月13日 (月)

セレッソ戦観戦記感想などをまとめますた

ど~も、仕事終わってのコンビニで飲むやさぐれ酒が日課になってしまったPさんです。いつ上司に見つかるかとドキドキ!

さてさて、セレッソ戦ですが、J3から昇格してダントツ降格候補だったはずが予想外の快進撃をしているツエーゲンと、フォルランはじめ現・元代表を揃えJ1クラスの戦力を持つ優勝候補セレッソの対戦ということで、ツエーゲンサポ・多くのセレッソサポーター以外の方からも注目を集めた試合でした。
それだけにいろいろな観戦記などがネットに上がっていたのでいくつか紹介したいと思います。

セレッソ公式
J2 第7節 金沢戦|レビュー:金沢の術中にハマり、ホーム・キンチョウスタジアムで、痛恨の今季初黒星


J2 第7節 金沢戦|試合後の選手コメント


金沢サポの真面目な方の観戦記
まったりサッカー観戦記
セレッソ大阪×ツエーゲン金沢 0-2

中立的な立場からの観戦記
サッカーコラム J3 Plus+ 
【C大阪×金沢】 「必然だった。」と言えるツエーゲンの勝利


セレッソサポさんの観戦記

【J2第7節:セレッソ大阪 0✕2 ツエーゲン金沢】4/11の試合観戦記です。

西中島南方のセレッソ大阪狂乱観戦記
明治安田生命J2リーグ 第7節 C大阪 0vs2 金沢 慢心の報い。

セレッソ大阪を分析するブログ
4/11 明治安田生命J2リーグ第7節 VS ツエーゲン金沢 @ キンチョウスタジアム

最後のブログが特に素晴らしいです。
なんとなく思っていたことを言葉にしてくれました。
すいません、見栄は張って「なんとなく思っていたこと」とウソをついてしまいました。

コメント欄が面白いです
ドメサカブログ
【J2第7節 C大阪×金沢】C大阪との上位対決を制した金沢が4連勝で4位浮上!MF清原はリーグトップタイの6ゴール目

観戦記ではありませんがこの日のスタジアムのふいんきをどうぞ
C大阪vs金沢 @ ロビー&おかん&ゲーフラ大量の巻

2015.4.11 J2第7節 ツエーゲン金沢vsセレッソ戦 ロビー

2015.4.11 J2第7節 ツエーゲン金沢vsセレッソ戦 マダム・ロビーナ

さ、切替!切替!
讃岐戦に集中だー!
 

| | コメント (1)

2015年4月12日 (日)

日本経済新聞「フットボールの熱源」で取り上げられる

日本経済新聞の毎週水曜日に掲載される「フットボールの熱源」というコラムがあります。
拙ブログでも時々取り上げていますが、ついにツエーゲンが取り上げられたので紹介します。
掲載日は4月8日でした

-------------------------------------------------------
「地域社会を再構築」

北陸新幹線が開業したタイミングでツエーゲン金沢がJ2に昇格した。これを機に、兼六園を有する金沢市は大名庭園とJ2クラブのある水戸市(偕楽園)、岡山市(後楽園)、高松市(栗林公園、カマタマーレ讃岐)と連携し、相互に観光誘客のためのPRを行う準備を進めている。

たとえば、ツエーゲンが岡山で戦う際に金沢市の職員が同行し、観光、物産、食のプロモーションを行う。Jクラブを媒介にして情報を発信し、シティセールスにつなげようという試みだ。

だが、Jクラブの存在意義はそれだけにとどまらない、ということを山野之義・金沢市長は気づいたという。「プロス
ポーツクラブがあることで町が元気になる、明るくなるだけではない。実は地域コミュニティーの再構築、強化につながる」

そこに気づいたのは、11月に初開催する金沢マラソンのボランティアの登録状況を見てだという。町内会、婦人会、野球やサッカーなどのスポーツ少年団が団体で申し込んでいる。それとは別にランナーの応援を地域ぐるみで計画しているコミュニティーが多い。

ランナーを、そしてツエーゲンや野球の独立リーグの石川ミリオンスターズを地域で応援することで、コミュニティーの人間関係は密接になる。山野市長は「川淵三郎・Jリーグ初代チェアマンは、クラブを地域で育てていく過程で地域のコミュニティーが強化されることを最初から訴えていた。それがスポーツ文化の醸成をいうことなのかもしれない」と話す。

