« 明後日は札幌戦! | トップページ | 勝利こそしなかったものの満足度が高かった ホーム札幌戦観戦記 »

2015年4月28日 (火)

北信越2部 FC北陸ーテイヘンズ観戦記

今季は諸般の事情(ご当地アイドルのおっかけ)で地域リーグを見られないなぁと思っていましたが、たまたま時間がバッティングしなかったので26日11:00キックオフの北信越リーグ2部3節「FC北陸vsテイヘンズ」@北陸大学フットボールパークを観戦してきました。

FC北陸は3-0、2-1と2連勝中。フェルヴォ―ローザ、ゴールズFCと変遷して今は北陸大学のセカンドチームです。前年は1部でしたが降格して今季は2部で戦っています。
一方のテイヘンズは4-3、0-7と1勝1敗。テイヘンズの4-3と勝利した試合は4-0とリードしたものの84分から立て続けに3失点した試合でこの日のベンチメンバーは0。0-7と敗戦した試合もベンチメンバー2人しかいなくて、この日のベンチも2人だけとベンチワークを充分に発揮できません。
昨年は地域リーグ、天皇杯県大会で北陸大学、FC北陸、北陸大フュチャーズ(北陸大のサードチーム、昨季は北信越2部、現在は県リーグ?)を何試合か見ましたが正直印象が良くありません。シュートを撃つスペース、チャンスがあるのに撃たなくてイライライライラしてw
この日のFC北陸も圧倒的にボールを支配し、前半はほぼテイヘンズ陣地でのゲームでしたが、シュート撃たない病は相変わらず。5回以上撃つ機会があったように見えましたが第一選択は横パスでチャンスを潰してイライライライラw少なくとも5回あったチャンスを撃って得点していれば一方的なペースになると思えましたが前半はスコアレス。
一方のテイヘンズからすると、ポストに助けられた幸運があったとはいえ、1対1で全敗と言ってもよい展開では上々と言って良かったのでしょうか。しかし、テイヘンズはFC北陸だけでなく時間とも戦わなければなりません。選手の高齢化とベンチメンバーが少ないことは後半はますますFC北陸ペースになると思われました。
後半5分にはFC北陸がPKで先制。これで一気にFC北陸ペースになるかと思いましたが、逆にFC北陸がボールを前に運べなくなり、テイヘンズのプレスが強くなると全く予想の反対の展開になってきます。そして後半16分にテイヘンズがカウンターから左サイドを突破してGKもかわして鮮やかな同点ゴールを決めます。Pさん大喜びで拍手w
同点にされてやっとFC北陸も本気を出してきたのかこれまで見られなかったタイミングのシュート、ミドルシュートを撃ち始めます。もっと早くからその姿勢を見せていれば・・・そして29分にフリーキックを頭で合わせて勝越。さすがにこれで決まったかと思ったら45分に梶!(ツエーゲン1年目206年からの点取屋)のゴールでなんとなんとテイヘンズが追いつきます!Pさんまたまた拍手w後に北陸大学の監督にして、スカパーでツエーゲンホームゲームの解説もした西川周吾氏がいたのですが遠慮なくwww
前半はイライライライラして来るんじゃなかったんだ、とも思っていましたが、終わってみればスゲー面白かったです。
前半の北陸大学の消極さにサッカーの神様がお怒りなられたのでしょうね。一方でどこまでゲームプランだったのかわかりませんが、死んだふりだったのか、どこにそんな体力が残っていたのか、テイヘンズのしぶとさを久々に観られて良かったです。試合後選手が応援団に挨拶に来た時にPさんも拍手で迎えました。これまでも何回も観戦して拍手して迎えているので、このおっさん誰だ?という目で見るのはおやめになっていただけないでしょうか(被害妄想)。
今年もこんなサッカーだと北陸大学ズの試合を見に行くモチベーションは上がりませんね。
一方のテイヘンズは純石川産ファンタジスタ白井、元ツエーゲン寺内良太がまだ出場していません。この2人が同じピッチに立つ姿を見たいです。
テイヘンズのGKは今季入団の選手で公称98キロですがいやもう少しあるでしょうという体格でした。足元のボールには反応していましたが、ハイボールにはジャンプする意欲は見られたものの跳んでいたのか・・・?純粋に「また見たい」と思えるGKです。
この日の主審は「尾山雅彦」氏でした。「大平まさひこ」氏と言った方がわかりやすいですねw女子の主審でも拝見したことがあります。

ツエーゲンの試合レポートより長いのどーいうことかと反省w素面で見たからかなぁw

|

« 明後日は札幌戦! | トップページ | 勝利こそしなかったものの満足度が高かった ホーム札幌戦観戦記 »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明後日は札幌戦! | トップページ | 勝利こそしなかったものの満足度が高かった ホーム札幌戦観戦記 »