« アウェイ鳥取戦の映像です | トップページ | 最後は堅い守りで勝利 アウェイ鳥取戦観戦記2 »

2014年11月 3日 (月)

勝負師森下監督会心の勝利!(のはず) アウェイ鳥取戦観戦記1

ど~も、前々回のエントリーでの画像処理にスゲー時間かけたのに反応がなかったので更新する意欲をなくしていたPさんです。
さてさて、昨日の大一番アウェイ鳥取戦は1-0の勝利でした。バスツアーで現地でこの試合を見ましたが、いやぁ痺れました。今季一番のびりびりでした。そして内容は第1クールホーム盛岡戦に次ぐものでした。まぁ今季のアウェイ生観戦はこの試合含めてバスツアーのあった3試合しか見ていないのですが(ホームは第3クール長野戦だけを見ていません)。
その理由はタイトルに書いたとおり森下監督の博奕(というと語弊がありますが)が当たったことにあります。この試合は(確かここまで全試合出場をしていた)ハラショーさんが累積による出場停止でした。その代役として誰が起用されるか、金子?パウロ?ダイチョウ?がキックオフ前の最大の注目点でした。その代役は金子だったわけですが、それよりビックリしたのがトックン(徳武選手)の2回目のスタメンでした。元々はディフェンダーですが、中盤のアンカーを務めていて中野国体成年石川監督に激賞されていました。なぜここで2回目のトックンスタメン?という疑問は出ずにフェルナンジーニョ対策だとすぐにわかりました。第2クールでチンチンにされたようで、J3ダイジェストの選手インタビューでもJ3で一番怖い選手に名前を上げられていましたからね。
じゃあポジションはどこかと予想するとやはりアンカーでしょうと。スナ夫さんとボランチコンビで藤さんを1列上げてハラショーさんの位置に入れ、金子とダイチョウをサイドに置くのかなと。そうそう、この試合ではカズはベンチスタートであとはいつものメンバーでした。
ところが鳥取のメンバーを知ってビックリしました。フェルナンジーニョがベンチスタートだったのです。フェルナンジーニョだけでなく夏の補強で獲得したハマゾッチ、安田もベンチスタートと意外でした。下世話なPさんは「お金」の問題でそうなったのかぁと思いましたが、あくまでも鳥取さんの都合なので、ツエーゲンとしてはラッキー!てな感じでしょうか。
そうなるとトックンの仕事がなくなるなぁと思ってポジションを注目すると、トックンは右サイドバックに入って、つじおが1列上がっていました。なるほど攻撃に関しては左のあわちゃんよりもつじおのスピードの方が効きそうです。カズのベンチスタートもフェルナンジーニョのベンチスタートを予想した上でかもしれませんね。
そして後半ダイチョウが先制ゴールを決めるとようやく鳥取ベンチはフェルナンジーニョを投入します。そしてトックンはフェルナンジーニョを徹底マークする仕事に就き、つじおは右サイドバックに入ります。
フェルナンジーニョを徹底マークするトックンのしつこいことwフェルナンジーニョは明らかにイライラしていました。この画像を見ていただければトックンのマークがどれだけ徹底したかお分かりだと思います。

Photo

マークがついているからフェルナンジーニョにボールは出せない、ボールを出しても自由にできない。フリーキックを蹴る時ぐらいしかフェルナンジーニョは自由になれなかったのではないでしょうか。それでも大明神が間一髪掻き出しまし決定的なヘディングシュートを撃ったのはさすがでした。
もっともそのせいで一人少ない状況を作ってしまい鳥取に攻められる時間を与えてしまいましたが、今季はそのパターンが多いので凌ぎぎって勝利しました。
第2クールの大一番サバイバルマッチアウェイ長野戦でそれまで左サイドだったスナ夫さんをボランチ起用(おそらく美濃部監督は混乱したと思います)に次ぐ奇手ともいえる選手起用がズバリ当たった試合だったと思います(そこまでしなくても勝てたのではということは言わないことw)。そして前節藤枝戦ではリードしながら劣勢だった前半から後半頭からパウロ投入という「攻め」の采配を見ていただけに「守り」の采配を見て勝負師だなと思った次第です。

|

« アウェイ鳥取戦の映像です | トップページ | 最後は堅い守りで勝利 アウェイ鳥取戦観戦記2 »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アウェイ鳥取戦の映像です | トップページ | 最後は堅い守りで勝利 アウェイ鳥取戦観戦記2 »