コミュニティーが再構築。強化されることで、地域の子どもへの目配りが細かくなり、地域の教育力が上がり、地域の安全にもつながるかもしれない。理想論かもしれないが、プロクラブには地域コミュニティーの総合力を開ける力が潜在している。

                                  (吉田誠一)
-------------------------------------------------------

掲載されたちょうど1週間前、吉田記者がホーム愛媛戦後の両監督談話をツイートしていたので、もしかしたら題材にされるのではと思っていました。

しかし、山野市長に金沢マラソンに関するインタビューをしているところを見ると、ランニングを趣味と(仕事にもし
ている)吉田記者にとってサッカーではなくてこちら(金沢マラソン)が本命だったかもしれません。
金沢マラソン絡みだったので山野市長インタビューだったと思いますが、いつか谷本知事のインタビューもしてもらいたいです。
2年前のアウェイ讃岐戦でミス百万石(だったかな?)が観光PRをしていましたが、今度は他のクラブとの対戦でもそうしたことをやろうということなんでしょうね昨季は秋田がツエーゲンホームで日本酒を販売していました。いろいろ大変だと思いますが、もっとこうした試みをやってもらいたいですね。

| | コメント (0)

金<組織力 アウェイセレッソ戦テレビ観戦記

Photo
(ご近所さんの家の桜です)

ど~も、家で2時から飲み始めてスカパー中継をwktkして待っていたダメサポです。←
いやぁアウェイセレッソ戦に勝ってしまいましたー!それも内容のある勝利で完勝と言っていいでしょう(キリッ、とは勝ったから言えることで、前半のヘディングシュートの大明神のビックセーブと、ファーに上げられたクロスを外されていなかったらどうなっていたかはわかりませんでした。
それだけにカズのゴラッソが効きました。大明神のゴールキックをショーマンが競り勝ち、カズがセレッソ守備陣の寄せが甘いとはいえ見事に決めてくれました。寄せの甘さがゴラッソのアシストになったとも言えると思います。そう考えるとカズのゴラッソは納得できる得点だったかもしれません。
またハラショーさんのPKも相手選手を置き去りにしたもので、ツエーゲンではそうした場面を作らせませんでした。セレッソがリードされていて前掛かりだったことを合わせて考えると2点目も必然と言ってもいいかもしれません。

昨日ツイッターでセレッソサポさんがツエーゲンの組織力を警戒していたものの、「個の力(金の力)」で撃破できるだろうと予想されていて、Pさんも内心そうかなと思っていただけに喜びもひとしおです。当初「個の力」で劣るとPさんだけでなく、ほとんどの方が思っていたと思いますが、実際はカズのゴラッソとハラショーさんの突破で上げた2得点で、決して「個の力」で大きく劣っていたわけではありませんでした。
人件費が、フォルラン1人>ツエーゲン全選手、らしいのですが、ある程度の「個の力」の上に「組織力」があれば勝利できるということで、ツエーゲンサポとしてだけでなく、一サッカーファンとしても大きな喜びでした。

今季のツエーゲンは高い位置や中盤でボールを奪う攻撃的サッカーをしていますが、今日の終盤はしっかりブロックを作って、セレッソにボールを持たせても簡単にボールを入れさせないJ3時代の思い起こすサッカーをしていました。横浜FC戦ではそのブロックを破られましたが、今日は危なげなく時間を潰すことができました。これができるとなかなか失点はしないだろうなという安心感があります。
J3でもポゼッションは下から2位か3位ぐらいで、ポゼッションが低くくてもツエーゲンサポは全く気にしていません
。シュート数も今日はセレッソより少なかったですが、モリシさんが言っていたように、苦し紛れのものが多かったと思います。

今日の勝利で他のJ2チームの見る目が変わってくるかもしれませんが、どうか警戒しないでください!
あくまで目標は「残留」です。他サポさんの中位を狙えるという言葉に惑わされませんw
残留を決めてから次の目標に進みましょう。

| | コメント (1)

2015年4月10日 (金)

