« 地獄の北信越再び | トップページ | モンティパイソンの復活ライブが予想以上にヒドくて素晴らしかった »

2014年9月 2日 (火)

北信越1部 FC北陸ーサウルコス福井観戦記


ど~も、過去条件付きで4位以内で昇格したチームが羨ましいParkerです。
さてさて、前々回のレポートでお伝えしたとおり女子県選手権決勝のキックオフ時間が変わったため、当初の予定が変わってサウルコスの試合を全部見ることができました。
北信越国体の不出来から立ち直ったか、今季JFLに昇格できるかをポイントにサウルコスに注目していました。
前者に関しては全然別のチームという感じでした。北信越国体がどんなメンバーが出場していたかわからないので比較自体無駄なことかもしれませんね

試合はキックオフ直後からサウスコスがトップギアを入れてきて開始10分でコーナーから先制。このペースが15分もつか20分もつかと思っていたら20分くらいからペースダウンしました。するとFC北陸が鋭い裏の突破からチャンスを作り、FC北陸の時間帯もありましたが決めきれません。そうするうちにサウルコスが高い位置でのパスカットからのショートカウンターで追加点。サウルコスが2-0とリードして前半終了。この時点で勝負は見えていて、6-0ぐらいで終わるかなぁと思いましたが5-0でサウルコスが圧勝しました。

この試合を観てJFL昇格云々とはド素人なので全然わかりません。5-0という結果からサウルコスが強かったかというと決してそうも思えませんでした。前線に速い選手がいて鋭い攻撃を見せてはくれましたが、その一方でFC北陸に何回も突破された守備に不安も感じました。突破した選手が上手ければ無失点で終われなかったでしょう。
非常に言いにくいのですが、FC北陸が悪すぎて参考にならないというのが正直なところです。
北信越リーグでサウルコスが斬るか斬られるか、ギリギリの試合をどれだけやれているのでしょうか?JSCの2試合だけでしょうか?地域決勝で6試合そんな試合が続くことを考えると経験値の点でやや不安です。この試合で警告4枚も受けたことにも精神的に不安なところもあると思いました(ある選手は直後に交代させられた上、佐野監督に何か言われていました。佐野監督の大きい声でピッチの反対側でも聞こえましたw)。
そんな意味では全社でギリギリの試合をして経験値を上げてもらいたいですね。北信越国体での敗退は、「サウルコス」として痛かったかもしれませんね。

ここからはド素人のくせにアマチュア選手に厳しいことを書きますので、そういうのが嫌いな方はお読みにならないことをおすすめします。
見ているうちにより気になったのはFC北陸の出来の悪さでした。シュートを撃つことの消極性、DFラインからのビルドアップの悪さ、カウンターで前線に走っても周りの選手が走ってこないのでボールを戻す。ゴール前で選手をフリーにする。ベストのプレーをしても失点するというパターンでなくチームとしての一体感がないように見えたのです。
実というとこの日のFC北陸だけでなく、北信越リーグ1部・2部・天皇杯予選を見て、北陸大、フュチャーズにも共通してシュートが遅いという感想です。また、この試合の前の節、北信越2部の北陸大フュチャーズーASジャミネイロの前半は生観戦をするようになって9年目にして初めてある感想を持ちました。
気になって北信越1部・2部の11節終了時点での順位を確認すると、FC北陸、フュチャーズともに最下位でした。この内容ならそうだろうという感想です。
同日行われた北信越2部のフュチャーズー経大FCではフュチャーズが勝利しましたが、女子の試合を観ていてためせっかくの勝試合観られなかったのが残念ですorz
こんなこを書いて北陸大FPに行っていいのかな?

|

« 地獄の北信越再び | トップページ | モンティパイソンの復活ライブが予想以上にヒドくて素晴らしかった »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地獄の北信越再び | トップページ | モンティパイソンの復活ライブが予想以上にヒドくて素晴らしかった »