« ツエーゲン首位に立つ | トップページ | Over The Future »

2014年9月18日 (木)

明後日はアウェイ秋田戦

初の首位として試合はアウェイ秋田戦となります。
今シーズンの秋田との2戦はともにホームで1-0の勝利でした。
1戦目は押し気味に試合を進めながらもなかなか得点できず、84分のカズが直接フリーキックを決めました観戦記ではこんなかんじです
2戦目は25分にショーカウンターからカズが決めたものの数あるチャンスを決めきれず、終盤には秋田の猛攻にPKまで与え(大明神が止めてくれました)、なんとか逃げ切ったという試合でした。観戦記はこちら

2試合を通じて秋田の繋ぐサッカーに対して高い位置からプレスをかけ、ショートカウンターを仕掛ける狙いが見られました。試合を押し気味に進めていましたが、結果は辛勝と言ってよかったかもしれません。第1戦のシュート数は13-7でしたが、第2戦は13-13と互角でした。

ツエーゲンが前節首位に立ったのはツエーゲンが長野に勝ち、町田が秋田に敗れたからでした。
秋田は現在9位ですが、前節に続いてのホーム、しかも2試合連続で首位を迎えるということでチーム、サポの士気が高いことが容易に想像できます。
町田戦の勝利も結果だけでなく内容でも圧倒したとのことです。


秋田サポさんのブログです。
Blue is the colour Football is the game
自信と希望の大きな勝利! vs 町田ゼルビア
「試合開始から秋田の集中力がハンパ無く
 時に上手くスペースを突きながら
 前へ前へとボールを運んでいく。」

Buster! Faster! Blaublitzer!
首位・町田に起死回生の勝利!
「町田戦で見せたサッカーは、これまで秋田が苦しみながらやってきた闘いとは違うスタイルでした。」


ツイッターではこんな感想もありました。
「今日の町田撃破もさることながら、ブラウのスタイルの変化にも驚いた。自陣ゴール前からのショートパスの危ない繋ぎは減ったし、何よりボールロストした後の素早い前線からのハードプレスは圧巻だった。そこからカウンターに繋がってチャンスも生まれたし。ブラウの新たな可能性を感じた試合でした」
「秋田のサッカーは見違えるほど進化していた。激しいプレスとワンタッチでの速いパス回し、そしてサイドからえぐる強烈なサイド攻撃。内容で町田を圧倒して得点を奪って勝った。まさか秋田があそこまでやるとは予想してなかったですよorz」

とまぁこれまでの秋田と違う戦いぶりだったようです。

秋田に限らず3戦ということで森下監督も過去2戦と違った戦術をとってくると思いますがどうなるでしょうか。基本的には高い位置からのプレスを仕掛けながらも、暑い時期だったとはいえ第2戦で終盤脚が止まったことを踏まえてブロックを作ってボールを持たせる時間帯を長くつくるかもしれません。町田戦で2アシストした熊林に第2戦目では時間とスペースを与えすぎたことも終盤押された要因のひとつでしたからなんらかの対策をしてくるかも、ってサッカード素人の妄想です。

ネットを見ていると勝てるだろうという空気もあるようですが、どんな試合でも「リスペクトすれど怖れず奢らす」という姿勢で秋田戦に向かってもらいたいですね。

J3リーグ第26節 ブラウブリッツ秋田戦
9月20日(土曜日)13:00キックオフ!


|

« ツエーゲン首位に立つ | トップページ | Over The Future »

気合ダァー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ツエーゲン首位に立つ | トップページ | Over The Future »