明日はセレッソ戦

バタバタしていたらも明日はもうアウェイセレッソ戦なんですね。
Pさんは残念ながら諸般の事情で行けませんorzアウェイバスツアーを申し込まなかったのは初めてかも・・・
近いアウェイ、名門セレッソ戦ということで行きたかったのはもちろんですが、それ以外にも行きたい理由がありました。

ツエーゲンのチームカラーはみなさんご存じのとおり赤色。公式Tシャツももちろん赤色、なんですが・・・
話は昨年の天皇杯1回戦FC大阪戦@キンチョウスタジアムに遡ります。
サポ仲間の車に乗せてもらって、おひさるTシャツを着て長居公園を闊歩してPさん。すると、ご婦人たちに「あら今日試合なの?」ときかれたので「今日天皇杯あるんですよ!」と答えました。そして聞かれてもいないのに「今度セレッソとやりにきます」。ご婦人たちと別れてからしばらくするとサポ仲間が「セレッソサポと間違われたんじゃ・・・」
そーなんです、ビンボーで買い変えないPさんの赤かったはずのTシャツはすっかり色褪せてセレッソピンクに近い色に・・・どうりでビミョーに話が通じなかったはず。
そのセレッソピンクなシャツを着てアウェイ戦に行きたかったのですw

で、その後昼飯何を食おうかと公園を出て店を見ていましたが、大通りはチェーン店ばかりで面白くありません。ということでケンタッキーと餃子の王将の間の通りに入って大坂らしい店、具体的に言うと大阪のうどん食べたいと店を探していると「明日葉めん処おにや」というそば屋が。うどんもあるだろうと入って、うどんを注文すると明日葉そばを二度すすめられましたが、いやうどんがいい、と初心貫徹で無事うどんを食べることができましたwで、うどんを食べているとサポ仲間が店のおばちゃんにレプリカユニの袖を掴まれ「あら北國銀行(「きたぐにぎんこう」ではなく「ほっこくぎんこう」と呼びます)」。サポ仲間が胸スポを見せると「あら北國新聞(「きたぐにしんぶん」ではなくて(ry」。よく知っていますねと言うと、おばちゃんは石川県穴水町とのことでした。生れは石川でも大阪に住むと大阪のおばちゃんになるんだと変なところで感心しましたw
こちらのお店にも行きたかったなぁ。

しかし、昨年のこの時点でまさかセレッソとJ2で対戦するとは全く予想できませんでした。当時のツエーゲンは首位から離されていましたし(ショーマンの加入はこの試合後に発表されたと記憶しています)、セレッソもこの時点でまさか降格までは予想されていなかったはず。

フォルランを獲得するためクルピ監督との契約を解除してお手軽にポテトビッチ監督を招聘し、その後も場当たり的に監督を選び続けたセレッソと、J2昇格争いで4番手という下馬評からJ3優勝して、昇格後は組織的サッカーをしているツエーゲンは対照的チームと言えるでしょう。
あとお金というか予算も好対照です・・・
フォルラン1人とツエーゲンの選手全員の人件費(おそらく3億から3億5千万)はどちらが上なんでしょうか?
ツエーゲンはサンダーバードでなくてまたバス移動なんでしょうか?

普通に考えれば金の力でセレッソ有利でしょうけど、ツエーゲンはあくまで勝利を狙っています。
現地組の方は応援お願います!

| | コメント (2)

2015年4月 6日 (月)

ミシェルに挨拶するのを忘れてしまった

昨日の群馬戦もバスで行ってきました。
西部に着いたのは10時過ぎ。
早めに行ってピッチに出てくるミシェルに挨拶するためにも早めにスタジアムに入りたいですしね。
とりあえずはビールですよねー。雨でも関係ありません(キリッ
でも飲みにくい・・・
横を見ると産業展示館の横に屋根が出ていて雨を避けることができました。

1

Photo


のどがうるおったので次は食事ですよねー、ということでいただいたのは初登場の香箱蟹のクリーム生パスタ500円。

Photo_2

Photo_3

賞品を受け取った時は濃厚なクリームとチーズの香ってきましたが、口に入れると蟹の香りが口中にぱぁ~と広がります。麺は注文を受けてから茹でていたので(下ゆではしてあったかも)、麺も熱々アルデンテ!
うんめー!これはまた食べたい!
こちらのお店ではモツ煮やパエリヤとかも売っていて食べたかったのですが、多くのお店で買いたかったので次の機会にしましょう。ビールを買う時もできるだけ別のお店で買うよう心掛けています。

