« 勝負師森下監督会心の勝利!(のはず) アウェイ鳥取戦観戦記1 | トップページ | アウェイ鳥取戦バスツアー遠征記1とりスタ編 »

2014年11月 3日 (月)

最後は堅い守りで勝利 アウェイ鳥取戦観戦記2


試合開始直後は鳥取の出足が良くて受け身に回ったツエーゲン。11番岡本はガタイが良いだけでなく何度となく裏を取ろうとする動きをします。オフサイドを取ったシーンもありましたが、え、残っていたのにオン?という判定が2回ぐらいあって副審が怖かったです(笑えない。
ところが鳥取の攻撃パターンってこれしかないの?と見えました(当方サッカード素人)。第2節のホームでの試合でも守りは固いけれど攻撃のパターンが少ないなぁという感想を持っていたのですが、フェルナンジーニョがベンチスタートのこともあってこの感想は変わりませんでした。
前半15分あたりからツエーゲンペースになってきます。右サイド中盤のつじお、左サイドバックあわちゃんの突破からのクロス、ショーマンが落としたボールからのシュートと攻撃の多彩さはツエーゲンが上回っていたと思います。でも決めなきゃ意味はありませんよね。
後半もツエーゲンペース。そしてダイチョウの決勝ゴールはメイン側の(ツエーゲンから見て右サイド)タッチラインからの深い位置のスローインを受けてゴールライン近くをスルスルっとドリブルで抜け出し、角度のないところからファーのサイドネットに突き刺すビューテホーゴールでした。メインで観戦したいたので抜ける様子、ゴールに突き刺さるところがよく見えて吼えましたwこの場面が59分。
これで点を取るしかなくなった鳥取はようやく夏の補強で獲得したフェルナンジーニョと安田を63分に投入。ここからのトックンの活躍については前回のエントリーで書いているので割愛。しかし、トックンがマークで「消えた」ため数的優位に立った鳥取の攻撃の時間が長くなっています。もっともツエーゲンはこのパターンに慣れていますw
鳥取が前掛かりになってきたところでツエーゲンは73分に金子に代えてカズを投入。こちらは前線のキープ力に期待というところでしょうか。さらに鳥取は81分にFWハマゾッチと住田を投入、出たのは倉貫。すでに岡本を代えていたこともあり、鳥取は中盤がなくなって放り込みだけという、ある意味ツエーゲンにとって最も対処しやすい攻撃に頼るようになってきます。85分にはパスミスが目立ったスナ夫さんに代わってソンホが入ったのは高さ対策・ハマゾッチ対策だったかもしれません。
一方で守備にかける人数を減らしているので、ツエーゲンは前線で面白いようにパスを回して時間を使います。追加点はあるかなと思いましたが、そうは甘くありませんでした。これも今シーズンよく見るパターンorz
こんな風に書くとツエーゲンのゲームプラン通りと読まれるかもしれませんが、実はヒヤヒヤで何度も時計を見ていましたw
この試合もいつもの最後までヒヤヒヤしながらの勝利で、第2クールでこことりぎんバードスタジアムで2-4と大敗してからの負けなし記録を10まで伸ばしました(この間9勝1分)。
残り3試合です。ひとつひとつの試合を勝って、5連勝でシーズンを終えましょう!

|

« 勝負師森下監督会心の勝利!(のはず) アウェイ鳥取戦観戦記1 | トップページ | アウェイ鳥取戦バスツアー遠征記1とりスタ編 »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

遠征ご苦労様です。ここまで、しかも首位できてしまうとは…失礼ながら、応援してたけど、正直予想外。鳥取に勝てたのは大きいし嬉しいけど、まだ3試合あるし。長野も町田も諦めないでしょ。ホントにここまで来たら残りも全部勝たないと!U22も、琉球も、相模原も簡単な相手ではないけど、頑張ってくれ〜!

投稿: よいき | 2014年11月 4日 (火) 01時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 勝負師森下監督会心の勝利!(のはず) アウェイ鳥取戦観戦記1 | トップページ | アウェイ鳥取戦バスツアー遠征記1とりスタ編 »