« 今季を振り返る FW編 | トップページ | 今季を振り返る 天命編 »

2014年12月17日 (水)

今季を振り返る キャラクター編

今季は成績上位をキープし続け優勝したこともあり、かがのとイブニングにツエーゲンの選手が登場することが多く、個人的にもMROラジオのアドなんとかタイムをよく聴衆し、更にはJ3ハイライトもあって、ピッチ外の選手の姿・声を見たり聞いたりする機会が多かったですね。面白いキャラクターの選手が多かったので楽しかったです。ということでキャラクターが濃かった選手たちを振り返ります。

太田選手
かがのとイブニング出演時にはポーズしてくれたり、情熱サッカーの対談ではテンション高めでスタートさせるなど掴みはOK!ボケもできればツッコミもできるという話をさせれると抜群の安定感。取材側としては一番安心できる選手じゃないでしょうか。

保崎選手
逆に取材側からすると一番安心できなかったのが保崎選手だったでしょう。ピッチ内の行動でアレな印象を持たれる方も多かったと思いますが、アドなんとかタイムでゲストで出演した時は、これで録音?なんでそれ言っちゃうの?と放送事故寸前、というか聴く人が聴いたらアウトかもいうものでゲラゲラ笑いながら聴いていました。月曜から絶好調で角野さんがマイクを向けなかったのも頷けます。口が元で出場停止は笑えませんでしたけど。
MOMに選出された時にインタビューで、観客増と広島の水害で募金を自分の言葉で真面目に呼びかけたこともありました。


田中選手
新入団会見でいきなりのパウロ節でサポの心をワシ掴み!まではいかずに少し微妙な空気にもなったのもパウロらしいですね。勝利後のダンサーで人気者になり、J3ハイライトではギャグが1万あると言っていましたが、なぜかネタは毎回ほぼ同じようなwJ3ハイライト、MRO角野アナウンサー、太平まさひこさんに面白いことを言うよう振られますがスベリ芸で落ちることが多かったですねwやっている間のイッパイイッパイ感がたまりません。


水永選手
それまでアドなんとかタイムにも出演していましたが、いじられ役と知られるようになったのは、かがのとイブニングでの出演で、中学生時代に出演したのど自慢を流されたり、チームメイトから訛りがキツイと言われながらも笑っていたのが印象的でした。それ以降はキャラがはっきりして、テレビ、ラジオ、サッカー専門誌で12月24日に結婚します!と宣言することに。


辻尾選手
清水時代は辻尾ジャパンとして勇名をはせていましたが金沢に来てからは目立った活動をしていませんでした。しかし、かがのとイブニングで奥さん大好きをチームメイトに暴露され、ご飯や「おつかれさまです」と書かれた箸袋を画像で紹介し、奥さまに「いつもお世話になっていますと」と呼びかけました。その後は角野アナ、太平さんに奥さまのこといろいろ言われていました。


全体的な感想としては日頃からの取材が選手のキャラクターを引き出しているように見えました。
優勝が決まってから初めてのインタビューしたと思えるアナウンサーとはギクシャクしていましたし、原田欽庸選手に〆をの一言を言わそうとわかったいないなぁとw

|

« 今季を振り返る FW編 | トップページ | 今季を振り返る 天命編 »

ツエーゲン金沢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今季を振り返る FW編 | トップページ | 今季を振り返る 天命編 »