次にいただいたのが、みつやさんのおにぎり。

Photo_4

ひとつ200円と食べなれたコンビニおにぎりに比べると高いですが、これもうんめー!
口に入れると一粒一粒が口の中で弾けるような感覚です。なるほど、これが「釜炊きおにぎり」ですか。

もちろんその間にもビールを飲み続けていて、その勢いで試合前に熱いJUMPIN'トークで盛り上がりますw
盛り上がりすぎてスタジアムに入ったのがキックオフ30分前。
ミシェルに挨拶するの忘れてたorz

なお、早くスタジアムに入ったから必ず挨拶できるとは限りません

その代わりと言ってはなんですが、山野金沢市長にご挨拶しました!←

試合前の両チームのゴール裏はこんな感じです。

Photo_5

Photo_6

これまでの4試合で群馬サポさんが一番多い感じです。沢山のご来場どうもありがとうございました!

試合前にかなり前から多くのお客さんが飲食ブースを利用していたので観客数1701人は意外でした(席の埋まり具合からすると納得)。逆にキックオフ後にお客さんが増えるということはなかったようです。
先日西川GMがNHK金沢かがのとイブニング出演の際に、今年は招待券をほとんどなくした、と言っていましたがその影響でしょうか。そういえばS席でも選手入場の時に立って拍手したり、マフラーを掲げる人の割合が多かったと思います。ゴールした選手の大平さんのコール「シンジー」「ショーマー」への&レスポンス「ツジオー」「ミズナガー」も当初に比べてだんだんと声が大きくなってきているような気がします。
ゴールした時の盛り上がりもこれまでよりイイ感じですし、結果的に失敗してもよく走ったり、意図のあるパスなど良いプレーに対しての拍手も大きくなっているような気もします。昨年まで一緒に観戦していたサポ仲間がA席に移ったので確認できませんし、酔っぱらってイイ気持になっていたのであんまり信用しないでください。

とにかく1701人という数字が残念ですね。雨の影響はもちろんありますが、ヴェルディ、カズ(横浜の方の)といった知名度に比べると、(大変失礼ながら)ここ2試合のチームが下回っていたこともあるんでしょう。
そういう県民性ですからね・・・
対戦チームに知名度があれば観戦したいという気持ちはもちろんですが、もっと「ツエーゲンを応援する」ことが一番の観戦動機になる人が増えてほしいですね!

| | コメント (1)

2015年4月 5日 (日)

県民1/10動員運動


J2に昇格したから平均3000人要件満たさなくてもヘーキヘーキwなわけはありませんよねorz
天候に恵まれたヴェルディ戦・横浜FC戦の動員は好調だったもの、前節今節と2000人割れというか2試合で3000人割れ・・
J3でないし試合内容もあったかいだから~、もっと入ってもらいたいですよね。
話はコロッと変わりますが、土曜日は天候が良く、兼六園が無料開放をしていたので、兼六園と金沢城公園に行ってきました。金沢城公園に初めて行ったのですが、いや凄いですね。
復元再現された河北門、橋爪門、五十間長屋。それぐらいの費用がかかったのでしょう(調べる気なし)。石川県は観光客誘致のため(でもないと思いますが)にこれだけのお金を使うのかと・・・ツエーゲンの試合にアウェイサポさんが来県するといっても兼六園・金沢城公園に訪れる観光客に比べるとどれだけの割合だろうと・・・
西部の改築に向けて県にアピールする方法としてはアウェイサポさんが来県するからというより石川県民のためにとアピールするのがイイのかなと思ったわけです。
じゃあどれぐらいか。そこで思いついたのが石川県民の1/10の声が届けば県にアピールできるかなって。
石川県の人口は1,153,778人です(平成27年3月1日現在)。それをホーム21試合で割ると5,494人。1試合平均5500人動員で合計すると115,500人となり石川県の人口の1/10となります。
J2になってからは目標動員数はありませんが、目標を作ったらどうかと。というわけで1試合平均5,500人合計115,500人を目指しましょう!
ってPさん1人が言っても何も始まりませんよね・・・

| | コメント (1)

