« 明日は横浜FC戦! | トップページ | 前のめりのツエーゲン ホーム横浜FC戦観戦記2 »

2015年3月21日 (土)

J2を実感した試合 ホーム横浜FC戦観戦記1

昨晩は帰ってから自棄酒飲んで、「完本 1976年のアントニオ猪木」を読み始め、今日で読み終えてやっと観戦記を書き始めたPさんです。勝っていても祝い酒飲んでだけであまり行動は変わってなかったと思いますがw

さてさて、冒頭に書いたとおり横浜FC戦は1-2の敗戦でした。終盤の猛攻で同点かというシーンがあったこともあり、試合後のスタジアムのふいんき(例によって・・・)は決して悪くなく、残念、惜しかった、という感情が多かったと思います。酷い試合の時は野次が飛びますが、メイン中央にいたPさんの耳には届いていませんでした(バックは知らん)。ネット掲示板を見ても悔しいという感想が多かったと思います。Pさんも悔しいという感情はもちろんありましたが、同時に楽しいなという感情もありました。
ここまで、大宮戦では86分までスコアレス、ヴェルディ戦は3-0の快勝でした。
正直上手く行き過ぎと思っていました。いいことばかりが続くと不安になる人がいるらしいですが、まさにPさんがそうでした。そんな意味では昨日のリードされジリジリする展開はJ2という現実を知らされたような気がします。そして横浜FCの選手が上手くて統率されていることを見て、ツエーゲンもついにこのステージで戦っているんだなぁと思うと楽しくなってきたわけです。もっとも連敗すると楽しくなるわけもありませんから、しっかりと勝点を取ってもらうことが大前提ですw

先発の最終ラインは大宮戦と同じくCB本職を4人並べる布陣でした。このラインは大宮のムルジャ、家長と2人の超J2選手対策だとばかり思っていたので意外でした。FWも前節ネコさんに代わってダイチョウ。ネコさんがサブにも入っていなかったのは怪我なんでしょうかねぇ・・・。
こすけさんがスピードで振り切られイエローで止めたゴールラインに近い角度のないところでフリーキックを与えると、そのフリーキックを直接決められたのが13分でした。これだけ早い時間に先制されたのは久しぶりです。こすけさんがスピードで振り切れられたのも残念ですが、大明神もどうにかならなかったと思ったりして。
コーナーキックからのゴール前のゴチャゴチャから足で押し込んだのは、この手のリトルゴールが得意なこすけさん。

前半37分で試合を振り出しに戻しました。
後半になると横浜FCがギアを上げてきた感じがし、長めに斜めに入れるクロスを徹底したように見えました。
失点はサイドラインに近くで与えたフリーキックからの攻撃を止めたものの、残っていたフリーキックを蹴った選手にボールが出て、フリーでクロスをあげられ、ポスト当ろうかというボレーシュートを決められたのが53分でした。
その後も横浜FCの時間帯が続きます。ツエーゲンがブロックを作っても、横浜FCは無理に攻める必要はないこともあり、ブロックの外で左右に大きくボールを回してツエーゲンのブロックを崩そうとして、危ない場面を何度か作られました。
ツエーゲンが攻めようとすると中盤での激しい潰しでなかなか形を作らせてはもらえませんでした。

開幕3戦目でしっかりと対策されてきたのかなと。そしてその対策をしっかりした技術でやり遂げる横浜FCの選手たちを見て「初めて」J2の恐さを感じたような気がしました。そんな相手から勝点3を取ることができたら楽しいでしょうね!

一旦切ります。

|

« 明日は横浜FC戦! | トップページ | 前のめりのツエーゲン ホーム横浜FC戦観戦記2 »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明日は横浜FC戦! | トップページ | 前のめりのツエーゲン ホーム横浜FC戦観戦記2 »