« 明後日はホーム藤枝戦 | トップページ | 鳥取戦バスツアー発表! »

2014年10月19日 (日)

勝負師森下監督 ホーム藤枝戦観戦記

ど~も、日本電動車椅子サッカーとJ3を梯子したPさんです。

で、今回はJ3の方、ツエーゲンのホームゲーム藤枝戦の観戦記です。
スターティングメンバーで前節町田戦から変わったのは、左サイドバックの嶺岸からあわちゃん、攻撃的MFの金子からトミーの2人。この2人はともに痛んで交代していたので心配です。
この日の藤枝は前回のエントリーで怖れた出足の良いチームでした。中盤のプレスが機能していてツエーゲンはほとんどチャンスを作ることができませんでしたが、前半に2得点を上げることができました。
1点目は2回目のコーナーを藤さんが蹴ってサクが頭で押し込んだもので、町田戦ではファールでノーゴールと判定されましたが今日は認められました。2点目はタッチを切るかというボールをつじおJAPANが追いついて、そのままドリブルしてファーにクロスをあげると走り込んできたハラショーが頭で決めたビュテーホーゴールでした。ただし、前半のツエーゲンのチャンスらしいチャンスは、この2点のプレー以外はなかったと言って良かったと思います。藤枝の方がツエーゲンゴール前のプレーが多かったです。ただ決定的シーンを作らせることはありませんでした。
ツエーゲンは後半頭からトミーに代えてパウロを投入しました。この交代は今シーズン初めて?それでも藤枝ペースは変わりませんでしたが、30分ごろからだったかな、藤枝ペーズからツエーゲンペーズになり終盤PKを得るなど得点機を何度も作りましたがスコアは動くことはありませんでした。
結果だけを見れば2-0の快勝!という感じでもありませんでしたが、とにかく欲しいのは結果、勝点3ですからノー問題ですよね。

さて、こちらから本題、妄想100%です。

===================
この試合の最大のポイントは後半頭からのパウロ投入だったともいます。
攻守に効いていたトミーとの交代の意図が全くわかりませんでした。しかし、前節トミーが当初ベンチだったのが急遽外れたことを思いだし、トミーの体調不良が原因かなと思いました。いや、待てよ、それならダイチョウ投入だろうと。じゃあダイチョウを入れなかったのは、カズとの交代を予定しているからと納得しました。でも、カズはなかなか交代しない。
そこでようやく思ったのが「攻めの姿勢を選手に見せる」ことではないかということです。
根拠1。前半こすけさんが、もっと前に出ろ、と大声で言っていたように聞こえました。チーム全体で前に出ようという姿勢が足りなかったかもしれません、たしかに藤枝の出足は良かったですが、それを差し引いても町田戦に続いてショーマンに良いボールを供給できていませんでした。
根拠2。町田戦では当初ベンチメンバーにGKを入れていない超攻撃的な姿勢でした。その町田戦で勝てず、次節鳥取戦に向けて勝ちに行く姿勢を見せようとしたのではないかと。
後半頭はパウロの攻撃的姿勢は単発的でしたが、だんだんとツエーゲンペーズになってきたのは前に書いたとおりです。
勝点4差の首位にいて、2点リードしているとはいえ押されている流れでの守備に不安のあるパウロ投入は森下監督の勝負師と姿勢だと思った次第です。
まぁ妄想100%ですけどw試合後の監督インタビューは聞けなかったのですが、パウロ投入についてなにか言っていました?「情熱サッカー」さんのインタビューに期待です。で、全然違っていたというまでがお約束の流れですw

|

« 明後日はホーム藤枝戦 | トップページ | 鳥取戦バスツアー発表! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明後日はホーム藤枝戦 | トップページ | 鳥取戦バスツアー発表! »