苦しんで得た3連勝 ホーム群馬戦観戦記

今日もバスで西部に行きました。西部に着いたのが10時過ぎ。ということで試合前にすでにベロンベロンだったということで観戦記もそれなりのものになります。

今季ここまで3勝しているツエーゲン。そのスコアは
3-0
2-0
3-1
と2点差以上をつけて内容も圧倒していました。しかし、今日の試合は苦しんで得た勝点3だったと思います。昨季を思いだしますね。かといって凌いで凌いでの勝点3という感じでもなかったと思います。内容自体は中盤でボールを刈れて、昨季J3で見られたブロックを作って簡単にボールを入れさせず(群馬サポさんから不満の声が聞こえましたが、これがツエーゲンの守備なんです)、流れの中でも良い形が作れましたが、終わってみれば2得点でした。
これまでの試合を見てきて感じたのが3連戦目のせいか身体が重そうに見えたことでした。特にショーマンの前線の守備がいつもと違っていたように見えました。
前半はツエーゲンが何度か惜しいチャンスをシュートを撃つもののどれも枠外で、逆に群馬ゴール前のプレーからカウンターを喰らって2-2の状況から長躯ドリブルした選手にそのままシュートを撃たれて先制されました。攻めていたのにカウンター1発で沈むという嫌な展開でしたが、2分後ゴール真正面のフリーキックを得ます。当然蹴るのはつじお。この位置でつじおが直接決めるシーンを昨季今季4度見ていましたが、そう何度もないだろうと思っていたらまた☓☓☓☓決めました!スゲー!
前半終えて1-1で、後半からテコ入れするとしたらショーマン交代だろうと思っていたらショーマンの逆転ゴール!Pさん赤っ恥wこすけさんが上がってハラショーさんにパスをすると、ハラショーさんが左サイドを崩し、ゴール正面のショーマンにパス。ボールは足元に入りましたが、なんとかコースを変えるとゴールの隅に流れ込まれました。

その後の群馬に決定的を作らせない一方で、決定機を何度も外していました。1点目でも決めていれば苦戦の印象はなかったと思いましたが・・・。
ツエーゲンはショーマン>ジャーン、カズ>ネコさん、教授>星の王子様と納得の交代でした。

内容はともあれ先週日曜日からの8日間での3試合を勝点9と最高の結果を残すことができました。それだけでなくFWにジャーン、カズ、左サイドに教授、星野が使える目途が立ち、結果だけでなく今後の長丁場を考えると勝点10と考えて良いのではないでしょうか(←全然良くない

残留のための大きな勝点3を取ることができました。
次の試合はアウェイセレッソ戦です。開幕戦だった大宮以来の優勝候補、昇格候補にツエーゲンがどんな試合ができるか楽しみですね。ちなみにPさん試合前に呑み過ぎてバスツアー代金を使いこんでしまい、まだ申込みできていませんorz

| | コメント (1)

2015年4月 2日 (木)

4162人から1227人orz

3月20日金曜日(快晴)4162人
4月1日水曜日(雨)1227人
19:00キックオフ同じ平日ナイトマッチなのにorz
4月1日はねぇ・・・そうした日程だけでなく、3月20日は横浜FCの方のカズもきていましたしね。

