« ツエーゲンと富山ホームの試合日程をまとめました | トップページ | J開幕前1ヶ月前 »

2015年1月26日 (月)

「J2マガジン2月号」の対談を呼んで納得した件

えー、少々話は古くなりますが、1月10日発売の「J2マガジン」ツエーゲン特集、サクとパウロの対談を読んだ感想です。
この対談で一番気になったのが、パウロの守備に関する発言です。

パウロ「自分の守備の出来なさ加減にびっくりしていました。森下監督が求める守備が全然できなくて、もういっぱいいっぱい。練習がきついんじゃなくて、頭を使うことが多くて全然ついていけなくて・・・・・・。これまで自分は「攻撃だけしていれば」という感じだったけど、金沢は「まずしっかり守る」という前提だったから。・・・・・・あれ、違いました?しっかり守るの、大事ですよね、金沢って?」

サク「パウロは、今でこそ自分で「守備できない」って言っているけど、シーズン最初の頃は練習中に後ろから守備の指示をされたときに、ちっちゃい声で「うるせー」とか言って、全然反省しないんですよ(笑)。最近はなくなったけどな」

やっぱりなぁ、というかんじですね。まさおが怪我で離脱する前の試合日程が短くなった時に若手選手がFWで使われた際に守備が甘いなぁという感想を持ちました。まさお離脱後ショーマンが来るまでダイチョウがFWの中心となった最大の理由は守備だったと思います。ショーマンはホーム第1戦19節はツエーゲンの守備に戸惑っていた様子もありましたが、その後はしっかりと前線で相手とボールを追いかけていました。
ダイチョウ、まさお、ショーマン、モーゼル、翔5、翔1朗、パウロで争われるレギュラー争いも前線の守備をどれだけできるによって左右されそうです

|

« ツエーゲンと富山ホームの試合日程をまとめました | トップページ | J開幕前1ヶ月前 »

ツエーゲン金沢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ツエーゲンと富山ホームの試合日程をまとめました | トップページ | J開幕前1ヶ月前 »