« アウェイ鳥取戦で2-4の惨敗orz | トップページ | 顔バレしてしまった »

2014年8月 5日 (火)

石川県女子サッカー選手権準決勝観戦記

暑い!特にクーラーのない部屋は!
高いところなら少しは涼しいだろう、となんとかと同じように暑いときは高いところがすきなParkerさんが日曜に行ってきたのは北陸大FP。観戦目的は県選手権準決勝。
昨年までは決勝は男子の前座試合として見ることができましたが、今年は男子の日程が前倒しになったため見れなくて残念に思っていたので、日程を知った時はラッキー!でした。

昨年の決勝は星稜クラブとFC TON(優勝はFC TON)だと記憶していたので、FC TONのサイトを見てきましたが情報がなくて事前に組合せを知らないまま北陸大FPに。到着すると見覚えのある両チーム見覚えのあるユニです。スコアボードを確認すると思ったとおり、第1試合はFC TON-北陸大学でした。
先制点は開始2分。ちょこんとTON DFの裏に出たボールにキーパーの反応が遅かったこともあって先に触った北陸大選手のころころシュートがゴールに吸い込まれました。序盤の連携の隙をつかれた形でTONにとってはもったいない失点に見えました。10分にはTONが美しいループシュートを決めて同点となります。キーパーはどうしても身長が足りませんから上を狙ったシュートは入りやすいかもしれません。
北陸大学はおそらく北陸大学女子サッカー部だと思われます。だって北陸大学サイト見ても全然情報出てないから100%確実とは言い切れないのです。今見てもこの試合の結果が出ていませんし・・・。スケジュールを見ると火曜日から土曜日まで毎日練習をしているようです。学生さんですかもう少し情報をのせてください、とお願いしておきます。一方のTONは「中学生から社会人まで幅広い年齢層」から成っているクラブチームで、練習は火木土曜日にやっているようです(TONレディースのサイトから。ただし3年前の情報です)。
確かに選手はTONの方が年齢層が広かったように見えました。社会人だろうという選手から高校生か中学生?と思える選手までいました。サッカーの質の方は北陸大学は学生さんらしい堅実なサッカーだなと印象、TONは北陸大学にいない茶髪のボランチとFWの選手が外見だけなく個性的なプレーをしていていました。
サイド試合が動いたのは24分。TONのディフェンダーが足元にボールを置いていたのに集中力がなくて、北陸大学にボールをかっさわれての失点です。やらなくてもいい得点で非常にもったいなかったです。給水タイムをいれて前半35分で終了して35分ハーフであることを知りました。
後半に入って選手が何人か交代したようですが、ベンチ、本部席?が観戦場所のピッチ反対側にあって確認できませんでした。試合は動きませんが、TONが同点を狙って攻勢を強めるスリリングな展開が続きます。そして(おそらく)アドなんとかタイムにTONがクロスからヘッドに追いつきます!オモシレー!
ちなみにこの時間はBYBYMETALのレディガガ前座ステージが始まっており、そちらの情報も追っていたので、ヘッドは確実とはいえません。確かヘッドだったはず・・・
試合は延長戦に突入します。試合が動いたのは延長前半終了間際。長い距離のドリブルを必死に追いかけるTONのDF、ペナルティエリア内で追いついて北陸大選手の前に出たと見えた後、北陸大の選手が倒れて、主審はPKを宣告し、TON DFにはイエロー。PKはキーパーが弾きましたが、そのボールを北陸大押し込んで勝越します。
延長後半に入るとまたもTONが攻撃的になり、オフサイドも何回か取られていました。この時間になると足が攣って倒れると起き上がれない選手も出てきます。それでも攣った足でドリブルして渾身のミドルシュートを撃ちますが、ボールは北陸大キーパーががっちりキャッチ。このシュートがTON最後の攻撃となり、3-2で北陸大が勝利しました。
この試合TONのご家族の方か関係者の方が30名ぐらい観戦に来られていて、TON選手が挨拶に来たのですが、一人の選手が足が攣ったのと敗戦のショックからピッチで号泣して立てなくなりました。数分間うずくまったままで最後はスタッフとご家族の方?の肩を借りてようやくピッチから出ることができました。
リードされたTONが終盤点を取りにいって面白い試合でした。やっているサッカーも選手もTONの方が面白かったのですが、どの失点ももったいものばかりだったのが残念でした。

第2試合まで少し時間があったのでファミリーマートさまで昼食を買いに行き、クーラーの効いた車の中で食べてから再び車から降りて観戦。暑い・・・。
片方のユニは見なれた星稜カラーですが、星稜高校か星稜クラブかわかりません。もう片方は赤いユニで見た記憶がありませんが、県高校選手権優勝の伏見高校が出てもおかしいくないのでそうかなと思いましたが、スコアボードは第1試合のまま。そこで近くで観戦していた伏見高校ジャージを着ていた女子に対戦チームを訊く事案発生w
第2試合は「星稜クラブー椿クラブ」とのこと。不勉強で椿クラブの名前を初めて知りましたが、選手が若い、若いというより幼いという感じさえしました。高校生の中に中学生も何人かいたように見えました。星稜クラブは高校生ぐらいに見え、力の差もそれぐらいあって一方的な試合展開でした。椿のキーパーは前半背番号3で後半は8と急造らしい動きもあって7-0という結果で、一生懸命プレーしている選手には申し訳ありませんでしたが、見どころの少ない試合でした。もっとも後半途中から暑さにへばってクーラーの効いた車の中で観戦するぐらい集中力のなかったこちらの責任もありそうです。そんな中での収穫は星稜のボランチ6番の選手。一番目立っておりサッカーセンスがありましたが、プレッシャーのきつい決勝北陸大学戦でどんなプレーができるか注目したいです。


決勝は8月31日、場所は同じく北陸大FP、14:00キックオフです。準決勝を見た限りでは北陸大優勢ですが、おそらくネットで結果は上がってこないと思いますし、ツエーゲンがアウェイでもあるし、観戦に行こうかと思っています。

そして本当の衝撃は帰宅してからあったのですw続きます

|

« アウェイ鳥取戦で2-4の惨敗orz | トップページ | 顔バレしてしまった »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アウェイ鳥取戦で2-4の惨敗orz | トップページ | 顔バレしてしまった »