先日も書きましたが、Pさんこの日から新しい職場での仕事となったわけです。これまでと全然違う仕事内容で、退社間が6時であることも当日知りました。ヤバイ!西部行バスに乗れるとしたら金沢駅発18:02臨時バスしかありません。誰も帰らない中、できるだけ空気を読まないようにして、たった一人6時で退社しました!スーツのまま某バス停に向かっていたらそのバスが見えたのでバス停まで走ると乗車することができました。乗客はPさんを含めて5人だったと思います。
雨でこの時間ですから道が混んでいてバスも遅れ気味です。もっともそのおかげで乗れたのでノー問題。ただビールを飲む時間があるか心配でw
スタジアムに着いたのは6時40分ころだったかな?とりあえず生ビールととり野菜なべをいただきました。そしてカキ飯とビールを買って入場するとちょうど選手入場でした。マフラーは持って行きませんでしたが、ファンクラブ加入特典(だったかな?)の真っ赤なポンチョ着ていたので赤さは足りていたはずです。カッパの下もはき、スーツがしわしわなるかなぁと思いましたが濡れるよりましでしょう。
お客さん少ない・・・その分熱心な方の割合が多かったからでしょうか、選手を立って送り出す方の割合が多かったと思います。まぁ絶対数が少ないですが。それでも得点後の大平さんの「キヨハラ」「ジャーン」に「ショーへ―」「モーゼル」とメインでも返す声は多かったと思います。過去2試合のメインではほとんど聞こえていませんでした。
2点先取してあまりにも気持ちよくなって試合途中にビールを買いに行ったのは大目に見てください。周りにお客さんが少なかったのとビールを飲んで気持ち良かったので、S席で大声で応援して正直スマンカッタ。自分の声が選手に届いているんじゃないかと勘違いしちゃうんですよねwで、ジャーンにゴー、イケーと檄を飛ばしていました。
懸念したとおりジャーンの前線のプレスが弱いんですよね。しんどいのはわかるんですが、相手に時間と自由を与えすぎていたように見えました。現長野パルセイロの菅野を思いだして檄を飛ばしてしまいました。2010、2011シーズンに「メインに菅野菅野とやかましいおっさんがいるな」と言われたPさんが菅野をジャーンに代えて戻ってきましたw
一応言い訳させていただきますと、大声を出していますが、汚い野次やネガティブなことは口にしていません。いやネガティブなことは口にすることはありますが、その時は下を向いてブツブツと他の人には聞こえないようにしています。

8日間での3連戦でここまで勝点6、得失点差プラス4で来ています。ここまで来たらもう勝点3を獲りましょう。5日午後1時キックオフのザスパクサツ群馬戦はNHK金沢でもライブ中継がありますが、現地で観る方が何倍も楽しめます!多くのお客さんの拍手と声援で選手の背中を押して3連勝を目指しましょう!
ビール飲むぞー!(違

| | コメント (1)

2015年4月 1日 (水)

順調すぎて怖い ホーム愛媛戦観戦記

ひくわー。ひくわー。J3と違いすぎてひくわー(地獄の三沢風に

5節を終えて3勝2敗!エイプリルフールではありません!
ハラショーさんが現在最多得点!エイプリルフールではありません!
ツエーゲンを見るために人事異動初日で一番最初に退社!エイプリルフールではありませんorz

今後の人生を左右するかもしれないこと(人事異動初日で一番最初に退社)をしたかもしれませんが、それだけの価値がある試合でした。

ひくというか気持ち悪いというか順調すぎてもうね・・・
J3の時はしっかり守備ブロックを作ってポゼッションが低い「金沢時間」からもカウンター一閃!で得点だったのが、主導権を握っての3勝ですからね。大宮戦もどちらかというとツエーゲンが主導権を握っていたと思います。
愛媛の時間帯は前半の10数分(ビールを買いに行っていてどんな契機があったかわかりませんでした)と後半失点した時間前後の10数分だったと思います。その愛媛の時間帯はこの日初めて先発したジャーンのプレスが弱かったのかなと思いました。後半失点してからジャーンに代えてまさおと、そして同じく代わって入ったパウロのキープとキレッキレッドリブルで流れを取り戻しました(パウロのドリブルは勝負の大勢が決まってからでも見る価値があります)。

もっと上のクラブが獲ると思われていて獲得できた星野王子様が無難なデビューをし、前線の守備に対してJFL時代の菅野以来の檄をPさんが飛ばしたジャーンも得点をし、「創力戦」にふさわしく選手の厚みを感じた勝利でもありました。つじおとショーマンが出ていなくて3-1の勝利は望外といっていいでしょう。

と言っても今の順位なんてたまたまの対戦順の妙です(これまでの対戦チームに失礼でごめんなさい!)。これからも奢ることなく残留に向けてひとつひとつ、あわよくばみっつ勝点を積み上げていきましょう!

エア歓迎会(またはセルフ歓迎会でベロンベロンなので今日はこの辺で

| | コメント (2)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »